2002年2月24日

今シーズン河口湖結果

あれ?いきなり『結果』ですか?<俺
はい、結果です>俺(笑)

今シーズンは、昨年の12月末からのスタートだったので、ちょっと回数少ないですが、それでも、1月末まではほぼ毎週通いました。2月頭の時点で良いポイントが凍ってしまったので、少しお休みしましたが、基本的には雪が降ろうが、気温が氷点下だろうが、「フライフィッシャーにオフシーズンはない!(一部)」と叫びながら、通い詰めて、先日、やっとのことで数年ぶりに良い状況にぶち当たったので、ご報告がてら釣行記を書いてみました。

今シーズンは、ともかく、浅川のワンドに通いました。昨シーズンは工事があった関係で、一回も浅川には入らなかったのですが、今シーズンは工事も終わっていて、しかも、12月末から1月にかけては行くたびにガンガンライズが見られるという好ポイント。湖の釣りで、初めて本気でフローティングのラインを使いました。

浅川には某所のOLMでも行ったりしているんですが、まぁ、今回のお話しのメインは浅川ではないので、その辺は割愛させていただきます。んでも、今シーズンは、全体的に好調だったかな?なかなか釣れなかったとは言え、浅川では往年の河口湖を思わせるようなライズが見られましたし、少しは釣果も上がりました。釣り人の姿もずいぶん増えていましたし、なにか、ちょっと懐かしい感じ。静かな中での釣りもいいですが、湖の場合たまには他の釣り人と言葉を交わすぐらいのことがないと、寂しいもんなんですね。

さて、釣行記を書く原動力ともなった「好調」のお話しですが、つい先日、2月の24日でした。その前の週も河口湖に行きまして、渓流の解禁もそろそろなので「あぁ、この辺で、今シーズンの河口湖もフィナーレかなぁ・・・」と思っていましたが、河口湖釣行で一番大事な「前の日の晩から集合して、泊まり込み」を忘れていたので、もう1週のチャレンジとなったわけです。結果的には、それが大当たり。数年ぶりの好調へとつながりました。

さて、前の日の晩に友人と連絡を取りつつ、とりあえずはいつもの集合場所へ。給料日直前で道路がガラガラだったため、つい、調子に乗って高速を使わずに下道で現地まで向かってしまいました。そのために普段よりかなり時間がかかってしまい、友人は先にお休み中・・・。私もすぐに寝る準備にかかりましたが、車の外に出てみると異常に暖かい。まぁ、普段が寒いのでそれに慣れてしまっているだけなのですが、それにしても2月の河口湖で夜中の気温がプラスの2度というのは、あり得ないような暖かさ。多分、春に向かって季節が変わっていく第一波に当たったんでしょう。

すぐに眠りに落ちて、次に気が付いたのは朝の8時頃、友人が私の車をドカドカ殴っている音でした。あまりに暖かかったので、厳冬期用のシュラフでは暑すぎて、私は体半分シュラフからはみ出して寝ていました。もちろん、それでは寒い。いくら暖かいといっても、日の出直前には0度までは下がったでしょう。一旦は起きあがったものの「が、がらだがうごがないぃ・・・」ともう一回シュラフにもぐってみたりしながら、それでも、朝食のおにぎりに手を伸ばし、もごもご言いながら友人と今日の計画を練ります。

これまでなら「んじゃ、始めますか」と浅川のワンドで釣り始めるのですが、今日は少し前の放流情報をつかんでいたので、先ずはいつものお店で入漁券を購入してから、どこに入るのかを考えます。朝ご飯を食べている間も気になっていたのですが、どうも、今日はバスの方で何か大会でも開催されているようです。浅川のワンドも対岸の公園の辺りもバスボートがびっしり。バスボートがうろうろしているところで釣るのも嫌だったので、湖の周りを一周してみることにしました。

とりあえずは、先日の放流ポイントに向かったのですが、周辺はバスボートだらけ。知っているポイントを一つずつ回りながら「ここも、バスボート軍団がぁ」「ここは、すっかり観光地になっちゃったねぇ」「ここは・・・実績ないからなぁ」と、いつまでたっても今日のポイントが決まらず。結局湖を1周してハワイ前にたどり着きました。

車の中から、ちらっと見えたところでは、先日来の増水で姿を消していた西川のサンドバーが再び姿を現しているようです。しばらくこっちには来ていないし、サンドバーが出ていると言うこは減水でキャストスペースもとれるだろうと言うことで、西川でやることに決定。本当はこんな決め方じゃなくて、当日の天気や風の状況なんかで決めるべきなんでしょうね。

ともあれ、友人と2人、そそくさと準備を始めました。友人は今シーズン買い込んだダブルハンドロッドにまだ魂が入っていないので、迷うことなくダブハンを選択。私は、とりあえず#8のロッドを出して、それと、先日穴が空いたフロートチューブを一生懸命修理したので、チューブも出して膨らませました。さすがにチューブを出していると時間がかかるので、友人は先にポイントへ。私は、膨らんだチューブをしばらく押したり叩いたりしながら「とりあえず、いきなり空気が漏れることはなさそう」と納得したところで、友人を追いかけました。

駐車場から西川までヒイヒイ言いながらロッドとチューブを運んで、高台から友人の姿を探すと・・・「いたいた。ダブハン使いは探しやすくて良いな」と、せっかくだからHP用に写真でも撮っておこうとしたとき、友人の隣の人がロッドを立てて・・・「あれ?藻じゃなさそう・・・いや、思いっきり釣ってるじゃん!」。もう、HP用の写真のことなど頭にありません。そこからダッシュで友人の所まで行き、「隣入れてね、嫌だって言っても入るけど、入れてね」とすぐさまキャストを始めます。

友人によると、私が準備で遅れた10分ほどの間にも、あちらこちらで釣れている様子。珍しく、サンドバーには全部で10人ほどの釣り人が居ました。先ほど釣り上げていた友人の隣の人を横目に見つつ、ともかくぶん投げて引っ張りますが、いきなり釣れたりするはずもなし。

「とりあえず、釣れてる人が正解なんだから・・・」と、先ほどの人を観察していると、キャストしてからのカウントダウンが・・・長い。最初は「休憩かな?」と思うほど、長くカウントしています。ラインシステムはSTで、ライニングは多分ティムコのフローティング、さすがにヘッドは何者だか解りませんが、多分、タイプ2。それであれだけカウントダウンを取るとは・・・?

そんな、せこい観察をしていると、友人がロッドを立てています。ダブハンなので、ロッドを立てると「ぐおん」と音がしそうな迫力。ラインをたぐっているので、なにか、おかしなものでも引っかけたのかと思い「どうしたの?」と聞こうとしたところで、ロッドティップが僅かにブルブルしているのが目に入りました。

「え、なに、それ?まさか、まさか?!」とか言っている内に、友人のラインの先でばしゃばしゃと水音が・・・。「ばらせの呪い」をかける間もなく、友人はダブハンに念願の魂を入れてしまったのでした。魚は、放流物ではあるものの、まぁ、アベレージサイズ。元気もいい魚だったのですが、さすがはダブハン、サーモンでも釣らない限りそう簡単にロッドがひん曲がることはないようです。

さて、すぐ横で友人に釣られると、さすがに焦ります。しかも、他の人も釣っているわけで、多分、今日はチャンス。これを逃したら、次のチャンスなんていつ来ることやら。友人と、その隣の人に共通しているのは・・・「深い棚?」

そのときはインタミのラインを使っていたので、タイプ2に取り替えようかと思ったのですが、湖で魚が釣れるときと言うのは、極々短い時間に「ぱたぱたっ」っと釣れて、後は全然と言うことが多いので、そんな時間をかける危険は犯せません。ともかくターンオーバーに気を付けてキャストして、カウントダウンをまずは20秒取ってみました。・・・だめ。2回ほど同じカウントダウンを取ってみて、次は25秒。・・・だめ。「これ以上は、底を引きずっちゃうかなぁ」と思いつつも、30秒のカウントダウン。・・・「ごつん!」「あわっ!」

思わずロッドで大あわせしてしまいましたが、フッキングせず。でも、確かに、久しぶりの魚の感触です。「うっがぁ、やっちゃったぁ」と叫びつつ、同じカウントダウンでもう一度。「ごつん!」「あわわっ!」。またもフッキングせず。3回、同じことを繰り返した後で、使っていたマラブーパターンのテールを引きちぎってみました。が、それでも「ごつん!」「あわわっ!」の繰り返し。

カウントダウンの他に、釣れている人のリトリーブが小刻みで早めだったので、私も早めのリトリーブをしていましたが、どうもその辺に原因がありそう。2,3度フライを変えてみてから、結局最初と同じパターンに戻して、リトリーブをもっと小刻みにして、ポーズをなくすようにしてみました。「ごいん・・・ごいん・・・ごっ!」「おっしゃ、今度こそ!」。あわせを入れないまま、リトリーブを続けると、やっとのことでフッキング。魚までの距離が遠く、しかも、魚がこちらに向かって走ってきます。ラインの回収が間に合わず、体ごと後ろを向いて思い切りロッドをあおって何とかラインの弛みを取りながら、大慌てで取り込みました。なかなかに生きのいいニジマス。ラインが張ってからは、#8のロッドでちょっとやりとりをするぐらい走ってくれました。記念すべき、今年1匹目のニジマス。

友人共々「よかった、よかった」と、喜び合うのもつかの間。「では、次の1匹を」と2人とも、真剣になってキャストを繰り返します。で、ここからが凄かった。同じ距離のキャスト、同じカウントダウン、同じリトリーブを繰り返していると、ほぼ、ワンキャスト・ワンヒット。・・・但し、フッキングミスが50%、フッキングしてから途中でばれるのが30%ぐらい。まずは「ごつん!」が沢山あるものの、なかなかフッキングしない。食いやすいようにリトリーブスピードを落とすと、反応が悪くなる。やっとフッキングしても、フライをくわえる時の勢いそのままに、こちらに向かって泳いでくるので、取り込む前にばれてしまう。「頼むから、フライを食ったら反転してくれ〜」と叫びつつも、下手をするとキャスト一回につき「ごつん!」が3回も4回もあるので、顔はにこにこ。

それから後は、友人が釣る、私が釣る、リリースしている間にまた友人が釣る、友人がリリースの間に私が釣る。私が取り込んでいる最中に友人が釣って2人ともロッドが曲がる・・・と、管理釣り場並。放流魚ゆえ、サイズが綺麗に揃っているのがおかしかったですが、どの魚も元気が良くてしばらくはここで暮らしていたようです。まぁ、このポイントには今シーズン最初の方に放流があったきりですから、居着きの魚か、余所からはるばる旅をしてきた魚。そりゃ、元気も良いでしょう。あ、そこの人、「春になったから、活性が上がっただけじゃないの?」なんていう、冷静な判断はしちゃいけません。

途中で何度か棚が変わって、少し魚が浮いてきたり、逆に沈んでみたりしていましたが、2人居るので大抵はどちらかがそれに気が付いて「ちょっと、浮いてきた?」などと相談しつつ、ほぼ釣りっぱなしと言って良いような状態でした。入ったポイントも良かったようで、周りの人が釣れなくなっても我々は釣れている。「つぬけ、つぬけ、もうすぐつぬけ〜」などと言い始めたところで、魚の方ではなく我々の方がおなかが減って活性が下がり始め、トイレにも行きたくなったので、午前の部はここで終了。我々が引き上げるか引き上げないかの内に、我々の入っていた場所に「わっ!」っと他の釣り人が集まっていたのも、小市民な私のちょっとした優越感を刺激してくれたりして、大満足でお昼ご飯にしました。

あ、ところで、フロートチューブですが、ぱんぱんに空気を入れて置いたのに、帰りにはしぼんでいました。シューシュー言って抜けるようなことはないのですが、やはり、ちょっと修理は難しいようで・・・。が、そんな残念なことも、釣りの方が好調なのでにこにこしながら「ありゃ、ダメか〜(笑)」で済ませられます。

昼食は、これまたおきまりのマクドナルド河口湖店。窓から少しだけ見える湖と、良く晴れ渡った空を見ながら、今日の好調について友人と2人であれこれと話していると・・・「あれ?なんか、曇ってきた?」。先ほどまでは天気が崩れる要素などありそうにもなかったのですが、いきなり外が暗くなり始め、昼飯を終えて外に出る頃には、先ほどまでの暖かさが嘘のよう。いつもの河口湖に戻っていました。

天気の方は何とか持ってくれたのですが、湖に限らず、暖かくて活性の上がっているときに急に寒くなると、大抵は活性ががた落ちで、それまで調子の良かった反動が来たかのように悲惨な目に遭うのが普通です。せっかく、午前中にあれだけ楽しい思いをしたんですから、なにも、わざわざ苦しみに戻らなくても・・・と、思うのは普通の人。釣り人には大抵そんなリミッター回路は組み込まれていないので、同じポイント、西川のサンドバーに向かって突撃しました。

駐車場で準備をして、今度は防寒装備もちゃんと着込んで、西川に戻ってみると、昼飯前にそこで釣っていた人が、まだ、そこで釣っていました。午前中はとても暖かく、私は春物のシャツ一枚で釣りをしていました。当然周りの人もシャツ一枚とは言わないまでも、冬の河口湖に挑む格好ではありませんでした。しかし、今は天気も崩れかけ、いつもの河口湖に戻りつつあります。「いや、それは寒いだろ・・・」などとつぶやきつつ、サンドバー突端には空きがないので、反対側のワンドに陣取りました。

「魚が、サンドバーの周りに付いてるんだと、こっち側じゃ辛いかなぁ」と思いつつ、とりあえずは似たような棚・似たようなリトリーブ開始。初めてすぐに「ごつっ!」っとした感じがしたのですが、乗らず。その後もしばらくは反応無し。

10分ぐらい経ってから、また「ごつっ!」・・・乗らず。相変わらず、テールをかじっているだけのようですが、ともかく反応のある棚はつかんだので、同じ所、同じカウントダウンで再挑戦。・・・「ご・・・ご・・・ごつん」と、2回、合わせを我慢した後で、やっとフッキング。この1匹で、なんと河口湖初の「つぬけ」。いやぁ、どうしちゃったんでしょう?

「棚さえ解ればこっちのもの」と、同じ棚をトレースするように、キャストも、カウントダウンも、リトリーブも変えずにもう一回。「ご、ごごん!」と、すぐに、次の一匹を追加。ホントに、棚さえつかんでしまえば、ワンキャスト・ワンヒット。「満足・満足」とタバコなど吸いつつ、友人と歓談。HP用にまた、写真を撮ってみたり、すっかり余裕かましていました。

で、つけ上がってそんなことをしているものだから、次にキャストを始めたときには状況が変わってしまっていて、さっきの棚で何の反応もありません。「ま、何とかなるでしょ」と少しずつカウントダウンを増やしたり減らしたりしながら探りますが、何の反応も無し。しばらく粘りましたが、反応がないのと、バックが取りにくくてフライをロストし始めたので、サンドバーの反対側に移動。

今日一日、こちら側で魚が釣れたのは見ていなかったので、半分は「ダメだろうな・・・」と思いつつも、とりあえずこちら側なら後ろに障害物もなく、気持ちよくキャスト出来るので、引き上げる前に気分良く釣りをしようと思っての移動でした。案の定、とりあえず何回かキャストしてみても何の反応も無し。

ここで、思い直して、少しまじめにカウント20ぐらいから少しずつ深くしていきました。「何処かで反応があれば、もうけもの」ぐらいのつもりでしたが、どうも、こちら側の方が急角度に深くなっていそうだったので、カウントダウン40を越えるまで、何度もトライ。とうとうカウントダウンを45取ったところで、「ごつ、ぐぐん!」とあっさり釣れてしまいました。

先ほどのポイントで粘っていた友人に「こっち側も居るみたいだよ〜」と声をかけ、その後は2人でキャスト大会。結局は、先ほどの魚がこの日最後の一匹になりました。それでも、午前中から会わせて合計12匹。間違いなく、私の河口湖での記録です。

帰り道、いつものデニーズで夕食を取りながら、友人と今日の好調の原因を探ろうとしましたが・・・結局は、解らず。「もしかして、春になって暖かい時期になったら、こんなもんなのかなぁ?」と恐ろしいことを考えつつ、暖かい時期になったら渓流に行ってしまうので、余計なことは考えず「寒い時期に、一生懸命通ったご褒美だ」と言うことにしました。

・・・さて、まだ、後日譚があります。

次の週は、私も友人も別件で河口湖詣ではなし。その次の週に、「今シーズンラストとしていこう」と何回目かの「今シーズンラスト」で河口湖に行きました。友人は、前の週に休日出勤だったため、金曜に休みを取って河口湖に抜け駆け。なんと、13匹のニジマスを釣りまくって、すっかり満足したようでした。が、中1日置いてしまえば、また、行きたくなるので、日曜日に待ち合わせをして、ラスト1日。

当日は、朝からものすごい風。友人はダブハンなので何とかなっていましたが、私は#8のシングルハンド。とてもじゃありませんが、キャスト出来る状況ではなし。それでも、諦める気はないので、正面から凄い勢いで吹き付ける風の中、必死にキャストを繰り返しました。棚をつかむまではしばらくかかりましたが、すぐに反応が現れ始め、散々あわせ損ないをしながら、1匹、2匹・・・。昼飯前までで既に9匹。絶好調。

当日の風は本当にものすごく、ロッドを立てているのも、片手では辛いほど。しかも、間断なく、まるで扇風機の前に立っているように吹き続けるので、風の切れ目を狙ってキャストすることも出来ず。今日も棚はインタミのラインでカウント30前後だったので、タイプ2にした方が手返しが良くなるのですが、タイプ2はシューティングヘッドしか持っていかなかったため、とても使えない。フルラインのインタミで、必死にキャストしては30カウントの間タバコでも吸って、早いリトリーブを始めるとすぐに「ゴン!」。フッキング率は30%程度しかないのですが、棚をつかむとワンキャスト・ワンアタック。

棚がずれたらしばらく探って、棚を見付けたら一生懸命釣って、結局暗くなるまでやっていました。釣果は手元に来たものだけで15匹。丁度、河口湖のバッグリミット一杯です。ま、リリースしてるから、バッグリミットが適用されるかどうかは微妙なところですが・・・。

そんなわけで、今シーズンの河口湖は友人共々『ハッピーエンド』を迎えたのでした。いやぁ、満足、満足。これで、心おきなく渓流のシーズンに望むことが出来ます。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ