2002年6月1日

週に1cm?!

シーズン前に誓った「今年は千曲をメインにする」の言葉通り、このところ千曲にばかり行っている。なので、今回は・・・やっぱり、千曲に行ってきた(笑)

先週と同じパターン。金曜の晩に仕事先から直接千曲に向かって、体育館前で仮眠を取る。朝になって、かねやんにたたき起こされる。「あれ、確か今日は来れないはずでは・・・?」と寝ぼけた頭で考えて、しばらくして「仕事先の人と出かけるから」としか聞いていないことを思い出す。「仕事先の人と、千曲に釣りに出かけるから」だったのか・・・。

半分寝ぼけたまま朝飯を詰め込み、釣り支度。寝ぼけて動作が遅いので、ずいぶんと時間がかかる。後の2人は先に体育館前に下りた。3人で同じ場所に入っても仕方がないので、私は先週の泣き尺ポイントに直接向かう。「あわよくば、また、あの魚を」と2匹目のドジョウ(いや、この場合1匹だろうか)狙いである。

橋の直下のポイントから入ろうかと思ったが、既に餌釣りが2人陣取って動きそうもない。時間もそろそろ9時になり、いつものメイフライハッチが始まってもおかしくないので、もろに、泣き尺のポイントから釣りを始めた。

河原に下りてから、ポイントを荒らさないように少し下流まで歩いて川に下りる。そのまま流れが拡がって浅くなっているところを渡るが、先週から比べてもさらに水位が下がっていて、かなり悲惨なことになっていた。20cmぐらいの大きさの石が頭を出すような浅いところでは、石と石の間がびっしりと緑色の藻に覆われていて、その隙間に得体の知れない黄色くてドロドロしたものが泡立っている。山を削ってビニールで覆ってしまっているので、ちょっと雨が降るとすぐに泥水が流れ込むようになり、富栄養化のサンプルのようになってしまっている。ほんの少し前までは、ウエーダーなど履かずに裸足で入りたい川だったのに、今ではウエーダーで入るのもためらわれる場所が多くなった。このままだと、あと5年後にはどうなっているのかかなり不安である。

ちょっとげんなりしながら、それでも、例のポイントへ。渇水で様子が変わっているかと思ったが、それほどの変化もなく、やはり、どこから攻めて良いのか分かり難いままだった。とりあえずは、ライズがあるかどうかの確認のため、煙草を付けてしばらくぼんやりとする。空を見ると、相変わらず上流の橋桁から飛び出してくるツバメが飛び交い、盛んに何かの虫を捕まえている。その虫が今ハッチしていてくれれば、ライズを誘ってくれるのだろうが・・・

そして、煙草を吸い終わるまでに2回、ライズがあった。相変わらず、私の行くところでライズが起こる(笑)。前回と同じように体半分を水面上に出すようなライズ。ほぼ、あの魚であることは間違いないし、ライズフォームもライズの場所も前回同様。これは、楽勝かもしれない。ハッチしているような虫は見えなかったので、とりあえず、前回この魚を釣ったときに使ったフライをフライパッチから取りだし、先ほど付けたばかりのフライと交換する。

立ち込む位置も前回と同じ。前回と違うのは、風が少し弱いことだけで、それはむしろ有利な点。すっかり楽勝気分で、キャスト開始。

・・・そして、1時間。出ない。いや、正確には1回出たのだが、乗らない。相変わらず巻き返し近辺をクルージングしながらライズしていて、次にどこに出てくるのか、どこを流れているものを補食しているのか、訳が分からない。ライズが止まれば諦めもするのだが、鈍いのか、上手いことフックが触れなかったのか、それほど頻繁ではないにしろ、ライズは続いている。「いつか、釣れるさ・・・」朦朧としながら、キャストを繰り返す。

・・・さらに、30分。巻き返しを作っている流れの上の方から流し込んだフライが、流心から吐き出されるようにして巻き返しに入ったところで、「しゅぼっ!」と音を立てるようにしてフライが消えた。一拍おいてラインを跳ね上げると、ロッドティップが弧を描いたところで跳ね上げたロッドが止まる。同時に、巻き返しの奥の深みに向かって魚が走り出す。ずっしりと重く、パワーがある。間違いなく、先週のあの魚だ。

万が一にもバラしたくはないので、慎重にやりとり。そうでなくても、魚の引きが強いので慎重にならざるを得ない。2度、3度と魚が走るのを何とかやり過ごして、ネットに納める。少し、ヒレが綺麗になっているようにも見えるが、やはり、先週と同じ魚。魚をネットに入れたまま浅瀬まで走って、カメラを取り出して写真を撮る。今週は明るい内に釣れたので、写真もちゃんと撮れる。バシャバシャと何枚か取ってから、念のためメジャーを取り出す。

「・・・あれ?」魚をきちんと横たえて、きっちりと測り直す。「やっぱり、29cmある・・・」。再放流があったわけでもないし、同じ場所に何匹もこのサイズの魚が居るとも思えない。先週、あれだけ測って28cmだった魚は、今週29cmに成長していた。尾鰭が少し綺麗になって居る分なのだろうか、それとも、餌の豊富なこの時期なら1週間あれば1cmぐらい大きくなるものなのか、正に「泣き尺」。尺岩魚まで、あと1cmに迫っていた。

魚はもちろん、元の場所にリリース。この調子なら、来週には尺岩魚を手にすることが出来るはずで、「来週も、ここで、同じようにライズしてろよ」と良く言い聞かせてリリースしておいた。来週、人生初の尺岩魚を予約済みということである。

昼までにまだ少し時間があったので、下流へ向かう。下流の堰堤下には、30cmどころか、40cmに届くのではないかという大きさの岩魚が2匹いることを知っているからだが、それ以上に、その魚はどうやっても釣れるはずが無いであろうコトも解っている。堰堤のブロックに隠れて、魚の付いている場所をのぞき込んでみるが、相変わらず堰堤のブロックの下に頭を半分入れるようにして、どうやってもフライを流し込むことの出来ない場所に定位している。フライだけではなく、餌でもルアーでもこの魚は釣れないのだろう。堰堤下という、目立つポイントに居ながら、先週と全く変わらない様子で、ごくまれにブロックの下を通ってくる流れに紛れ込んでいるのであろう、何かわからないものを補食している。

それでも、しばらくは諦め悪くウエットに思い切りウエイトを噛ませて狙ってみたりしたが、見向きもされない。魚の鼻先にフライを持っていくことさえ出来ないので、いい加減飽きて車に戻ることにした。他の2人も、そろそろ、腹を空かして上がってくる頃だろう。

他の2人は、体育館前の一番下流側、小堰堤の辺りではまっていた。上がってきたところで聞いてみると、それでも、何回か魚を引っ張り出したそうだ。目立ったライズがあるわけでもないこのポイントで魚を引きずり出す腕前にしばし感心。そして、みんなでナナーズに昼飯を仕入れに出かける。

午後からは本流を離れて金峰山川をやってみることにする。せっかくなので、昼飯を買い込んでそのまま金峰に向かい、いつも車を停める草っぱらの木陰にシートを拡げて、行儀の悪い格好で食事をとる。食べ終わった頃には眠気が襲ってきて、そのまま昼寝でもしていようかという気になるが、他の2人はやる気満々で準備を始めるので、それに引きずられるようにしてウエーダーを履いた。

金峰は相変わらず綺麗な川で、まだ、冬の面影を残して石に茶色の苔が付いているところもあったが、これも、梅雨になって一雨降れば真っ白になるのだろう。上流に人家がないので、ここ数年で汚れが進んでいるというようなこともなさそうだ。本流の荒廃ぶりを見てきたばかりだったので、少し、安心する。が、それもつかの間で、さっきまであれだけ眠かったのに、流れを目の前にするとともかく早くフライを落としたくてうずうずしてくる。

3人居るので「とりあえず、代わる代わる頭跳ねしていこう」と適当に入渓する。と、言いつつ、ちゃっかり一番上に入って、良さそうな落ち込み下の流れから始める。何となく落ち込み直下から流心にフライを落とすと、茶色の影が走ってフライを追った。突然のことで油断していて、あわせも何も出来ずにフッキングミス。会わせていないんだから、ミスも何もないが。念のためもう一度流してみたが、さすがに警戒されたようでもう一度は出てこなかった。サイズも大したことはなかったので、下流にいる2人に向かって「魚居るよ〜」とだけ伝えて、上流へ。

そのあと、2つか3つ目の落ち込みで、今度は落ち込みのすぐ横にある巻き返しから1匹。今度は、ちゃんとフッキングしたが、5寸以上・6寸未満のサイズだったので、半分宙を飛んで足下まで来たところでフックが外れてしまった。ちょっと情けないが、まぁ、良し。次のポイントを狙う。

また、少しして、落ち込みの下で頭を出している石に流れがあたって左2:右8ぐらいに流れが分かれているところ、左の流れはそのまま1m程で岸際の大石にぶつかって伏流気味になっており、右側の流れが良い感じの流心を作っているポイント。当然、右の流れの下の方からフライを落とすが、反応無し。そのままのポジションから、もう少し上も狙うが、それでも反応無し。「ここで、出ないかぁ・・・」諦めきれず、もう一度キャスト・・・したところが、ミスしてフライは左の流れへ。岸際の石に当たって、そのまま・・・「あれ、消えた?!」まさかとは思いつつも、聞き合わせ。「ごん!」とロッドティップが引き込まれて、慌てて立ち上がって引き寄せる。

少し抵抗を見せながら上がってきた岩魚は、私の広げた手の親指から、小指の第一関節までと少しで、7寸。どうも、岸際の大石の下がかなり深い抉れになっているようで、私から死角になった所に定位していたようだ。いいサイズなので、とりあえず撮影。支流の魚らしくオレンジ色が強くて、ヒレもピンとしているなかなかの美形。色が妙に黒いのは、石の下の暗い場所にいたからなのだろう。撮影が終わった後、同じ石の下に戻るようにリリース。もちろん、次回、このポイントを狙うことは忘れないように、周りの風景を記憶に刻み込む。

その後も、何匹か追加するが、手のひらにも満たないサイズや最大でも5寸クラス。それぐらいの小さな魚は流心に付いていることが多く、どん欲にフライを追う。多少のドラッグなど無視して、下手をしたら次の落ち込みに落ちてしまいそうになるまで追いかけてくる。明るいところにいるからなのだろう、これらの魚は一様に明るい体色をしていた。

後ろの2人と交代したりしながら釣り上がるが、途中から反応が薄くなる。どうも、途中で道路と近づいたところからは先行者がいるようで、あからさまに反応が無くなる。しかも、どこまで行っても同じような渓相が続き、どこまでも釣り上がれてしまいそうなので、イブニングの時間を考えて適当なところで切り上げることにする。

車を停めたところまで戻って、かねやんの車が買い換えで下取りに出されてしまうので、記念写真。私も以前乗っていたパジェロの写真は残してあるが、車の写真だけしか残していないので釣りの格好で車と一緒に写っている写真はちょっと羨ましい。・・・と、そんなコトをしつつ、本流の体育館前に戻る。

イブニングの体育館前は期待していたのだが、それほどのドラマはなかった。やはり、いつもの通り黒いガガンボのハッチはあったのだが、それに反応するライズはほとんどないまま。唯一、この日、ホスト役に徹して魚を釣り上げていなかったかねやんが「ふぅ、危ない危ない」と言いながらきっちり1匹釣り上げたことぐらいか。

そんなわけで、後は帰り道のSAで夕食を取って、寝ぼけた頭でふらふらしながら帰った。まぁ、今日も泣き尺岩魚を釣っているわけで、しかも、来週の尺岩魚は予約済み。「やっと、尺岩魚かぁ・・・」とすっかり釣った気になって(そして、来週には30cmになっている気になって)、心は来週の釣行記執筆に飛びながら、帰りの200kmは楽しい運転でしたとさ。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ