2001年6月23日
ちょこっと道志


 いや、今月は車の税金払っちゃったし、東北行った後ディーラーに車持っていったときにお金かかっちゃったし、バケットシートも入れちゃったし、マージャン負けてるし、お金がなくって・・・と、言うわけで、給料日直前のこの週末は「年券があるから、お金がかからない」という理由でまたも道志川C&R区間に行って来ました。

 本当は「最近、C&R区間専用年券制度が無くなって、『ピンクの年券』でC&R区間外でも釣りが出来る」との噂を聞きつけていたので、C&R区間外に進出してみようと思っていたんですが、よく考えてみると入渓点も何も解らない上に、C&R区間の中もまだ全部回ってみたわけじゃないんですよね。んなわけで、結局C&R区間で1日過ごしてしまいました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 前日の夜に出発・・・の話は、いつものことなので置いといて、当日の朝9時過ぎになってやっと目を覚まし、「さぁて、今日はどれぐらい混雑かなぁ・・・?」と、ちゃっちゃと準備をして川に下りました。

 「やっぱり、混んでる・・・」最初、入ったのは『犬ころの橋』(詳細は、『落書き帖』の方を見てください)付近。上流側には張り付いている人が多かったので、とりあえず下流側へ。川が2又に分かれている右岸側を釣り下りました。

 前回来た時より、川岸の草木が葉を茂らせていて、この間までは狙えたポイントが藪の下になって狙えなくなったりしています。再び川が合流する直前、そんな藪の下に無理やりフライを落とし込んでやると「ばちゃ!」っと反応がありましたが、残念ながらフッキングせず。

そのまま今度は2又の左岸側を釣りあがろうとしましたが、こちら側は人がいっぱいで殆どのポイントがつぶれており、しかも、キャンプ場の犬には吠え掛かられる始末。すごすごと、場所移動することにしました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 今度は、橋より上の瀬の区間を釣りあがっていきます・・・が、それほど人が多くは無いものの、魚も多くない。いるにはいるんですが、大きさと言い、定位している位置と言い、パーマークの代わりに「百戦錬磨」って書いてありそうなやつらばかり。とても、水面にまで出てきてくれそうにありません。

 そのまま、本格的な瀬まで釣りあがって、いつも竿抜けになっているのか魚の反応があるような場所を全部攻めましたが、まったく反応なし。「うーん、こりゃ、どうしたもんか・・・」と、考えつつ、とりあえず車に戻りました。

 「そういえば、今年はまだボウズくらった釣行はないんだよなぁ・・・」と、車でおにぎりを頬張りつつ、「今日が、1回目になっても、まぁ、いいや。今日は、なんか、暑いし・・・」と、ちょっと疲れてしまったので、「撤収」の2文字が頭をよぎります。・・・が、「そういえば、役場下のプールは日陰だよなぁ」と思い出し、せっかくここまで来てもう帰るのもつまらないので、ちょっと移動して役場下辺りのプールへ。

 先ほどのポイントはあれだけ人がいたのに、この辺はぜんぜん人がいません。「おぉ、これなら半分昼寝しつつ釣りが出来る」とプールに急ぎます。途中ですれ違ったフライ屋さんに声をかけてみましたが、あちらも調子は悪い様子。今日は、駄目なのかな?

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 さて、プールに着いて、とりあえずはライズしている魚を探しますが・・・「ライズどころか、魚、いないじゃん。せっかくここまで歩いてきても、どうやら駄目ですなぁ・・・」と、誰に話しているのか、ぶつぶつ言いながら、とりあえずは川岸の石に座って一休み。「もしかしたら、例のごとくタバコ吸っている間にライズ始まるかも」とライズ待ち。

 で、座り込んで川を見てみると「あれ、あそこに魚いた。おや?こっちにもいる。げ、ライズもしてんじゃん」。考えてみれば、今日はめんどくさかったのでコンタクトを入れておらず、ゆえに偏光グラスもかけていないのでした。見る角度を変えると、それほど沢山はいませんが、やっぱり魚はいる。しかも、そのうち少なくとも1匹は目の前、手前側の岸寄りでライズしている。俄然、やる気が出てきました。

 今までの経験から、ここでのライズは1発目が勝負。しかも、中途半端なリアルイミテーションや、半沈みフライは嫌われる。ともかく、高く浮くフライにフロータントもたっぷりつけて「フックを水中に入れない」ぐらいの勢いで流したほうがよい結果が出るのは解っています。で、その通り、フライサイズ#16のスタンダード、フロータントたっぷり、ティペットは結び換えて0.35号まで細く、かつ、18ftぐらいまで長くし、石の上を這うようにしてキャストするポジションを有利に持って行き、さらにその上、リーダーシステムの調子を見るために、別方向に向かってキャストして、感覚をつかむ。「うふぅふぅふぅ・・・(ドラえもん調で)」と自分の冷静さに惚れ惚れしながら、魚の姿まではっきり見えているライズに向かってキャスト。

 フライはきっちりいい位置に落ちて、ドラグがかかることも無く「すぅっ・・・」っと流れ出しました。すぐに魚が気が付いて、定位している場所から手前に2,3cmずれているフライの流れるレーンに移動。

完全に捕食態勢に入っている・・・。

水面まで浮いてきた・・・。あと、5cm・・・。

フライが魚の目の前に・・・。口をあけて、ゆっくりと・・・「ぱくっ!」

「あ、あれぇぇ???」

 魚の目の前、ほんとに1,2cmのところで、いきなりフライが急停止。魚のほうは、すっかりその流れ方でくるものと思っているので、空振り。空振りした後に、目の前でフライが停止しているのを見て、一拍おいてから「ちがうじゃ〜ん、あぶねぇ〜」と言わんばかりに、目にもとまらぬスピードで深みのほうへ・・・

 魚が定位している位置は、手前側の岸が少し出っ張っているところの上だったので、ティペットを長く取っていたにもかかわらず、手前側の反転流にティペットが取られて、こんな結果になったのでした・・・これが、最初から解ってりゃぁねぇ・・・。

 この後、またしばらく時間をおくと、やはりその場所が気持ちいいのか、同じ魚が戻ってきてライスを始めました。「今度こそ本当に・・・」と同じフライを落としても、まるっきり無視。「おいおい、ほんとにそんなにすれてんのかよ・・・」と、今度は悪あがき。フライをとっかえひっかえして、それでも駄目ならライズ直撃。その度ごとに魚は嫌がって少し離れていきますが、5分もしないうちにまた戻ってきて、同じ場所でライズを始める・・・。

 途中で、下から来たフライマンとちょっと話をして、「いや、あの魚何とかしようとしているんですけどねぇ・・・」と、指し示した魚を見てその人が一言「あぁ、でかいですもんねぇ」。・・・そうなんだよ、でかいんだよ、これがまた。

 しかし、いいかげん同じ魚を叩きまくっても仕方がない(本当は打つべき手がなくなった)ので、以前の記憶を元に「あの筋にも魚がいるはず」と、ほかの魚を探しました。やっぱり、ライズこそしていないものの、前回も、前々回も魚がいた場所には、今回も魚がいます。よーく見ていると、浅いところに浮いてきている魚が2匹、さらにしばらく観察していると、流れのある場所なので定かではありませんが、水中のものをメインに捕食しつつ、水面ギリギリか、もしくは水面直下のものもたまに口にしている様子です。

 「なんとかならんかなぁ・・・」と、フライを再び高く浮くものに交換(何のことはない、ただ、最初のフライに戻っただけ)して、あっちからこっちから攻めます・・・が、やっぱり魚のつき場が絶妙で、奥の筋にいる魚にフライを送り込もうとすると、どうしても手前の筋にラインが取られて、しかも、私の腕でカーブ&メンディングなどしても、流れる距離が短いと魚が反応してくれない。流れる距離を長くしようとすると、今度はまた、ドラグがかかって嫌われる・・・。

 「ほんとに、よく教育が行き届いていること・・・」とため息などつきつつ、周りに人がいないのをいいことに「んじゃ、真上から狙ったるわぃ!」と、上流側に少し立ちこんで、真上からフライを流します。それでも1キャスト目は少しドラグがかかって、後ちょっとのところで魚が気が付いて逃げてしまいました。

 しばらく時間をおいてからの2キャスト目、今度はたっぷりスラックを入れてフライを落とし、2m近くフライをドリフトさせてやると・・なんと、浅めの位置に定位していた魚が3匹いっぺんにフライを追いかけ、最初に辿り着いたやつが「ぱっくん!」。「上からだから上からだから・・・」と1,2秒呪文を唱えてから、祈るような気持ちで勢いよく合わせると、うまいことフッキング。

 何とか、1匹釣り上げることが出来ました。7寸のきれいなヤマメです。ここのプールで釣れるやつは、最低でもこれぐらいあるんで、ちょっとうれしい。・・・ですが、そうすると、目の前でライズを続けているあやつは、いったいどれぐらいあるんだろうか・・・?

 1匹釣れて気持ちが楽になったので「んじゃ、根性入れてこいつに挑戦してやるワイ」と、元のライズ狙いに戻ります。

(1時間ほど省略)

 ・・・やっぱり釣れない、でも、ライズも止まらない。ちょっと怪しまれると、すぐにどこかへ行ってしまうのですが、5分もすればまた戻ってくる。いいかげん、疲れてきましたが、それでも目の前でこうもライズを続けられると・・・。

 ドライは持っているだけのパターンを試しました(たいした数じゃないけど)。もちろん、ミッジやCDCも使ってみました。「それでも駄目なら!」と、ニンフも使ってみました。それも、ただウエイトを入れてインジケーターをつけるやり方から、ウエイトもインジケーターもなし、最後にはウエットまで持ち出して・・・。

 「だぁめだ、こりゃぁ・・・」と精根尽き果てるまで、さらに1時間ほど。本当に、打つ手が何もなくなってしまい、それでもライズは継続中。もうどうしようもないので、しばらく座ってタバコを吸いながらライズの主を見ていました。

 「そろそろ、引き上げるなり何なりしようか?」と思ったころ、ふと見ると何時の間にかライズの主が少し上流の開けたところに移動していました。「そっか、本来の位置は、あっちなんだ・・・警戒モードのときにライズするのが、さっきまで私が一生懸命になっていた位置か・・・そりゃ、無理だわな。」と納得して、もともとライズしていた場所に目をやったそのとき・・・

 「ざばっしゃ!」と音をさせて、優に尺を超えているであろう巨大なイワナが、水面に魚体の半分まで出してライズしていきました。一瞬、驚きで何も出来ず。「はっ!」として、魚の行方を探そうとしたときには、既にどこに行ったか解らなくなっていました。多分、普段は手前の岸のえぐれの下にいる魚が、上でばちゃばちゃライズしているヤマメがいなくなって、私もフライを投げていないので「ん、静かになったな。飯でも食うか」って出てきたんでしょう。

 もう一回ライズするようなら、狙おうと思いましたが、残念ながらその魚はそれっきり。未練がましく、その辺の流心にニンフを流してみたりしましたが、まぁ、反応があるわけもなし。「ま、今度来た時には、覚悟しておけよ!」などと捨て台詞を残し、車に戻りました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 結局、釣りをしていた時間は全部で5時間ほど。釣れた魚が1匹・・・。使ったフライはいったい何本になるのやら。まぁ、年券の消化に来て、一日たっぷり遊ばして貰ったと思えば、安いもんです。いいかげん疲れてしまったので、今日もイブニングはやらずにとっとと引き上げ。

 給料日前だからって事もないでしょうが、C&R区間結構すいてましたね。これぐらいなら、いい『近所の釣り場』になるんですが・・・近く(と、言っても車で一時間以上かかりますが)に、とりあえずは自然渓流で、少なくとも魚がいる、それだけでも、結構しあわせ。


がんばれ〜道志川C&R区間〜 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る