2001年5月26日
渋めになったD川


 また、噂のD川へ行ってきました。最近入ってくる情報ではさすがに渋くなってきているとのことでしたが、果たして・・・?

 東北遠征で死亡していた車も帰ってきて、やっと、釣りに出かけられます。・・・とは言っても、まだエンジンの慣らし中なので、それほど思い通りには走る訳にはいきません。エンジンの回転数に気を使いながらのドライブでは、ストレスが溜まって長距離走行は疲れてしまう−>中遠征(=千曲)は無理。「それならば」と、久しぶりの釣行で外れを引いて寂しくなるのもいやだったので、安全確実に釣果の見込めるD川へ。最近渋くなったという情報も入ってきてはいましたが、それにしたって年券もあるから万が一の時も悔しくないし、渋くなったと言ってもあれだけ魚がいれば何とかなるでしょう。

 そんなわけで、某板に「今週D川行く」と書き込んでいたNympさんに連絡。夜中に行って仮眠を取っているとのことだったので、大体の合流場所を決めて、後は電話で・・・あ、私のTu−Ka携帯はD川周辺圏外なんだった・・・

 結局、無線の周波数を決めて、待ち合わせ場所ももう少し詳しく話し合っておきました。電話で話していると「下から2本目の橋・・・役場前の・・・XX屋から・・・」と、さすがにD川担当。よく知ってるなぁ。私が知らなさ過ぎるだけか?

 待ち合わせ場所を決めて、電話を切ったところでやんまさんからの着信履歴が残っているのを発見「う、しまった・・・」と思いつつ、電話してみると「丹沢いく?」「・・・入れ違いで、D川いくつもりになっちゃってますぅ・・・」。その前の週に果たせなかった約束は、すっかり忘れていた私なのでありました。この、私の裏切りのせいでやんまさんは千曲に向かったようなのですが、その結果は・・・どこかのHPに載っています・・・。車が自由に走れるようになったら、すぐに千曲行こう・・・。

 さて、そんなこんなで、D川目指して出発!・・・の、前に、まだもう一つ。エンジン交換から400km弱走ったので、ちょっと早いけどオイル交換。某所に行って車持ち上げてオイル交換して、修理のついでに購入しておいたセンターコンソールまわりの交換をして、先日曲げてしまった(東北大遠征の釣行記5/4参照)マフラーを無理くり曲げ戻して・・・終わってみれば既に午前1時過ぎ。これから、人を鎌倉まで送って、そのままD川を目指します。

 方向音痴の私は、当然鎌倉を経由地にしてD川へのルートをナビに検索させます。古いナビなので、ちょっと気を抜くと山中湖回りとか、中央道経由とかの無茶なルートを指示してくるのですが、ざっと見たところ、海沿いを走ってからまっすぐ上に上っているのでまともなルート(R413利用)を指示している様子。疲れていたので、何も考えずにナビの言うまま走ることにしました。

 予想外に交通量が多く、のんびりペースになったおかげで・・・眠い。こりゃ、早いとこ着かないと、眠気に負けるなぁ・・・などと思い始めたころ、ナビの指示どおり秦野を過ぎて・・・「え?!秦野?」R413を使うなら、厚木を抜けるはずなのに、何でこんなところに・・・

 車を走らせたまま、慌ててルートを詳細に確認すると・・・「あれ?やっぱりまっすぐ北に向かってD川方面に抜けてる。なんで?そんなところに道あったっけ・・・?ん?なんか、この道、妙に曲がりくねって・・・あぁ!ヤビツ峠だぁ!」。なんと、ナビはヤビツ峠を越えるルートを指示していたのでした。秦野からヤビツ峠を越え、札掛を通り抜けて、宮が瀬に抜けて、それからR413へ・・・無茶だ。

 しかし、いいかげん疲れていて冷静な判断力を無くしている私は、そこから厚木に戻ればいいものを「えぇい!札掛に行くのでヤビツ峠は慣れてるわぃ!」とそのまま、峠道に突っ込んでいってしまったのでした・・・

 ・・・長かった・・・。今まで、このルートは何十回と通っていますが、それは札掛に行くためであって、行程の半分までです。札掛を通り過ぎて反対側まで一気に抜けたことなどありません。狭い山道を、しかも、回転数を上げられない車で上って、下って・・・宮が瀬に抜けるころには既に夜が明け始め、私の目蓋は閉じかけていたのでありました・・・。

 その後、今度はR413のクネクネ道が待っています。既に疲労はピークに達しており、夜もすっかり明けています。「も、もうだめだぁ〜・・・」と思ったころ、待ち合わせ場所の役場前を全力で通り過ぎ、慌てて停止してUターン。Nympさんの車は・・・あ、あったあった。

 時間はまだ5時前なので、「1時間だけでも眠ろう・・・」と、倒れるようにシートを倒し・・・たら、横の車の中で「むくっ!」っと起き上がる人が・・・うぁぁ、起きちゃった。既に回りは明るくなっていますし、道すがら既に釣り支度を終えて歩いている人もいました。Nympさんも起き出してしまいました・・・やるしかないか。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 そうと決まれば早いもので、その場ですばやく釣り支度。車はそこにとめたままで、歩いて予め予定していた入渓点に入ります(やっと、釣りの話だ・・・)。大きな落ち込みの後が大きなプール状になっている場所で、先に準備を終えた私が「んでは、とりあえず」などと言いつつ、覗き込んでみると・・・おぉ、いるいる。落ち込み直下の流心の下、深い場所に定位している魚が何匹も見えます。・・・しかし、深いなぁ・・・。

 とりあえずは、落ち込みから流れる泡が消えかけるあたり、流心ど真ん中にキャスト、少し流してみると、思ったより流れが複雑でちょっと難しいな・・・「ばしゃ!」「あ、しまった、出ちゃった」。既にドラグがかかりかけていて、とりあえずピックアップ前に狙っているポイントから離そうとしていたフライに、派手に出てしまいました。もちろん、フッキングどころかかすりもせず。

 「うぁっちゃぁ〜」とは思いましたが「まぁ、この感じで出てくれるなら、後はいくらでも釣れそう」というわけで、とっとと次のポイントを狙います。そのころちょうどNympさんも準備を終えたので、Nympさんは上流方面を、私は下流方面を釣ります。

 「・・・・・・・・・釣れん、反応もない。」。この日は前の日までずっと雨模様で、水量が少し増えています。しかも、水温はちゃんと計りませんでしたが、かなり低くなっているようです。そんな言い訳をしなければならないほど、まったく反応なし。瀬の中ではもちろん、水深のある場所では魚が見えているにもかかわらず、水面までの1mを泳ぎ上がってくるやつがいません。やっと、水深が浅くて流れの緩い場所に魚を見つけたと思ったら、ウグイの軍団だったりする始末・・・。こりゃ、日が差してくるまで駄目だ。

 そんなこんなで時間だけが過ぎてゆき「このままでは・・・」と思った我々は、私の提案で少し下まで歩いたところにある3段プールへ。1人だけ釣り人がいましたが、下のプールは開いていたので、「それじゃぁ、上半分と下半分に分かれて・・・あ、ライズしてる!」。それほど大きくはなさそうなんですが「ヤマメが2,3匹・・・いや、3,4匹・・・いや、あの、対岸の際でもライズしてるし、かなりいますね」と、すっかり釣れたつもり。このプールは「はまっちゃいけないプール」らしいですが、それでも、これだけライズしていると、やる気も出ます。

 2人とも、釣りやすそうな魚からチャレンジ。私の最初のフライは#14のパラシュート・・・当然駄目。1投目には見に来ましたが「ぷいっ!」。2投目以降は見にも来ません。「こりゃ、かなりすれてるわ・・・」。

 この後、フライ交換を繰り返しますが、さして状況変わらず。最初に目に入ったときだけフライを見にくるんですが、その後はどんなに丁寧にドリフトしようがなんだろうが、ほとんど無視。毎日、どれだけフライを見せられているかがよくわかります。忍野のヤマメみたいだ。

 7,8回フライを交換しているうちに、とりあえず淡い色より濃い目の色の方が反応がよいことだけわかりました。黒のクリップルダンには口を使ってくれたんですが、合わせそこない。もしかしたら、ぎりぎりの直前で見切って口には入れなかったのかもしれません。その辺を飛んでいる虫を観察するんですが、ものすごい小ささのミッジとオドリバエ(?)のようなものが少し、あとは、カワゲラだのカディスだのがちらほら。ライズはかなり頻繁に、しかも積極的に捕食しているので、何かがかなりの量流下しているのは間違いないようなんですが、いくら目を凝らしても何も見えず。

 Nympさんのほうもフライをとっかえひっかえしていますが、状況は同じようです。やはり色が重要な要素であるようで、濃色系のフライでは何回か水面まで出したんですが、ことごとくフッキングせず。魚が目の前に見えていて、しかもひっきりなしにライズしているんですから「なんでじゃぁ〜」という感じです。そのまま、フライパッチがいっぱいになるまでフライ交換地獄へ・・・

 しばらくしてもう一つわかったのは、フライパターンが水中部分の大きいものだと、かなり興味は引くものの最後の最後でくわえない様子(あわせそこないが、このパターン?)。で、水面べったりタイプはあからさまに嫌われる、下手すると1投目でも見にこない。で、スタンダードやソラックスダンのようなある程度高く浮くものだと、はっきり見えないためかかなりごまかせているようです。
 で、最後には#16のソラックスダンがやってくれました。カラーは濃い目の赤茶色。プールど真ん中の流心を越えて、対岸の際にある流れでライズしていたやつに、タイミングを計って1m以上ドリフトさせて、それで、やっと食ってくれました。フッキングしたときには、思わず「よぉっしゃぁ〜!!」と叫んでみたりしながら、引き寄せようとすると、これが結構な引き。「おととと・・・」などと言いつつ、ちゃんと、ネットに収まりました。

 きちんと計っていませんが、8寸クラスの文句ないヤマメ。フックを外そうとすると・・・「あれ?何でフライが2個あるの?」。ミッジサイズのニンフとティペットが30cmほど、おまけで魚についていました。前回もえさ釣りの針をつけたままの魚を釣りましたし、針が刺さっていること自体はそれほど大きなダメージではないんですね。

 さて、釣られたヤマメ君は気の毒ですがストマックポンプの餌食。魚を傷つけるのでなるべく避けたいところですが、今回は何ぼなんでも答え合わせをさせてほしい。膨れたおなかにポンプを突っ込んで・・・あれ、うまく出ない・・・おや?それほど食っていなかったのか、思ったほど大量に出てきはしませんでした。それでもとりあえず吸い取って、ヤマメ君は解放。シャーレにあけてみると・・・

 「ミッジ・ミッジ・ミッジ・アリ・アリ・アリ・その他1,2種・・・」ストマックは真っ黒け。しかも、かなりの割合でミッジが入っており、残りはほとんど小さ目のアリンコ。両者とも、ほとんど消化されていないことから見ても、朝方ミッジ・今さっきまでアリンコと言ったところなんでしょう。確かに、黒いフライ・半沈みのフライには悪くない反応があったし、黒いフライをアント(羽蟻ではありませんでした)だと考えると、パラシュート状のハックルと水面上に突き出たポスト部分は違和感があって、それで、いまいちしっかり食わなかったと考えれば・・・じゃ、何で赤茶のソラックスダンで釣れたの?

 相変わらず、魚の考えていることはわからん。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 その後「次のさかなぁ〜」と頑張ろうとしますが、坊主を逃れたことで一気に眠気が・・・「ちょっと、一休みぃ・・・ぐぅ・・・」(記憶断絶)「お〜いぃ、おっきろぉ」Nympさんの声が聞こえてきたのは、それから1,2時間あとだったようです。その間、Nympさんは魚に翻弄されつづけ、さすがに疲れたので車に帰って一休み。

 車に戻ってお昼寝場所まで移動。トイレのついでに川を見てみると・・・「あれ?めちゃくちゃライズしてんじゃん」。今日は人が少なめですが、それでも落ち込みごとに人がいます。対岸の道路から覗き込むと、あっちでもこっちでもライズが・・・でも、それぞれの人は、そのライズを無視するかのようにほかの方向を向いてキャストしてます。きっと、ライズを狙ってキャストしたとたんに反対側でライズ始めるんでしょうね・・・。

 「むぅん、こりゃ、寝てる場合じゃないか?」とも思いましたが、やっぱり眠かったので、おひるねにしました。「ぐぅ・・・(夢の中)・・・おーい、イブニングだよぉ〜・・・(未だ、夢の中)・・・イブニング、終わっちゃうよ〜・・・なにぃっ!」目を覚ましてみると、既に夕方の気配。5時をとっくに回っていました。

 Nympさんは一回私を起こしてから、釣りをしていて、その間にいくつかのライズを仕留めたそうです。いかん、今日まだ1匹しか釣ってないのに・・・。慌てて準備をして、川に下ります。「ライズは・・・ない・・・」一瞬ライズ待ちをしようかとも考えましたが、時間から言って待っている間に釣りの時間が終わる可能性が高い。結局、瀬を歩いて何とかすることにしました。

 とは、言うものの、瀬のほうは50mも行かないところに何人かの釣り人が見えます。1人ぐらいだったら、釣りあがった後の竿抜けも狙いようがありますが、こう、何人もやった後じゃぁ・・・「ばちゃ!」「あれ?出たぞ?」ところが、油断していたのと、ドラグかかっていたのとでフッキングせず。

 その後も、おかしな所から(おかしくないところは、全部、叩かれてしまった後だったんでしょう)ばかり4,5度でましたが、これが、ことごとくフッキングせず。どこも、ガンガンの瀬にある50cm四方のたるみとか、護岸際の出っ張りの裏側とかで、魚が1日中いじめられていたのが良くわかります。結局は、1匹もネットに収められないままゲームセット。

 最後に、先日「ちょっといい話」の時に助けてもらった犬2匹におみやげの犬用ジャーキーをプレゼントして、しばらく遊んだり写真を撮ったりしてから帰ってきました。本日の釣果、ヤマメ1匹なり〜・・・。


ん〜、確かに、厳しくはなっているかも・・・ だぁいすけ


釣行記メインページに戻る