2001年5月3日
2001年度の東北大遠征
第一部「朝一がぁ・・・」


 さて、例年どおり今年もGWに東北方面に行ってまいりました。今回から、2,3回にわけて、総走行距離1500km超・総経費30k円超・総時間100時間超・釣った魚の総数?のご報告をさせていただきたいと思います。

 今年の日程は、紆余曲折の末5/2から5/6まで。2日の午前中に自宅を出て、浦和でmuroさんと合流。muroさんの車をやんまさんの駐車場に入れて、私の車に乗って出発。やんまさんは既に自分の車で、仙台にいますので、2人で後を追いかける形です。

 実はこの前日の夜、自分の車のメンテナンス(今ごろ、スタッドレスをヤフーオークションで買ったタイヤに組替えて、オイルを交換して・・・)をするために、私は夜遅く・・・正確には朝早くまで作業をしていたので、夕方ぐらいにゆっくり出発しようかと思っていたのですが、前日やんまさんに予定の確認の電話をすると、「早く来れば、イブニングに間に合うよぉ〜」とそそのかされて、気が付くと午前中に家を出ていたのでした。

 で、東北道をひた走ろうと、とりあえずは外環浦和から乗って高速道をひたはし・・・ろうとしたら、1箇所しかない分岐を曲がりそこない。いきなり道を間違えて、草加まで・・・で、いったん外環を降りて、反対側で乗りなおし。いきなり道を間違えて始まるあたり、今回の釣行にもはや、暗雲が・・・

 で、その後は、私のフォレスタ君ではじめてのロングドライブ。東北道を走る距離は300kmちょいだったので、一気に半分まで走ってmuroさんと交代。muroさんも一気に走りきって、あっという間に国見のSAへ。ここで、やんまさんと連絡をとって、今日のイブニングを決行することに。待ち合わせ場所へ走ります。

 そういえば、浦和からこっち、ずっと雨が降っています。よくぞまぁ、毎回毎回、これだけ天気が崩れるもんだ。今まで、雨の降っていない東北道下りを走ったことがあるんだろうか・・・?ま、それでも今回は、たいした振りでもないので、釣りが出来なくなるほどではないでしょう。・・・と、思っていたのですが、後で判明したところによると、この時低気圧だけでなく寒波をいっしょに引き連れていったみたいです。おかげで東北は寒かった。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


 さて、この日入ったのは名もなき小河川(いや、本当はあるでしょうが・・・)。名前は忘れてしまいました。高速のインターからも、国道からもすぐそばで、規模も小さいし、水量も少ない。誰もここで釣りをしようとは思わないでしょう・・・が、我々は違う!ここに魚がいるということは、既に調査済み。しかも、実績あり。300kmオーバーの距離をひた走り、「いやどうも、おつかれ〜」で一休みすることもなく、全員が大急ぎでウエーダー装着。「暗くなるまで時間がなぁい!」と叫びつつ、川へと突入。

 「あれ?水ないぞ?」浅いとは聞いていましたが、こりゃ、何ぼなんでも・・・。ほとんどが、水深10cmも無いような浅瀬。所々にあるほんのちょっとした深みがポイントということのようで・・・しかも、ちょっと濁り気味?

 実は、行きの車の中でmuroさんに「どうも、今日のイブニングで今回の遠征最高の魚を釣って、あとは、何事もなく終わる気がするっ!今までのパターンから言って、間違いない!」などと言っていたのですが・・・。えっと、あえなく撃沈しました。あんまりにも水量が少なかったのが敗因かな。まぁ、本当は予定に入っていないおまけの川でしたから、こんなもんでしょう。


 さて、夜は仙台で泊まって次の日。まずは小国川支流を攻めます。入渓点の川原に車を下ろし、ウエーダーを履く前にちょっと様子見。特に反応は無く、判断に悩みましたが、川を目の前にしていたら我慢が利くはずも無く、そそくさとウエーダーを履いて・・・出発するのはやんまさんとmuroさん。私は相変わらず出遅れて、2人の後を追いかけます。

 渓相はなかなか。車を止めた場所はいかにも集落の外れな感じで、真っ白な護岸やらコンクリートの橋やらが見えていましたが、ちょっと上がったら森の中を一段下がって流れていて、それなりにいい雰囲気、岩魚が出そう。

 遠くに見えるmuroさんとやんまさんの後ろを追いかけますが、ただでさえ釣り上がりが遅いのに、送れてスタートしては追いつけるはずもなし。で、ちょっと行ったところで、川が2股に分かれていました。それぞれの流れの間にある岸は川から2mほどの高さがあって、先を見通すことは出来ませんが、明らかに左手が本流で右手は支流。2人を追いかけてすぐに左手の流れにいこうかと思ったんですが、「支流側に入って手付かずのポイントを・・・」と、頭の上に浮かんでいる小人さんが語りかけてきたので、右手の流れに。

 規模は小さいのですが、水量はそれなりにしっかりしており「これならいけるかも」と、釣上がること約5分。「どう考えても、上流側で本流と合流する流れじゃない・・・」てっきり、分流のようなもので、少し上でもう一度合流すると思っていたのですが、気が付けば本流筋とはほぼ180度違う方向に流れていました。こうなると根性の無い私は怖くなってきて、大慌てで2人のもとへ走っていきました。

 やっと追いつくと、2人も魚の反応は無い様子。「駄目ですかねぇ」などと話しているうちに、左右が護岸で水深も全然無い平たい瀬に出てしまいました。さすがにフライを落とすような場所もなし。仕方なく、先に見えている堰堤までじゃばじゃばと歩いていきます。

 堰堤下まできて、ちょっとしたプールになっていたので、ずっと後ろだった(本当は、遅れていただけ)ということで、私がやらせてもらうことに。下側が全部魚の居付けないような場所ですから、この深みは期待がかかります。

 ・・・が、期待だけかけさせておいて、結局そのポイントはスカ。堰堤は右半分が魚道のように階段式になっていたので、2人はそちらから堰堤の上に。私は、一応左側の堰堤直下の深みを狙いますが、手前にテトラが一列になって頭を出しているため、ちょっと釣りにくい。でも、魚がついていそうなのは、テトラの下だと思ったので、ぎりぎりにキャスト。

 フライは、テトラの向こう側を見え隠れしながら流れて・・・反応なし。ピックアップしようとしたら、ティペットがテトラに引っかかる始末、めんどくさいので、そのまま引っ張る・・・「ざば!」その瞬間、引き上げられるフライを追いかけるかのように、岩魚さまがおいでになりました。完全に頭が見えたんですが、「えぇっ?!」というような・・・いいサイズ・・・だったと思います・・・。

 空中のフライをひったくった岩魚さまは、一瞬フッキングしましたが・・・もともと、テトラに引っかかっている部分が外れず、あっという間にばれてしまいました・・・。あぁぁぁ・・・・なんで、なんでぇ・・・

 へたり込む私はずいぶんと大きな声で叫んでいたようで、既に堰堤の上で上流側をどうするか相談しているほかの2人はこっちを振り向いて「やってしまいよったな?」という顔でにんまり。でっかかったんだよぉ・・・。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


 この日は、この後庄内の方を回ったんですが、釣果なし。いつも何とかしてくれるT川も何故か今一つ。昨年最後の最後に8寸ヤマメ連ちゃんとかしたから、その印象が強すぎるのかもしれないですね。それにしても、反応薄かったかな?ま、やんまさんとかmuroさんはしっかり釣ってましたが。

 この日は他に取り立てて書くべき事もないし・・・。庄内の方の川の様子・・・?ん〜、やっぱり取り立てて書くほどでも・・・。強いて言うなら、こちらのGW前後って言うのは、雪代なんかより田植えとの戦いになるんですね。田んぼに水を入れ始めてしまうと、田んぼから溢れ出す濁った水ですぐ濁っちゃうし、いつ、どこで始まるのか何の情報もないぶん、雪代より恐ろしいかも。

 やっぱり、朝一の川でのイワナは釣っておかないといけない魚だったんですねぁ・・・。


 傷心の旅人 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る