2001年9月2日

道志川C&R区間釣り納め

今年(2001年)から始まった道志川C&R区間。昨年までは道志川でフライをやるといえば、「ハイブリッド道志」か「裏丹沢渓流釣り場」、要は管理釣り場だけだったのですが、今シーズン最初の釣行でたまたま行ってしまったのが運のつき。2回目の釣行で年券を購入してから、いったい何度行ったことやら・・・。おかげで、昨シーズン通った丹沢にも行かず、忍野にも行かず、千曲・・・は行きましたが、毎回の釣行のたびに「さて、どこ行こうかな・・・とりあえず、道志かぁ」と、そんなシーズンでした。

そんなシーズンも9月ともなるとそろそろ終わり、禁漁は目の前です。逆算すれば今シーズンの釣行は残り数回。大田切川C&R区間への遠征計画もあるし、他のどうしても行っておきたい川のことも考えれば、今シーズンはこれが最後であろう道志川に行ってきました。もちろん「最近はかなり魚が少なくなって・・・」とか、「やっぱり、魚がスレてきて・・・」なんて情報は無視です。

今回は同行者が一人居たため前日の夜に移動することはせず、当日の朝寝ぼけ眼で運転して道志に向かいました。到着したのはすでに昼前。とりあえずは「犬ころの橋」辺りで入渓する場所を探しますが、めぼしい場所には既に先行者がいて、その横をとおるのも気が引けるので少し下流の神社前まで移動。こちらも人が多く、仕方が無いのでいつもの役場下プールでライズに悩まされるつもりで少し川沿いの道路を歩き、役場を過ぎたところで入渓。

端の脇から川に降りたのですが、先日の台風の影響か水量がちょっと多め。この辺りはただでさえ渡渉に苦労するところなので、体重の重い私はともかく同行者はとても渡れそうにありません。下流のプールにたどり着くにはどうしても対岸に渡らなければならないので、しばらくうろうろしながら渡渉点を探し、何とか対岸に渡りましたが・・・「ここ、反対向きには渡れないよねぇ・・・」。

「まぁ、後で考えればいいでしょ。どうせライズにはまって、半日下のプールにいることになるんだし」と気にせずプールまで歩きました。プールにたどり着いてみると、さすがにこの場所には先行者の姿はなし。早速いつものとおり取れそうも無いライズを探したのですが・・・「あれ、ライズが無いな?」。

いつもなら、このプールでは1日中だらだらとライズが続いているのですが、今日に限ってライズのラの字もありません。偏光をかけて魚を探しても、底の方にウグイの稚魚がうろうろしているだけ。いつも、岸際のエグレの下に定位していたやつも、対岸の際で定位していたやつも、ことごとく姿を消していました。

しばらくライズを待っていましたが、その間に釣りあがってきた餌釣りの人と少しお話をしたところでは、餌をもってしても状況は厳しいようで「ちびっちゃい虹鱒が何匹かですね。いちお、つれがそこで少しは大きな・・・20cmぐらいのやつは上げましたけど・・・」などと話している始末でした。ここのプールの魚はいいかげんスレ切っていてほとんど釣られることはないはずですし、釣られたとしてもC&R区間ですし、万が一そいつがいなくなってもいい場所にはすぐ次の魚が入ってくるはずなのに・・・。この後、他の釣り人(なぜかこの日は餌釣りの人が多かったです)にも話を聞きましたが、C&R区間全域に渡ってあまり状況は変わらないようでした。結局、先日の大雨で、かなり魚が流されてしまったようですね。そうでないと、C&R区間の魚がいなくなってしまうのに説明がつかないですから・・・

さて、そんなこんなでしばらく時間が経ち、いいかげんこのポイントを諦めようかと思っていたころ、対岸の、期待していたより下流のほうでライズが一発。「お、やっと魚見つけたぞ!」と、すかさずライズのあった場所にフライを落としますが・・・だめ。と、言うより、こちら岸からではプールの真中の流れと、さらに対岸よりの弱い流れにラインを跨がせることになって、とてもじゃありませんがまともに流すことができませんでした。しかたがないので下流側に回りこんで、アップクロス・・・と思ったら、流心が深すぎてライズの真下にしかポジションが取れない。しかも、上には木が被さっているので、サイドからのキャスト。さすがに、魚のほうもライズする位置を心得てます。

何度かキャストしてみましたが、悪いことは重なるもので上流側から強い風が吹いていて、ライズの位置までフライをキャストするのが精一杯。本当なら、ラインはレーンから外してティペットにはたるみを入れてきれいに落としたいところだったのですが・・・。もちろん、そんな落とし方でスレ切った魚が出てくるはずもなく、30分ほど休み休み粘ったところでギブアップ。同行者も「なんもなし」だったので、プールは諦めて移動することにしました。

移動とは言っても、先ほど渡ってきた場所は反対向きに渡れるような場所ではないし、仕方が無いのでとりあえず下流に向かうことに。この下は、普段でも大きめで水量のある落ち込みとプールが連続するところで、水量の多いこの日はすごいことになっていました。よほど無理をしない限り左岸側からしか釣りができないので、右岸側のポイントにフライを入れられれば良さそうなんですが・・・当然そんなに甘くはない。

それでも、右岸側には良さそうな巻き返しやたるみが多いので同行者は一生懸命ねらっていましたが、8ftのロッドではどうしても竜心にラインが巻き込まれてまともに流せません。「こんなとこ、どうやって流したら・・・」と言っているので「こうやって、フライを叩きつけてからロッドを高く上げて・・・」と実演していると、8ft8inchのロッドと私のリーチを持ってしてもちょっと辛い川幅で、フライが水中に・・・いい感じに流れに巻かれたようだったので、少し送り込んでから空合わせ・・・「ぶるぶるっ!」とニジマスがくっついていました。

「あんなので、何でわかるんだ。何かずるをしているに違いない」と罵倒されつつ、とりあえずは坊主回避。ここにいたということは、この下の落ち込みにもいるだろうと、とっとと移動。一段下の落ち込みで「ここだったら、こっちに立って、やっぱりフライを叩きつけてから・・・」などと言っていると、対岸側でライズ。

「私は届かないから、おまえがやるがいい」という同行者のお言葉で、慎重に狙い方を考えていると、またもライズ。はっきりとパーマークを確認して「ヤマメだ、ヤマメだ」とつぶやきつつ、キャスト。うまく流れたのですが、どうもライズの主は対岸の石の下ぎりぎりを流れるものを食べているようで、30cm程手前を流れるフライは全く無視。「んじゃ、これでどうだ!」と対岸の石にぶつけてフライを落とし、着水したフライが30cm程流れたところで・・・「ぱく!」。流心をまたいで取り込むのに手間取りましたが、久々の道志ヤマメ、8寸なり。今日の状況を考えれば、満足、満足。

後は、同行者に釣ってもらえばめでたしめでたしなので、その下の大場所は譲ります。落ち込みから大きなプールにつながるところで、ただし、立ち位置はどうしても落ち込みのすぐ脇になってしまい、ダウンクロスで攻めることになります。私が、岸際の大石の上に上って魚の位置を確認しつつ、同行者がキャストしますが・・・。ライズを続けている魚が3,4匹確認できるのですが、大きなプールをゆらゆらとクルージングしながらライズしているので、なかなかねらいが絞れません。

関東圏でもっとも釣り人が多い(であろう)C&R区間で秋まで過ごしてきた魚を相手にずいぶんと長いこと粘りましたが、2回ほどすっぽ抜けをやらかしたところでギブアップ。少し、疲れたし喉も乾いたので、いったん車に戻ることにしました。

車に戻って一休みしていると、時間はすでにイブニング。もう後がないので、国道沿いの釣り人駐車場に車を停めてそこからすぐ下の流れに降ります。ここは、今シーズンの始めに最初に入った場所で、フライでやりやすい場所。流れも無理に対岸よりを狙ったりする必要もなく、とりあえずは1級ポイントです。後は、魚が出てきてくれるかどうか・・・

既に薄暗くなり始めており、時間がありません。一番よさげな所に陣取った同行者を後ろから眺めていましたが、私がちょっとたばこをつけようと下を向いた隙に「うあぁ!」「え、出たの?」「すっぽ抜けた〜」。

「フライに触ってなさそうなら、もう一回流しとけ、流しとけ」と私が応援している目の前で、同じ流れに落としたフライに「ばしゃっ!」と魚が出て、見事にフッキング。ちらっと見えた魚体は、かなり大きそう。「ばらすなよ〜、ここまで来てばらすなよ〜」とさらに私が応援していると、流心に乗って下ってしまった魚をうまくいなして手前の岸に寄せてきました。私が背中のネットですくい上げて、めでたしめでたし。私の小さめネットでは窮屈そうな大物です。

「やった、やった」と喜びつつ、暗かったので明かりを当てて魚を見てみると・・・「これ、何の魚?」とは同行者の言。「え、えっと・・・う、うぐい・・・かなぁ・・・?」銀色の魚体に最初はニジマスかと思いましたが、鱗がはっきり見えていて、しかもおちょぼ口。ウグイには間違いないんでしょうが、川でここまで大きなウグイを見たこともなければ、あんなにファイトするウグイを見たこともなかったので、ちょっととまどってしまいました。

「ヤマメ、せめてニジマスならなぁ・・・」とも思いましたが、考えてみれば道志側では間違いなくネイティブの魚ですし、まぁ、とりあえずは釣れたので良しとしなければ。暗い中苦労してフックをはずして、この日の釣りは終了となりました。

最後に一つ発見。ウグイに限らず、魚を釣って魚臭くなってしまったネットを釣りが終わってすぐに車に持ち込むと車の中が魚臭くなってみたりしがちですが(ま、その方が釣れた実感がわくという向きもございましょうが・・・)、車屋で売っているような安っちい消臭スプレーをネットに吹き付けてみるとあら不思議、一発で臭いがなくなってみたりすることが判明しました。お試しあれ。

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ