2001年12月30日

やっと迎えた21世紀

昨シーズン、河口湖が全面結氷しました。それまでに、何度も河口湖に行きましたが・・・釣果は全くナシでした。そんなわけで、私の釣りはまだ2000年の釣り納めで止まっていました。何とか1匹釣らないと、私の21世紀はやって来ません・・・。

そんな状態だというのに、今年は年末になってから仕事が忙しくなる有様で、12月の頭の方に1回行って、見事にボウズを食らってから、年末まで河口湖に行けずじまい。年末のぎりぎりになって、毎年恒例になりつつある釣り納め釣行in河口湖に行って来ました。

例のごとく前日の夜に移動したんですが、御殿場から籠坂峠を越える辺りで、既に路面が黒くなっていて、今にもアイスバーンに乗っかってスリップしそうな状態。いい加減この時期に何度も通っているので、危ない場所は頭に入ってはいるのですが、それでもやっぱり怖い。車の外気温計は既に氷点下5度を指していますし、道路脇にはうっすらと白い所もちらほら。「スタッドレスに換えて置くんだったなぁ・・・」と後の祭りな後悔をしつつ、やっとのことで漁協の駐車場に到着しました。

さて、次の日の朝・・・の、なぜか10時近く。入漁券を購入してから、今回はいつものハワイ前ではなく、今年一番良さそうだという噂のある浅川のワンドへ。車を停めて外に出てみると・・・寒い。半端でなく寒い。気温はいつものことなので、気にならないんですが、ともかく風が強くて体感気温はかなり寒い。一応河口湖用に重装備はしていっていたんですが、それでも寒い。しかも、こう風が強くては、波が高くてフロートチューブも出せない。

それでもともかくフライを水につけないと魚は釣れないので、そそくさと準備をして立ち込みで釣りを開始します。今シーズンの河口湖はかなり増水していて、このワンドもずいぶん様子が変わっていました。ただ、それがちょっといい方に働いている面もあるようで、先週もここに来た友人の話では、魚はかなり岸寄りにいるとのこと。一生懸命立ち込んでいる横を魚の群が回遊していく、そんな間抜けなことにならないためにも、先ずは、殆ど立ち込まずに釣りを開始します。

〜キャスト練習のため、2時間ほど省略〜

友人が私を呼ぶので振り返ってみると、友人が押さえているリーダーの先で何やらパチャパチャと・・・慌ててそっぽを向いて、見なかったことにしました。私は何も見ていません、見ていませんとも。まぁ、後で確認した所によると、ニジマスではなく『黒鱒』だったそうですが。

〜さらに、キャスト練習のため、省略〜

15時を過ぎて、そろそろ暗くなり始める頃です。結局今日の風はこの時間になっても収まることがなく、キャストはしづらいわ、魚は釣れていないわで、ちょっと焦り気味。・・・でも、魚の活性が上がるのは今からだと言うことは解っているので、黙々とキャストを続けます。

最初に反応があったのは、私の方でした。よれよれキャストをして、リトリーブしていたラインが全部ロッドのトップガイドを通り抜ける直前、「ごつん、ぐいっ!」と魚の感触。・・・が、うまく乗ってくれなくて、さようなら・・・

友人にもそのことを伝え、本気でキャストにかかります。どうも、友人の言うとおり、魚の居るのはホントに目の前、数mの所のようです。フォルス一回でキャスト、リーダーがトップガイドを通過するまでリトリーブ、を繰り返していると・・・「あれ?フライないや」。しょうもない・・・。

「フライはやっぱり、あれかな?」と、なぜかは不明なものの河口湖で実績のあるウエットフライを結びました。「これで、いきなり来れば、話として面白いんだけど・・・」とキャスト。少し、カウントダウンを取ってからリトリーブ。「そろそろ、リーダーが見えてくるかな」と思った頃「ごつっ!」「っしゃ!」確かな、魚の感触。大慌ててロッドを立てて、ラインを回収。魚体が見えたところで、友人に声をかけ「お〜い、やったぞ〜、あわっ!」よそ見したところで、魚はフックから外れて自由の身になってしまいました。

「い、今のは、一匹に入るんだろうか?」21世紀を迎えられるかどうかがかかっているだけに、一瞬悩みましたが、実は、そんなことをしている場合ではなく、釣れる状態であるうちにキャスト出来るだけキャストしなければ、湖の釣りは・・・と、次のキャストに入ろうと後ろを確認すると、そこにはどこからともなく現れたフライフィッシャーが・・・「惜しかったですね、今の」。あぁ、だめか、やっぱり、客観的な判断では、今のはカウントされないのか・・・なんてこったい。21世紀は遠い・・・。

それでも、気を取り直して「もう一匹釣ればいいだけのことさ」とキャストをしていると、すぐに、次のあたり。今度は、ちゃんと手元まで寄せないといけないので、慎重にやりとりして、やっと「釣った」と言える魚を手にしました。・・・いや、実際には魚体に触れていないから「手にした」ってのは嘘だけど、え〜、「フォッセーップにしました」?

調子が出てきたので、その後もどんどんキャスト。また、すぐに次のあたり。フライパターンがテイルのないものなので、あたりがあればほぼ確実に乗ってくる。「よっしゃよっしゃ」とにこにこしながら引き寄せてくると、「・・・あれ、何か違うぞ?」。どうも手応えがおかしいなと思った瞬間、魚が水面で見事にエラ洗いをしてくれました。「うぅ、『黒鱒』君じゃん・・・」

ブラックバスを嫌うわけではありませんが、やっぱり、自分が狙っているのと違う魚種が釣れるのは残念。「とっとと深場に帰んなさ〜い」とリリースしてから、気を取り直してキャストを続けました。

ここまできて、どうも自分の立っている正面、ちょっと右寄りに何かがあって、その周りに黒鱒を含めて魚が付いている様子。もしくは、回遊コースのど真ん中になっているのか?どちらにしろ、ともかくそれを意識しつつ、キャストを繰り返していると、また、次のあたりが・・・「ごごん!」

右手はロッドをあおって、左手はラインを思い切り引いてあわせました。で、右手でロッドとラインを一緒に握って、ロッドを立てようとしたところで、魚がダッシュ。「うぁ、あわわ・・・」。引きが強くて、一日ロッドを振って疲れている右手だけでは支えきれず。慌てて左手をサポートに添えてロッドを立てましたが、明らかに魚が大きい、っていうか、重い。

実は、面倒だったのでこの日はベストも着込んでおらず、当然ネットも持っていませんでした。「これは、まずいな・・・」と思いつつ、何とかラインを回収できるだけ回収して、後はそのまま岸に向かってズルズルと下がっていきました。しばらくラインを引き出されたり、回収したりのやりとりをして、「何のためのディスクドラグ付きリールなんだろうなぁ・・・」と苦笑いしつつ、やっと波打ち際に横たわった魚は、私の手を思いっきり広げた親指から小指までの丁度2倍、軽く40オーバーのニジマス。いかにも放流物で、テイルが少し欠けていましたが、それでもこのサイズが釣れてくれれば大満足。

そんなわけで、満足した頃にはロッドガイドにつららが下がり始めており、そろそろ死んでしまいそうだったので、フライをロストしたところで納竿。めでたく、21世紀を迎えることが出来たのでした。めでたし、めでたし。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ