2003年3月15日

今年も、3月がやってきた

今年も、3月がやってきた。

ついこの間渓流が禁漁になって、河口湖のシーズンがやって来たばかりだと思っていたが、今シーズンは河口湖が不調で今ひとつ足を向ける気にならず、管理釣り場をうろうろしている内にあっという間に解禁になってしまった。

そんな訳だから、冬のシーズンを堪能してもいないし、この禁漁期にこそ、足かけ数年作りかけのままになっているランディングネットを完成させ、いい加減使えるフライのストックが無くなったフライボックスも、予定では今頃使えるフライで一杯になっているはずだった予定も・・・。まぁ、それも、毎年のことでは、ある。

今シーズンの開幕戦は、解禁初日に何処かへ繰り出すと言うこともなく、3月も半ばの15日になってから、伊豆方面へ行くことにした。「行くことにした」などというと、きちんと計画を立て、下調べをしていったかのようだが、実際には行き先を伊豆と決めただけで、あとは、同行者にまかせっきりのお気楽釣行である。

当日の朝、携帯でモーニングコールまでしてもらって目を覚ます。迎えが来るまでの間に昨晩巻いたフライをフライボックスに詰め込む。よく見れば、数こそ入っているものの、使えるフライの割合がかなり、低くなっている。寝ぼけ頭で「あぁ、やっぱりフライはコツコツと巻かねば・・・」などと考えながら、玄関先に道具一式を積み上げた頃に表で聞き覚えのある声がした。慌てて、荷物を持って外に出る。

今回は3人での釣行だが、車は1台。3人で2台も3台も車を出すのは間抜けだし、行き先の川も大きくはないので、車が2台もあると川の近くに車を停められないかもしれない。荷物を放り込んで、後部座席に乗り込んだら、前の2人がルートナビと運転を初めて、私は座っているだけで釣り場に近づいていく。

助手席から裏道の指示が飛んで、細い道をぐねぐねと抜けていく。まだ、半分寝ぼけている私がふと気付いたときには、車は海沿いの道を走っていた。まだ、早い時間なので特に渋滞もなく、あっという間に真鶴道路へと抜け、きつい峠道を抜けて目指す川の畔に着いた。

天気は、雨。それも、サラサラと降るフライにはむしろ良いコンディションになるような雨ではなく、ビシャビシャと降る冷たい雨で、最近の天気予報の正確さに感心するとともに、我々が釣りに行くとなるとやってくる雨雲を恨めしく思う。それでも、釣りを諦めるような回路は我々の頭には組み込まれていない。川の様子を見るのもそこそこに、半年ぶりに渓流用のウエーダーに足を通す。

川に下りると・・・寒い。この時期に、雨の中やっているのだから当たり前ではあるが、それにしても寒い。真冬の河口湖のような乾いた寒さなら慣れているし、ダウンを着込んでしまえば問題ないのだが、今日のような雨の中の寒さというのはまた質の違う寒さで、何とかやんでくれないか、せめて小降りになってくれないかと空を見るが、雲なのか霧が出ているのかも解らないような状態である。

それでも、ここまで来て「今日は引き返そう」などという台詞が出てくるはずもなく、いつものようにぐずぐずと準備をしている私を横目に、他の2人はあっという間に川に下りてしまった。

で、ここで釣りの話に入るかというと、さにあらず。というよりも、書くことがない。私も、他の2人にも何も起こらなかった。

当然、移動。移動した先の川では、川に下りた目の前のポイントからやらせてもらう。どうせ、私が一番釣り上がりが遅いので、100mも釣り上がっている内に、他の2人がこの川の様子を調べてくれるだろうと言う、怠け者の判断だ。他の2人を見送り、煙草を一服してから流れに入る。少し、水深のある場所なので、普通なら期待の持てるところではある。

そのまま、一番素直なスジを流してみる。2,3回流して無反応なので、次。また、その上の素直なスジ。
「ぱしゃっ!」
サイズは小さそうだが、やっと反応があった。が、油断しまくっていたので、まるっきりフックにかすりもしなかった。サイズが小さくて、タイミングが合わなかったんだと言うことにして、次のスジ。・・・無反応。最後にこの場所で一番上の一番良さそうなポイント。話の流れとしては、ここで出て欲しいところだが、反応無し。一応、そのポイントを作っている石のぎりぎりまでフライを落としてみる。

「ちゃぱっ!」
さらに、小さそうな音をさせて、フッキング。手元で弛みまくっていたラインを大慌てでたぐって、ロッドをこれでもかと空に向かって突き立ててランディング。人に見られたら、フライ人口の増加率が減少すること請け合いの騒ぎで何とか手元に魚を寄せる。かなり、ぎりぎりなサイズだが、それでも綺麗な魚体のアマゴ。今シーズン最初の魚でもあり、薄暗い雨降り模様の中で、横っ腹の朱点が妙に鮮やかだった。
「ともかくこれでボウズは回避!」
余韻に浸りつつも、そのまま釣り上がる。5m上でまた反応があり、しかし、フッキングせず。と、言うより、フッキングできるだけのサイズがあったのかどうか怪しい。次の5mでもまた反応があった。これも、フッキングせず。ミッジを流してやれば、口に入るかも知れないと言うぐらいのサイズに見えた。まぁ、負け惜しみかも知れないが。この調子なら、いいサイズがいれば釣れるはず・・・だったのだが、上手く行かないもので、その後はぱったりと反応が止まる。

そのまま釣り上がると、すぐに、他の2人のどちらかが入渓したところにたどり着いてしまった。すぐ上には、いかにもよさげな水深のある落ち込み下のポイントがある。が、2人が流した後に、私の腕で何とか出来るはずも無し。とりあえず煙草に火をつけて、前の二人がどこまで行ってしまったか、岸に上がって上流側を探す。

と、視界の端で水面が割れる。サイズは大きくなさそうだが、ライズしたことは間違いない。そのまま、凍り付いたように動けなくなって、ライズのあった辺りを必死で探す。と、もう一度「ぱしゃっ!」っと来た。先ほどとほとんど変わらない位置で、水面が割れた。これなら、何とかなりそう。静かに下流側へ後ずさりして、フライを確認する。これで、合わせ切れでもされたら目も当てられない。

さぁ、キャストしようかと言うときになって、ふと見ると他の2人が護岸の上を歩いて戻ってきていた。

「らいずしてるよぉ〜」
と、わざわざ注目を集めておいてから、慎重にキャスト。ライズのあった辺りを上手く流れたはずだが、フライが消えることはなかった。一呼吸おいて、今度はもう少し奥目にフライを落とす。流れに乗ったフライがライズのあった辺りを過ぎて「だめか・・・」と言いかけたところで水面が割れた。素早く跳ね上げた右腕に、針から逃れようとする魚の躍動が・・・伝わってこない・・・。

見事に、合わせ損ない。わざわざギャラリーの付いたところで恥をかいてしまった。聞けば、他の2人はまだ、魚の顔を拝んでいないとのことだった。後になって考えてみると、丁度雨の降りが弱まったところで何かがハッチしていたらしい。それに合わせて他の2人が釣り上がったときには底にいた魚が、たまたま私が釣り上がるときに水面を見ていたのだろう。それにしても、5回もフライに出て、1匹しかつれないというのは情けない。

この後は、一昨年にやはりみんなで来た川に行ってみたりもしたのだが、悪条件は変わらず。結局はこの川での1匹が唯一の釣果になった。その代わりと言うわけでもないだろうが、年間を通してみても転んで沈することは1回以下の私が、どういう訳か3回も沈する羽目になった。特に、背の高さぐらいの堰堤を登ろうとして上の段に足をかけた後、そのまま登り切ることが出来ずにズルズルと堰堤下に落ちていったのは、情けなかった。「フライを巻く前に、体力をつけなければ・・・」などと、帰ってきてから3日ぐらい、筋肉痛が取れるまでは考えていたのだが・・・まぁ、シーズン中に川に行っていれば、今に、体力も戻ってくるだろうと、今はそう思っている。と言うより、そう思いたい。

他の2人の名誉のために書いておくと、1人は前日の徹夜が響いて、午後一杯車の中で眠りつづけてしまったためにボウズ。もう一人は最後の川で「この川だ、この川で釣りをするっ!」と渓相の美しさに惚れ込んだ、その、5分後にいいサイズを釣り上げていた。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ