2001年9月29日

2001年シーズン締めくくりの千曲

ついこの間、解禁直後の道志川C&R区間で大釣りをして喜んでいたのに、気が付けばいつの間にか夏も終わり、禁漁は目の前になっている。毎年のことながら、まだまだ、ロッドを振り足りない。いや、本当は『魚を釣り足りない』と言いたい所だ。しかし、あまり贅沢なことを言うとバチがあたってしまう。今シーズンは1日やっても魚の顔を拝めないような日はなかったし、それなりにサイズにも恵まれた(と、言っても自分の中の基準に照らしてだが・・・)。ほんの数年前の自分から考えれば夢のようなシーズンであるし、初めてフライロッドを握ったあの日から考えれば、これはもう、奇跡のようなものである。

それでも、釣り人、特に私の欲は尽きない。今シーズンもまだまだ、沢山の魚に出会いたい。しかし、そんなことを言っている間に禁漁は目の前になってしまった。嫌が応でも最後の釣行先を決めなければならない。そして私が選んだのは、当然と言うか何と言うか、千曲水系であった。

友人と泊りがけで行くことにして、泊まったのはいつものキャンプ場。このキャンプ場に来るのも今年でもう10年目になってしまった。キャンプ場の中を流れる川にイワナが居ることは以前から知っていたが、今年になって初めてこの川でロッドを振った。そして、この川のおかげでシーズン後半は年券を買わなかったことを後悔するぐらい千曲に来ることになってしまった。

しかしその川は最後のお楽しみにとっておくことにして、とりあえずは他にも最後の釣行を千曲にしている仲間が居るので、落ち合う予定の体育館前に行ってみる。が、見事に誰も居ない。携帯で連絡をとると、山向こうの支流で遊んでいるようで、それではこちらも、まずは尾根をひとつ越えたところ、クライミングのベースキャンプとして有名な方のキャンプ場近くを流れるK川へと向かう。

K川の入渓点にするつもりだった場所に着くと、川に下りる道の途中にゲートが出来ていた。ゲートの横には手書きの小さな看板があり『是より先は入場料をお支払い下さい』とある。川まではあと10mもなく、ゲートも歩いて行くには何の障害にもならない程度のものではあったが、禁漁前の最後の釣行で後ろめたい思いをしながら釣りをするのもつまらないので、歩いて他の入渓点を探した。

少し周りの様子を見たが、どうも適当な入渓点は見あたらない。友人共々、早く今日の釣りを始めたくてうずうずしているので、10分もしたところで「ともかく、この方向に突っ切れば川に下りるさ」と踏み後も何もない森の中を突っ切って川に下りることにする。ところが、途中で有刺鉄線が張り渡してあるのにぶつかってしまった。川に下りるには、向こう側に行かなければならないのだが、果たして入っていいものかどうか。『立入禁止』の看板でも有ればいいのだが、どうも、有刺鉄線で立入禁止になっているのは、今自分たちが居る側のようでもある。しばらく悩んだ末に、有刺鉄線を潜ることにした。結局はなにやら後ろめたいような、中途半端な気分で川に下りることになった。

K川は白い川である。河原が広く、覆い被さる木もないので白い石に太陽が反射して、より一層白く見える。その白い石の間を手を切るように冷たい水が流れている。明るい河原に下りると、先ほどの半端な気分もすぐに消し飛んだ。早速ロッドを振り始めて、最初は流れにフライを乗せていた。が、なんの反応もない。巻き返しの弛みでちびイワナが反応したのを境に、少し、流れの緩くなっているところを攻めると、程なく6寸程のイワナがフライをくわえていった。

『よしよし、えらいえらい。』イワナに伝わるはずのない言葉をかけて、ホームページ用に写真を何枚か撮らせてもらう。写真を撮り終わってフックを外してやると、イワナはゆらゆらと私の足元を泳ぎ、いかにも疲れた様子で鰓を開いたり閉じたりさせている。しばらくすると、このままでは危険だと思ったのだろうか、私のウエーディングシューズの下にできた隙間に頭を突っ込んで、それで安心とばかりに動きを止めてしまった。これがヤマメだとこうは行かない、フックを外した瞬間に流心に向かってすっ飛んでいってしまうだろう。これだから、私はヤマメのいる川よりイワナのいる川をもっと好きになる。イワナは、背中を軽くつついてやると、難儀そうに流れの中に戻っていった。その背中を見ながら、釣り人はともかく、鳥に狙われた時にあれで逃げ切れるのだろうかと、要らぬ心配をしてしまう。

もう、ボウズの恐怖は無くなったので、ゆったりとした気分でしばらく釣りあがったが、集中力が足りないのか、流し方の問題か、すっぽ抜けばかりで思わしくない。堰堤もなく気持ちのいい渓相ではあるのだが、イブニングには本流で他の皆と待ち合わせているので、余裕のあるうちに川から上がることにした。

イブニングは他のメンバと合流して体育館前をうろうろしたが、期待していたようなライズもなく、堰堤下にたまっていたお子様イワナが5,6匹相手をしてくれただけで終わってしまった。釣れたのはいいのだが、同じポイントからポコポコと釣れてくるので今一つ気持ちが良くない。いかにも『放流されて溜まってます』と言った感じである。本流はこの3,4年ですっかり様子が変わってしまい、以前は大小の石が入っていい感じの瀬であったところがすっかり泥に覆われていたり、肥料袋やら何やらが引っかかっていたりで、なかなか気持ちよく釣りが出来るポイントが無くなってしまった。この先、どうなってしまうのかかなり不安である。

真っ暗になるまで釣りをしていたので、片付けをするころには震えが来るほど寒く、急いで夕食の買出しをしてキャンプ場に戻った。明日もまだ釣りができるのでいい気分でのんびりとした夕食を取り、タバコとコーヒーととりとめもない雑談、川縁の隠れ家計画、で時間が過ぎていった。

次の日は少し朝寝坊気味に起きた。気温も下がっているし、朝早くからあくせく釣りをする気分でもない。のんびりと朝食を取っていると、キャンプ場の管理人さんが来て、今日は午後から雨になるらしいことを告げていった。それで、スイッチが入って急いで釣り支度を始める。雨が降り始める前に、予定通りキャンプ場の中を流れる川を友人と2人で釣り上がることにした。

前回より少し下流まで歩いてから川に下りて、さらにそこから釣り下る。すぐに反応があったが、サイズが小さいのであまりこだわらないでおいた。とりあえず下流側がどうなっているのかが気になるので、どんどんと釣り下ったが、特にこれと言った反応もないままに50m程も釣り下ったところで、ふと目線を上げた先に釣り人が居た。挨拶をするにはまだ遠く、かといってこれ以上釣り下るとその釣り人の釣る場所が無くなってしまう。何となく気まずい思いであったが、そのまま釣り上がっている友人の所まで戻る。

友人と先行を交代しつつ釣り上がり始めてみると、先日同じ区間を釣ったときよりも明らかに水量が増えていた。増水はいい方向に働いていて、フライを落としたくなるポイントが増えている。の、だが、友人も私もしばらくは反応無し。放流が入っていない川で、この時期、釣り人が全く入っていないわけでもなし、まぁ、こんなものなのであろう。

ゆっくりとしたペースで釣り上がり、先日の釣行で一番いい型が出た落ち込みに差し掛かる。話し的には、ここで先日の魚が出てくれれば面白かったのだが、やはり世の中そうはうまく行かない。友人に追いついたので、2,30m上まで川沿いを歩いてから、再度入渓した。良さそうな落ち込みがあったので、ちょっとの間粘る。流心の向こう側の緩流帯にフライを落とし、ロッドを高く上げて、ドラグがかからないようにティペットまで持ち上げる。フライは巻き返しの方の流れに乗って、1m程上流に向かって流れ、そこからもう一度下流に向かって流れ始め、そして、そこでフライが消えた。

ここの魚は、普段の修行の度合いが違うのだろう。水面に顔を出してフライをくわえて行くのではなく、水面下からフライを吸い込んでしまうようだ。慌ててロッドを立てると、イワナらしい『ごん、ごん!』という引きを見せ、落ち込み際の石の下にもぐろうとする。「でかい!」心の中で叫んだのか、実際に声に出していたのか、ともかく慎重に、何とか広いところまで引きずり出し、水面に顔を出したところですかさずネットを入れる。尺には遠く及ばないが、それでも、9寸クラスの綺麗なイワナだった。

そう言えば、キャンプ場に水槽があり、管理人さんがこの川で釣ってきたイワナを入れている。キャンプ場内にもう一本流れを作り、この水系のイワナのパラダイスにしようと計画しており、つい先日水を引いたところで、最終的には、そこに放してやろうと言うことだ。今は1匹だけがとぼけた顔をして泳いでいる。出がけに「お友達を連れてきますから」と、バケツを借りてきてあったので、そのバケツに水を汲み、フックを外したイワナを入れた。そのときになって、小さなバケツを借りてきたことを後悔した。全然小さくて、頭と尾鰭がつっかえてしまう。

仕方なく、目一杯に水を入れて、魚が飛び出してしまわないようにネットを被せた。まさか、それを持ったまま釣りを続けるわけにもいかなかったので、流れの緩い淵にバケツを沈めて、少し釣り上がってはバケツを取りに戻り、また、バケツを沈めて、釣り上がって、取りに戻り、端から見たら間抜けだなと思いつつも、それを繰り返す。そして、三度目にバケツを取りに戻ったところで、次のイワナがフライを持っていった。

今度の奴は七寸あるかないかだったので、ごぼう抜きにして運良くまだ足下にあったバケツへと誘導する。手で触ったりしてイワナを傷つけたくはなかったので、ロッドを脇に挟んでバケツを手に持ち、反対の手でティペットを引き寄せて何とかイワナをバケツに入れた。その瞬間、今入ったイワナと入れ替わるようにして先ほどの大物が隙間から顔を出し、「あっ!」っと思ったときには、大きく跳ねて川に戻っていった。

慌ててバケツとロッドを放り出して、魚を追いかけようとするが、一旦水の中に入ってしまったイワナを捕まえられるはずもなく、未練がましくその辺の石の下を探ったりして、流れに這いつくばって居るときに、絶妙のタイミングで下流から友人が追いついてきた。先行している私を見付けたら、川の中に這いつくばっているのだから、何が起こったのかと思ったことであろう。

ことの顛末を友人に話はしたが、水槽に入れてからいくらでも撮影できると思っていたから写真は撮っていなかった。びしょぬれの袖を振り回しながら話をする私を友人はにこやかに笑いながら見ている。もう、合わせ損なった魚を「釣ってすぐリリースした」とは言わない。6寸に届かない魚を7寸オーバーにしたりもしない、だから信じてくれ、本当にこのバケツに入りきらないような魚だったんだ・・・

入れ替わりに釣れた小さい方のイワナは、今、キャンプ場の水槽で泳いでいる。いや、そろそろキャンプ場はクローズするので、もしかしたら今頃はキャンプ場内の流れに戻されているかもしれない。来年の春までに大きくなって、もう一度私のフライに出てきて欲しいなどと、都合のいいことを考えているが、流れを遮ってあるわけでもないので来年の解禁にはとっくに何処かへ行ってしまっているだろう。それでもいい、解禁になったらロッドと大きなバケツを持ってまた川に行けばいいだけのことだ。

いつか、キャンプ場内の流れで一面のライズを眺めていられる日が来るといいなと思っている。出来ることなら、その流れから魚が溢れだして、支流もイワナで一杯になったら、もう、バケツの心配をしないでロッドを振ることが出来るから。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ