2001年5月4日
2001年度の東北大遠征
第二部「やっと釣れた、けど・・・」


 さて、お話は2日目になります。


 この日は、今回の遠征で一番印象深かった川へ。名前は・・・引き続き、伏せておきます。『月光仮面』と似た名前を持つ水系のS川です。リバーガイド兼魚回収機、やんまさんによると「渓相のいいところ」という評価。で、「もちろん、渓相がいいから、入る人も多くて、釣果が上がるかどうかは不明」ということでしたが・・・。

 朝、早起きして釣り場に向かいます。流れ沿いに林道が走っていて、所々、車がとめられる場所から入渓するパターン。3人いるので、車を走らせながら適当に距離を空けて1人ずつ下ろしていきます。私は車を運転する人なので、1番上まで行って入渓します。

 降りた場所は・・・なるほど、なかなかにいい渓相。狭すぎてロッドが振りにくいとか、ボサが被っていてうっとおしいなんてこともなく、川に下りてしまうと林道も見えなくなるので自然のままのいい感じ。堰堤もなく、ごみも落ちていません。ちょっと、丹沢の辺りを思い出しました。

 で、入渓点からすぐのところで、大きなカーブがあって、結構な深みになってます・・・が、反応なし。その上は、小さな段段が連続して、小さなポイントが連続します。もちろん、私一人でもあることですし、目に付く限り全てのポイントにフライを落としますが・・・反応なし。

 20mほどで、平たい瀬になりました。どこを叩いても魚は出てきそうでもあり、出てこなさそうでもあり・・・。ちょっと一休みで無線を使って他の2人の状況を聞くと、2人とも反応があったようです。いかん、このままでは、また、取り残されてしまう。

 私のすぐ下から入っていたのはmuroさんだったのですが、無線で話していると、いきなり追いついてきてしまいそうな雰囲気。もう少し、間をあけるべきだったかな。「こっちは、車をとめたところからまだ50mも釣り上がってないで・・・来たぁっ!」

 釣りは続けていたのですが、無線で話しながらだったので一回流したポイント(番外編に写真あります)を2回、3回と流した所で、底の方から魚が上がってくるのが見えて、運のいいことに話しながらでは早合わせしてしまうこともなく、見事にフッキング。6寸あるかないかの岩魚でしたが、今回の目標『東北の岩魚をちゃんと釣る』は達成されました。

 「ちゃんと」とは言っても、魚は頭の上を通りすぎたフライを下流に向かって追いかけながら食ったので、あんまり美しいとは言えません。が、他に手にしたことのある東北の岩魚は沈んだドライフライを引っ張ったらくっついていた5,6cmサイズですから、十分満足です。山ほど写真を撮って、しばらく突っついてからリリースしました。

 そんなことをやっていたもので、やんまさんやmuroさんは既に下の区間を釣り終わり「んじゃ、車拾って上に回るね〜」と、上流へ向かいました。私は、引き続き自分の担当区間を釣りあがります。相変わらず、2人とも釣りあがりが早いなぁ。

 で、そのまま上に。しばらくは、特に反応なし。一時的に川幅がぐっと広くなり、その代わり瀬が浅くなりすぎて、どうもわざわざ魚が居着きそうな場所でもない。さすがに流せるポイントも少ないので、ちょっとだけペースアップ。「そろそろ結構上がったかなぁ、下手すると、前の2人に追いついちゃうんじゃないかなぁ」などと思って、振り返ってみると、先ほど釣れたポイントがまだ見えてました。全然ペースアップしてないじゃん。

 その後、今度は川幅が少し狭まってきて、「これなら」と思えるような渓相になってきました。ほとんどまったいらな瀬ではあるものの、水深がちょうどいい具合で、今度は千曲の支流のいいところみたい。ちょっと慎重になってフライを落としていきます。

 そのころ、1番上に入ったmuroさんから無線で連絡が入ったんですが、何やら怪しげな様子。「はぁ、はぁ、そ、そっちはどんな感じで・・・すか?はぁ、はぁ・・・」muroさんなにをしながら無線で話してるんだ?

 「はぁ、こっちは、なんか、札掛の最上流のすごいやつみたいです。だぁいすけさんが、好きそうな感じ。はぁ、はぁ。」なんか、muroさんの辺りまで登ると、えらいことになっているようです。大石と落ち込みの連続で、しかも、巻き道を使わないと、越えられないみたい。「うぅ、そりゃ、面白そうだ・・・けど、今居るここもよさそうだし・・・」

 そんな話のあと、左岸(左岸は常に下流に向かって左側!・・・のはず)に良さげなポイントが。小さ目の沈み石で水面が少し泡立って、そのまま、まっすぐ流れ落ちています。少し、底がえぐれているようで、水深なんかもいい感じ。・・・でも、今回、こんな素直なポイントには全然魚いないんだよな・・・と、思いつつも、慎重にキャスト。上手いこと落ちた。「もよん」。

 これまた上手いこと、魚が出てくれました。最近「早すぎるよぉ」が少し改善されたあわせで、しっかりとフッキング。「・・・げ、重たい」。どうやら、なかなかいいサイズのようです。その瞬間、頭の中はパニックで「あぁ、こういう魚、また、ばらしたりするんだろうなぁ。昨日の朝の魚もばらしたしなぁ。そんで、また、釣行記に『あぁぁぁぁ・・・』とか書いたりするんだろうなぁ」などと、HPのネタのことばかり考えているうちに、いつのまにか魚はネットに納まりました。「おぉ、なんか、普通のサイズだ」

 ここ最近、釣った岩魚といえば千曲のいいサイズ(自慢)やら、D川のいいサイズで(これも、自慢)、その前は・・・札掛(これは、自慢にならないな)みたいな状況だったので、みんなそれなりに大きな魚でした。で、さっき釣ったばかりの魚はミニサイズ。今目の前に居るのは『普通サイズ』。「ふにゃっ」っとしてネットの中に収まっていても、7寸は越えてますから、大満足。しかも、#12の大ぶりなパラシュートを完全に飲み込んでました。いやぁ、これは魚が偉い。食べるのが上手なんだか、たまたま上手いところに流れたんだか・・・。

 そのころ、muroさんは「体力の限界を感じるので、引退します」と既に川から上がっており(本気ですごい所だったらしい)、やんまさんも自分の区間を釣り終わってました。「あんまり反応よろしくないから、移動するよ〜」とのこと。あらら、muroさんを拒絶した『札掛のすごい版』見たかったな。

 私が2人が待っているところまで追いつくと、目の前には大石と倒木が絡まった落ち込みが・・・「ごめんなさい、もうちょっと待ってください」と言いつつ、フライをニンフに結び替えてインジケーターをつけて、落ち込みの真下へ・・・出ない。んじゃ、手前側の深みへ・・・「ついっ!」っとインジケーターが走って、反射的にあわせると、お魚さんの感触。5寸に満たないぐらいのかわいいのが釣れてきました。ニンフでも気持ちよく釣れたので、満足。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 次に移動した先は・・・何川だっけ?名前忘れてしまいました。・・・なんでかって言うと、他の2人はばしばし釣っているのに、私は・・・しかも、最初のうちはヤマメばかりだったので良かったんですが、無線機から「いわな出たよ〜」なんて聞こえてくるに至って、「いかんっ!せっかく午前中のいい気持ちが、このままでわぁっ!」・・・。

 ここもかなり長い区間があったので、3人でそれぞれ分かれて釣りました。最初の区間は・・・無反応。どうも、他に釣り人が入っていたのか、単に腕の問題なのか、入った場所によって反応のあるところとない所が大きく分かれたようです。ま、私は反応のある区間に入っても、なぜが「びっちゃ〜ん」「ぼっちゃ〜ん」とお魚さんが横っ飛びに出てくるので、フッキングの「フ」の字も無し・・・。ん〜、やっぱ、流すレーンを間違っているのかなぁ・・・?

 最後には2人を待たせて(2人はすっかり満足してたらしい・・・)私だけ、しばらく粘りましたが、またしても「びょよよ〜ん」と横っ飛びに出られて、ノックアウト。ニンフを落としてみたりしつつ、川から上がるポイントがわからずに、入渓点まで戻ってみたりしてました・・・。

 で、いざ帰ろうという段になって「そういえば、さっき転回するとき、道端の石にバンパーぶつけたんだよな・・・傷ついちゃったかな?」と車の後ろを見ていたら、muroさんが「あれ?マフラーって最初からこの方向に出てた?」

 「げげーん!」バンパーはマフラーの出口のところに少しくぼみがあるんですが、そのくぼみとマフラーの位置が15cmぐらいずれている・・・そういえば、車の下から「ガラガラガラ・・・」と、車の振動に合わせて金属部分が接触する音もしている・・・ぶつけたのは、バンパーじゃなくってマフラーだったのね・・・

 さすがにその場でマフラーをひん曲げるわけにも行かず、とりあえずは接触して音を立てている部分を「おりゃっ!」っとひん曲げ『力で解決』。排気漏れをしているような様子も無いので「これで問題な−し!」と、仙台に向かって走り出したのでした・・・。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 後日譚:マフラーは出口から縦方向に押されたおかげで、リアピースの曲がり部分を中心に結構なことになっていました。仕方がないので、溶接がはがれない程度に、お掃除モップをつっこんでひん曲げましたとさ。


まずは、目標達成 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る