2001年5月3日その2
2001年度の東北大遠征
第一部第2章「意地でも釣ってやる」



 え〜と、2日目の話をはじめる前に。1日目の話で、大事なイベントをひとつ書き漏らしていました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


 夕方、「安全確実」と思っていたT川に裏切られた後、イブニングを少しでも可能性のある川ですごすため、我々は、同じ水系の別の支流K川に移動。ここも、T川と同じような雰囲気で、集落のちょっと上、忘れられた流れという感じ。時間もないので、3人で適当に追い越しあいながら、釣り上がりました。

 が、反応なし。しばらく釣り上がっても、よさげなポイントはあるものの反応はなし。すぐに、小さな堰堤に突き当たってしまいました。堰堤下の深みに期待を寄せますが・・・だめ。で、その堰堤を越えると、すぐ上にまた小さな堰堤。堰堤と堰堤の間は、深いとろ場になっています。いわな・やまめの雰囲気ではなく、いかにもウグイが出てきそう。でも、まだ季節が早いし、慎重に狙うかな・・・などと思っていると・・・

 「ぱしゃっ!」っとライズ発見。でも、ちょっと小さそう。いやでも、今日はまだ、魚見てないし・・・「ばっちゃん!」お、今のはいいサイズ!しかも、ちらっと、オレンジ色のおなかが見えた!「いわなじゃ〜ん」

 ちょっと観察してみると、ライズの主は5,6匹はいるようで、しかも、ひっきりなし。こりゃ、もう、もらったも同然。ライズの対象はわかりませんが、まぁ、これだけ無防備にライズしてれば、何とでもなるでしょう。

 釣りあがりに使っていたパラシュート・・・駄目。サイズを落としてソラックスダン・・・駄目。この辺で頭の中は「??」だったのですが、ライズはいよいよ激しくなってきているので、サイズを落とし・・・あ、ミッジの入ったボックス、置いてきちゃった。

 まさか、東北でミッジが必要になるとも思っていなかったので、ボックスごと置いてきてしまったのでした。これだけ投げて反応しないとなると、後はサイズが違ってるとしか・・・そういえば、ユスリカらしきものもハッチしてます。どうしよう・・・?

 そんなことをしているうちに、やんまさんが追いついてきました。「ライズですよ、ライズばしばし!」「おっ、ほんとだ・・・けど、ちっちゃいよ」「いや、でかいのもライズしてるんですよ、ほら!今のやつ!」「おぉ、確かに」などと話しつつ、今度は2人してライズを攻めます・・・が、2人とも相手にされない。

 しかも、しばらくするとやんまさんが、不吉な一言「これ、ウグイじゃない?」

 そんな、いや、まさか・・・でも、さっきイワナだと思ったのは、オレンジ色のおなかが見えたからで、でも、そう言われれば、いくら何でもオレンジ色が強すぎるような気も・・・一瞬迷いましたが「ともかく、私の目の前でライズを続けているのが気にくわん。しかも、フライ無視するし!」ってことで、諦めずにフライをとっかえひっかえやっている内に、muroさんも追いついてきました。

 muroさんは観戦に回り、やんまさんは上に行ってしまったので、私一人で翻弄され続けます。「こうなったら、沈めてやるぅ!」素早くインジケーターを取りだして、フライをビーズ付きのフェザントテールに変更。流れ込みから、ライズを直撃するように流して・・・「こつん!」

 「うがっ!」っと合わせますが、インジケーターに出るあたりが異常に小さい・・・っていうか、短い。ここに来て、私の中でも「こりゃ、ヤマメやイワナじゃないな・・・」と、不安が確信に変わります。それでも、ともかく正体をはっきりさせるべく、さらに2投、3投・・・「こつ」「うりゃっ!」何とかフッキングさせたものの、3秒でリリース。が、私のロッドがミドルセクションまで曲がるような引き。「ありゃぁ〜、今のはデカかったっす」すっかり傍観者になっているmuroさんにご報告。

 で、結局、そのまた2,3投後に適当にタイミングを合わせてフッキングさせました。フッキング直後「ぐぐっ」っと引き込んで、後は引きずられるように上がってきたのは・・・銀色で口が下を向いているイワナ。まぁ、地方によっては『きゅーちゃん』とか『う』とか呼ぶかもしれないな・・・(本気にしないように、釣れたのは思いっきりうぐい君です)。

 釣れた魚は、笑いながらmuroさんに見せて、あまりに面白いのでHPのネタ用に写真を撮ってリリース。「頼むから、ライズしないでくれぇ・・・」と言い聞かせて。

 そうして、今度は本当に1日目の幕が閉じたのでありました・・・


ウグイだって、1匹は1匹 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る