2001年9月8日

大田切川C&R区間突撃ツアー

えっと、今回も自然渓流なんですが、大きな川ですし、C&R区間なので実名です。C&R区間はなるべく人が入ったほうが(まぁ、程度ってものもあるでしょうが・・・)良い結果を生むと思われますのでね・・・。

「大田切川のC&R区間、いいらしいねぇ・・・」と某所で盛り上がった話題が何時の間にか大田切遠征計画になりまして、行ってきました。ツアーコンダクターはやんまさん、参加者がmuroさん、我来也さん、と私の4人。当日は東京の西側の2人と、東側の私と我来也さんでそれぞれ1台ずつ車を出して、中央道の駒ヶ根ICを目指します。

朝方、西東京組と連絡を取ったところ、我々がやっと相模湖のICから中央道に乗る頃には、あちらは既に目的地のちょっと手前。「高速に乗ったら、アクセル踏んで僕の車が『バビュ〜ン』って行っちゃうよ、『バビュ〜ン』って。追いついちゃうよ〜」などと言っていましたが、大月の手前でいきなり渋滞。しばらくして、やっと渋滞を抜けて順調に走り始めたと思ったら、今度は甲府を抜ける辺りから雨がパラパラと・・・。

「絶対『あの2人が来るから雨が降る』とか、言ってますよね」と先行の2人のことを噂しつつも、駒ヶ根ICに着く頃には雨も上がって一安心。むしろ、日差しが強くて暑いぐらいで、このメンバーが揃ったにしては、珍しくいい天気です。

高速を降りてすぐの『駒ヶ根ファーム(「こまくさファーム」だったか?)』に到着したところで大発見。到着した場所は、2週間ほど前キャンプに行った帰りに「千畳敷カールを見に行こう」と行ったばかりのところでした。相変わらずの方向音痴&地理は大の苦手な私は、まさか、すぐ後にここに来ることになるとは知らず「ん〜、なかなか面白そうな川だ。ここで、釣りしたいなぁ〜」などと、寝ぼけたことをいっていたのですが・・・ほんとに釣り出来ることになってしまいました。

さて、とりあえずはやんまさん&muroさんと合流しなければならないので、釣り券を手に入れてからやんまさんに電話すると「ん〜、すぐ下にいるから、来れば解るよ〜」とのお返事。「すぐ下って、こっちですかねぇ?」と、駒ヶ根ファームの裏手の公園を車で走り抜けて(!)、とりあえずそれっぽいところを探しますが、どうも、こちら岸から車を停めて入渓出来るような場所はありません・・・。

「これじゃ、埒があかないから、反対岸に行きましょう」としばらく迷った後、一旦広い道に戻って、少し上流側にある橋を渡って反対岸の道路へ。細かい道を抜ける間、私の車のナビが地図を表示しているのを見て我来也さんが「ん〜、やっぱ、ナビあると便利そうだなぁ」「いいですよぉ、ナビ、買いましょうよぉ」などと『方向音痴養成装置』を勧めつつ、吊り橋のたもとに無理やり車を入れて、大田切川とご対面。

天気はどピーカン。川原の石は白くて、しかも、渇水で露出している個所が多く、反射がまぶしい(『番外編写真館』に写真がありまっす)。だだっぴろい川原の中を細い流れが2つ。普通なら「だめだこりゃ」ですが、よく見るとそれなりに水深はあるようで、水色も魅力的。大きな川原に小渓流が2本流れていると思えばいいようです。

とりあえずやんまさんたちを探そうと2人で見回していると、目の前の堰堤下で腰を落とした態勢でストーキングしつつ、ポイントを狙う釣り人が・・・「あれ、どう考えても、やんまさんですよね?」「うん、そんで、向こう側の流れ狙ってるのがmuroさんですねぇ・・・」と2人ともすぐに発見。2人が我々のところまで上がってくる間にウエーダーを履いてしまおうと、慌てて車に戻りました。

ウエーダーを履き終わって川に下りてみると、ちょうどやんまさんたちもそこまで釣りあがってきていました。既に、1,2時間釣りをしているようで状況を聞くと、何とか魚の顔は見たとのことですが、いかんせん天気が良すぎて魚の方はやる気なしのようです。入漁券を購入したところのおじさんが「上の橋まで行けば、水量が復活しているから」と言っていたのを思い出して上に行くことを提案すると、目の前にある小さなプールを指し示しながら「いや、魚はいるんだよ。ここのプールだって、おっきいのがいっぱいいるよ」「暑いから、みんな石の下に潜っちゃってるんだよね・・・」と、そう言われてしまったら当然確認してみなければならないので「このポイント、つぶしちゃっていいですか?」お許しをもらってから、ネットをもってプールに突入。

すぐに、魚が走るかと思いましたが、特にそんな様子はなし。プールの真中に沈み石があって、その下が少しえぐれている感じだったのでゆっくり近づいていくと・・・「ひゅんっ!」と魚が走りました。しかも、7,8寸クラス。「おぉ、ほんとにいた!」驚きつつも「いっぱいいるよ」とのセリフを思い出して、さらに石の下を探ると・・・「ひゅん、ひゅひゅひゅんっ!」「うぁぁ、いっぱいいたぁ!・・・」

朝方、やんまさんの知り合い(地元の方)が放流をしていたそうで、そのためでしょうか、フライには出なくても魚は山ほどいるようです。しかも、ことごとく7寸8寸クラス。これでいっぺんに納得して、「さ、とっとと釣り始めましょう、早く、早く」そこから、4人で適当に分かれて釣り開始。

・・・その後、夕方まで、さしたるイベントはなし。4人してドライやらニンフやらで叩きまくりましたが、真っ向から日光があたっている河原はうだるような暑さ。どうやらお魚さんも昼休み中。適当なところで一旦川から上がって、今日泊まるキャンプ場へ。当面の荷物を運び込んでから、お昼寝。お昼寝の後は、C&R区間の一番下まで降りてみましたが、まったく反応なし。水量がさらに減っているようで、心なしか水も汚い感じ・・・とっとと諦めて最初のポイントに戻りました。

もう、イブニングに期待するしかないので、4人とも必死(特に、本日まだ魚を手にしていない私と我来也さんは必死)でフライを落としていきます。が、イブニングと言っても特に劇的な変化があるわけでもなく、いたずらに時間が過ぎていきます・・・

釣り始める前にやんまさんが「こういうところは、真っ暗になってからイブニング本番になったりするんだよ」とか、言っていたのですが、正にその通り、最初に私のフライに反応があったのがギリギリフライが見えなくなるぐらいの時間。無線で「うぅ、だめです〜」などと話しながら流していたフライに、ピックアップ直前「ぱしゃ!」。あまりに油断していて、あわせることも出来ず。

日中の状況から「イブニングになっても、もろに流心にまでは魚が出てこないだろう」ということで、流心脇の緩い流れや落ち込み下の巻き返しをメインに狙っていたのですが、そんな私の思惑をよそにイワナ君たちは何時の間にかきっちり流心下に入っていたのでした。

「フライに触ってない感じだったし、もう一度・・・」今度は魚の出た辺りに慎重にフライを流します・・・「ばしゃ!」「うぃ、釣れたぁ!」無線で実況報告しつつ、大田切川最初の魚をキャッチ。トップページの写真にもなっている、心やさしいイワナ君です。

さて、釣れた魚をデジカメ撮影していると、なぜかピントが合わない。マクロにしても駄目だし「まさか、怪奇現象か?!」などとボケたことを考えていましたが、何のことはない、既にカメラがピント合わせをするのが難しいほど暗くなっているだけでした。

私の視力ではもう限界だったので、すぐ上にいた我来也さんにその辺のポイントは譲り、反対岸の入渓点にした吊り橋下まで移動。そこは橋を水銀灯で照らしているので、まだ少しは周りが見えます。まだ、みんな戻ってきていないし、1匹で終わりも寂しいので、到着直後に蹴散らしたイワナのいたプールとその前後にフライをポトリ。

フライを流し始めた直後、そのプールでライズ。しかも、2発。フライはそっとピックアップしてから、慌てて無線で我来也さんに連絡。「こっちこれますか?ライズがあります、ライズ!」「飛んでいきます!!」我来也さんが来るまでの間にも、頻繁にライズが起こります。ずいぶんと派手なライズで、2,3匹の魚が「ばっちゃん、ぼっちゃん」と大騒ぎ。多分、上の水銀灯に引き寄せられてきたカディス(もしかしたら、ただの蛾)が水面に落ちているんでしょう。なにやら、忍野のヒゲナガイブニングのような様相です。

飛んできた我来也さんにライズの場所を示して、後ろで観戦。SAGEのロッドから繰り出されるループが、鋭く水面に突き刺さり・・・「・・・って、突き刺さっちゃってますよぉ、我来也さん・・・」。

ありがちなことで、私が教えたつもりのライズの場所と、我来也さんが理解した場所がずれていて、ラインでライズの頭を叩いてしまった感じ。その後、2,3回キャストしますが、魚は出てこない・・・。が、私が「だめかもなぁ〜」と思った頃になって・・・「ばしゃ!」「ぴしぃっっ!」と我来也さんが鋭いあわせ。「おぉ〜、やりましたか!」駆け寄ろうとする私。「すっぽ〜ん・・・」「うぁぁぁぁ・・・」2人の叫び声は大田切川に響き渡り、遙か彼方から暗い河原を苦労して戻ってくるやんまさんとmuroさんの道標になったそうな・・・

この日は、これがクライマックス。やんまさんたちと合流したところで片づけをして、いざ、温泉へ。たっぷり暖まった後でこの辺りの名物(?)『ソースカツ丼』を食べに行きました。それぞれにいろいろな感想を持ちましたが、最後には「まぁ、豚カツ定食を一緒くたにしたものだよね」と意見が一致。キャンプ場に帰ってからは我来也さん持参の赤ワインを味わって・・・いる内にみんなウトウト・・・。さすがにみんな疲れていたので「明日は朝いちから爆釣だぁ!」と寝言を言いながら、安らかな眠りについたのでした。

翌朝のことは・・・あまり良く覚えてないです。寝ぼけてたから。ともかく、まだ日が昇らないうちに釣り場へ向かい、昨日と同じ吊り橋の下から入渓。「朝一番に釣り上がったら、釣れすぎちゃうかもしれない・・・」魚が居るのはわかっているし、イブニングでも反応が良かったのでみんなもう釣った気になってます。

ところが、入渓してみてびっくり。入渓する目の前に2人組みのグループが・・・その下に2人組のグループが・・・「仕方ない、護岸の上から上流に回り込ませてもらうぜ!」・・・息を切らせて護岸の上に上がったところで、「あ〜、muroですが。いま、上流に回ってみましたが、もう1パーティーいます」・・・釣る場所無し・・・。

それでも、やんまさんやmuroさんは竿抜けを狙って釣りあがっていきましたが、うろうろしているうちにすっかり出遅れた私は「仕方ない、釣り下ってやろうか・・・」入系点近くまで下ったところで「うぁぁ、まだ、下から上がってくるよぉ・・・」さすがに、にっちもさっちも行かなくなってしまいました。

普通なら、すぐに別の入渓点を目指すのでしょうが、まだ眠気が抜けきっていない私にそんな行動力はなく、仕方なく入渓点近くでHP用の写真を撮影していました。「あれ、今のって・・・ライズ?」昨日、魚を蹴散らしたプールで、水面に変化があったような気がして、しばし観察・・・「うぁ、ほんとにライズだよぉ」

最初で最後のチャンスとばかりに、慎重に回り込んで有利なポジションへ。どうせ、広い川原で障害物も無いので、少し距離を置いてキャスト。ラインは流れに張り出した石の上に落として、リーダーから先だけを流れに落とします。我ながら、すばらしいキャスト。

フライはライズのあった地点の上50cmぐらいのところに落ちて、うまく流れ出しました。そこからの数秒がドライフライをやっていて、最も盛り上がる時。数秒の後、ライズ地点にフライが差し掛かり「来るぞ、来るぞぉ・・・」そしてフライはそのまま下流へ・・・

「なんでぇ〜?!」目立ったハッチも無い状況で、フライを選んでいるとも思えませんでしたし、ライズしている魚にいきなり見切られるようなドラグもかかっていたようには思えず、原因不明のまま、しばらく観察。「あれ?おんなじところでライズしてる・・・」

『ある程度の水深』。『それなりにスピードのある流心』。そして『放流直後の魚』。「ん〜、どっかで経験したパターンかな?」今度はライズの間隔をはかりつつ、ライズの上1.5mぐらいにフライを落として長い間フライを見せてやると・・・『ぱしゃっ!』「やった〜、大正解〜!」『すっぽーん・・・』

「うっぎゃぁ〜!」痛恨のすっぽ抜け。念のため、時間をおいて再挑戦しますが、まったく反応無し。フックに掛かった感じはしなかったんですが、多分、口に触れてしまったんでしょう。「もう、他にライズを見つけられるはずも・・・あれ?」1つ下のプールで、またも、ライズ発見。たぶん、さっきからライズしていたのを、目の前のライズに夢中で気が付かなかったんでしょう。

え〜、この後、入渓点に戻るまで、ほぼ全てのプール毎にライズ発見。時間が良かったのか、ハッチでもあったのか、昨日放流された魚が全部ライズしている感じでした。・・・そして、すっぽ抜けすること全部で8回、一瞬だけフッキングすること1回。特に、入渓点直下の流れで合わせそこなった魚は大きくて、頭->背鰭->ちょっとだけ尻尾と見せて『どっぽ〜ん』という感じでフライを持っていったにもかかわらずすっぽ抜け。叫び声も、一段と大きくなりましたとさ・・・。

さすがに、これだけやらかしてしまうとやる気も失せて、入渓点の階段に座り込んで放心状態。そうこうする内に他の面子もバラバラと戻ってきて、釣果の報告会。私は『やらかした』の報告・・・。

『どうしてこうもすっぽ抜けるのか?』について、ちゃんと釣っているやんまさんやmuroさんのやっていることをチェックすると、「ソラックスとかハックル薄めのじゃないと、魚が食うの下手だから」とやんまさん。「muroさんもソラックスとかですか?」「いや、パラシュートだよ。但し、ハックルは薄めだけど」もちろん、結果を出している人のやっていることは100%まねをしてみましょう。

おあつらえ向きに、先ほど大物が出た目の前のプールでまたライズ。フライをソラックスダンの#18に換えて、慎重に大回りして反対岸へ。みんなの注目の下、ライズのちょっと上にキャスト。うまく流れたものの、魚は出ず。「そっか、もう少し見せてやらなきゃ」と、ライズの1.5m上流に打ち返して・・・『ばしゃ!』

タイミングに気を付けながら合わせてやると、しっかりフッキング。・・・が、「さっきのでかいやつじゃない〜・・・」贅沢を言いつつ、取り込みまで無事に終わって6寸ちょっとのイワナに御対面。これが、もっと早くわかっていれば、今ごろ『つ抜け』だったかもしれないのに・・・。

ともかく一匹釣れたところで気力も尽きて終了。また、HP用に写真を撮影したりしつつ、しばらくは雑談タイム。あっという間に暑くなってきて、とても河原の日向に居られなくなったので、キャンプ場に戻って撤収。「さて、あとはどこに行きましょうか?」まだ時間も早いし釣り足りないので、漁協の地図を見ながら、暑い中でも釣りになりそうな支流を探します。

「この支流にしましょう、反対側の山だけど、釣りが終わったら峠越えをすれば諏訪のほうに出られそうだし」と意見が一致。なぜ、その支流なのかというと、それはmuroさんだけが知っている・・・。「もし、釣れなかったらmuroさん立場ありませんね」とか言いつつ、1時間ほどで目指す支流に到着。

思ったより良さそうな川で、さらに予想外なことに釣り人多数。普段なら釣り人が多いのは遠慮したいのですが、全く未知の川で釣り人が居るってことは、魚が釣れると言うことなので、期待が高まります。とりあえず2組に分かれて、入渓。

「まるっきり反応ないですねぇ・・・」やんまさんと2人で攻めますが、良さそうなポイントはあるものの、肝心の魚の反応がまるでなし。無線で連絡を取ると他の2人も同じだったので、諦めて移動することにしました。

とは言え、帰りの時間を考えると別の川まで行っているほどの余裕はないので、同じ川のもっと上流を攻めてみようと言うことになって、一番奥にある集落の上まで移動。なかなか適当な入渓点が見つからないので、集落を過ぎて結構上がってしまってから適当に入渓。まぁ、少しぐらい上流に移動したからと言ってそれほど状況が変わるとも思えませんでしたが、ともかく残りの時間が少ないのでまた2人ずつに分かれて入渓。

やんまさんに遅れること3分、私が入渓してすぐに「だぁいすけさん、魚居るよ〜」「え〜、もう釣ったんですか」「いや、まだ〜。ちっちゃいし」それでも、魚が居るならやる気にもなります。せっかくだから1匹ぐらいは顔を見たいので、まじめにフライを落としていきますが、ちびっちゃいのが一回『ぴちゃ!』っとなっただけ。かなり上がったところで左岸から支流が入っており、少しは水量が有りそうだったので試しにそちらに入ってみました。

支流は合流点から5m程で直角に曲がっており、角を回り込んでみると高さ1mぐらいの落ち込みが2段続いて、その上は見えません。ちょっと難しいだろうとは思いながらも、1段上の落ち込み下にフライを落とすと、手前の落ち込みへの流れに吸い込まれる直前に『ぱしゃっ!』。この川はヤマメ(アマゴ?)のはずだったのですが、見えた魚体はイワナのもの。残念ながら、出た場所が悪くて(狙う場所が悪いとも言う)フッキングはせず。

「やんまさ〜ん、イワナ居るみたいですよ」無線で連絡を取ってから一つ上の段に・・・行く前に、念のためもうひと流し。『ぱしゃっ!』「やった〜」先ほどと全く同じようにフライをくわえていったのは、何とか5寸のイワナ君でした。底石の色によるものなのか、妙に黄色っぽい奴で、ぱっと見にはキラキラして金色に見える綺麗な魚体。これで、この川もボウズじゃなくなって一安心。

当然、その上の段も同じように流して・・・『ぽしゅっ!』。いい感じでフライを持っていったのは少し大きくなって6寸のイワナ。こいつは先ほどのとは逆に妙に黒っぽい魚体。釣れた場所の水平距離は1m程しかないのに、ちょっと環境が違う(多分、日があたっているかどうか)だけで、結構ちがうもんなんですね。

そんなことに感動しつつも上にあがったんですが、残念ながら、あまりにも浅いチャラ瀬になって、しかもそのすぐ上が堰堤。堰堤下には期待したんですが、全く反応無し。さっきの落ち込みはあまりに小さいので竿抜けになっていたんでしょうか?

そして、ここでタイムアップ。ロッドを仕舞ってから元の支流に下り、ヒイヒイ言いながら川が道路に近づくところまで歩きました。後かたづけをして、舗装もしていない林道を2台のフォレスターでぶいぶい走って、泥だらけの車で高速に乗ったら雨が降ってきて泥を洗い流してくれるサービス付きでした。ちなみに、次の日からは台風で大雨。1日ずれていたら、釣りが出来ないどころの話じゃなかったですね。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ