2003年6月15日

送別釣行

さて、久しぶりの釣行記。今回は、お千曲様。しかも、昨シーズンまったく行っていなかった支流側での釣行です。メインテーマは関東圏から地元の東北圏に移住する(釣りのためでは、無いらしい)知人の送別会。と、いっても、何も特別なイベントはなく、いつも通りの千曲釣行。

最近は前日車中泊もしないので、早起きして、家から千曲まで最速と思われるR413から中央道、長坂IC、清里高原道路、川上村から峠越えのルートで支流へ。それでも、所用時間はほぼ4時間。日帰りするには、効率が悪いのは相変わらずですねぇ。

待ち合わせ場所についたころには、埼玉チームの2人は既にもう一つ峠を越えた向こうの支流群を釣った後で、なかなか調子がよかったらしくにこにこしながら出迎えてくれました。

昼飯にしてもいいぐらいの時間だったんですが、「こっちの支流はとっておいてあげたからねー」ということで、挨拶もそこそこにウエーダーをはいて川へ。1人、下流側に回って、私ともう一人が少し上流側へ歩いてから入渓します。前日の雨のせいか、少し、水量が多め。そのおかげで、ポイントになりそうな水深のある場所も多くて、久々の支流に、気合いが入ります。

まずは先行を譲ってもらって、怪しげなポイントを端から攻めていきます。「ここで出ないで、どこで出るんだ!」というポイントはあちらこちらにありましたが、反応は今一つ。よだれの出そうなポイントで反応があるのは「ぴちゃっ」「ぱちゃっ」と小指サイズのちびすけばかり。

「こりゃぁ、例のごとく、稚魚をばらまいたっぽいですねぇ」と話しながら、ちびすけのお兄ちゃん、できればお父ちゃんが出てくることを期待しつつ、交代交代で釣り上がります。途中「ぴちゃっ」の反応に思わず合わせてしまい、すっ飛んできたのは10cmあるかないかのちびすけ。「これは、ボウズ回避と言っていいんだろうか・・・」。

その後、ドライフライが落ち込みに巻き込まれて、完全に水没してから「ん?」と、何かおかしいような気がしたので合わせてみると、小さいお兄ちゃんがフライをくわえていました。今度こそ胸を張って「ボウズ回避」です。

あ、ちなみにおにいちゃん以上がいなかったかというと、いっしょに釣っていた人は「ここからが、核心部だよ」と言っていたところで、きっちりと大きいお兄ちゃんを釣り上げていました。

おなかも減ったので、一端、川からあがって昼飯に。下側に入った人の方も状況は芳しくなく、昼飯を食い終わったところで作戦会議。とりあえずイブニングは本流に期待してみようという話になりましたが、まだ、イブニングを始めるには時間が早すぎるので、もう一本支流をやってから移動することにしました。

その支流は、昼前と同じ支流のもっと下のほう。心当たりがあって行ったんですが、そこは、両面護岸で底もフラットになっており、ちょっと、わざわざ入ろうとは思わないような区間。ところが、ほんの一部分だけいい流れになっているところがあって、そこだけ、攻めて見ようという作戦。

川に下りて、またも最初に一番いいところをやらせてもらいました。が、後ろで2人ギャラリーがいる状態で釣りをするのは、結構なプレッシャーがかかります。後ろから「もうちょっと奥の流れのほうでしょ」などと言われつつ、フラットな流れなので、少し、ラインを出してキャスト。狙ったものかどうかは別として、ティペットがいい具合に弛んでフライが着水。フライが手前に向かって2,30cm流れたところで、「ぱちゃっ!」と小さ目のアタック。

ラインが出ていたので、ロッドを振り回すようにして合わせてしまいましたが、それでも何とか、空中を飛んでこない程度のサイズのイワナでした。私のロッドはティップが柔らかいため、後ろで見ていた二人は「おぉ、大きいんじゃないの?」と言ってくれていましたが、釣っている本人は「いや、まぁ、支流でなら十分サイズ〜」と余裕・・・の振りをして実際は「バレるなよぉ、たのむからぁ・・・」とドキドキしながら、なんとか釣り上げました。

その後、なんだかんだでイブニングを川上村内の本流でやることに。少し時間が早かったのですが、川を前にしてじっとしていられるような人間は1人もいなかったので、体育館前に到着してそのまま川へ。3人バラバラと散らばって釣り始めましたが、何回か反応があったものの乗らなかったりで、どうも本格的なイブニングの時間になるまでは勝負にならなさそう。

朝も早かったので、ここになって急に疲れも出てきて「どっか、座って休めないかなぁ・・・」と思っていると、目の前に古い橋脚か何かが流されてきたコンクリートの固まりが・・・いい具合に河原に斜めに埋まっていて、どう考えても「ここで、休んで行きなさい〜」といっています。しかも、目の前はイブニングでよく釣れるポイント。ロッドを踏まれないように脇に置いて、そのまま横に・・・

途中、何度か目を覚まして「あぁ、いま、対岸からオレを見たら、死んでると思われるなぁ・・・」などと考えながら、そのたび眠気の方が勝って、また、眠りについて・・・。ふと、目を覚ますと、川の流れの音の他に「ぱしゃっ」っと音が聞こえた気がして起きあがって川を見ると、ライズ。相変わらず、効率のいい釣りをしてます。

そのまま、つけっぱなしのフライをライズに流し込むと、フライが巻き返しに捕まって少ししてから「しゅぼっ!」という感じにフライが消えて、本日最大サイズの8寸越えイワナが釣れました。文字通り、果報は寝て待てだったようです。他の2人もそれぞれしっかりイブニングの釣果は上げて、なんだかんだで「やっぱり、千曲はいいね」と言う結論を帰りのサービスエリアでいつものカツ丼を食べながら確認し合ったのでした。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ