2002年12月29日

2002年の釣り納め

「来年の話をすると鬼が笑う」とか言いますが、去年の河口湖の話をすると、鬼は、どうするんでしょうね?

ってなわけで、昨年の12月29日にこの冬シーズン初めてになる河口湖へ行って来ました。当日は、天気も良くて釣り日和。漁協の駐車場で友人と待ち合わせて、とりあえずは漁協前で入漁券を購入。1250円也。
「あれ、いつのまに値上がりしたんだ?!」と、私。
「なに言ってんだ。去年から遊魚税が導入されたでしょ。」と友人に言われて、思い出しました。そうだ、そういえば、日釣り券を購入すると、無条件に200円の税金が取られてしまうようになったんですね。

「この時期のニジマス狙いで、一日1250円は高いよなぁ。もう少し足せば、安い管理釣り場なら行けるのに・・・」などとぼやきつつ、いつまでも自動販売機に文句を言っているとただの危ない人なので、さくさく購入。とりあえずどこに入るかを友人と相談します。
「去年の実績から考えると・・・」私は、昨シーズンいい思いをした漁協の近くを希望。が、友人は、
「なに言ってんの、とりあえずは放流実績からどこに入るか決めるのが基本でしょ」と、なるほど、ごもっとも。

漁協のHPによると、今シーズンの放流は奥河口湖方面にしかしていないようなので、何はともあれ、奥河口湖へ偵察に。で、奥河口湖へ行くなら当然、西湖の放水口に行くことに決まってます。でも、正直なところ苦手なんですよね〜、あちら側。かけ上がりの角度が急で、バックスペースが無いから、フロートチューブで出るときには丁度いいんですけど、立ち込みとなると・・・
「釣れたよ〜・・・後ろの岸が・・・」ってなるし。

さて、奥河口湖に移動して、何となく準備してそのまま湖畔へ。こちら側で唯一と言って良いバックスペースのとれる場所が、なぜか、空いていました。もちろん、2人で陣取って釣り開始。今日は初っぱなから一番実績のあるウエットフライを選択。ほぼ半年ぶりの河口湖。半年ぶりの高番手。そして、1キャスト目から、半年ぶりの魚・・・が、出るはずもなし。ご期待通り、半年ぶりに後ろの岸を釣ってフライをロスト。ただでさえ少ないストックが1つ減ってしまいました。

その後も、取り立てて言うほどのことも無し。強いて言えば、フライを後ろに引っかけて、珍しく切れていなかったので回収してみると流木にきっちりとフッキング。しかも、その隣には、さっき自分でロストしたフライがセットで付いていました。有る意味、キャスティングが安定してるってことなんでしょうか?

そうこうする内に、日差しの加減が変わって、さっきまでお日様ぽかぽかで暖かかったのが、急に冷えてきました。同時に、正面からの風が強くなって、とてもじゃありませんがシングルハンドでは勝負になりません。
「こりゃ、風裏に移動しないと、どうしようも・・・」と友人を見ると、ダブルハンドを使っている友人は轟々と音を立てる風を無視してキャスト。思い出した。半年前に「来シーズンは、ダブハンを買って挑戦しよう」って誓ったんだった・・・

寒さに負けた友人を引っ張って、昨年いい思いをした西川ののサンドバーへ移動。さすがにキャストしやすいこちら側は少し人が居て、思うようなポイントには入れず。サンドバーの端っこに陣取って、黙々とキャスト練習。

キャスト練習と言えば、この間のフライフィッシングフェスタに行ってジョアン・ウルフさんの公開スクールを見ていて気が付きました。やっぱり、キャスティングは意図的にロッドを曲げてやらなきゃ、駄目ですな。こう、前後のストップの直前に手首を「ぐいっ」ってしてやると、ループが少しまともななる気がします。ま、フォルスキャストで間違って手を離してしまった時と、「うぉりゃ!」ってシュートしたときの距離が大して変わらない私の言ってることですから、参考にされても困りますけど・・・

などと、関係のない話を織り込んでいる間にそろそろ夕暮れ。いつもの山に太陽が隠れ始め、視界いっぱいに拡がる富士山がだんだんとシルエットになってきました。もちろん、日が陰り始めてからは半端でなく寒い。他の人はそろそろ引き上げ体勢で、サンドバーの先端のポイントも空きました。

「さぁ、あそこでラストチャンスだ!」と移動してみると・・・「あれ?」
今まで、自分が一生懸命狙っていたポイントの半分ぐらいまで、立ち込んだまま歩いていけます。「そうだった・・・ここは、極端な遠浅なんだった。そりゃ、いくらキャストしても、魚の反応無いわけだ・・・」そんな、基本的なことに気が付くのが、午後4時。もう、やり直している暇はありませんでした・・・

久しぶりに高番手振り回したので、それはそれで楽しかったけど、やっぱ、魚の顔見れないと、がっくりきますね〜。次回はもう少し考えてからポイントを選びましょう。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ