2002年5月25日

千曲年券消化順調

今シーズンはどうも釣行回数が少ない。もう5月も後半だというのに、道志と忍野と丹沢と千曲にそれぞれ一回ずつ行っただけだ。どうも毎週中途半端に時間がつぶれて、夜の内に家を出ることが出来ず、朝から行こうと思っても寝坊しておしまいというパターンが多い。「このままでは、良いシーズンが終わってしまう」と、前の日から準備して仕事にも車で行って、帰りにそのまま千曲に行くことにする。

金曜日、23時過ぎに車に戻って、とりあえずナビの設定。CDナビの古い奴だから、車を動かしてから検索を始めると遅くて仕方がないし、しかも、既に通り過ぎた交差点を曲がれなどという指示を出してくるので危険なことこの上ない。検索が終わり、予定到着時間は4時頃。たっぷり4時間はかかると言うことのようだ。あまりのんびりしていると、到着してすぐに釣り始めなければならなくなるので、とっとと出発。ナビの指示通り調布インターへ出て、中央道に入る。

談合坂のSAでそばをかきこみ、須玉ICでR141に下りる。この時間、この国道を通っているのは釣り人か高速代を節約する大型トラックぐらいのものなので、時速(ピー)kmで一気に野辺山まで駆け上がる。途中の電光掲示によると気温は1℃。やっぱりこっちは夜になるとまだまだ寒い。野辺山でR141を右折し、しばらく下ればもう、川上村。村内を東へ走り、体育館前に車を停めた。時計を見るとまだ2時少し過ぎ。そばを食べていた時間を考えると・・・「2時間か?」。家から来るよりよっぽど早く付いてしまった。疲れたので、少しゴソゴソとやってからシュラフに入る。

朝になって、7時頃に目を覚ます。私にしては珍しい。「これなら、今日はたっぷり釣りが出来るな」と、テレビなど見ながらのんびりと昨日買っておいたおにぎりを頬張る。昨晩隣に停まっていた車の人は、とっくに釣りに出かけて様子で、他にも1,2台車が増えている。食後の一服をしながら川を見てみると、さすがに千曲川、川上地区の体育館前。この時間でも、結構釣り人が居る。他に特にあてがあるわけでもないので、ウエーダーを履いてそのまま目の前の川に下りる。

車を停めた真下のあたりは、見た目良さそうなのだが、日中には実績がないポイント。釣り上がって体育館の正面の方に行っても、他の釣り人もいるし、やっぱり日中には厳しい。最近はここより下の方には行っていないので、様子見がてら釣り下ることにする。

いつも狙う小堰堤下のポイントは不発。さらにその下の流れも不発。さらに下って、大プールに行ってみる。釣り人が張り付いていないので「おぉ、これはラッキー」としばらく様子を見るが、ライズのラの字もない。本流でのライズの見つけ方として、「ツバメの居るプールを狙えbyだぁいすけ」があるのだが、このプールはあまりツバメが飛んでいない。それでも、時々ツバメが飛び回るので「もしかしたら、これからハッチが始まるところかも?」と、ちょっと座り込んでライズ待ちを決め込むことにする。

煙草を一服して、後はひたすら水面を見つめつつ、半分眠ったようになって座り込む。3時間ほどしか眠っていないので、このまま座っていたら本気で眠り込んでしまいそうだ。上流側から釣り人が下りてきたので様子を聞こうかと思ったが、表情を見ただけで聞かなくても解ってしまった。調子のいい釣り人は、あんな、うつろな目をしてふらふらと歩いていたりしない。まぁ、それを言えばプールの横で寝ぼけ眼で座っているのも、調子のいい釣り人には見えないだろうが・・・

本気で眠ってしまいそうなので、立ち上がってそれらしいところにフライを落としてみる。ツバメの数は先ほどより増えているし、虫が飛んでいることは間違いない。ただ、水面ぎりぎりではなく妙に高いところを飛び回っているのが気にかかる。ハッチしたての虫はあんなに高いところを飛んではいないだろう。案の定、プールは全く静かなもので「ここだろう」と思われるポイントは全てフライを流してみたが、何の反応もなかった。

一通りフライを流してしまったので、プールは諦めて、さらに下流を目指す。流れが大きく右にカーブしたところで、橋の下を潜る。橋の下は深く抉れており、普段より少し水位が低い今日でも、たっぷり2m以上は水深がありそうだ。「魚が居るのは間違いない、けどなぁ・・・」。こういうところは、ハッチが始まって魚が水面を意識してくれないとどうしようもないことが多い。つまりは、ここも、ライズがなければ勝負にならない。

何かの拍子にライズでも始まらないかと眺めていると、底の方で一瞬何かが光ったような気がした。「あれ、魚か?」。偏光グラスをかけていても、光線の具合で水中が見えにくいので、少し移動して角度を変えて水中をのぞき込む。「あら、一杯居るじゃん」。

先ほど光ったあたりに、6,7寸、下手をすればもっとありそうな魚影が見える。しかも、1匹ではなく3,4匹。それぞれに間隔を開けて、中層に定位しているようだ。しかし、どう見ても水面のものには反応していない。活性も低いようで、1,2匹がたまに深いところで口を使っているぐらい。勝負にならないのは目に見えているが、魚も見えてしまっているので諦めるわけにもいかない。念のためしばらく待ってみたが、魚が水面に上がってくる様子もない。その代わり、他にもまだまだ魚が沢山居るのが見えてきた。おそらくは7,8匹、下手をするともっと沢山の魚が溜まっている。「と、言うことは、沈めるしかないな」今まで使っていたドライを外して、ヤーンマーカーとビーズヘッドニンフに結びなおす。

魚は溜まってるし、沈めるし・・・でも、やはり自然渓流。最初の一発をしくじったら2度と反応してくれなくなりそう。流れ込みからかなり深いポイントなので、どこに落として、どうやって沈めるか、きっちりとシミュレートしてからキャスト。風が強くて、少しずれたが、それでも大体思った位置にフライが落ちる。フライが流れにもまれて沈んでいき、魚の固まっているあたりを通過・・・。

あっさりと『通過』。魚も全くやる気を見せず。目の前をフライが通過したはずなのに、少しも反応が見られなかった。ともかく、同じパターンで再チャレンジを○×△□・・・

(30分ほど経過)・・・完敗です。もう、手も足も出ません。ニンフのパターンは出し尽くして、ウエットの逆引きまでして、それでも反応を引き出せないんじゃ、残る手段は投網しかないです。でも、投網を打っても、この流れと深さでは魚に逃げられて終わると思います。丁度、対岸に(しかも、真正面に!)餌釣りの人が来てボチャボチャやり始めてしまったので、とっとと退散。場所だけ憶えておいて、イブニングになったら再チャレンジすればいい。

また、うろうろとポイント移動。既に時間は10時近くになっており、いい加減、ライズでもなければフライを投げるだけ無駄になりそうな時間。古い堰堤の残骸のようなものが並んでいる場所があったので、その下の流れをチェック。水深もそこそこ有り、いかにも魚が付いていそうなのだが、いかにもなポイントなのでこのあたりを通る人は必ず攻めていくだろう。今日、最初の釣り人ならともかく、既に数人が通り過ぎたであろうこの時間に素直に魚が出るはずもない。

「これ以上歩くと、車に戻るのがきついなぁ・・・」疲れてきて、これ以上歩いていく気もせず、ここからまた車に向かってやり直していくか、道路に上がってとっとと車に戻るかを考える。そう言えば、もしかしたらやんまさんが千曲に来ているかもしれないので、その連絡も取らなければならない。とりあえずは、川の中に座って、一服。「何かの間違いで、ライズでも起こらないかなぁ」と、思っているそばから、視界の端の方で「ばしゃっ!」と派手な音がした。

「あれ、ライズ?」「いや、流れの音か?」特に何か派手なハッチが起きている様子もない。周りをツバメが飛び交っているが、上流の橋の下が一大コロニーになっているので、虫が居るから飛んでいるのか、交通集中による渋滞なのかは解らない。「念のため、もう少し観察して・・・」などと思う間もなく「ばしゃっ!」「おぉ、間違いない、ライズだ」

先ほど狙っていた流れではなく、その流れのすぐ上の石裏の巻き返しでライズ。ぱっと見は、とてもライズが起こるような場所にも思えないが・・・実際にライズしているので、そんなことを考えていても仕方がない。「このライズが、本日最初で最後のチャンスか?」。先ずは、ライズの対象を見極めようとするが、落ち込みで出来た泡に紛れて、何にライズしているのか解らない。そうしている間にも「ばしゃっ!」「ぼちゃっ!」と派手な音をさせてライズが続く。

「本流で、この季節、この時間帯だと・・・」少ない知識と記憶をほじくり返すと、確か、去年か一昨年に何度かブルーダンのウイングのメイフライで苦労した覚えがある。「まぁ、ソラックスダンあたりが、無難な線か」#16のソラックスダンに結びかえて、ライズに流し込む。ライズは、常に同じ場所で起こるのではなく、巻き返しの中をうろうろしながら適当にライズする奴が1匹と、巻き返し周辺の流れのある場所でライズする奴が1,2匹居る様子。

フライを落としてみて初めて気が付いたが、この巻き返し、フライを流すのが異常に難しい。巻き返しを真ん中にして左右に強い流れがあり、どちら側から狙ってもリーダーが流れに巻かれてしまってすぐにドラグがかかる。真下から狙っても、巻き返しのすぐ下流側には右から左へ流れが拡がっているのでドラグがかかるのは同じコト。上流側では魚にこっちの姿が丸見えになるし、姿が見えないぐらい離れると構造物があるのでポイントは見えないし、第一石の上の流れが強すぎる。風が強いこともあって、ティペットを20ftまで伸ばしても、巻き返しにはまともにフライが流れない。

巻き返しを中心に、周りをうろうろしながらそんなことをしている間も、ライズは続く。派手目なライズが多く、たまに、魚体が見える。巻き返しのど真ん中でライズしている奴の姿も見えた「・・・うぁ、でっけぇ!」何センチあるとか言う問題ではなく、魚体があからさまに太い。成魚放流の魚で太っているというのもあるのだろうが、それにしても太い。「釣る、絶対あの魚を釣る!」

どうしても巻き返しの大物を釣りたいので、なんとかポジションを考える。結局はリーダーを持ち上げてしまうしかないので、下流側から近づけるだけ近づくことにする。流れの深いところに立ち込んで、膝をついて体勢を低くし、股近くまで冷たい水に浸かりながら風に逆らってキャスト・・・辛い。

巻き返しの魚は常にうろうろとし続けている。巻き返しの奥の方でライズしたかと思えば、手前の流れの所まで出てきたりする。手前に来たときには、ほとんど、ロッドの先端でライズを叩けそうだ。そこまで近づくとライズの対象らしきものも見えてきた。やっぱり、ブルーダンのメイフライが流れている。だが、どうもそれだけを偏食している様子でもなく、気が向くままに水面に浮いているものをむさぼっている。普通なら、こんな状態にある魚は目の前にフライを落としてやれば一発なのだが、どうも、巻き返しの流れに乗ってからしばらく時間の経ったものでないと、口にはしないようだ。当然、フライをそんなに長い時間巻き返しに置いておくことは不可能である。成魚放流の魚だろうに、あっという間にこんな学習をしていることに驚く。

巻き返し脇の流れの方のライズが活発になってきたので、一旦巻き返しの魚は諦めて、そちらを狙ってみる。ポジションを少し下流に取り直し、流れと巻き返しの隙間のレーンを狙ってフライを落とす。1回目はもろに流れに乗ってしまって、不発。2回目に少し上流過ぎたが上手くレーンに乗った。ティペットも長いので、この場所なら十分楽にドリフトしていられる。そのまま、ライズのあったあたりまで流れていくのを見守る。

「ばしゃ!」あっさりと出た。まぁ、この状態なら、出る方が当たり前なのかもしれないが、今まで苦労し通しだったのでちょっと拍子抜け。巻き返しの方に走られては大変なので、無理矢理に流れの方に引き込んで下流でランディング。成魚放流であることがありありと魚体に出ているが、それでも、GWの激戦をくぐり抜けてきている魚のだから、十分に満足。大きさはちゃんと測らなかったが、私の手を目一杯広げた親指と小指の長さを越えているので、8寸は堅いだろうか。ヒレがちゃんと復活すれば、9寸ぐらいになる魚だろう。とりあえずは巻き返しに戻らないように1本流れを挟んだ向こう側にリリース。

この後、反対側の流れで小さめの魚をばらしたりしつつ、巻き返しの魚を狙い続けたのだが、どうしてもフライに出ない。たまに、ライズがぴたっと止まってしまい「あぁ、これで終わりか・・・」と思っていると、しばらくしてまたライズが始まる。どうも、私がフライで叩いているからと言うよりは、虫の流れる周期のようなものがあるらしく、流れているときには目に付くだけ食べて、流下が少なくなると休憩に入るようだ。

いつの間にか、メイフライの流下は終わっていた。それでも続くライズの対象は、どうも肉眼では見えないぐらい小さなもののようで、全く解らない。「サイズが小さいことだけは間違いないんだろ?」ミッジのユスリカパターンを取り出して、巻き返しに落とす。「・・・いや、当たり前だけど、見えない」風向きも微妙に変わるし、心の目でもフライを追えない。3回キャストして2回はフライがどこに行ったか見えていない。それでも何度かキャストを繰り返し、上手くフライが見えているときに、とうとう巻き返しの魚がフライに出た(んだと、思う)。

「しっしゃぁっ!」奇声を発しつつ、あわせる。「ゴツン!」と言う感触、スコットのロッドがミドルセクションまで曲がる、そして、ロッドティップが思い切り跳ね返ってきた・・・。

フライは付いたままだったので、あわせ切れではなく、フッキングに問題があったか、ミッジフライでは持たなかったか。ともかく、あれだけ必死になって狙った魚は「ゴツン、ぐうっ!」と言う感触だけ残して、何処かへ行ってしまった。しばし、放心。

時計を見ると、既に12時。一体、何時間ここのポイントだけやっていたのだろうか。急にお腹が減ってきたので、一旦上がることにする。体育館前に停めた車に戻るまで、ずいぶんと遠回りをして歩き、簡単に片づけてから昼飯を買いにナナーズへ。寿司と焼き鳥とお菓子と飲むヨーグルトを購入して、車に戻る。先ほどやんまさんの携帯に電話したときには繋がらなかったのだが、念のためもう一度連絡してみると、繋がった。丁度やんまさんも支流から上がってきたところのようで、一緒に昼飯を食べることにする。

国道まで上がってやんまさんと合流した後は、飯を食いながら日中の釣りの相談。もちろん、お互いに午前中の報告。「尺がらみ、ばらしました〜(泣)」「だぁから、大きい魚は小さい魚とは違うタイミングであわせないと、ちゃんとフッキングできないんだよ」「いや、あう、あうぅ・・・」反論したいところだが、実際、ばらしてしまったので何も言えず。「魚が一杯居るところは掴んでありますから、イブニングは本流行きましょう」。

で、まぁ、日中は今年はあまり調子が良くないとの噂の支流へ。別荘があるところの下から入渓。私がまだもたもたしている内に、やんまさんが「お、居るよ居るよ」「サイズは(小指サイズか)?」「結構あったよ」で、「眠いから昼寝していようか」とか考えていたのはどこへやら、本気モードに。

別荘前も過ぎて、かなり行ったところでやっと1匹。やんまさんに「この辺は、良いポイント続くよ」と譲って貰った場所で、一番良い流れでは反応無し。その、ちょっと上、落ち込みぎりぎりの横から大きめの石が張り出すようにしているところにフライを落とすと、下から上がってきた魚がフライをくわえていった。支流の魚らしく、黒っぽくて、お腹のオレンジ色も強い。昨シーズンは支流の方に来なかったので、ほぼ2年ぶりぐらいのこの支流の岩魚。

そのまま上がって、滝に行き当たったところで納竿。本流へ移動して、イブニングに備えることにする。体育館前に車を入れて準備を整えた後、車を1台にして、朝方やっていたポイントに戻る。橋の上や道路からしばらくうろうろして様子を見ていると、良い型の魚影は確認できるし、何より、ライズが始まっている。居ても立ってもいられず、川に下りる。

朝方、ニンフでやって散々な目にあったポイントは、今はライズの嵐・・・と言うほどではないが、千曲本流でこれだけライズが続くのを見たのはずっと昔のウグイのライズぐらい。やんまさんは対岸へ。私は、しばらく観戦してから、丁度こちらの岸に陣取っていた人が諦めたので「へっへっへ〜」といいつつ、そのポイントへ。目の前でライズしており、期待は十分。橋の上から見ていたので、サイズも良いことは解っている。

ティペットを付け替えて先端は持っている中で一番細い8xまで落とす。かなり、フラットな流れなのでリーダーはそれほど長くなくても良さそうだが、それでもたっぷり18ftはある。フライはいきなりCDCダン。もう、最初っから勝負をかけに行く。いくつかあるライズの中で、一番サイズの良さそうなものに狙いを定めて、ライズのタイミングも計ってキャスト。フライは素直に流れに乗って、これで出ない方がおかしい。

で、まぁ、もちろん「出ない・・・」。それどころか、全く反応を見せない。フライには見向きもしていない様子で、知らんぷりでライズを繰り返している。「まぁ、この時間で、何か流れているのも見えないしな。きっと、ミッジを食ってるんだろう」フライのサイズを#16から#20に落として、再挑戦。#20から#24仁尾として、再再挑戦。別のライズに狙いを移して、挑戦。また、別のライズに・・・フライを・・・流し方を・・・全部、無視された。

ドラグがかかったとか、水面を全く見ていないとかなら話は分かるが、全てではないにせよ、ドラグがかからないで魚の頭の上を通過したフライはある。しかも、これだけライズしているのだから、補食のステージは水面にあるはず。でも、食わない。全く反応しない。

水面直下、ハイフロート、ミッジ、カディス、メイフライ、CDC、ハックルのみ、CDCのノーハックルまで試したが、本当に反応しない。あまつさえ、目の前のライズに熱くなっている私の下流1mででかい岩魚が定位してライズを始める始末。30分か1時間ほどもやって、手を出し尽くしたので諦める。その間にも、対岸のやんまさんは何度か魚を出している。しかも、フライは普通のソラックスダンらしい。本当に魚の気持ちはわからない。

「イブニング、不発でおしまいかな。朝の、あの魚さえ取ってればなぁ・・・」ここではもうどうしようもないので、念のため、朝の巻き返しを見に行く。「えっと、この位置から見えるんだから・・・あそこだな」などと思う間もなく、いきなりスプラッシュライズ。しかも、例のあいつ。太い魚体がちらりと見えた。「もう、朝のことは忘れてくれたか!」慌てて、朝と同じ場所にポジションを取る。

既に薄暗くなり始めていたが、慎重にライズの様子を確認する。ライズは朝と同じパターン、同じ巻き返しで同じ魚がライズしている。「バラシまで、同じにするわけにいかないからな」ティペットを確認し、ついでにもう少し長くする。朝吹いていた強い風もほとんど収まっているので、これなら、こっちが有利。「あとは、どのフライにするか・・・」

本流は暗くなる直前にガガンボが出ることが多い。特に最近では川が汚れたからなのだろうが、大量のガガンボがハッチする。全部、黒いガガンボだ。スプラッシュライズはいかにもガガンボを相手にしているようだし「ほぼ、間違いないでしょ」と1本しかないCDCガガンボの黒を結ぶ。

ライズが狙いにくいのは相変わらずで、魚がふらふらとあちらこちらを行き来しているために狙いが絞れない。何となくパターンがありそうではあるのだが「あそこまで行ったから、次は戻ってこっち側か?」と思っていると、全然違うところに出てきたりする。朝方よりは風が収まっている分楽なのだが、それでもやはり巻き返しに長いこと浮かべておくのは難しい。挙げ句の果てには、薄暗くなってきて居るというのに、たまに、魚影が見える。ライズして、移動していく先を狙ってキャストするが、上手く反応してくれない。

「違うのかぁ?」必死になってキャストし続けて、どうも、フライパターンが違うのではないかという気がしてくる。これだけライズをしているのに、まともに鼻先を横切ったフライに反応しないのはおかしい。何か、ガガンボとは別のものを食べているか、フライのパターンが悪くてガガンボと認識してもらえていないか・・・。他に何かハッチしているのかもしれないが、色々飛んでいるのは解っても、暗いので何が飛んでいるのか迄は解らない。フライボックスを開いたまま、しばらく考え込む。

そんなことをしている間に、やんまさんがとうとう橋の下のプールの魚を取ったようだ。遠くてよく解らないが、結構サイズも良さそう。普段なら「大きさは?」「フライは何?」等々話をするところだが、頭の中は「あの魚、どうやったらいいんだ〜」で一杯。それにまぁ、フライを聞いたとしても、どうせあっちのプールとこの巻き返しでは、違っていたりしがち。相変わらず開きっぱなしのフライボックスを見つめながら、ああでもない、こうでもないと考える。が、考えて結論が出るぐらいなら悩みはしない。

と、いきなり顔に何かの虫が突っ込んできた。眼鏡に跳ね返って、手に持っていたフライボックスに落ちてから、もう一度飛び上がって今度は右腕に止まる。何かと思って見てみると、大型のメイフライ。「こんなのも、出てるのか・・・」ボディが黄色く、これだけ大型のものというとモンカゲロウの類だろうか。捕まえてもっとよく観察しようとしたところで、また、飛んでいってしまった。スピナーにも見えたが、ふらふらと私にぶつかってきたりするあたり、ハッチしたてなのかもしれない。「・・・試してみるか」そのまま、フライボックスの中から今のメイフライに似たパターンを探す。もう、暗くて薄いフライでは見えないので、CDCを丸々一枚ハックリングしたパターンを選ぶ。

フライを付け替えて、巻き返しに落とす。「これで、いきなり『バシャッ!』と来たりして」などと、都合のいいことを考えるが、そうは上手くいかない。それどころか、ぐずぐずしている内にライズの間隔が長くなっている。補食対象のハッチが終わったのか、お腹が一杯になってしまったのか・・・。1投1投祈りを込めて、と言うより、懇願しながらキャストを繰り返す。

祈りの言葉も出尽くした頃、朝からもう何度目になるか解らない巻き返しへのキャスト。一旦、脇の流れで手前に流れかけてから、巻き返しの流れに乗って上流へ流れ出す。リーダーが手前の流れに巻き込まれてだんだんとティペットが引きずられ始め、もう、まともなドリフトをするのは限界になる直前、「パシャッ!」横向きに出た魚が頭を下げるのを見計らってあわせる。柔らかいスコットのティップがしなる「・・・いやったぁ!」

やっとの思いで出た魚。ばらさないように、ミスしないように・・・が、「うぅ、違う、あの魚じゃない」思わず、声に出る。あれだけの大きさの魚ならもっと重量感があるはずなのに、伝わってくるのはせいぜい25cmの魚のそれ。少し、気が抜けたが、それでもやっとのことで取った魚。間違えてもばらさないように取り込みを・・・

「ごごごっ!」いきなり、ロッドが持って行かれる。「え?え?」うろたえている間に、魚が走る。ロッドがいきなりひん曲がる。ロッドが伸されそうになり、ロッドを立てたまま流れに飛び込むような形で体勢を低くしてやり過ごす。一瞬、魚が落ち込みの流れに飛び込んだのかと思ったが、そうではなかった。単純に、魚の引く力が強い。体勢を立て直したところで、今度は魚が左に走る。ティペットも細いので、無理が出来ない。ともかく、テンションを失わないように、ティペットを切らないように、隙を見てだんだんと魚を引き寄せる。

背中からネットを外すのも、焦りのためか上手くいかない。引きちぎるようにしてネットを前に出し、片膝を流れの中についた状態で取り込む。魚は、小さめに作ってあるネットからはみ出しそうな勢い。やはり、大きかった。残念なことに、尾鰭や胸鰭が欠けていてあからさまに成魚放流だが、それでもこの大きさなのだから、逆に嬉しい。なんと言っても、朝方、あれだけ苦労してかけておきながらばらした魚を、その日のイブニングにこれまた苦労してやっとの思いで釣り上げたのだから、もう、言うことはない。最高のエンディングだ。

・・・この辺で、ぼかして終わらせておいた方がいいのだろうか。この後、やんまさんを呼びつけて、写真を撮ってもらおうとしたところで、やんまさんのデジカメの調子が悪く、走って車まで戻り、自分のカメラを持ってきて撮影した。山ほど写真を撮ったところで、いよいよ計測。「尺か、とうとう俺も尺岩魚を釣ったのか?」ドキドキしながらメジャーをあてる。計り損なわないように、魚はネットから出して、きっちりと計る。「・・・28cm・・・」あと、2cmも足りなかった。

そんなわけで、多少がっかりしながらも、魚を元の場所にリリースして気持ちよく納竿。もちろん、リリースするときには「早く、あと2cm大きくなれよ」と言い聞かせてある。次回にはきっと尺岩魚になっていてくれるだろう。・・・でも、今回以上に苦労しないと釣れないんだろうけど・・・。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ