2001年8月18日

千曲水系秘密の場所

さて今回は秘密の場所です。まぁ、千曲水系ですから、勘のいい人だったら見当もつくでしょうが、とてもいい場所だったので、公開はしません。へっへ〜んだ。

お盆過ぎの土日、かねやんと釣りに行く約束をしていました。金曜の朝、電話がかかってきて、何を言うかと思えば「わり、今もうキャンプ場に居るんだわ」・・・仕方がないので、金曜の夜に千曲に移動し、とりあえずは川上村の体育館前で仮眠。朝方無線で連絡を付けてからキャンプ場で合流です。

キャンプ場に入ったのは、まだ午前中の早い時間。しばらくうだうだしていると、muroさんから電話が。「そう言えば昨日、千曲に来るって言ってたな・・・」と、思ったら、既にいつもの支流で釣りを終わった後でした。私の携帯はしょぼくてキャンプ場ではまともに繋がらないので、無線に切り換えてキャンプ場まで誘導しましたが、これがまた一苦労。「どうも話が合わないな・・・」と思っていたら、実はmuroさんは山向こうの道を金峰山に向かって走っていたりして、だいぶ時間が経ってから合流しました。

合流してからも、コーヒー入れてキャンプ場内でうだうだ・・・どうやらいつもの支流は条件が悪くて全然駄目だったようです。あれこれ話をしている内に昼になってしまったので「いかん、これでは釣りをしている時間が無くなる!」とやっと腰を上げました。

muroさんは「さて、それじゃ道志に行ってきます」とさすがはリバーキーパーなお言葉。・・・に、しても、今は既に昼過ぎで、しかも、ここから道志まで軽く100kmはあるんだけど・・・。「関東圏の釣り人は、釣り場までの距離に対する感覚がおかしい」と言われる所以ですな。

我々はと言えば、数年前から気になっているとある支流へ。この支流は漁協の放流がされておらず、しかも本流との合流点から入る以外の入渓点はどこも私有地(っていうか、レタス畑)の中で入りにくく、しかも対岸に渡るのに軽くジャンプすればいいぐらいの規模なので、釣り人はほとんど入らないようです。かくいう私も、すぐそこに漁協が魚をばらまいている本流があるのに、わざわざ放流もない細い流れにフライを落とす気にもなれず今まで入渓せずじまいだったのでありました。

「とりあえず、少しだけ様子を見て、その後本流に行ってイブニングを待とう」ということになって、かねやんと一緒に川沿いの道をてくてく歩いて入渓点に向かいます。とりあえず流れに立ってみると、もともと細い流れがこのところの渇水でさらに細くなっており、落ち込みの直下で少し水が溜まっている場所以外はとても魚が付くような水深はありません。

「ま、とりあえず」などと言いつつ、2人で分かれて釣り始めましたが、しばらくは何の反応も無し。釣り始めた辺りは、もう上流側に畑も民家もないので、水質はものすごくいいんですが、そのため当然透明度も高く、しかも水深もないとあっては、下手にポイントに近づくことも出来ないし、魚影も確認できないまま少し釣り上がったところで・・・「ぴちゃ!」っと、ちびイワナの反応がありましたが、とてもフッキングするようなサイズでもなし・・・。

「ま、こんなもんでしょう。うまくすれば、どっちかがちびイワナを引っかけて、それで終わりかな」と思い始めたところで、今までよりは少し大きめの落ち込みと、その下の差し渡し2mほどのプールに行き当たりました。「ここなら、お兄ちゃんイワナぐらいいてもいいかもな・・・」とちょっと慎重に、落ち込み直下からフライを流してやると・・・「ありゃ、フライが消えた?」。

次の落ち込みまでの流れが、石に当たってカーブする辺りで、突然フライが消えてしまいました。魚が出た様子もなかったのですが、念のため軽く合わせると・・・「ごん、ごごごん!」「うあ、イワナだぁ!」

「ごん、ごごごん!」という引きを見せて魚は底に潜ろうとしますが、元々それほどの水深もないところなので、慌てて落ち込みの所まで移動して、しばしのファイトの末慎重にランディング。なんと、8寸オーバーのイワナでした。しかも、ヒレはピンピン、色も少し濃いめの綺麗な色で、見るからに再生産もの。少なくとも、成魚放流のイワナでないことは私でもはっきり解ります。

フライが突然消えたように見えたのは、どうも、魚がフライをくわえるのに水中からしっかりと吸い込んだからのようで、水面には波紋も立てずにフライは口の奥にかかっていました。「餌の食い方がうまいんだなぁ・・・やっぱ、川でこれだけ大きく成長してきた魚は違うわ・・・」としばし感動。

こんないい魚が釣れると言うことは、当然デジカメは持ってきて居ないので、魚をネットに入れたまま水中に沈めて、慌てて下流に居るかねやんを呼びに行きます。「大変、魚、居た居た!おっきい!」と混乱しまくった片言の日本語で呼びかけると、こともなさげに「うん、居るよね。だぁいすけが釣った後から2本出たぞ」とのお言葉・・・「へげ?何で・・・」と返事しつつ、ともかく釣った魚を見せました。

「おぉっ、でけぇな」とのお言葉を頂き一安心。2人で見てもやっぱり成魚放流物の魚とは思えず、放流もないわけですから「下手したらネイティブ?フライのくわえ方もすごいしねぇ・・・」と話し合いつつ、「いいじゃん、この川」とさらに釣り上がります。

ところがこの先、さらに流れが細くなり、しかもボサがかぶってくるので、ちょっと辛い釣りになってきました。ともかく、フライを落とす(落とせる)場所を見付けるのが一苦労。二人で交互に追い越し合いながら釣り上がりますが、何度か反応はあったものの今一つ。それでもかねやんの方は何匹か手にしたようですが、私は全然。しばらくして周りが開けた場所に出ましたが、凄くよさげなポイントが有るにも関わらず反応無し。すぐ上を道路が通っているので、この辺だけは釣り人が入るのかもしれません。

さらにその上に釣り上がり、追いついてきたかねやんと「ちょっと反応なくなってきたね」と話しつつ、対岸寄りに見付けた落ち込みが水深がありそうだったので「おりゃっ!」とフライを落とすと、目の前で「ふらふら〜」とイワナが上がってきて、「シュポッ!」と音を立てるようにしてフライを吸い込みました。ちょっとサイズは落ちて「7寸には届かないかな〜」と言うぐらい。でも、こいつもものの見事にフライを吸い込んでました。

川からの上がり口(は、既にとある私有地の中。道はありますが「ちょっと、通らせてね」は通用しないのです・・・)までたどり着いてしまったので、そこで納竿としました。気がつけばそろそろ暗くなってくるかという時間。たった数100mの区間でしたが、2人とも十分に楽しんでしまったので本流でのイブニングはなし。挙句、いい気分になって帰るのもめんどくさくなってしまったので、キャンプ場に帰るなり「2人とも、今晩泊まっていきまーす」となってしまいました。

冷静に考えるとたがが5,6匹の釣果なのですが、極々小さな支流としては十分な数ですし、何よりサイズがよろしい。しかも、魚が美しいと言うことで、とてもお気に入りの川になってしまいました。ただ、あまりにも小規模なので、しょっちゅう行くというわけにもいかなそうですね。最近の千曲は本流も支流も死にかけているところが多いようですから、この場所は大事にしておきたいと思っています・・・

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ