2001年6月3日
噂のD川実名解禁


 またまたまた・・・今シーズン、何度目でしょう?D川に行って来ました。『落書き帖』の方を見ていただいている方はご存知の話題かもしれませんが、そろそろ『D川』という伏字はやめて、実名解禁としたいと思います。

 このHPが与える影響なんぞ、微々たるものでしょうが、それでも、自然河川の実名をインターネット上であげることには抵抗がありまして、今までは『D川』としていました。

 静かだったお気に入りの川が、『XX渓流釣りガイド』とかに載ったとか、そういうことであっという間に荒れ果てた。なんてことは、皆さん経験があるかと思います。決してひとり占めしようとか、そういうことでは無いんですが(ちょっとあるかも)、どんなしょぼいものでも、各種メディアの与える影響というのは想像する以上にすごいものなので、「絶対に解らないようにする」とは言わないまでも(実際『D川』というだけで、関東近辺の大抵の人は解ると思いますが)、不特定多数に対して余計な情報を流す可能性のあることは、良く考えてからにしたいと言うことで。

 で、良く考えた結果、D川についてはむしろ「実名解禁」−>「C&R区間の存在アピール」−>「みんなの話題になる」−>「来年はC&R区間拡大!制度もどんどん改良!」−>「関東圏のみならず、全国的に有名、かつ、理想的なC&R区間へと変貌を遂げる」−>「目指すは、世界制覇」の方が良いのではないかという結論に達しました。

 というわけでD川は実名解禁しますが、今後も他の川ははっきりと書かないことがあるかと思います。生意気ですが、ご理解くださいませ。

 あ、D川は、決して「魚が居なくなって、釣れないからもういいや」ではないですからね。一時期ほど無茶な数ではないですが、魚は居ますよ。但し、解禁から数ヶ月で「これでもか」って程、教育された連中が・・・そんな川を「面白い」と思うかどうかは、皆さん次第です。けど、面白いですよ。

 それでは、前置きが長くなりましたが、『道志川C&R区間に行ってきた(6/3版)』のはじまり・はじまりぃ〜



 さて、今日は久しぶりに予定を立ててない一人釣行。土曜の晩に出発しようかと思っていましたが、土曜日に遊んでいたら疲れ切ってしまい、家に帰るなりそのまま就寝。早朝5時ごろ、あまりに寒いので目を覚ますと、畳の上で布団もかけずに倒れていました。

 普通は「で、がんばって起きて出発」となるのですが、そこはそれ、私のことですから、そのまま2度寝。次に目を覚ましたのは9時過ぎ。コーヒーを飲みつつ、PCを立ち上げてあれこれとやっていると、出発はお昼になってしまいました。

 車にバケットのシートを着けたばかりだったので、山道を楽しみながら「うぅ、やっぱちょと小さいな・・・」と肩こりを起こしつつC&Rエリアに到着。珍しくC&R真ん中辺りの釣り人用駐車場に空きがあったので、車をとめて、コンタクトを入れたり、お菓子を食べたり・・・

 しばらくして「いかん、いきなりイブニングになってしまう!」と、慌てて釣りの準備。「今日は時間も短いし、面白そうなところだけにして、はまりやすいプールは避けよう」と、計画を立て、とめた車の後ろからすぐ川に下ります。

 前回もそうでしたが、他の自然渓流に比べればかなりの数の釣り人がいるものの、解禁当初のような、海岸っぺりのテトラに張り付いているフナ虫のようには居ない。ちょうど川が中州で区切られて2筋になっているところに降りたので「天気もいいことだし」と言いながら、日陰になっているほうの筋へ。どうやらこちらがわには人が居ないので、ほんの6,70m区間ですが、釣りあがりが出来そう。

 で、最初は2筋の流れの合流点すぐ上から。ちょっとポイントは狭いですが、いじめられがちな川では以下にも魚が着いていそう。ぱっと見、水深も足りなく見えるし、ポジションも取りにくい。「こういうところから出すと、気分いいんだよなぁ・・・」と思いつつ、本日1投目。「むぅ、出ない」。さらに、もう一投すると・・・居ないのかぁ。

 んで、次はそのすぐ奥、もっと釣りづらいところなので、さらに期待は高まり・・・「ばっちゃ!」「おぉっとぉ、出てきたぁ!」下流側で橋の下のプールにはまってみたり、合流直後の落ち込みに延々とインジケーターを浮かべている人を尻目に、初めて5分もしないうちに1匹目。「う〜ん、何のかんの言っても『自分だけ釣れる』は気分がいい・・・」。

 と、小市民ぶりを発揮しつつ「これならこっち側は結構いけるんでは・・・?」と、さらに期待して釣りあがってみましたが、まともな流れになった途端、魚の反応消滅。途中で大きめのプール状になった場所があって、ライズしているやつがいたんですが・・・これがまた難しい。

 10分ぐらいは粘りましたが、先日のプールの魚と一緒。プールの中で定位している位置も計算され尽くしており、流しにくいことこの上なし。しかも、ちゃんと流せても適当なフライはすぐ見切る。そして、2度と反応しない。でも、ライズは続けている。フライを交換すると、1投目には反応がある。・・・でも、見切る。フロータントなんかで浮き方を変えてやると、また少し反応する。・・・でも、見切る。再度フライを交換して、ちゃんと流す・・・気づいた・・・浮いてくる・・・口が開いた!・・・フライをくわえ・・・かけて、すぐやめてすごい勢いで逃げてった。

 何が、ヤマメ君を押しとどめたのかは知りませんが、フライを半分口に入れて、既に口が閉じかけているところで・・・やめちゃいました。そこまで近づいて、初めて「なにかおかしい」に気がついたのか、ドラグ・・・の段階では既に無いし、もしかして、匂いとか、味?

 まぁ、ハックルとかテールに違和感を感じたんでしょうが、あそこまで行っておいて・・・やめなくたっていいじゃん。しかもその後の逃げっぷりといったら・・・。たまたま、目の前で起こったことでしたからこれだけ詳細に観察できましたが、少し離れていたら「うぁ、完全に出たのに乗らなかったぁ!」になるんだろうな。

 気が付くと最初の計画「プールにははまらない」を無視しかけていたので、まだ、ライズを続ける魚を残してさらに上へ。とは言っても、短い区間ですからすぐに釣りあがってしまいました。流れが分かれるところまでくると、そこはキャンプ場専用で門が閉められている木製の橋の下(最近、『犬ころの橋』と命名されました。何のパロディだかわかる人は、結構壊れている人)。さらに上の瀬からの流れがフラットになって、底も変化に富んでいていいポイントです。・・・が、当然そういったいいポイントには張り付いている人がいます。その人たちをかわして、かつ、ポイントも荒らさないように上流へ行くのは・・・「うぅ、難しい・・・」。

 仕方なく、川のど真ん中を横切ることにしましたが、これが、結構深い。股まで水につかりながら、何とか対岸に渡ろうとしていると、目の前には魚・魚・魚・・・。いっぱいいる。「あぁ、自分が今立ってるここにフライを流したいぃ・・・」と思いつつ、対岸へ。そのまま上流の瀬を目指します。

 しばらくは落ち込み&プールが続きます。しかも、ここはいつも魚がついていてライズもあるところなんですが・・・なんもなし。さっきから何人もすれ違ったりしていますから、いいかげんみんなが叩いた後なんでしょう。しばらくは勝負になりそうも無いので、それっぽいところにだけフライを落として、がんがん上っていきます。

 さて、その上はC&R区間が終わる橋までの200mほど、ずっと瀬になっています。上のほうには先行者も見えますが、まぁ、これだけの瀬の中なら、1箇所や2箇所は見落としたポイントがあるでしょう。

 と、言うことで、フライを瀬で使う用のセンターポストにウレタンを使ったパラシュートに換え、たっぷり時間をかけながら叩きあがります。幸い下から上がってくる人もいないので、上にいる人までの間は全部私のもの。「こんなとこは?」「こんなとこにも?」とフライを落としていきます。

 さすがに、何人も釣りあがっていっているだけあって、まともなところは殆ど反応なし。今日はちゃんとコンタクトを入れて偏光グラスをかけているので水中がある程度見えるんですが、そのおかげでUターンしていく魚も丸見え。

 知っている人はわかると思いますが、この区間、完全に『瀬』です。ポイントの1つ1つもそれほど大きくは無いし、通常、うまく魚のいるところにフライを2秒も流せれば十分で、それで出ない場合には「ここにはいないね」って言ってしまってもいい感じの場所です。が、ここの魚は、瀬の白泡の下から飛んで出てきて、フライを見切って帰っていく・・・

 幾度となく魚が見えたんですが、流れ方がおかしくなっているときはもちろん、ちゃんと流れている(と、自分では思っている)時でさえ、フライを見て帰っていきます。その間、わずか0.5秒ぐらい。いや、それなりにすれてくるのはよく解りますが、それにしたって、プールでフライを見切られるなら解りますが、瀬の中で飛んで出てきた魚にこんな見切られ方をしたのは初めて(今まで、見えていなかっただけかもしれませんが)。

 やっぱり魚は釣り人より賢いんですね・・・。釣り人なんて「あの魚は、絶対フライに出ない。やるだけ時間の無駄!」って結論を出した次の週に、また同じ魚狙ってみたりするのにねぇ。少なくとも魚は、先週(か、その前の週あたり?)釣られたことは、ちゃんと覚えていて、しかも、そのときの状況をちゃんと普遍化して「コーチマンパラシュートが危ない」じゃなくって「フライが危ない」と理解してますもんね。

 さて、そんなこんなで、瀬の中を上がっていく間はまったく釣果上がらず。「これは、先週に引き続き1匹だけだな」とあきらめかけたころ、瀬の中でそこだけちょっと深くなって流れの緩くなっている場所に来ました。流心の向こう側はどう考えても魚がついていることは間違いないでしょう。でも、ライズは今のところなし。疲れたので、ちょうどそこに頭を出している大石に座って一休み&ライズ待ち。

 タバコを吸って「ぼけぇ〜」としていると、目の端にライズを捉えたような気が・・・「あれ、でも、単発なのかな?やっぱり、魚はいるんだろうけど・・・。瀬の中であれなのに、流れの緩いところにいる連中に挑戦してもなぁ・・・」で、まだしばらく休憩。

 さらに待っていると、もう一回同じ場所でライズ。しかも今度は魚の姿を捉えました。浅めのところをウロウロしつつ、たまに水面まで上がってきているようです。あれなら、うまくすれば、もしかして、運がよければ、何かの間違いで・・・「一発目で決めなきゃな」。

 で、ここで「うまいこと、一発目で・・・」ってなれば話もまとまるし、かっこいいんですが、そうはイカのゴールドビーズ。慎重にキャストはしたんですが、肝心のフライはさっきまでの釣りあがりに使っていたパラシュート。フライが50cmぐらい流れたところで、魚がすぅ〜っと上がって来て・・・見事に見切られました。まぁ、あたりまえですわ・・・。

 ここで、ちょっとむきになって、フライをCDCに変えようかと思ったんですが、ふと、フライパッチを見ると、前回、プールで結果を出したソラックスダンが・・・「これで行くでしょぉ」。

 慎重にキャスト。落ちたフライが流れて・・・10cm、20cm・・・50cm・・・「うぉ、もう、ドラグがぁ・・・」ぎりぎりのところで、少し深いところから魚が上がって来て、ばっくりフライをくわえてくれました。見えてた魚の割にはあわせも何とか決まってフッキング。8寸には届かないものの、いい型のヤマメでした。これぐらいの大きさになると、フッキングしてからちょっとの間はやりとりを楽しめるし、いやぁ、よかった・よかった。

 この後は、先ほど股まで水に浸かりながら渡った場所に魚がたくさんいたので、そこまで下ってイブニング。川通しに下っていく途中にもそれらしいところは観察しながらいきますが、なぜか、全く魚っ気なし。目的の場所に着いてから、しばらく周囲を観察。流れのど真ん中に頭を出している大石の上で、あちこちを見回しますが・・・「あれぇ?魚どこいった?」。

 釣り切られたってこともないでしょうが、さっきまではあんなにいた魚がどこへやら・・・ライズのらの字もありません。前回もそうだった気がするんですが、なぜか夕方の「っしゃぁ、いよいよイブニングだぜぇ!」って時間には魚がどこかに行ってしまう気がします。昼過ぎ頃には、あんなにあちこちでライズがあったのに。皆さんは、そんなことないですか?

 しばらくは、その辺の怪しそうなところにフライを落としてみたりしていましたが、反応もライズもないのですぐに飽きてきて、『道志のアイドル犬』に挨拶をして(でも、吠えられた)、納竿としてしまいました。結局、釣り上げた魚は2匹。まぁ、フッキングミスやUターンした魚を含めて、楽しませてくれたから良しとしましょう。

 おまけ。最後のポイントでライズを探している間、ふと、自分の座り込んでいる大石の下のえぐれを見ると・・・「うげ、なんじゃ、こりゃ」というような魚がいました。もちろんヤマメで、ぱっと見でも尺ありそう。水中にいてそれぐらいに見えるんですから、おそらく尺ヤマメなんでしょう。但し、前に釣った人の扱いが荒かったのか、かなり弱っていました・・・でも、でかい。


 「大物が釣れても、あんましいじくり回しちゃいけないな」と反省して、おうちに帰ってきましたとさ。


釣行記メインページに戻る