2002年3月16日

解禁の道志川C&R区間

さて、皆様お待ちかねの解禁がやってきました。早いところでは、2月から解禁していますが、さすがに2月の千曲に行くのも辛いものがありますし、普通は3月半ばが解禁ですね。今年は、暖かくなるのがずいぶん早くて、「やっと解禁だねぇ」などと言ってるそばから、既に桜の咲いているところもあるようです。私の中には『梅(そろそろ)>コブシ(後一息)>木蓮(さぁ、解禁だ)>桜(シーズン真っ盛り)』と言う予定表があるので、初っぱなから予定狂いまくり。でもまぁ、昨年、あれだけいい思いをした道志の解禁ですから、「行かないと、損ですよぉ」とこのHPの掲示板でみんなを誘いだして、道志川に突撃しました。

掲示板の方で色々打ち合わせをしていたのでご存じの方も多いでしょうが、まるでこのHPのOLMであるかのように、掲示板で集まってきたのは、我来也さん・やんまさん・muroさん・そして、初顔合わせとなった天野さん。集合時間も集合場所もいい加減な感じだったのですが、なんと言っても解禁初釣行(一部、そうでない人有り(笑))、みんな、朝の9時頃には川で釣りをしていたようです。

私はと言えば、朝の5時に我来也さんからの電話で目を覚まし、もう一度寝て、6時前ぐらいになって目覚ましで目を覚まし「さて、とりあえず着替えて・・・」と着替えが終わった頃、我来也さん到着。急いで荷物を私の車に乗せかえて、わき目もふらずに道志を目指しました。そんなわけで、C&R区間の辺りに到着したのは8時ちょっと前。所々で川の様子を見ながら入漁券の購入に向かいましたが、この時間だというのに川は満員。道路から見える所はどこに行っても釣り人の姿がありました。

まだ他の人々の到着予定時間には少し早いので、合流する前に1匹釣って「いやぁ、もう、釣っちゃいましたよ」とか言ってやろうと、田代橋の正面に路駐して釣り支度。ウエーダーを履いてロッドを継ぎ終わり、無線機のスイッチを入れた途端muroさんからの呼び出しが。なんだかんだ言って、みんなはえぇなぁ、おい。

muroさん、やんまさん組を田代橋まで呼び寄せ、入るポイントなどを相談。私の携帯は道志で繋がらないので、千曲の支流でも楽々繋がる最強のドコモ携帯を借りて天野さんに連絡を取ろう・・・と、考えながら話しながらも、手はフライを結ぶのに夢中。muroさんはリバーキーパーのお仕事があるので、とりあえずはハイブリッドへ。「いってらっしゃーい」と手を振りながら・・・しまった、携帯借り忘れた。

ともかく、目の前の川に入渓。上流側も下流側も人で埋まっていますが、「まぁ、少し水深のある場所があれば、魚、溜まってるでしょ」と昨年の解禁を思い出しつつ、田代橋から上流へ。橋の下に下りてからしばらくはスペースがあったので、我来也さんと交互に釣り上がりました。

昨日まではあれだけ天気が良かったのに、今日は少し曇っていて、気温も今一つ上がっていません。日差しもないので、ネオプレーンのウエーダーで丁度いいくらい。ポイントを3つ4つ探ったところで、既に頭の上にはてなマークが浮かんできました。「魚影が全く見えない・・・」

我来也さんにも声をかけてみましたが、同じく何の反応もなく、魚影も見えないとのこと。まだ、気温が上がっていないので、魚が石の下にいると言うことも考えられますが、それにしても魚っけがない。いやーな予感がしてきます。

嫌な予感と同時にトイレに行きたくなったので、道路側の石積みの護岸を登って行こうとしましたが、3mちょっとの高さが登れない。「あ、そうか、ウエーダーがブーツフットだしな」と、梯子の所まで回ればいいものをベストとロッドをおいて身軽になって再挑戦。半分ちょっと登って、やっと護岸の上に手が届いたところで「う、4点支持※になってる・・・」。飛び降りようにも、下は石がごろごろしていて平らな部分などないので、にっちもさっちもいかず。仕方なく、護岸の上にかかっている右手に全てを託してぶら下がって、何とか這い上がります。頭の中では「いや、でも、HPネタとしては、3mの墜落も面白いかも・・・」なんて考えながら。やっぱり、半年のブランクは川を歩いたり、崖を登ったりする体力のみならず「登れる壁」の判断まで鈍らせていますね。
※登るときは、手足4本の内3本で支持して、残り一本はフリーにしておくのは基本中の基本です。

そうこうする内に、やんまさんが合流。50m程の区間を3人が3人なりに攻めましたが、全くの無反応。このままこの辺で粘る理由もないので、少し上のプールまでロッドをたたんでお散歩。散歩しながら他の人の様子を見ますが、皆、状況は同じようです。田代橋から登って最初の大きな淵まで来ましたが、妙な違和感が・・・。どうも、昨年の私の記憶に比べて、水位が3,40cm下がっているようです。ものすごく大きな淵だったのが、何やらこぢんまりとしてしまっています。それでも、ここでやっと本日初めての魚影を確認。岩の上に登って、しばらく見ていると「いるいる、アレはヤマメで、あの一杯居るのは・・・ニジマスじゃなくて、あれだろうなぁ、今年最初の魚があれは、ちょっと寂しいなぁ」と、この時点では後の運命を知らないので、中途半端な贅沢。

魚が居るのですから、そこで釣りを始めましたが、釣りを始めてから昨年もここではまってえらい思いをさせられたことを思い出しました。淵の真横にある石の上からでは、ドライで勝負になりそうな対岸の際を狙うのは流心をまたぐため難しく、流心下に溜まっている魚をニンフで狙うのは流れが複雑すぎるために難しいのでした。減水のため、淵の下に立ち込むことが出来るようになってはいたのですが、そっちではやんまさんが「対岸でライズだ、ライズだぁ!」と奮闘中。

とりあえず、私の所からでは浮いている魚は確認できなかったので、無理とは思いつつ、目の前の流芯下に沈んでいる魚影に挑戦。が、今度は致命的な忘れ物発覚。今シーズンの河口湖ではルースニングまでやったもので、ヤーンインジケータ・粘度おもり・粘土マーカーの3点セットは全てベストに入っていませんでした。我来也さんに粘度おもりと粘土マーカーを借りて挑戦しましたが、ただでさえ沈めにくい複雑な流れの流心下に、慣れないシステムでは相手になるはずもなく、ただいたずらに時間ばかりが過ぎて・・・「あ、天野さんに連絡してないっ!」

やんまさんの携帯を借りて、天野さんに連絡を取ると、水源の森の下あたりでやっぱり悪戦苦闘中のようでした。とりあえず、お互いそのまま釣り続けることにしましたが、しばらくしてリバーキーパーの仕事を終えたmuroさんから連絡が入ったので、水源の森の所にあるそば屋さんに全員集合と言うことにしました。天野さんとは、吊り橋の上で合流。丁度我々が吊り橋を渡っていくと、吊り橋の中程で川を見ていらっしゃいました。メールで大体のスタイルを聞いていただけでしたが、自信満々に「あ、天野さん?」と声をかけてしまったあたり、やはり、何か同じ「臭い」がするのでしょう。

そば屋さんで「2.5人前そば」を注文して、後悔してみたりしつつ、しばし雑談。やんまさんはさっきのポイントで1匹上げているし、天野さんもきっちり1匹釣り上げたそうです。muroさんはまだ、釣り始めていなくて、残る2人は・・・「やばっ!」。食休みする間もなく、再び川に戻ります。

今度は、水源の森の直下に入りましたが、人数が増えたのでとりあえず私は下へ。昨年私がニンフで数釣りをした淵でやんまさんが頭をひねっていたので、反対岸からおじゃま。目の前で一匹釣り上げられてしまいました。ちょっと、ポイントが狭い感じがしたので、さらに下流へ釣り下ります。50m程下のプールまでは大場所はなく、ただ歩いていってもつまらないので、細かいポイントにドライを落としながら・・・

岸際の大石に流れがぶつかっているところで、反応があった(気がした)ので、ちょっと時間をおいてから再挑戦。ティペットを長く取っていたのでぐちゃぐちゃの流れに上手くフライが乗って、落ち込みに吸い込まれる直前、ヤマメが頭を出してフッキング。「うぁ、良かったぁ」と思った3秒後、流れに巻かれたのか、上流側から流し込んでいたのでフッキングがうまくいっていなかったのか、ヤマメは川に戻っていってしまいました・・・

しばし、呆然としながら、反省。・・・などとやっていると、目の前をどんどん釣り人が通過していくので、「次だ、次っ!」と叫びながら、また、釣り下り。プールまでたどり着いたところで、岸際の大岩に登ってプールを見渡しますが、見事なまでに魚影なし。しばらく時間をかけて観察しても、全く魚が居ないので「これは、さすがに無理だわなぁ」とロッドをたたんでみんなの居る上流の方に戻りました。

みんなと合流してみると、天野さんは2匹追加。muroさんも2匹。やんまさんもさっき釣ってたし・・・我来也さ〜ん。僕たちは何時までも友達でいようねぇ〜。

みんなが居たところのプールも結構な数の魚影が確認できたので、まずはドライで・・・やろうかと思うものの、余裕無し。とりあえずは、ニンフを流してみる。・・・が、そんなに甘いはずがない。おそらく、昨日・今日とものすごい回数ニンフを流されてきたであろう魚達は、変な流れ方のニンフになんぞ、見向きもしません。もちろん、魚は流心の下に付いていて、インジケータからぶら下げる形でニンフを流してもまともに流れるはずも無し・・・

「えぇぃ、こうなったら手段はえらばん!」と、派手なウエットを取り出して、さらに、ドロッパーにビーズヘッドのニンフを装着。インジケータは目印程度に小さくして、八の字キャストで流れ込みにドボン。底まで沈めてから、魚の目の前を横切らせる作戦にしました。いやぁ、ぎりぎり、フライの釣りですよね?

これだけやると、さすがにニジマスは反応してきます。さっきから目の前をうろうろしていた奴が一発で「ぱく」っと、フライをくわえてくれました。これで何とか、ボウズ回避。「じゃぁ、我来也さん、お先にっ!」と、リリースした後は後ろに下がって、観戦モード。直後に、我来也さんもヤマメを釣り上げて、めでたしめでたし。これで全員が魚の顔を見ることが出来ました。

私はこの後、帰るまでこのプールにいましたが、釣りをしていた時間は半分ぐらい。あとは、後ろに下がって「眠いぃ〜」と寝転がっていたり、プールの順番待ちをしていたり・・・他の人は、上流・下流をうろうろしてみたりもしていたようですが、「ここが良かった!」みたいなことはなかったようです。

仲間内以外の様子を見ても、この日はずいぶん厳しかったみたいですね。とりあえず、魚の数が少ない。てっきりC&R区間内だから、今年は成魚放流するのを止めたのかと思ったんですが、それにしてはC&R区間の下に行ったときにはもっと魚影が少なかった・・・と言うより、魚影が全くなかった。放流の方も、例年通り、C&R区間の内外を問わずにしているそうです。解禁初日に全ての魚が釣りきられるとも思えないので、結局は、解禁前に根こそぎ魚を抜いていく不心得者が居るんでしょうね。ただ、納竿後に食事をして、温泉に入って「さぁ、帰ろう」と言うときに、頭の上を飛んでいったサギだか川鵜だかも気になりましたが・・・

そんなわけで、今シーズンの解禁は、今一つな感じで終了いたしました。まぁ、五人も行って、大混雑の中、全員釣ってるわけですし、普通の春先の釣りだと思えばこんなもんなのかもしれませんが・・・。昨年同様の「うわぁ〜い、釣れる・釣れるぅ」を期待していっただけに、何か、今一つ辛い感じです。ま、でも、これで今シーズンは道志も少し落ち着いて静かになるんでしょうね。それはそれで、いいことなのかもしれません。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ