2002年9月22日

千曲、今シーズン終了

今シーズンは「今年は、千曲の年です」と宣言しつつも、終わってみればたいした回数行くことができなかった。金曜の晩に仕事からそのままいつものキャンプ場に向かい、土曜の朝からつり三昧、日曜まで釣りをして、のんびり帰ってくるのが週末のパターンになるはずだったが、それができたのは一回だけ。もう、今シーズン最後なので「今度こそは」と金曜の晩から泊りがけで行ってきた。

金曜の晩、相模湖ICから中央道に乗って須玉を目指す。今年になってから、夜走るなら高速を使って行ったほうが早いことに気がついて、最近は相模湖ICから乗ることにしている。オービスの位置など気にしつつあっという間に甲府盆地に入り、一宮御坂のところで下りになると見えてくる甲府の夜景を見る。「これも、今シーズン最後なんだなぁ」と、しばし感慨にふけるが、そうしていると眠ってしまいそうなので、窓をあけて風を入れながら須玉を目指す。

窓をあけると、少し天気が悪いこともあって、風が冷たい。とても渓流で釣りをするような時期の気温とは思えない。まぁ、3月の千曲に比べれば、ダウンを着込まなくても大丈夫なだけ暖かいのかもしれないが。ただ、これだけ気温が下がっている上に昨日から雨が降っており、冷たい水の入った川がどうなっているかがちょっと気にかかる。「まぁ、渇水の所に雨が降って、良い水量になってるだろ」と釣り人らしい結論を出して、とりあえずヒーターのスイッチを入れた。

R141を駆け上がって、寝静まっている清里や野辺山には目もくれず川上村へ。村内の道路を通り抜けて、いつものキャンプ場・ビブリッジへと向かう。もちろんこの時間ではこちらも皆寝静まっているので、車を入り口のそばに停めてテントとシュラフを抱えて歩いて場内へ。せっかくなので、普段車では入ることが出来ないスペースにテントを設営。夜露で下草が濡れているし、今日は十五夜だというのに空は雲で一杯。とっととテントに潜り込み、途中で購入してきた文庫本を少し読んで・・・と、思ったら思いの外面白く、結局最後まで読んでしまう。

朝、目を覚ますと・・・既に、9時過ぎ。まぁ、この時期なら朝一にこだわる必要もないので釣りの方はまだまだ時間があるのだが、相も変わらずの大寝坊。ともかく、コーヒーをいれて、用意してきた朝ご飯を腹に詰め込む。キャンプと言っても、釣り目的で一人で来ると食事に凝る気は起きない。コーヒーだけはちゃんと入れて、あとはおにぎり(シャケ・たらこ)、菓子パンのアップルパイという、我ながらめちゃくちゃな内容。とりあえず腹が膨れたところで・・・もう一冊文庫本を引っ張り出して読み始めてしまう(笑)

気が付けば、昼前。慌てて管理人さんの所に挨拶に行って「あ、やっぱりいたんだ。変だと思った」とか言われてみる。まぁ、ここではみんな早起きだから、昼前になってゴソゴソ動き出す私はおかしな生活パターン。少し話をしてから、車をテントの所まで持っていく。この時点で「車の入れない」所にテントを張ったことは忘れている。そして多分、まだ、寝ぼけている。

テントの所まで車を入れるのに、無理矢理藪を突っ切り、窪地を乗り越える。足の下で、かなり嫌な音がしたので、窪地を乗り越えたところで車を停めて後ろを見ると、窪地だと思っていたのは排水用の側溝が埋め込まれているところ。以前のパジェロならともかく、今のフォレスタでこんな所を突っ切ってしまったことを少し後悔するが、今更後悔しても、ましてや車の下に潜り込んで損傷を確認しても後の祭りなので、見なかったことにする。

簡単に片づけをして釣りに出発。・・・ところが、さっきの場所は通れない。仕方なく車を降りて、通れる場所を探すが、側溝はそのまま私の行く手を遮って森の中に消えている。道路はすぐ脇を通っているのだが、段差がありすぎて登りようがない。「・・・来た道を戻るしかないのか?」

今度は、慎重に下見をして通るべきルートを選択。下見なぞしなくても、側溝を上手く越えて藪を突っ切れそうなルートはほとんど1本しかないことが判明。祈るような気持ちでクラッチをつなぐ。「・・・ご、ごりっ」嫌な音をさせつつも、なんとか致命傷は食らわずに側溝を乗り越えて一安心。で、窪地から抜け出そうとすると、車が前に進まない。夜露に濡れた草地でタイヤが空転している。「おぃおぃ、四駆のデフ付き車でなんでタイヤが空転してるんだ・・・?」

一旦下りて調べてみると、まことに致命的な形で左前輪のタイヤが浮いている。それだけなら問題ないのだが、右後輪も何とか接地しているだけでトラクションがかかっていない。挙げ句、右前輪は斜面にブチあたってやや前方で接地している。仕組みは良く解らないが、どうもこれだとさすがの四駆もどうしようもないようだ。ちょっと焦る。が、まぁ、とりあえずもう少しふかしてみる。・・・まるで駄目。「ならば!」と今度は少しバック。上手いこと車が動いたので、ハンドルを切ってから前へダッシュ。斜面を上手く登り・・・かけて、止まる。もう一度バック。もっとふかしてダッシュ「がっくん、がっくん」と車体を揺らしながら、何とか斜面を登りきった。

そんなこんなで、ぐずぐずしていたので「さぁ、これから山を越えた向こうの支流だ!」という雰囲気ではなくなってしまった。天候もまた崩れ始め、ウエーダーをはき終わる頃には雨まで降ってきた。すっかり遠出する気分ではなくなったので、本当は明日のフィナーレに取っておくつもりだった場内の支流に入ることにする。入渓はいつもの畑の脇から。

川に下りると、雨のおかげで夏場より水量が増えて・・・いない。今まさに雨の中釣りをしているし、昨日、川上村まで来る途中も雨が降っていた。なのに、水量は少ないまま。前回来た直後に大水が出たらしいが、そのおかげで少し流れが埋まったりしてポイントも変わってしまっている。途中、小指サイズの岩魚の反応があっただけで、気合いを入れる間もなくあっという間に釣り上がってしまった。釣り上がっている最中も、流れの筋がまるきり変わっていたり、淵が無くなっていたりと先日の大水の激しさが伺える。この規模の川で、これだけ渓相が変わる程の大水が出たとき、魚は一体どこへ逃げて居るんだろうか?

・・・どうも、逃げてなくて、流されたっぽい。なぜなら、最後まで釣り上がっても魚が居ない。魚が居ない理由にはもう一つ心当たりがあって、どうも、この辺にミンクが一匹住み着いたらしい。大した深場もないこの規模の渓流でミンクが一匹居れば、あっという間に魚影が薄くなるのも頷ける。山を一つ越えた方の支流群では何度かみかけたことがあったのだが、今年になってこちら側にも進出してきたようだ。今シーズンは本流でもうろうろしていた。仕草がかわいいので、しばらくにらめっこをして遊んでいたが、わがままな釣り人の立場から言えばちょっと、迷惑である。

メインイベントにするつもりの支流をいきなりやってしまい、しかも、ボウズ。「大変だ、大変だ!」と一人で騒ぎつつ、少し暗くなり始めた道を大急ぎで本流の体育館前へ走る。体育館前は、さすがに禁漁直前とあって結構人が居る。が、目星をつけていたポイントは空いているようだったので、ともかく急いで車を停めて川に降りた。

本流も渇水気味で、良いポイントはどこも小さくなってしまっているか、最悪、無くなってしまっている。この辺りで水量のたっぷりしているところは、川底がコンクリートで固められていて、とてもポイントにならない。日が落ちてだんだんと暗くなってくるが、ともかく1匹でも釣らないとボウズになってしまうので、目星をつけたポイントに#14のエルクヘアを流す。

岩魚がいそうな筋を一通り流してみても、反応無し。ヤマメでも出てきそうな流心ど真ん中の速い流れで、やっと本日の一匹目が出てくれた。ネットを使うまでもないサイズだが、まぁ、1匹は1匹なので、足下まで引き寄せてから「いや、ご苦労さん。ご苦労さん。」と迷惑げな顔の魚に声をかけてからリリース。とりあえず、ボウズは免れた。

そのポイントでは、その1匹の反応のみで、仕方なく下流側が空いていたので釣り下ることにする。本当はダウンで釣るのは苦手なのだが、かといって下流まで歩いてから釣り上がってくるほどの時間もないので、ともかくフライを落としていく。底が岩盤になって流れが速く、荒くなり、ポイントにならない場所をパスしようとした時、ふと、小さな緩流帯が気になってフライを落としてみる。あまり魚が居る感じのするポイントでは無かったのだが、ここで本日最大サイズが出る。

で、「出る」なんて表現をするぐらいだから、当然ばらす。合わせは上手くいってフッキングはしたものの、足場が悪くて前に出られない。仕方がないので、魚を上流に引きずり寄せるようにして取り込もうとしたら、目の前まで来てフックが外れてしまった。「あぁぁっ!」と雄叫びをあげて、崩れ落ちたまま、その場で反省会。左手側から、魚をかけたところの脇まで回り込めば何の問題もなかったことが判明。今シーズンはこのパターンでのバラシがかなり多かった。根本的に、ポイントにフライをキャストするところまでしか考えていないことがよくわかる。来シーズンからは、取り込みも考えてポジション取りをしようと堅く心に誓う。・・・が、きっと来シーズンにはそんなこと忘れているので、ここに書いておこう(笑)

そのまま釣り下るが、めぼしいポイントには魚が居ないようだ。本格的に暗くなってきて、例のごとくガガンボが大量にハッチしている。「ここはどうかな?」と言うポイントで、3匹ほど追加。但し、3匹とも手のひらサイズ。最後には大きなプールのライズを狙うが、心の何処かで「ウグイのキューちゃんじゃないのぉ?」という声がする。結局は、正体を見極められないまま終了。

ナナーズで買い物をして、キャンプ場に戻る。テントの前に1畳ほどの大きさのシートを引いて食事。端から見たらわびしい光景かも知れないと思うが、雲を通して射してくる月明かりでうっすらと山並みが見えていて、他の人の気配もないし、なかなか贅沢な感じに浸りながらコーヒーなどを飲んで・・・いたら、雨が降ってきた。慌てて片づけて、テントに潜り込む。一人用の小さなテントの中、マグライトの明かりで文庫本の続きを読んでいると、何やら秘密基地っぽくてちょっと楽しい。そんなことをしている内に、いつの間にか眠ってしまった。

深夜、雨の音で目を覚ます。シングルウォールのテントなので、雨の音が直接テントの中まで響いてくる。かなり降っているようで、明日の釣りが気になる。「今日、一匹でも釣っておいたのは正解かな?」と何となく安心しながら、しばらく眠れずにもぞもぞする。こういうときに考え事を始めてしまうと眠れなくなるのは解っているのだが、考え事が勝手にどこからかやって来て、結論もでないまま、また何処かに飛び去っていく。

・・・ふと、気が付くと朝だった。時間は・・・またも9時過ぎ。天気が気になって、とりあえずテントの入り口を開けてみると、快晴とはいかないが、少なくとも雨は降っていない。今日は帰るので、テントの乾燥をしっかりやらないといけないのだが、この天気では無理そうだ。のんびりと朝食を取ってから、シュラフなどを車に放り込み、テントは大体乾燥したところで、拡げたまま車に放り込む。「帰るまでには、乾くだろう」と思ってのことだが、オレンジ色のテントが一杯に拡がった車内は、何やら明るいというか、けばけばしいと言うか・・・

片づけをしたそのままのバタバタしたペースでキャンプ場を後にする。そのまま、本流に向かって、気が付けば何故か昨日と同じ体育館前。昨日の夕方、暗くなってしまって攻めきれなかったポイントを攻めるが、出てくるのはやはりちびすけばかり。何とか手のひらサイズを上げて、ボウズ回避とする。あとは、フィナーレを飾るにふさわしいポイントへ・・・どこにあるんだ、そんなの?

片づけの方で、乾燥作業をしたりしている間、つい、車をいじくったりしていたので、もう、それほど時間もない。「ここは一発、シーズン初期に泣き尺岩魚を2週連続で釣り上げたあのポイントに入って、シーズン最後を飾る尺岩魚を狙うしかあるまい!」ギャンブルの負けパターンにありがちな一発逆転の発想で、シーズン初期に通ったポイントへ移動する。いきなり核心部ではもったいないので、下の堰堤まで下ってから、釣り上がることにした。

ここへ来てやっと、水量がちょうど良い感じになっている。夏場には一面チャラ瀬になってしまってどうしようもなかったが、そこが今度は一面ポイントになっていた。大きめの石が入った周辺をこまめに流していくと、手のひらサイズの岩魚が何匹か出てきてフライをくわえた。いわゆる「飽きの来ないペース」で順調に釣り上がっていく。

かなり時間をかけて、やっと、目的のポイントに到着。水量もなかなかで、見るからに良いポイントになっている。大物に期待しつつ、第一投、いきなり反応があったが、合わせ損なった。まぁ、今までと変わらないサイズなので、合わせ損ないはそれほど悔しくもない。問題はこの場所のその流れで出てきたサイズがあの程度ということ。どう見ても、この一帯のNo.2か3が居るべきポイントであのサイズと言うことは・・・

結局、暗くなり始めるまでこの場所で粘るが、大物の姿を見ることは出来なかった。まぁ、世の中そんなに上手くは出来ていない。すぐ上に大きなプールがあるので、このままイブニングをそのプールでやることにする。とは言っても、とっくにイブニングの時間帯なのだが。

下流からプールの流れ出し付近まで近寄ると、プールのあちらこちらでライズが始まっていた。そして、実はここからが地獄の始まり。何度かフライを落とした後に「どうも、このサイズじゃないみたいだな・・・」とフライを交換し、次は「いや、色が違うのか・・・」とフライを交換し・・・。あっという間にフライパッチは満杯。それでも、まともな反応は引き出せない。何故か、半沈みのアントパターンに一度だけ反応があったが、合わせてもかすりもしなかった。

どうも、ライズがおかしい。いつも通りガガンボが出ていて、その他、暗くなってしまう前に本流でよく見るメイフライのダンも見た。暗くなってから一度だけ、シマトビゲラ(?)が飛んでいくのも見た。ミッジから#4のエルクヘアまで、ありったけのフライを流したが、どうしてもフライをくわえてくれない。それでも、2,3回は反応があったが、合わせてもかすりもしない。「このパターン、もしかして・・・?」

結局、暗くなってフライが結べなくなってしまい、あえなくリタイア。心の中で「ライズの正体はハヤかウグイだ!」と決定して、「岩魚じゃないから、悔しくないんだー!」と叫びながら護岸を駆け上がる。車に戻って、千曲シーズン最後の片づけ。もう、暗くて川も見えないので、川にお別れを告げることも出来ず、仕方がないので代わりにナナーズに別れを告げて、帰途についた。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ