2002年4月14日

忍野で敗退・・・

今シーズンに入ってから、道志C&R区間・丹沢N川・千曲本流川上村と行きました。で、毎回苦労はしていますが、それでも何とか最低1匹は顔を見れたので、まぁ、良し。「今シーズンも、何とかボウズは食らわずにいけるかな」などと、甘っちょろいことを考え出した頃、行ってしまいました、恐怖の忍野に。

当日は道志に行くという話しもあったのですが、次の週から千曲に通い始めなければならないので、近場のまだ行っていないところを優先して行き先は忍野に決定。金曜の晩から土曜にかけて徹夜で、土曜も一日用事があったので一睡もせず。案の定、日曜の朝には一旦目を覚ましたものの、起きることが出来ずに、結局高速を飛ばして忍野の県営駐車場に付いたのはお昼頃。

先に現地入りして釣りをしていた友人と合流し、今日の状況などを聞きましたが、駐車場まで来る途中だけ見ても川は管理釣り場並にびっしり。天気も良く、忍野の辺りは丁度桜も見頃だったので、釣り人と観光客がうじゃうじゃと自衛隊橋の辺りに集まっていました。

ともかく入漁券を購入して、自衛隊橋へ。橋の上にすこし、空いているスペースがあったので友人と潜り込みますが、日差しの角度が悪くて水中の魚は確認しにくい場所でした。ハッチも一段落したところのようで、目立ったライズも無し。これだと、手のだしようがないので、とりあえずはニンフを結んで流すことにしました。

準備も出来て、第一投。「ぽちゃん」「ひゅーん・・・」。そうでした。しばらくぶりで忘れていましたが、忍野は水面はフラットでも、流れは結構早いのでした。ウエイトの入っていないニンフでは、全く太刀打ちできないので、たった2投でフライ交換。今度は、ビーズヘッド付きのフェザントテイルニンフ。なるべく、魚が見えるようにしゃがみ込んで、なんとか、魚の鼻先にフライを送り込むと「すぅ〜・・・ぷいっ!」「だぁ、くわねぇ!」。いくらニンフを使っても、そう簡単に忍野の魚がかかってくれるはずも無し。

ミッジニンフからウエットまで色々引っ張り出しますが、まともな反応があったのはビーズヘッドだけ。それにしても、くわえるところまでは行ってくれない。その内、ハッチがおこり始めてライズが始まったのでドライフライに変更。ティペットから結び変えていると、対岸の下流にいた人が、ライズを見て私の正面に。「ま、混んでるし仕方ないな」と思っていると、あろう事か私の側の岸際のライズを狙い始める。あちら側の岸でもライズがあるのに、気が付いていないのかそっちのライズの上でラインをばっしゃんばっしゃん言わせながら、こちらの岸を狙おうとして・・・もちろん、忍野で流れを完全にまたいでドリフトできるような腕のあるレベルの人がそんなことをするはずもなく、ライズは沈黙・・・

仕方がないので、移動する場所を探して・・・みたら、丁度私の下でやっていた友人のさらに一つ下が空いたところ。自衛隊橋直下のいつものスペースなので、大喜びでそちらへ移動。「もう、イブニングまで、ここに陣取っちゃうもんね〜」とにこにこしながら、ライズを観察。

いつもなら、ここでは大きなヤマメが4,5匹ライズを繰り返しているのですが、今日は、1匹だけ。他にも、上を気にしている魚は居ましたが、こちらはなかなか上まで上がってこない。仕方がないので、目の前の1匹に集中して頑張ります。

まずは、ハックルが薄目のソラックスダン。沢山巻いた中でも、偶然綺麗に巻けている奴をチョイス。ティペットは0.3号(8Xぐらい)まで細くして、ライズしているレーンに向かって「これでもか!」ってほどデッドにドリフトしてやります。「・・・見向きもしない・・・」。

反応もないのにいくら流しても仕方ないので、フライ交換。次は、同じソラックスダンでも、CDCを使ったものに。ともかく、フライが落ちたところの脇を流れているゴミと同じように流れるように気を遣って、ライズに流し込みます。「すいっ、ぷい!」一瞬、注目してくれましたが、すぐに他の本物の方に行ってしまいました。

次は、サイズダウンしてみましたが、それも、ダメ。そろそろ、熱くなってきましたが、はやる心を抑えてちょっと観察。ひっきりなしにライズはしているし、ライズの度に水面に顔が出ているので、最悪でも水面直下のものを補食しているのは間違いなさそう。見ていると、メイフライのダン・スピナーから、ストーンフライ、真っ黒なユスリカと色々なものが流れていきます。「さて、どれを食って居るんだろうか?」と見ていると、ちょっと目立つメイフライのダンが流れてきて、魚の目の前に。当然のごとく魚が上がってきて・・・「あれ、食わない?」

間違いなく、ダンに興味を示したのですが、1,2秒観察してから「ぷいっ!」。いやぁ、本物食わないのに、怪しげなフライ食うはずもないな・・・。

その辺をふまえた上で、次のフライ。「ダンパターンは駄目かも」ということで、今度はノーハックルでCDCウイングだけ付けたぶら下がりパターン。サイズも落として#20。んで、キャスト。ティペットも上手くくしゃくしゃになって落ちる・・・「すぃっ・・・(観察している)・・・ぷいっ!」「なんでじゃぁぁぁっ!」

フライには興味を持ってくれましたが、今一歩のところで口にせず。もう、何が悪いんだか、不明。流れ方のチェックをするために、ライズより下流にフライを落としてみると、光の加減でティペットがシルエットになっていて・・・「うわぁ、ティペット丸見え・・・」

フライの周辺に落ちたティペットが水面に乗って、フライより大きなシルエットを作ってしまっていました。「きっとこれが原因」と、ティペットの先端を少しこすって軽めにキンクさせて、立ち位置も変えて、少し上流側からフライ先行で流し込み・・・「すいっ・・・しゅぽっ!」「くったぁっ!」。思わず叫び声を上げながら、ロッドを立てました。

そうそう、この日は、新しく手に入れたスコットのSAS804を使っていました。メインに使っているG882(に、#3乗せてますが)よりずいぶん短く、ライン番手が高い分、当然固い・・・と言うか、パワーがある。スコットのロッドは指定通りのライン番手だと、それなりにラインを出してやらないとうまく乗ってくれません。つくづく、「15ft先の20インチオーバー」を狙うためのロッドなんだなぁと思います。

さて、こんなこと書いてると、あわせ切れさせたと思うでしょうが・・・残念でした。フライは、魚の口に触れることなく戻ってきました・・・。すっぽ抜けたのか、魚がフライを食わなかったのは不明です。忍野の魚は、ライズも自分のフライに出てくるところも丸見えなので、焦って早合わせになりがち。しかも、上から流し込んでいるので、魚がフライをくわえて頭を下げてから合わせないと、すっぽ抜けしやすい。そんなことに気が付くのは、当然、やらかしちゃった後なわけです・・・。

この後も、ボックスからフライをとっかえひっかえしてトライしましたが、さすがに魚もちょっと警戒気味で、同じパターンには反応を見せるもののくわえるところまでは行かず。他のパターンは、今一反応が良くなくて、気が付いたらそろそろヒゲナガを期待するような時間。「どうしよう、大きいフライに変えてヒゲナガを待つか・・・」と友人の方を見てみると、既に準備万端整って、煙草を吸っていました。

慌てて私もフライを交換し、ティペットも何が来ても大丈夫なように4xに。本当は3xにしたかったのですが、リーダーが4xだったので、仕方なし。#8に巻いたエルクヘアを結んで、川縁に座り込んでヒゲナガの出現を待ちます。

丁度、日中のハッチも終わっていて、ライズも目に見えて少なくなっています。これで、「ばしゃっ!」っと始まればしめたもの。煙草に火を付けて「ヒゲナガ〜、でてこぃ〜、ばっしゃっとこいぃ〜」と呪文を唱えつつ、ぼけっと川を見ていました。よく見ると、そうしている間にも川の上を大きめの何かが飛び去っていきます。「あれ、もうとっくに出てるのか?」

ぽつりぽつりとヒゲナガの姿が目に付きだした頃、待望の「どばしゃっ!」が。慌てて立ち上がって、いつでもキャスト出来る体勢にしてから次の「どばしゃ!」を待ちます。「・・・来ない」。あちこちでばしゃばしゃ始まるのかと思ったら、全然次が来ない。既に暗くなって見えにくい水面を一生懸命見ていると、なぜか、余りは出ではないライズがぽつぽつあるようです。「まさか、あれ、ヒゲナガが食われてんのか?」半信半疑で、ライズにフライを流し込むと・・・やっぱり、反応無し。

ここで、嫌な予感。「まさか、ヒゲナガのハッチにマスクされて、何か訳のわからんもんがハッチしているんじゃ・・・?」。それでも、ヒゲナガに頼るしかないので、魚の居そうなレーンにフライを落として、そのまま流して、流しきったら、スイングさせてから回収。また落として・・・を繰り返していると、いきなり「どばしゃっ!」もろに私のフライに魚が出ました。一瞬「がくん!」と言う感触を残して、フッキングならず。

さらに暗くなってきて、そろそろコウモリも出始め、いつ、コウモリを釣ってしまうかドキドキタイム。そのかわり、「ばしゃっ!」と言うライズは、増えてきました。んで、今度は、流しきった下流の方でスイングを始める直前に「どばっしゃ!」。・・・これもまた、「ガツン!」と来たきりで、フッキングせず。

念のためフライをチェックしましたが、特にトラブルも無し。「まぁ、この釣り方の宿命か」と諦めて、今度は下流の岸際で、ばしゃばしゃ言っているので、それを狙ってキャスト。川の真ん中に向かってキャストしてから、スイングさせて岸際に送り込むと・・・「ばしゃばしゃばしゃっ!」「ごん」「ぽよよ〜ん」・・・解説しますと、魚がフライを追っかけまくって、やっと食って、そのままばれました・・・

「おかしいっ、なんぼなんでもおかしいっ!」と叫びつつ、どうもライズの様子が以前に比べて派手さにかけるので、少し小さめのエルクヘアカディスに交換。・・・が、久しぶりのことで『ほたる』(液晶のバックライトみたいな奴)を忘れてきてしまったので、仕方なく普通のライトを使ってごそごそやっている内に、気が付けばヒゲナガもコウモリもライズもどこか、遠くの方へ・・・

すっかり静かになった自衛隊橋下。最後まで残っていた他の釣り人も、引き上げ始め、今年は暖かくなるのが早いとはいえ、かなりな寒さ。・・・そして、一番寒いのは私の心。昨シーズンも、その前のシーズンも自然渓流(除く、湖)では好調だったので、ほぼ、2シーズンぶりのボウズを食らってしまったのでした・・・

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ