2002年5月4日

恒例の千曲

今年のGWはちょっとした用事があって東北方面への遠征は出来なかった。その代わり、川上村にあるお気に入りのキャンプ場へは無理にでも行くことにした。千曲まで行くのだから、当然、ロッドとリールはキャンプ道具と一緒に車に積み込んである。

出かける前に友人達に連絡を取りまくって仕入れた情報では、GWの放流も手伝ってか、かなり好調のようであった。「尺がらみを含めて、つ抜けするペースで」とか「支流でオオマダラのハッチに出会って」とか、いつものことながら出発前に入ってくる情報から判断するに「今回、きっと大漁」である。「HPのネタがたくさん仕入れられるだろうな」と考えつつ、川上村に向かった。

5月3日(金)曇りのち小雨

キャンプの方は釣り仲間のNympさんご夫婦が一緒である。朝、それほど早くもない時間に自宅を出て同行者を拾い、のんびりと200kmをドライブしながら、キャンプ場近くのスーパーでNympさんと合流。キャンプ場に入って管理人のwassyさんと話したりテントを張ったりしている内にすっかり暗くなってしまった。wassyさんに聞いたところでは、昨年キャンプ場内に作った流れにもそろそろ魚が入り始めたようで、その下の流れを含めて「明日が楽しみ」ではあるのだが、丁度キャンプ場に入るときに餌釣りの人とすれ違ったので、それだけがちょっと不安。Nympさん謹製の鳥の水炊きを頂いて、お腹一杯で気持ちよく眠る。

5月4日(土)曇り時々晴のち雨

朝、珍しく早めに起きる。朝食を取りながら、今日の予定について話していると、Nympさん達は午後から行われる和菓子作り講習会に参加するとのこと。「では、うちは一日釣りを・・・」と言いかけたところで、同行者が「じゃ、こっちも和菓子を作りに行こう」と言い出してしまったので、とりあえずはさっさと釣りに行ってから、午後は和菓子作りをすることになった。

そんなわけで、片づけもそこそこに釣り支度。wassyさんのところで同行者の分の日釣り券を購入しつつ、また、情報収集。丁度Fluxの人が居て、少しお話を伺う。キャンプ場内の川のことだけでなく、本流についても聞くが、状況は今ひとつのようでいきなり暗雲が立ちこめる。「ライズはあるんだけど、GWで責められまくって、ものすごく渋いです」「イブニングの時間、暗くなったぐらいから、極小サイズのカディスパターンを使えばいけますよ」などとアドバイスをいただくが、今日は日中だけ釣りをする予定なので、どうも、泊まりで千曲に来ておきながら一番おいしい時間帯を外した釣りをする羽目になりそうだ。「ま、一匹ぐらい顔が見られれば」と、あまり気合いを入れすぎないようにして、キャンプ場内の流れを下流側から攻めることにする。

いつもの場所から入渓。今までのパターンだと、入渓してすぐのあたりが一番魚の顔を見られる確率が高いので、最初から気合いを入れる。同行者を後ろにして、自分は30m程上流まで歩いてから釣り始めることにした。歩いていくと、丁度よさげなひらきがあったので、そこからスタート。最初のポイントなので、失敗しないように十分注意して、流すレーンを良く確認してからキャスト。・・・しようとしたところで、下流側から私を呼ぶ声がした。

振り向いてみると、同行者が手を振っている。のみならず、ロッドを立てて足下を指差している。「えぇ、もう釣ったの?!」慌ててロッドを放り出し、まだ手を付けていないポイントを荒らさないように、歩きにくいことを承知で川岸の高い位置を必死で走る、と言うか転がる。息が切れて死にそうになりながら同行者の所までたどり着いてみると、足下の流れの緩いところにフックにかかったままの岩魚が居た。

サイズは、6寸と少し。この川では、十分なサイズ。本流の放流ものとは少し違う魚体をしばし眺めつつ「あの石の向こう側の奥の流れに乗せたら、乗せ損なって手前に来ちゃって、そのときに『ぱちゃ』って言ったから、今度は手前の流れを狙って・・・」と、同行者の解説を聞く。もし、私がここのポイントをやっていても取れなかった魚であることだけは間違いないようだ。釣行回数も年数も私の方が全然上なのだが、こと、川に入って魚を釣ることになると、いつも、先に良い魚を釣られてしまう。「おめでとぉ〜(うぅ、俺も釣らなくては)」。

魚はHP用に写真を撮ってからリリース。最近、釣りの時にデジカメを持ち歩かないことが多くて、HPに載せる写真が少ないので、とりあえず沢山撮っておく。どうも何時の頃からか、デジカメを持って川に下りると釣りの方の調子が悪くなると言うジンクスが出来てしまい、最近はわざとデジカメを車に残していくことが多くなった。「ジンクスなど関係ない、1回や2回の偶然に左右されることはない」とは思っても、朝から不調で魚の顔を見られず、散々ポイントを変えたあとで車にデジカメを置いていった途端、目の前でライズが起こり、それまでの苦労が嘘のように簡単に魚が釣れてしまったりすると、いくら頭で否定しても何処かで「カメラを持っているから釣れないのかなぁ」などと考え始めてしまう。あと10年もしたら、もしかして私は「ウエーダーを履いて川に下りると釣れないから・・・」とか言いながら、カメラを持たず、ベストも付けずに、裸足で川に立っているかもしれない。

その後、キャンプ場内で上がるつもりで釣り上がるが、今一つ反応がない。入渓してすぐの区間を過ぎて、ボサがかぶって釣りにくい区間になるが、魚はいるもののサイズが小さい。橋の下を潜って、倒木を乗り越え、ロッドを振るスペースも無いような中を苦労して釣り上がったが、報われることなく、しかも時間がかかりすぎてもう和菓子作りの方に行かなければならない時間になってしまった。まだまだ、キャンプ場内までは距離があるし、あろうことか、まだボウズ。後ろ髪を引かれつつも、道路まで這い上がってキャンプ場に戻った。

ところがキャンプ場まで戻ってみると、和菓子作りは人気がありすぎて、2部制になっていた。しかも我々は明日の部になっており、今日の和菓子作りはキャンセル。同行者は残念がったが、私は心の中で「よっしゃぁっ!」とガッツポーズ。とりあえずは一旦サイトに戻って昼飯を食べ、一休みしてから「じゃぁ、午後の部で」と言いつつ、先ほど上がって来た川に戻る。

先ほどの続きから始めるが、ここからはまた少し渓相が変わる。道路からは離れて森の中になり、ボサも少し少なくなって、釣っていて気持ちのいい区間。狙いようもないチャラ瀬の中に、小さな落ち込みや巻き返しなど、少しでも水深のある場所を探しての釣りになる。所々に大場所も出てくるので、そんなところは時間をかけて慎重に狙う。

しばらくして、岸際に大石があり抉れて深くなっているポイントに行き当たった。しかも、ど真ん中に石が頭を出しており、どことなく、今日同行者が1匹目を釣ったポイントに似ている。「と、言うことは、同じように向こう側から手前に来る流れか?」と、何気なくフライを落とすと、あっさり魚がくわえていった。合わせも上手く決まり、やっと、本日の一匹目。7寸、というか、20cmにもほんの少し足りないサイズ。でもまぁ、十分。これも写真を撮りまくってリリース。

やっと心に余裕が出来たが、夕食の買い出しがあるので今度は時間に余裕がない。「少しペース上げて、最後までやっちゃおうか」とそのまま釣り上がる。小さい魚が走ったり、フライをつついたりするが、まともなサイズの反応は無いままにしばらく釣り上がる。

キャンプ場の敷地に入って、プライベートリバーへの上がり口のちょっと手前、この支流にしては大きめのプールがあり、下流側が開けているので少しラインを出して攻める。上手いことフライが落ちて、ラインも綺麗に落ちた。「お、これなら、出るか?!」と思った瞬間、「ぱしゅっ!」っとフライが消えた。ロッドを立ててラインを引くと、しっかりとした手応え。

「おぉ、今、俺、かっこよく釣った!」と、後ろにいた同行者を振り返ると、丁度岸際の大石を巻くためによそを向いて岸を歩いている。自分で「うまくいった!」「今、俺、凄い!」と思うときに限って、同行者も誰も自分を見ていてくれないのは何故なのだろうか。「しまった、やっちゃったぁ〜」とへたり込んだときには、必ず誰か見ているというのに・・・。

フッキングはしっかりしているようだったので、そのまま手前に引き寄せる。落ち込みを2つ引いてくることになるので「ちょっとあぶないか?」と思いつつも、立ち位置が前に出にくい場所なのと、何より、魚が明らかに大きかったので、足が動かず。落ち込みを越えさせるときに魚体が見えたが、まぁ、8寸はあるだろう。ここの魚はヒレがちゃんとしているので、尾鰭まで入れてサイズを測ると、思いの外大きいことが多い。「もしかしたらもっとあったり?」と、にこにこしながら目の前まで引き寄せた。

・・・さて、ここで本日のクライマックス。手前まで引き寄せた魚をネットに納めるべく、背中からネットを引っ張り寄せる。ラインをたぐってから、ロッドを立て、一歩踏み出そうとしたときに足下がちょっと滑った。ロッドが体と逆の方向に傾き、ラインが少し弛む。その瞬間、魚が反転して落ち込みに逃げ込もうとした。慌ててロッドを立て直すと・・・「うぅ、ロッドが軽い・・・」。目の前まで来た本日最大サイズは、計測も撮影も拒否して、落ち込みの白泡の下に消えた。

その後、キャンプ場に戻るのに、時間が無くて森の中を突っ切ろうとしたら、途中でイバラの茂みに入ってしまって進退窮まってみたりと言うこともあったが、面白くないので、割愛。

5月5日(日)曇り時々晴

今日は、朝一で同行者が所用のため電車で帰る。そのため、朝食をとってから信濃川上の駅へ。小海線がガタゴトとやってきて、駅で上下線が入れ替わってからまた、ガタゴトと出ていった。これから、1人でキャンプの片づけをしなければならないので、少し気が重い。いっそのこと、明日、片づけをすることにして、今日も泊まっていこうかとも思うが、それにしてもテント以外は片づけないとどうしようもなくなるので、午前中はひいこらと片づけをする。

午後の早い時間には片づけも終わって、今日の行動をどうするか考えるが・・・「まぁ、釣りに行くしかあるまい」と、言うことで、今日は本流を攻めてみることにする。Nympさんと、今日はmuroさんも千曲に来ているので、合流。とりあえず、体育館前に移動する。

GWだけあって、結構人が居る。が、みんな悲しそうな顔をして、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。やはり、GWも最終日近くなると成魚放流も釣りきられて、残った魚はいじめられてすれ切っているようだ。とりあえずは、少し下流側に下りて小さい堰堤の所へ下りる。この堰堤の下は、サイズは出ないものの、結構実績のあるポイント。特にイブニングではここしばらく100%の実績がある。

で、そのあたりに3人で張り付くが・・・。ハッチ無し、ライズ無し、当然、魚も出てこない。それぞれ、魚を見付けてキャストを繰り返すが、誰一人としてフッキングさせられない。魚の付き場も、フライへの出方も、思い切りいじめられた魚のそれで、一回フライに反応しても、見切って帰った後には2度とそのフライには反応しない。左胸のフライパッチにだんだんスペースが無くなっていき、手持ちのフライの種類も出尽くし、そして、薄暗くなってくる。

それぞれの見付けた魚を交代で狙ってみたりしたが、muroさんがやっとフッキングさせて、でも、即バラシ。結構大きかったようで「うあぁ・・・」と言う声が聞こえる。「自分も、釣り始める前に見た悲しそうな顔の釣り人の仲間入りをして居るんだな」などと考えつつ、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。そんなことをしている間に、本格的に暗くなってきてしまった。

気が付けば、先ほどから顔と言わず腕と言わず、何かの虫がバシバシぶつかってくる。「あ、あれか?」とその辺の水面に頭を出した石を見てみると、びっしりとガガンボが張り付いていた。これだけガガンボが出ていて、ライズが起こらないはずがない。慌てて、上流側の長いプールに行く。が、既にほとんどフライが見えない。しかも、ガガンボは黄色い奴ではなく黒い奴なので、唯一、ダンカラーのCDCをハックリングしたガガンボパターンを使っている。当然、目印になるものなど付けていないので、1m先の水面に落ちても全く見えない。プールとは言え流れはあるので、ティペットの作るシルエットを見ることも出来ない。

散発的にライズは始まっていたが、手も足も出ない。もう、川に残っているのも我々だけになってしまっている。Nympさんと私は「ゲームオーバーですねぇ」とロッドを手に提げて、最後の挑戦をしているmuroさんを観戦。おそらくmuroさんは目を閉じて、心の目で釣りをしているはずである。何度か合わせを入れるが、フッキングしない。

「そろそろ、上がりましょうか」と声をかけようとしたそのとき、muroさんが「よしっ、あ、あぁぁぁ・・・」と崩れ落ちる。後ろで見ていた2人は失礼ながら大笑い。やっとのことでフッキングさせた魚に暴れられてばらしてしまった。muroさんが叫びながら崩れ落ちる姿などは珍しいので、カメラを持ってこなかったことを後悔する。

muroさんはティペットが絡んでしまい、この暗さでは復旧作業も出来ない。「バシバシライズしてんだよ、ここ」とのことだったので「じゃ、代わりに私が」と、図々しくもポイントを横取り。10秒もしない内に、目の前でライズが2つ。見ていると、多分、2,3匹の魚が大騒ぎでガガンボを補食している様子。「これなら、楽勝?」とタイミングを見計らってキャスト。・・・が、見えない。全く見えない。風も出ているので、フライがどこに落ちたのか全く不明。ピックアップの時になってやっと「あれ、こっちに流れてたのか」と気が付く始末。リーダーも長目にしてあるので「あの辺に落ちて、流れているだろう」と思っている場所と、ピックアップの時にフライが上がってくる場所が全然違う。

「こりゃ、勝負にならないな」と思いつつも、諦めきれずにキャストを繰り返す。その間にも、目の前ではバシバシとライズ。そのライズも、本物を食って居るんだか、フライに出て居るんだか全く不明。合わせを入れようにも、注目している場所と1m以上離れたところで「ばしゃっ!」となるので、合わせるに合わせられない。何度目かのキャストで、また、私のフライがある(と、私が思っている)場所の下流側、1mぐらいでライズ。「あぅ、どうせならフライに出てくれ・・・。ん、いや、でも、さっきからピックアップすると思ったより下流側からフライが上がってくるから、もしかしたら?!」と、頭の中で妙な理屈が働き、ピックアップするつもりで聞き合わせ。「ごうん」「うわ、かかってる!」

慌ててラインを張って、慎重に引き寄せる。合わせがそんな感じだったので「ばれる、絶対に途中でばれる」と思っていたが、何とかネットに納めることが出来た。上がってきたのは、20cmちょいの岩魚。やっとの思いで釣った一匹なので、満足・満足。デジカメを持ってきておらず写真は撮れないので、「やっとだ、やっとだ」と他の2人に見せてから、フライを外してリリース・・・と、思ったら魚の口にフライが見あたらない。「あれ、外れたか?」とティペットを引くと、やはり何処かにかかっている。「やば、もしかしてスレだったのか、スレはどうなんだ、スレでも1点として数えて貰えるのか?」と訳の分からないことを考えつつ、ライトを取り出して魚の顔を照らしてみると、スレではなく、喉の奥まで飲み込んでいた。「こんな所に、遅合わせの影響が出ていたか・・・ゴメンゴメン」

魚はすぐにティペットを切ってリリース。「しばらく、喉に骨が刺さった状態を我慢しておくれ〜」と元の流れに帰っていくのを見送る。まぁ、あのスピードで戻っていく元気があれば、大丈夫だろう。そんでもって、またさらに釣りにくい魚になって、釣り人を悲しい顔にさせるに違いない。魚もいい迷惑だろうが、釣り人も、辛い・・・。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ