2001年4月21日
千曲本流好調続行中

 さて、久しぶりの千曲です。本流、川上村です。昨シーズンは釣行回数は少なかったですが、行くたびにいい思いが出来ました。今シーズンはいかがなものでしょうか?

 お決まりの通り、金曜の夜に自宅を出て、ナビまかせにひた走り・・・いつもとずいぶんルートが違うけど、まぁ、ナビが計算したルートの方が、方向音痴の私の知っているルートよりはいいんだろうし。どうせ夜中だから、渋滞があるわけでもなし。のんびり行きましょう・・・って、なんで、八王子なんだ?!しかも、中央高速の八王寺インターもとっくに通りすぎちゃってるじゃん?!

 ここにきてやっとナビの検索したルートを調べてみると・・・あらら、「全部下みち」モードになってるでやんの。いったいどこに連れていかれるやら。慌てて、検索しなおし。結局、かなり遠回りをして中央高速に乗りました。

 「よーし、ここからかっ飛ばして・・・」オービスにでもやられたらしゃれにならないので、「ちょっと早め」ぐらいのペースで走っていきます。須玉で高速を降りて、R141を寝ぼけながら走り、やっとのことで野辺山を越えて川上村に入ったときには、既に2時過ぎ。それでも、以前に比べたら、結構早く着いたかな?さすがに、ハイオクガソリンぶちまけて走る車だけはあり。偉い、偉い。

 まだまだ夜明けには時間があるので、車の中で一眠り。いつものようにシュラフを出して・・・って、あれ?シュラフがない!あるのは、薄っぺらいフリースの毛布だけ。しかも、車から出てはじめて気がつきましたが、外は寒い。いくらなんでも寒すぎる。車の温度計で外気温をみると・・・なんと、0℃。後日判明したところによると、この日は全国的にものすごい『寒の戻り』で、寒かったみたいですね。

 エンジンをかけて寝るのはいやなので「まぁ、着込んで眠れば大丈夫でしょう」と、無謀にもそのまま就寝。・・・朝方、死にそうになって目がさめました。

 さて、相変わらず、釣りの話まで入るのが長い釣行記ですが、やっと、釣り開始です。今年は年券を持っていないので、駅前まで行って日釣り券を購入し、男橋あたりから川をチェック。・・・とりあえずは、人が多い。ここまできて混雑する中というのもつまらないので、どんどん上流へ。

 結局、体育館前で車をとめて、ウエーダーを履き、適当に空いているその辺で釣り開始。とは言っても、めぼしいプールには既に人が張り付いています。キャストを繰り返しているのでライズ待ちでもなさそうで、しかも、釣れてない。気温も低いし、これは、今日はやばいかな?

 人がいなくて、かつ、プールがだめそうだとなれば、後は瀬に出るしかありません。って訳で、少し下流の瀬に入って釣り下り。どうせ、釣れる区間も短いので、例によって絨毯爆撃のようにフライを落としていきます。

 釣り下り始めてすぐ、取水口があって流れが深くなっているところ、周りは轟々と流れていて、そこだけほんの少し流れが緩くなっている所で、横っ飛びに出てきたやつが一匹。「変な出かたしたし、流心をまたいで、引き寄せるのは無理かな?」と思ったら、案外簡単にネットに収まりました。ま、小指サイズではないので、十分OK。これで、今日もぼうずはなくなりましたし。

 その後は、本当に浅い瀬になって、少しでも水深のあるところから順番にフライを落としていきます。・・・2匹ほど釣れましたが、出てきたのは訳のわからないところ。いかにも魚のついていそうな深みでは反応がなくて、普通だったら、ちょっと流さないようなところからばかり。こりゃ、既に誰か叩いていった後ですな。

 で、この時間帯のクライマックスは、瀬を抜けて下のプールに入る直前に来ました。ぐずぐずとしている間に結構時間が経っていたようで、魚の活性にも変化が。よく見ると、瀬の中でも、そこかしこでライズが・・・こりゃ、大変だ。

 ライズにフライを流しても、反応が今ひとつなので、おそらく、ライズの対象とフライはずれているんでしょうが、瀬の中では虫を探すわけにもいかないので、ともかくちゃんと流れるように・・・でた。あ、また出た。あれ、どんどん出た。

 決して大きくはないですが、一応『幼児虐待』と言われないですむサイズが立て続けに出て、出て・・・半分以上、とり損ない。フライをくわえる直前で、「んだよ、違うじゃん!」と引き返していく魚もいるし、こりゃ、さすがにフライが違いすぎるのか・・・

 これ以上の取りこぼしは、muroさん化(?)する恐れがあったので、フライを変えることに。でも、どっちにしろ何がハッチしているかは不明だし、上のプールまで見に行く時間もないし、今日は寒くて、季節が一ヶ月ぐらい前の感じだし・・・ガガンボか?

 じっちゃんの名にかけたすばらしい推理(所要時間15秒)の末、ガガンボに決め付けることに。で、私は瀬の中で使えるようなガガンボのパターンは持っていないので(持ってるのは、全部CDC)、黄色のソラックスダンを使うことにしました。

 結びかえて、最初に狙ったのは、瀬のど真ん中に石でせき止められて出来た深み。流れもほどほどになっているし、いい感じ。で、フライを落として、落ち込みぎりぎりまで・・・「うぅ、もうドラグかかっちゃうな」という時になって、落ち込みを作っている石の下から「ぬぅっ」っと・・・「ぱく」

 もう、今までのものとは、大きさが違う。脳みそは「あわせのタイミングを遅くしてやんないと!」って言っているんですが、だぁいすけの体<右腕支部>は、本部の決定など無視して暴走。フッキングしたんですが、そのまま魚が落ち込みの下に落ちたところで、あえなくバラシ・・・「で、でっかかったのにぃ・・・」

 しばらく、へたり込んでいましたが、「まぁ、これで、今日の釣行記も面白いことが書けるさ」と開き直って、それでも、今の反応からしてフライは間違っていなさそうだったので、同じポイントで「柳の下のドジョウ」狙い。うまくすれば、2番手の魚が・・・出た!

 今度は、落ち着いてちゃんとフッキング。サイズもまぁまぁ・・・って言うか、でかい?お祈りの言葉を口にしながら、何とかネットに収めました。放流の面影が残る魚体でしたが、それでも、かなりいいサイズ。今まで千曲での記録サイズは26,7のはずですから、尺は逃したものの記録サイズ。やはり、昨年から千曲本流とはかなり、相性がよろしいようで・・・

 クライマックスを迎えて、いつもの釣行記はこの辺で終わるのですが、今回はエピローグを少々。この後、その下のプールが空いていたので「もしかして、ライズバシバシの釣りが出来るかな?」とよからぬ事を考えました。ライズを散らしてしまってはいけないので、一回下流側に回り込んでから、対岸に渡って見ると、なんと、ほんとにライズがバシバシ。

 メインのライズは、プールの流れ込み脇、巻き返しになっているところで起こっていました。対象物は・・・山ほど流れている帆掛け船。気持ち、#16より小さいかな?と言うぐらいの、ダンカラーのウイングが、一杯流れていて、しかも、それが端から食われている。こっちも「大変だ!」でしたが、魚の方は魚の方で「大変だ!」らしく、ともかくひっきりなしにライズしています。これだけライズがあれば、楽勝じゃぁ〜

 最初は、「瀬の中の魚も、こいつで釣れたし」と、結んだままのフライをライズめがけて落としました。流心の手前にある巻き返しに向かって投げていますから、流すのも比較的らくちん。ラインは岸に落として、リーダーから先だけ流れに落として、フライはライズ地点へと流れて・・・・ライズ地点を通り過ぎました。

 「あれ?全く反応なし?」と、もうワンキャスト。同じところにフライが流れて、今度こそ・・・「でたっ!」・・・のは、フライの横の本物に対してでした。「さすがにこれだけ本物が流れていると、セレクティブになるのかな?」と、いきなりCDCのパターンに変更。ともかく目立つのはダンカラーのウイングでしたが、さすがにボディまではどんな感じか見えません。「まぁ、とりあえず、サイズとウイングの感じを合わせれば、あれだけライズしまくってる連中相手なら・・・」と、それっぽいパターンを選択。

 先ほどと同じところにキャストしてみると、既に、私には本物とフライの見分けも付かないぐらい(大げさな・・・)。フライは、またもライズに向かって本物と一緒に流れていきます・・・「ぱく」・・・っと、横の本物が・・・

 「しまった、本物と並べて流したら負けちゃうんだ!」と、今度はライズのタイミングと、流れていく本物がいいタイミングになるのを待って「今度こそ!」とキャスト・・・「あれ、ライズ止まったぞ?」叩きすぎたかと心配していると、すぐに本物に対してダブルでライズ。いったい何匹があの下で泳ぎ回っているのか、ドキドキしながら想像しつつ、再度、フライ交換。今度は、少し下がって流れているメイフライを捕まえてからフライを選択します。

 流れていたのは、ダンカラーのウイングに赤茶色のボディを持ったメイフライでした。「なるほど、この、ボディカラーが問題だったのか」と、それらしいパターンを・・・あったあった。まさに、注文通りの物がありました。いつ巻いたのか解りませんが、ずいぶん沢山あるので、きっと以前同じような状況で悔しい思いをして、家に帰って泣きながら巻いたんでしょう。私にしては、気合いの入ったパターンです。

 これでもう釣れたも同然。ここに来てキャストミスで魚を散らしてしまったとか、ドラグがかかって会わせ損なったとか、そう言う「おち」を付けないように、慎重にキャスト。プレゼンテーションがちょっとずれたので、弱めのメンディングでフライの位置をずらし、フライはライズの嵐のど真ん中・・・を、またも何事もなく通過・・・

 パターンは合っているはずですし、ライズの対象も間違ってはいなさそう。見ている内にもどんどん帆掛け船が消えていきます。「・・・と、すると問題は流し方だな?」と、本物の流れ方を観察しますが・・・「さっき、フライを流したところだよなぁ・・・?」

 「んじゃ、ドラグがかかってったんだ」と、今度は、ライズ地点までもう少し近くにフライを落とし、再挑戦・・・敗退。「もっと近くから」・・・だめ。「んじゃ、ライズ直撃」・・・ライズ停止、でも、フライをピックアップしたら再開・・・。

 最大3カ所でほぼ同時にライズが起こっていますから、少なくともやる気のある魚が3匹居ることは間違いない。ライズの間隔も10秒以下です。ハッチも継続中だし、フライのパターンもかなりいい線まであっているはず。水面のダンが目立つけど、実は水面直下のイマージャーが・・・なんてのも、見る限りダンが食われていますから、なさそう。流し方も、最大限気を遣ってみたり、ライズを直撃してみたりしてます。・・・あと、どうしろってんだ?

 結局、気温が低く、日が出ているわけでもなかったのでハッチは1時間もしない内に終わってしまいました。それと同時にライズも終了。今の今まであれほど活気のあった水面が、あっという間に静まりかえってしまいました。結局、あれだけのライズがあって、釣果はゼロ・・・

 この後、ライズのあった地点に行って、残っている虫を見てみましたが・・・『番外編写真館』の方に置いてありますから、見てみてください。何故か、流れ着いているのは黄色いガガンボ(?)・・・写真にはうまく写っていませんが、1/3ぐらいは先ほどのダン。おそらくこいつらは、端から食われてしまったのであまり残っていなかったんでしょう。それとも、実はライズはガガンボに対してだったとか・・・?いや、でも、ダンカラーの帆掛け船が食われてたし・・・。結局、釣れなかった原因は不明。

 今シーズンはまだ忍野に行っていないので、シーズン始まって初めて叩きのめされてしまいました・・・


誰か、釣れなかった原因を推理してやってください だぁいすけ


釣行記メインページに戻る