2001年6月16日
今年2回目の千曲


 前日まで、3日ぐらい雨が降りっぱなしだったにもかかわらず、行ってきました。「まぁ、支流に入れば、なんとかなるでしょ」と、楽観的予想の元に。あ、今回も支流の名前が伏字になってます。このあたりはみんな人に教えてもらったところなんで、ご勘弁ください。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 例のごとく、前日の夜のうちに移動して、やんまさんとの待ち合わせ場所へ。待ち合わせとは言っても、「朝までに、やんまさんの駐車場近辺には行ってますから」と許容範囲の広い約束。まぁ、いざとなったら携帯もあるし、だいじょぶでしょう・・・(伏線)。

 で、金曜日は仕事が遅かったので、家を出たのは午前2時過ぎ。既に眠気が襲ってきていますが、ほとんど高速を走るだけなので、いざとなれば小人さんが「はいほ〜、はいほ〜」ってやってきて、運転してくれるでしょう。ばたばたと準備をして「ロッド・OK。ベスト・OK。ウエーダーもOK。よし、忘れ物なし!」と指差し確認までして家を出ました(伏線2)。高速は途中で事故渋滞があったんですが、なんとか4時ごろにはやんまさんの駐車場までたどり着きました。

 後は、その辺に車を止めて、しばらく眠っていればやんまさんから連絡があって、起きて、れっつらご〜・・・と、とりあえず携帯を耳元において、仮眠を取ろうと・・・えっと、携帯は耳元に・・・んっと、・・・あれ?

 なんと、携帯を忘れてきていたのでした(これが「おち」)。「やべ、どうしよっか・・・」と考えてみても、携帯が無いので、電話番号は不明ゆえに公衆電話があっても役立たず。「んじゃ、メールで・・・って、携帯が無くちゃ無理」。「仕方ないから、104で番号調べて・・・う、住所がわからない・・・」。

 普段、いかに携帯に頼った生活をしているか、思い知りました。散々考えた挙句「やんまさんが、自分の車を取りにきたら見えるような位置で寝てよう」という結論に・・・。結果的には、朝方やんまさんが気が付いてくれたので大丈夫だったんですが、みんなの電話番号ぐらいどこかに控えておかないとまずいですね。皆さんもご注意あれ。

 やんまさんと合流してからは、やんまさんの車に同乗して千曲に向かったんですが、これがまた・・・助手席は眠い。「まぁ、確かに睡眠不足だからなぁ・・・」なんて考えていたのが、起きているときなんだか夢の中なんだか・・・気が付いたらもうR141のコンビニに入ったところでした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 まず朝一は北の方へ。川が見えてくると・・・「増水&濁ってますぅ・・・」。「上まで行けば、何とかなるよ」などと会話しつつ、集落の中を抜けていきますが、工事区間の上まできて濁りが取れたあたりでは、既に先行者が山ほどいて「ありゃ、これじゃ、入るとこないや」。

 最近、この近辺はあちこちで川に重機を下ろして護岸工事をやっており、雨が降らなくても濁りっぱなしとのこと。そのために釣りが出来る区間が少なくなって、結果的に人が集中して朝一から混雑気味。道志と違って、先行者が一人いればほぼアウトですから「何とか人のいないところを・・・」と、しばらく走り回りますが、あんまり走ってばかりいても仕方が無いので、結局はキャンプ場の上から入渓。川沿いにずっと遊歩道らしきものがあり、先行しているやんまさんを抜くときには、一回岸に上がって橋を渡って・・・と、らくちん。渓相も良い区間でした。

 当然、入渓が容易で川沿いに道があり、しかも渓相がいいとなれば、魚がたくさん残っているような区間ではありません。が、やんまさんはすぐに1匹目。「魚がいるなら!」と気合を入れた私も、ちょっとしてから1匹目。但し、サイズのほうは・・・まぁ、ねぇ?5寸は何とか越えてたかな。

 しばらく釣りあがった後、「ここの区間は、こんなもんですかねぇ?(おなかへった)」「そろそろ移動しますか(おなかへったよぉ〜)」と、昼食タイムを進言。車に戻ってコンビニで買ったおにぎりを詰め込みます。川の中いろいろ動き回るからなんでしょうが、おいしいですねぇ、釣りに行ったときのおにぎり。特に赤飯おにぎりと、おかずに魚肉ソーセージの組み合わせが秀逸。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 さて、お昼を食べ終わったら、今度は移動です。と、いっても、北のほうは既に人が入っているか工事の濁りが入っているかなので、南のほうへ行ってみることにしました。「南と言ったら、もちろんいつもの集落前へ・・・」と、思っていたら、その区間はまっ茶色。すぐ上でずっと工事をしていて、話にも何にもなりゃしない。

 もうちょっと上まで行って、川の中をのぞいているとやんまさんの携帯に電話。お千曲様地元民、SUGIさんからでした。なにやら待ち合わせ時間や場所を相談しているので、私は橋の上から川を観察・・・「ん?」なんか、黒いものがたくさん流れてる・・・

 最初は枯葉か何かが流れているんだと思っていたんですが、なんか、虫っぽい。よーく見てみると・・・「うぎゃ、オドリバエじゃん」。流れにもまれてすごい数のオドリバエが流下していました。さらに観察していると、飛んでいるオドリバエもすごい数。「惜しいなぁ、これで、泥濁りでなけりゃ、ライズがすごいんだろうに・・・」。

 SUGIさんとの電話も終わって、待ち合わせまでの間、上のほうに行くことに。「どうせ上のほうは人でいっぱいなんだろな」と思いつつも、とりあえずは行ってみないと解らない。で、行ってみたら、やっぱりそうでした。みんな、濁りのせいでウロウロしている内にこの辺りに辿り着くんでしょうね。

 いったん車をとめて入渓しようとしたら、目の前に釣り人。後ろにも釣り人。あっちにもこっちにも釣り人。仕方なくまた移動して、今度は別荘の奥へ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 別荘の奥には車が停まっていませんでした。が、まぁ、今日手付かずってこともあるわけがないので、たまたまいいタイミングで入ったんでしょう。2人して慌てて準備をして、適当に入渓。既に、どっちがどこを上がるとか、そんなことを打ち合わせる余裕もなし。私はちょっと下から、やんまさんは上からスタート。しばしの後、私がやっと50m程釣り上がって橋の上のプールに辿り着いた頃には、既にやんまさんはどこへやら・・・

 橋の上は深さのあるプールになっているのですが、ここで魚が出てきたためしがありません。入渓者の多い渓流ではありがちなことですね。さっさと飛ばして上に行こうかと思いましたが、ちょっと疲れたのでタバコを一服。・・・していると、お約束どおり目の前(と、言っても、プールの上のほう)でライズらしきものが・・・。しばらく我慢していると「ばちゃ、ぼちゃ」と、間違いなくライズが始まりました。大きさはそれほどでもなさそうですが、2,3匹いるようです。「ここでライズとは、珍しい・・・」と、つぶやきながら、とりあえずライズの対象を観察・・・しようにも、流れているものは見当たらず。いろいろな虫が飛んでいることはいるんですが、どれも、それほど多いとは思えず。

 「さて、どうしたものか」と頭を悩ませていたんですが、「あれ、そういえばさっき、すごい数のオドリバエがいたなぁ・・・」と思い出し、改めてその辺を見回してみると・・・「ありゃ、一杯いるじゃん」。不思議なもので、一旦その存在に気がつくと、周り中がオドリバエだらけ。他の虫が流れているのも、みんなオドリバエにたかられながらでした。「ん〜、こりゃ、とりあえず黒いフライにするでしょぉ」と、フライパッチに格納してあった黒のパラシュートフライを選択。

 ライズの方はずっと継続中でしたが、一箇所に定位するようなライズではなく、あっちで「ばちゃ!」、こっちで「ぼちゃ!」とどこに流したらいいものやら的が絞りきれません。ライズフォームも決しておとなしいものではなく、ヒゲナガかガガンボでも出ているような激しさ。下手をすると、空中に跳ね上がることまであって、ちょっと「本当にライズか、これ?」という気分になってきます。

 的は絞れないのですが、このままぼけっとしていても仕方がないので、とりあえずは「ばちゃ!」を待って、すぐさまその場所にキャスト・・・。だめ。「んじゃぁ、こっち」と流れ込みの延長線上にキャスト・・・「ばちゃっ!」・・・っと、言ったのは、フライより1mも上のほう。「さっきは、もっと下でライズしたのにぃ!」とそっちを狙うと、今度は反対側の岸寄りで「ぼちゃ!」。「・・・馬鹿にされてる・・・」

 しかも、フライを流すとまず最初にそのフライに興味を示すのは、山ほど飛んでいるオドリバエ。流れるフライに群がって、なんか、フライを攻撃してます。オドリバエはうまいことだまくらかせているんですが、肝心の魚がだませない。というか、どうも私のフライに気がついてもいない様子。ライズは1分に1回ぐらいのペースでだらだらと続いているものの、何度フライを投げてもあさっての方角でライズする・・・。

 一旦、キャストするのを止めて、釣れそうな魚を見極めることに。が、釣れそうも何も、こうもバラバラとライズされると、どのライズがどの魚やら・・・。結局はまた、あっちへキャスト・こっちにもキャスト・・・。いつまでもこうやって「下手な鉄砲も・・・」式でやっているから、うまくならないんでしょうね。

 結局、ライズ−>そこを狙ってキャスト、を繰り返すうちに、たまたまうまくタイミングが合ったようで、1匹釣れてくれました。かなりラインを出していたので、ちょっとあせりましたが、何とかばれずに手元まで。これも、やっとこ6寸ぐらいのかわいい岩魚でした。でも、この場所でライズがあって、それを取れたので満足。・・・っていうか、消耗しきってしまったので、「先に、車に戻ろう」と橋のたもとから上に上がってみると・・・やんまさんはとっくに戻っていたのでした。もちろん、とっとと上流を攻めて、とっとと結果を出して・・・。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 この後、SUGIさんとの待ち合わせ場所に向かいましたが、まだ、多少の時間があったので、下ってすぐの集落の中の流れをチェック。「お、なんか、濁り薄くなってないっすか?」「ちょっと、よってくぅ〜?」「いいねぇ〜」と、大急ぎで車をとめて川へとおります。工事がちょっとお休みしたのか、濁りが薄くなってギリギリ、ドライでも狙えそうな感じ。

 入ってすぐにちび岩魚の反応があり、「お、こりゃ、期待できるかも」などと思いつつ、時間が無いのでテンポよく・・・のつもりが、なぜかやんまさんとの間は離れるばかり・・・うーむ。

 で、護岸寄りの小さな落ち込みが気になったのでキャスト。・・・反応が無いので、もう一回。ちょうど、落ち込みギリギリにフライが落ちて、なんとなく「うまく流れたかな?」と、思ったところで、フライを見失いました。「おや?消えた・・・」と沈んだのかと思いましたが、「でも、もしかして・・・」と、軽く合わせ「ごいん、ごうん、ごうん・・・」「うぁ、魚だぁ!」。

 今までと手ごたえが違う。「うぁ、ばれるなよぉ・・・頼むぞぉ・・・」と、呪文を唱えつつ、やっとネットに収めたのは8寸(メジャーあてました)軽くオーバーのイワナ。「9寸は・・・どうかな、尻尾を引っ張れば何とかかな・・・」などとやっていましたが、ふと気が付くと「あ、カメラ持って来てない・・・」。記録に残せないときに、記録に残したい魚が釣れるんですよねぇ・・・きっと、カメラを持ってきていたら、この魚はバレていたに違いない。とりあえず、文句なしで千曲支流の記録サイズ。ちょっと、釣れ方に不満は残るものの、大満足。今日は、千曲に来て正解。

 で、その魚を眺めているうちに、いつのまにか濁りがまたきつくなっていました。待ち合わせの時間もあるので、早々に切り上げて一旦R141まで下ってから、今までとは違う山を水源とするO川へ。・・・って、言っても、私は「釣れて満足」と「ね、ねむいぃ・・・」で、助手席で爆睡。やんまさんに運転させておいて、気持ちのいい夢の世界に行ってましたが・・・。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 O川でSUGIさんと合流して、ちょっとお話をしてみつつ・・・やっぱり川が気になって、眠い目をこすりながら入渓。ところがこれが、水量がすごくて、川底に静めてあるコンクリートの上を対岸に渡るのも一苦労。道路から見たときには、「ん、あの辺で魚が出るに違いない」と思えたポイントも、実際に目の前にしてみると「ごぉぉぉ・・・」「だめだこりゃ」。

 一応、フライを落とせる場所には落としつつ、しばらく釣りあがりましたが、まったく反応なし。3回目に対岸に渡らざるを得なくなったとき「も、もぉだめだぁ・・・」と諦めて、一旦道路に上がって上流側にいるやんまさんとSUGIさんを探しに行きました。

 道路を少し歩いていると、すぐそこに川から上がってくつろぎモードに入っているやんまさんの姿が。状況は似たようなもののようで、諦めモードになっているようです。「さて、SUGIさんは・・?」と聞いてみると、いました、目の前の流れ(と、言っても護岸の分一段下になっている)で釣りを続行中。今さっき、しっかり1匹釣り上げているそうです。

 「この流れの中で・・・やっぱ、よく釣るよなぁ」と思いつつ、SUGIさんの釣りを観戦。小さな堰堤下の落ち込みからの流れにフライを落としています。1発目・・・だめ。2発目、3発目・・・少しずつポイントは変えているんでしょうが、「ここには絶対魚がいる!」と言わんばかりに、かなりしつこくフライを流しています。「へぇ、結構しつこ目に流すこともあるんだなぁ」と思いながら、SUGIさんのフライが流れるのを見ていると、キャストしたポイントからフライが流れきったぐらいのところで「ばしゃ!」。

 「おっ、出ましたよ!」とやんまさんに声をかけつつ・・・「あれ?SUGIさん、ロッド立ててないな?」。よく見ると、SUGIさんは1段上のポイントを狙うために足元を確認しながら移動中。その間流しっぱなしにしていたフライに魚が出ていたのでした。うーん、やっぱり、殺気が消えた瞬間、魚が反応してくるんでしょうか・・・?ヤマメ仙人のところに行って、『木化け』を会得しなくっちゃ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 このO川は水量がすごくて勝負にならなかったので、最後にはまた北のほうに移動。・・・でも、大方の予想通り、どのポイントにも人・人・人・・・どうしようもないので、少し下って豚の鳴き声が聞こえる辺りへ。ここも先行者らしき車が停まっていたんですが「まぁ、もう移動する時間もないし」ということで、適当に入渓。やんまさん、SUGIさんは釣果を上げたようですが、私は・・・えっと、ニンフであわせ損ないが1回・・・。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 帰りは、やんまさんの駐車場まで行って、自分の車に乗り換えて帰りましたが、千曲から駐車場までの道のりは、殆ど寝ぼけっぱなし。さすがに最近、夜討ち朝駆けも厳しくなってきたのかな?寝ぼけたまま、やんまさんと会話していたようですが、きっと、寝ぼけて訳のわからないこと言っていたんだろうなぁ・・・。しかも、当日はお財布の中にお金が無く「キャシュディスペンサーのあるコンビニで下ろしてきますよぉ」と、わざわざコンビニを回ってもらった上に、「・・・ここのディスペンサー、私の持っている全ての口座とカードを拒否しやがりました・・・」と、結局はやんまさんに借り倒し。すごすごと逃げ帰るように「ん、首都高が700円で、羽田線が500円で・・・」と高速代を計算しながら帰ってきました。

 結局、釣れたんだか釣れなかったんだかよく解らない釣行になりましたが、言い様によっては「ライズ取った」「大物釣れた」なので、私的には十分満足。やっぱり、千曲はすごいですね。


今年も、年券買っていないんですけどね・・・ だぁいすけ


釣行記メインページに戻る