2001年5月5日
2001年度の東北大遠征
第三部「そして最終日」


 お待たせしました。2001年度東北釣行の最終日、本日は東北FPとその周辺の川です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 朝一から、東北道で東北FPへ急行。久しぶりの東北FPは・・・ここにしてはちょっと混雑気味。それでも、東山湖の1/50ぐらいの人手ですから、問題なし。早速、受付を済ませて、小走りで釣り場に向かいます。

 前回までは最低でも#6以上のロッドを持っていっていたんですが、今回はなんとなく#4のロッドで挑戦。但し、#4とは言ってもReviewですから、やわくて魚に引きずられっぱなしになるようなことはありません。このロッドはウエット用に中古で購入して、あんまり使っていなかったので、活躍の場を与えてあげようということです。

 さて、やんまさんとmuroさんは有無を言わせずドライでスタート。「でっかい魚が『がぼぉ』ってドライに出るのが醍醐味でしょぉ〜」などと言っていますが、半分湖の人な私にとっては「すっ、すっ、すっ・・・ごいん!ぎゅ〜〜ん!!」こそ醍醐味。インタミのラインを使って、大き目のマラブーを沈めて引っ張り出します。

 久しぶりのロングキャストで、しかも#4ロッドだとちょっとラインの出がよくない。そういえば、ラインドレッシングもかけてないんだった。釣りはじめて2投目、力なくほどけたループ、ふにゃふにゃと落ちるフライ。しかも、まだフライが水になじんでいないので水面に「ぽこっ」と浮いて・・・『がぼぉ』うぁ、水面ででたぁ!

 何が気に入ったのか、水面で出てしまいました。慌ててあわせると何とかフッキング。サイズはアベレージよりちょい小さ目でしたが、久しぶりの暴力的な虹鱒の引きを堪能。20ft以上ラインが出ているところからだったので、#4用の小さなリールでは、巻き取りも一苦労。手元に引き寄せてからも、もう一暴れ。私の顔に尾びれで水を引っ掛けて、帰っていきました。

 「こりゃ、幸先がいい」と思ったんですが、その後はさっぱり。フライ池は水深が浅いので、ルアー池のほうに移動して、引っ張りの釣りを堪能・・・しようと思ったら、こちらもいまいち。1,2匹追加したところで、ラインをフローティングに換えて、インジケーターをセット。もちろんフライは『必殺フライ』。

 ところが、それでも今ひとつ調子よくはならない。どうも、棚がずれている気はするんですが、浅くしても駄目。それならばと2m近い深さまで落としていっても、今ひとつ反応が上がらない。何匹かは釣れて来て、それなりに楽しませてはくれているんですが、「爆釣ぉ〜」という感じには程遠い・・・。

 そんなことで悩みつつも、なんだかんだで魚を釣っていると、かかった魚は明らかに今までと違う引き。「あ、ブラウンかな?」と思って寄せてみると「おぉ、いわなじゃ〜ん」。

 当然、ここの岩魚は大きい。この時釣れたのも軽く尺オーバーサイズです。しかも、ひれピン。さすがに『尾びれが団扇』とまではいきませんが、もし、渓流でこんなものつれたら、250枚ほど写真をとった上で、近くにいるフライマンに「すいませ〜ん、写真とってもらえますかぁ?」などとお願いして、「むっ」っと来たその人にフレームを外して撮影されてしまったりすることは確実であろうという代物。

 一瞬、「今日の午後はこの辺で釣りするんだから、このまま後ろを流れている渓流に放流してやろうか?」などと黒い考えがよぎりますが、違法放流はよろしくないので断念。しかも、デジカメを持ってきていなかったので写真撮影もなし。

 その後も、ぽつぽつと釣れていたので、楽しんでいました。で、そろそろ10匹を超えるかな?というころに「しゅぼっ!」っと珍しく景気よくインジケーターを引き込むあたり。すかさずあわせると、ずっしりとした感触。「お、こりゃ、本日の記録サイズだな?」。

 ここの魚は2タイプあって、ともかく「ぎゅ、ぎゅい〜ん!」のスピードタイプと「ごぉん、ごごごぉん」のトルクタイプとがいるんですが、これは、後者のほう。と、いっても、決して泳がないわけではなく、ちょっと気を抜くと「ぎょぎょぎょ〜ん!」と(なんか、変な擬音ばっか・・・)持っていかれてしまいます。

 このクラスに持っていかれてしまうとどうしようもなくなるので、ロッドをパタパタしながら、少し耐えます。今回、リーダーがフロロやブレイデットではなくティペットだけフロロなので、結節部分がちょっと不安。あまり無理はせず、かつ、無駄に暴れさせないように・・・「ぱきしぃぃん!」「あぁぁっ!」乾いたいい音がして、急にロッドが軽く・・・「うぁ、やってもた・・・あれ?」何かがおかしい。

 急に軽くなった後に、また、魚の動きが手元に感じられます。「あれ?切れたんじゃないの?あれれ?」と、手元を見てみると・・・。「げぇ!」ロッドのミドルセクションから先がなくなっているではないですか。慌ててラインの先まで目で追ってみると「あ、あった」。ロッドティップがちょうど水面に・・・。ここで、ラインまで切れると、憐れロッドティップは水の中・・・女神様が出てきて、「あなたが落としたのは、このScottのロッドですか、それとも、このSAGEのロッドですか?」なんて言ってくれるならいいけれども、それは難しそうだし・・・

 そりゃもう必死で、でも「まさに、HPネタ」などと考えると、おかしくて仕方が無いので笑いながら、ラインを手繰ります。ともかく、切れたらアウト。でも、走られてもアウト。人間、良くしたもので必死になるとすごい集中力を発揮します。ロッドを使っても大変だった魚の取り込みを見事、手だけでやってのけました。魚は、また走り出さないうちに即リリース。落ち着いて、ロッドを調べてみると・・・

 冒頭に書いたように「中古」だったので、バット側のピースに少し傷がありました。てっきりそこからいっちゃったのかと思っていたら、予想に反してティップ側の傷も何も無かったところから「ポッキリ」いっていました。まぁ、きれいに折れていることといったら・・・「Reviewは折れる」なんて話は聞いたことありましたが、まさか、魚とのやり取りで折れるとは・・・ね。

 その後、あきらめ悪く「スコットの#2は、あちらものの魚を取れるように出来ているから」などと言って、普段渓流で使っているロッドを持ち出しましたが、1匹釣ったところでタイムアップ。しかも、この時点になってやっと深いほうのルアー池は棚が2m50cmぐらいであるということを発見。「うぅ、ここからなのに・・・」と、ちょっとだけ、後悔の残る東北FPになってしまいました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 さて、午後はこの周辺(って言ってもずいぶん走り回りましたが)の水系でチャレンジ。まずは、やんまさんの心当たりの川へ。大き目の川なんですが、入渓点が限られています。わざわざ3人でぎゅうぎゅうにやらなくてもいいだろうと言うことで、最初にmuroさんを解っている入渓点に下ろし、やんまさんと私はもう少し上から・・・と、思ったら、どこからも入渓できず。慌てて下に降りるころには、muroさんから「いきなり、反応ありましたよ〜」と無線で連絡が。

 いよいよあせりまくって、下流側で見つけた入渓点に車をとめて入渓。いきなり最初のプールに魚影を発見しました。「おぉ、これはこの川正解か?!」「・・・ん?あれ、やんまさん、あの魚って・・・?」「うん、キューちゃんだね」。川幅が広く、日がさんさんと降り注ぐ緩い流れのプールには、お約束通りのウグイ君がいました。ウグイ君は初日に堪能しているので、さっさと上流へ。

 良さげなポイントは数多くあるのですが、魚の反応はなし。しばらく釣りあがりますが、まったく反応無し。「???」と思いつつ、ふと、上流側を見ると、なが〜いえさ竿が見えました。「やんまさ〜ん、すぐ上に先行者がいましたぁ〜・・・」。時と場合によっては餌師の後でも何とかなるんでしょうが、今回はまったく駄目なので、先ほどから「こっちのみ〜ずは、あ〜まいよ」と無線で連絡してくれているmuroさんのほうに移動することにしました。

 muroさんの入ったところに行くと、川幅も広く、周りは広葉樹に囲まれていてぎりぎり道路や家も見えず、悪くない渓相。流れは落ち込みの連続ですが、落ち込み毎にある程度流れている部分があるので、3人で入れ替わり立ち代りポイントを攻めます。muroさんは既に何本か上げていた様子で、やんまさんと私も「がんばらねば」と元気良く攻めると・・・

 それほどすごい本数が出たわけでもないですし、型も、まぁ、ちょっとかわい目でしたが、3人ともポツリポツリと魚を出したので、飽きることもなく「おぉ〜」「あちゃ、失敗したぁ〜」などと騒ぎながら楽しく釣りあがりました。最後には通らずの淵があり、その上はキャンプ場になってしまうので、名残惜しくも道路に上がり、この川はおしまい。入渓点がわかりにくくて、入りづらい区間だけ魚が残っていた感じでした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 で、まだ時間があったので、同じ水系の別の川へ。こちらは先ほどとはうって変わって、集落を抜けた先の小さ目の流れ。竹やぶをかき分けてやっと入渓してみると、目の前の流れを猫が横切っていく・・・もちろん、石づたいに渡っているのですが、あんなもの、初めて見ました。さて、川のほうは周りの山がしっかりしているのか、それなりの流れが延々と続きます。ちょっと、千曲辺りの支流に似た雰囲気もあるのですが、釣りあがるとすぐに落差が出てきて、「落ち込み〜」「よいしょっ!」「キャスト〜」「落ち込み〜」・・・と、結構体力を使う流れになりました。

 ここが、今回最後の川になったのですが、落差が出てきた辺りから急に良くなってきて、3人で頭はねしながら釣り上がって行くと、『ぎりぎり』飽きない程度に魚が出てくれました。3人とも何匹ずつか上げて、何匹かあわせそこなって、でも、今日は午前中の東北FPを含めて良く釣っているので、ニコニコ顔。

 どのままどこまでも同じような渓相で、同じように釣りあがっていけそうだったのですが、暗くなり始めたところでいいかげん体力も尽きたのでおしまい。とりあえず、なんだかんだで満足できた1日でした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

おまけ:その後・・・

 最終日は朝一に仙台を出て、途中で遊ばずに帰りました。朝、7時過ぎにあちらを出たんですが、自宅に着いたのはお昼頃。GW最終日で大渋滞を覚悟していたんですが、ほとんど渋滞らしい渋滞も無くあっさり家まで帰ってきてしまいました。いつもこうなら、東北まで夜討ち朝駆け釣行も出来るのに・・・。

 で、帰ってきてから、近所のスバルディーラーに車を持ちこみました。今回の遠征中に、アクセルの踏み込み方によってパワーが抜ける(多分、4気筒の内、1発死んでる)とか、色々あったので、新車保証継続の手続きも含めて行って来ました。ディーラーでおかしいところを説明して、保証継続のために法定点検を受ける手続きをして、ついでにオプションカタログなんかをかき集めて帰ってきました。

 後日、ディーラーから連絡があり・・・
 ・法定点検終わりました(ま、保証継続料と思えばいいや)。
 ・パワーが抜ける件は、スロットルセンサーと何とかユニットを交換しました。クレーム対応と言うことで、無料です(よしよし)。
 ・ご注文のエンブレムと、センターコンソールの部品、届いてます(お、では、早速着けなくては)。
 ・エンジン付近からの異音の件ですが(あぁ、そう言えば「気になる」って言っておいたんだっけ)、現状問題は無いんですが、気になる音ですので、エンジンを交換しておきます。もちろん、クレーム対応で(うんうん、それならいい・・・「えぇ?!」)。

 驚いたことに、エンジン交換となってしまいました。実費支払いだったらしゃれになりませんが、クレーム対応で無料なのでまぁ、いいですが・・・。中古で購入した−>エンジン交換ってことは・・・ほぼ、新車じゃん。らっき〜・・・と、思う反面、どうも、色々「クレーム対応ってことで」で交換があって、「ほんとは、何があったの?なんか、隠してるでしょ〜?」と言いたい感じ。

 でも、後は保証期間内にミッションに問題が起きてくれれば「クレーム対応で交換・・・」になって、完全に新車に・・・などと、良からぬ事を考えて、今、やっと走行が1000km越えたところ。そろそろ、4500ぐらいまで回してもいいかなぁ・・・。


バケットシートも入りました だぁいすけ


釣行記メインページに戻る