2002年6月15日

やっと一雨

みなさん、そろそろ飽きてくるでしょうが、またまたまた、千曲の釣行記です。しかも、それなりにドラマのあった前回までと違い、今回、目立ったイベントは発生せず。ってわけで、今回はさらっと行きましょう。

とはいえ、前回の釣行記は「次は尺岩魚?!」で終わっているわけで、本来なら8日の週に行くはずなのですが、毎週の千曲行きでちょっと疲れてしまい、1週お休み。今週はどうしようかと考えているところに、天気予報を見ると週末は少し雨が降るような予報。しかも、一日雨というのではなく「時々」とか「夜半から」とかいうキーワードが・・・。「これは、むしろおあつらえ向き?」と、23時過ぎに仕事先を出て「2時前には着くかな〜」と中央道に乗ります。

ところが、都内に入ったぐらいでいきなり雨が降り始め「あら、ちょっと早いな・・・」等と言っている内に土砂降りに。「ま、こっちで降ってても、長野では大丈夫でしょ」と、そのまま走り続けます。R20を下って、均一料金区間の600円をケチろうとしたんですが、さすがにこれだけ土砂降りだと他の車のペースも遅くなって、仕方なく中途半端なところから中央道へ。

八王子を過ぎた辺りでは、本気で土砂降り。左右から道路を川が横切っているような状態で、当然速度規制もかかっており、下手に横を大型車が通ったりすると水のカーテンで前が見えず。普通ならこの辺で「これだけ降ってたら、釣りにならないかもしれない」なんてことを考えるのですが、そのとき私が考えていたのは「これじゃ、到着時間が遅くなるなぁ・・・」だけでした。

結局、中央道を下りるまで雨は降っていたのですが、R141を上がっていく内に小降りになり、いつもの体育館前に着く頃には全く降っていませんでした。道路なんかを見る限り、こっちの方は全く降っていない様子。雲だけは出ているようで、前回まで1℃とか5℃とかだった気温がいきなり14℃。状況が良いのか悪いのか良く解らないまま、ともかく眠くてそのまま横になりました。

朝、目覚めてみると、案の定良い天気。車の中で蒸されて死にそうに暑い。サッカーW杯の影響か、結構遅い時間に目覚めたにもかかわらず体育館前には他の車が止まっていませんでした。寝ぼけながら準備をして、「さて、尺に育ったかな」と例のポイントへ。こちらも、釣り人の姿は見えず。「今日は、どうなっちゃったんだか・・・」と言いつつも、橋の下のポイントが空いているので、そっと近づいて観察。・・・するまでもなく、ライズしてました。

やたらと攻められ続けていて、難しいポイントであることは解っているので、上手く身を隠せる葦の影からさらに観察。ライズの対象でも解れば楽になるんですが、さすがにそれは無理。「もう少し近づいたら見えるかな・・・」と葦の陰から前に出ると、一番近くでライズしていた奴が「ふいっ」っと移動。「うぁ、やっぱ警戒心強いなぁ」

この連中が、渇水でさらに浅くなった流れで平気でライズを繰り返していると言うことは、どうも、今日ここに竿を出すのは私が初めてのようです。嬉しいような、こんなきついもの相手にしたくないような・・・。ともかく、狙いやすいライズを探して、何とか上手くポジションを取ろうとしていると、橋の上から「ライズしてるよ〜」の声。「はえ?」と上を見ると、いつの間にか「おっちゃん」という形容が見事にはまるような人がのぞき込んでいました。

言っていることも良く聞こえないので、とりあえずは適当に返事をして目の前の魚に集中。後ろの葦も気にかかるし、ラインの落とし方も難しいし、散々悩みながらキャスト。・・・全然手前。川の上には風が吹いているようです。そっとピックアップして、もう一回。まあまあの所に落ちて、フライがライズの上を・・・「ぴしゃっ!」「よっしゃ!」。まさにドンぴしゃのタイミングで魚が出て、上手く合わせて・・・ラインが宙を舞いました・・・。

「なんでぇ?!」出方はちょっと早い感じでしたが、ドラグもかかってないし、合わせも早すぎず、遅すぎず。「魚が直前でフライだと気付いてくわえなかったのか・・・それとも、くわえ損ない?」。同じ失敗を繰り返させてくれるほど甘くはなさそうなので、いきなり朝っぱらからフライをCDCのパターンに変更。

後ろに下がってゴソゴソと結び換えていると、さっきのおっちゃんがいきなり目の前に。「やっぱ、ライズしてるよ。でかいな、アレは。尺だな、尺」。心の中で「いや、いくらなんでも尺はないぞ。せいぜい8寸だろ・・・」と突っ込みつつも、ちょっとお話し。その間、フライを結び換えるスピードダウン。やっと結び終わる頃になって「さて、やるか」。って、おぃ(笑)

テンカラ竿を持ったおっちゃんは有無を言わせずそのまま流れの脇へ。流れから一段高くなった川岸に仁王立ちになって、竿を一降り。「びしゃん!」と音を立ててラインが落ち、逃げ散る魚。いや、マジでそんな状態。もちろんライズは止まり、魚も深みへ行ってしまいました。そんなことは気にせず、おっちゃんは毛針をちょいちょいと動かしながら「惜しい、今、見たんだけどなぁ」(いや、逃げてるだけだろ!)。「やっぱ、白い毛針の時期じゃないんだよなぁ」(だったら何で使ってるんだ?!)。そのまま、「びっしゃん」「ばっしゃん」。テンカラって、あんなやり方だっけ?(笑)

まぁ、良くあることと言えば言えるものの、何でまた見渡す限り人の居ない(この日は、本当に釣り人居ませんでした)千曲本流で、わざわざ私の狙ってるポイントつぶしに来るんでしょうか・・・(爆)。ライズが止まったらここにいても希望はないので、さっさと退散。下流に歩いて、本命の例の場所へ・・・。

たどり着いて、すっかり生い茂った葦の後ろからのぞき込んでみると、例の場所はさらなる渇水で完全に底まで見えるほど浅くなっていました。しばらく観察していても、ライズも魚影も確認できず。一応、結んだままのCDCフライを落としては見ましたが、当然反応も無し。尺を目前にして、あの魚は何処かに移動してしまったようです。「しまったぁ、先週来ておきゃよかった・・・」。

仕方がないので、叩きながら本流をうろうろすることに。CDCでは辛いので、半沈みパラシュートに交換し、水深のありそうな場所を探してうろうろ・・・うろうろ・・・うろう・・・「ないっ!」。本流は渇水でかなり厳しくなっていました。堰堤下以外はほとんどの場所が浅い流れになってしまい、狙うだけ無駄なような所ばかり。一応、少しでも可能性の有りそうなところを探っていきますが「出ても、せいぜい小指サイズだろうなぁ」と考えると気力も萎え、うろうろと流浪の民になりました。

流れの幅が狭くなるところまでしばらく歩いていってみると、なかなか良さそうなポイントが。結構水深のありそうな場所でぎりぎり頭を出している石があり、その石にぶつかった流れと、もう一つの流れがぶつかっている所の上が水深のあるポイントになっていました。ガンガンの流れの中に2mX50cmぐらいのスポット的なポイント。とても、魅力的。

フライを落としてやると、出ては来なかったもののちらっと魚が見えました。「お、これは?!」。そのまま、もう一回・・・「ばちゃ!」「すっぽーん」。綺麗にすっぽ抜け。諦められずに、もう一度チャレンジ・・・「ばちゃ!」「すっぽーん」。全く同じ、すっぽ抜け。魚がフライに触れていなさそうだったので、フライをもっと吸い込みやすいものに変更。と、言うか、さっきのCDCフライがパッチに付いているので、それに交換。

フライ交換を含めてしばらく時間をおいて、再挑戦。同じ場所にフライを落としてやると、同じように魚が出る。「こいつ、アホだな・・・」と思いつつ、慎重に合わせ。手元に「ごん!」と来て、やっとフッキング。なかなかいいサイズの魚でしたが、妙にあっさりと引き寄せられてきました。「あれ?」と思いながらネットに納めようとすると・・・「ぼく、岩魚じゃないよ〜ん」。

いや、一匹は一匹ですが、これだけ良いポイントに着いているのがウグイというのは・・・。すっかり力が抜けてしまい、「僕は違うよ〜」と言う顔のウグイ君をリリースして、とりあえずポイント移動を決意。車に戻って見るとそろそろいい時間になっていたので、ナナーズに昼飯を仕入れに出かけました。

昼飯後に「週末、千曲行くかも」と言っていた人々に連絡を取ってみますが、みんな、自宅(笑)。一人で昼飯もつまらないので、いつものキャンプ場に行って昼飯にすることにしました。当然、午後はそこの支流に挑戦。・・・の、筈が、昼飯後に話し込んで、眠くなってきたので気持ちよくお昼寝。本気で寝てしまい、3時頃になってから支流に入渓。

結果、6寸サイズ8バラシ&すっぽ抜け。7寸サイズ1バラシ、1すっぽ抜け。8寸1匹キャッチ。今までの実績では魚があまり居なかったところに魚が多く、油断しているとすっぽ抜けるか、ばらす。やっと取った1匹が多分最大サイズだったので良かったですが、楽しいような、ストレスが溜まるような釣り・・・。

支流を終わって、もう、イブニングの時間。車をキャンプ場から出し「泊まってかないの?」の誘惑を振り切って本流、体育館前へ。ここに来てやっと雨が降り始め、活性が上がりそうな予感。雨具を着込んで、川に下りる。雨足はだんだん強くなるようで、川に下りた頃には笹濁りのちょっと手前。「むしろ、良いコンディションでしょう」と、期待しながら、2,3カ所叩いたところで、後ろの山の方から誰かがフラッシュを焚いて・・・「どかどかごろごろごろ・・・」。うぁ、雷だ。

ふと、冷静に戻ると、川の増水のスピードが結構早い。濁りもきつくなっており、何より雨足が強くなっている。雷も盛大に鳴り始めていて、この広い河原に立っているのは私だけ。手には、カーボンの良く電気を通す棒を持っているし、河原にある葦よりも、私の方が背が高い。「・・・もしかして、俺、愚かな人になってる?」

慌ててロッドをたたみ、大急ぎで車に戻りました。この後、帰り道はものすごい雨。特に、野辺山に向かって登り始めてからは、前は見えないし、道路は川になっていて自分の車が跳ね上げる水で前が見えない。車の屋根に雨が当たる音で、エンジン音さえ聞こえない。洗濯機の中を走っているような状態でした。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ