2001年4月15日
2.7kmで、果てしなく行き違い

 前回の「ちょっといい話」に続きまして、今回は「ちょっと不思議な話」・・・?

 今回もまた、D川C&R区間のお話です。今回は、道の駅で友人と待ち合わせ、一応私が案内する約束になっています。で、当日の朝、5時台に家を出ました。本当は前夜泊のつもりでしたが、ちょっと疲れていたので家で死んでいて、当日の朝出発です。

 友人は既に現地入りしているらしく、私と同じでドコモではない携帯なので、連絡はつかず。でもまぁ、家を出るのが5時台なら、あっちが起きてすぐぐらいには現地に到着できるでしょう・・・と、言うのが甘かった。途中で道を間違えて、道の駅についたころには既に7:30を過ぎていました。

 道の駅に友人の姿はなかったのですが、まぁ、たった2kmちょっとのC&R区間のことですし、車をとめられる場所も限られているので、その辺を探せばすぐに見つかるだろうと探しに行ったら、やっぱりすぐ車が見つかりました。本人の姿はなかったので、私も釣りの準備をして、車に「9時頃まで下流側で釣りしてる。無線の周波数はXXXで・・・」と書き置きを残して目の前の川へ。

 ここは先週「定員オーバー」と書いたところで、下流側で釣りをしていると書き残しては見たものの、入り込む隙がない。それでも、何とか見付けた隙間で釣り開始。

 どうせ流心周りのよさげなポイントは散々叩かれた後なので、2,3回流すだけにして、向こう岸の細かいポイントを狙いました。・・・狙いは良かったんですが、流しにくい。魚はいたんですが、結局フライに出せませんでした。

 しかたなく、今度は流心ど真ん中で、小さな石に挟まれた流れが緩くなるところにフライを流したら、ちらっとフライを追う魚影が見えたので、今度は慎重に流す場所を考えてからキャスト。「ばちゃ!」っと、一発で(?)出てきました。あまり大きくはなかったですが、綺麗な魚で、まずはいい感じでスタート。

 ところが、この後、狙えるポイントがない。下流側は人がみっちり入っていて、川を渡って下流に行くこともかなわない始末。仕方がないので、その辺で釣りをしている人を観察しつつ、車に戻りました。

 友人は、まだ、車に帰ってきては居ない様子で、「今度は上の方に行っている」と書き置きを残して上流側へ。とりあえず、駐車場の目の前から入るとそのまま上には上がれなさそうだったので、少し上の橋まで歩いて、橋の袂にかかっているはしご(誰が、かけたんでしょうね?)を使って川に下りました。

 降りてすぐ、対岸に渡ろうとしてそのまままっすぐ歩いて行ったんですが、2,3歩踏み出すとあら不思議、腿まで水が来てしまうではないですか・・・っていうか、やばいぞ、これ。

 こんなに人の多いところで沈するのも寂しいので、慌ててもとの岸に戻って、仕方なく少し下流まで歩いてから川を渡りました。で、そこから上は人がいっぱいだったので、ずんどこずんどこ上流に向かって、向かって、向かって・・・どこまで行っても人がいっぱい。

 それでも、岸際に大岩があって岸を通っては上に行けず、川に入ろうとすると私でも腰まで沈んでしまうような場所をロッドを持ったまま岩上りして越えると、・・・あれ?まだ、人がいた。仕方なく、もう少し歩くと、大き目のプールが3つ連続しているところで、なぜか、中段のプールが丸々開いていたので、「まぁ、今さっきまで誰かが叩きまくっていたんだろうな」とは思いつつも、比較的静かだったので、ここで少し釣りをしてみることに。

 いきなりフライを落として失敗すると、また、次のポイントを探して歩く羽目になりそうだったので、煙草を吸いながら一休み。「うーん、ここで、ちゃんと様子を見ることが出来るとは、私も成長したもんだ」などと、一人、悦に入りつつ、プールを見ていると・・・あれ?浮いてる魚いるじゃん。

 例のごとく、流心の向こう側、流れの緩い、しかも深くなっているとこの底に溜まっている連中も多かったんですが、よく見ると、今にもライズしそうなぐらい浮き上がっている連中も・・・なんて考えているうちに1つ目のライズ。

 プール中央の流れの筋で、何を対象にしているのかは不明なものの、単発のライズ。他にも浮いている魚が見えていたので、さっさとフライを流したいところをぐっと我慢してもうしばらく観察・・・って言うか、我慢。

 そうこうするうちに、ぐっと手前のほぼ私の目の前でもライズをはじめた魚が・・・これがまた、いいサイズ(に、見えた)。ここで、我慢も限界になり、まずはプール中央の魚を狙ってキャスト。珍しく、うまく流れて、あ、魚が気がついた、寄って来る・・・「ぷいっ!」げ、フライ見切ってやがる。いや、それともドラグか?

 今度はドリフトにめちゃくちゃ気を使って、少し場所を移動して、ちゃんとフライ先行で・・・魚の近くにキャスト。ま、これなら魚の頭上を通るまではドラグもかからない。・・・んでも「ぷいっ!」

 考えてみれば、フライはさっきまで「釣りあがり」をやっていたときに結んでいた、半沈パラシュート。サイズもでかいし、蛍光ピンクのウイングもついている。きっとこれが原因に違いない・・・。で、フライをソラックスダンに変更。流下物なんて気にもしないでフライを選択しているあたりが、私が上手くなれない理由・・・でも、ハッチにマッチしたフライを考えるよりも「このフライなら、間違いあるまい!」って言うほうが、自信を持って釣りが出来るんですよね。その自信が釣果に結びつくことも多い気がするし・・・

 で、結びつきました。1キャスト目はちょっとはずして、魚が気づいたときには、フライは遥か彼方・・・でも、追いかけるそぶりを見せたので、『一回休み』をしてから同じ魚にキャスト・・・「ぱく」あっさりくわえてくれました。まあまあのサイズ、かろうじて7寸・・・に届かず、20cmでした。

 ストマックを取ると、せっかくのフライに対する自信が崩れるので、フライを洗ってそのまま続行。次は、もう少し下の流れにいる魚。ライズはしていませんでしたが、完全に浮いていたので「ま、何とかなるでしょう」と・・・なりました。これはちょっと小さくて、でも、いい感じで連れたので満足。

 で、ここまでやってから、今度は岸に近いほうにいる連中を観察しながら、また、一休み。こっちは、結構すれていそうで、いやな感じのライズばかりしています。「これに、かかわると、せっかくの楽しい気分がなぁ・・・」と思いましたが、よく見ると、上にいる1匹は今までの魚と明らかにサイズが違う。「あれ?あそこに見えていたのが、あれぐらいで、んで、釣ってみたら20cmでしょ?・・・んじゃ、あいつはいったい・・・」なんか、状況が管理釣り場みたいなことが多くて、考えに入ってませんでしたが、そこに見えている魚は自然渓流におけるヤマメとしては『なんじゃこりゃぁ?』サイズ。

 急に頭に血が上って、流下物・・・って言うか、その魚が何を食べているのかを調べようとしましたが、解るはずもなし。「まぁ、フライは自信のあるこの1本で」と早々に決め付け、慎重にタイミングを計ってキャスト。狙った魚が「すっ」と寄ってきて・・・寄ってきて・・・はやく、早くしてくれぇ〜・・・ドラグがかかってアウト。いや、忍野並にいい根性した魚です。

 (フライ交換&休憩時間を4,5回省略)

 やっと、やっとの事で、フライをくわえてくれました。でも、完全に騙し切ったと言うよりは、色々落ちてくるフライに「何だろな、これ?」と興味を持ってくわえた感じ。でも、フッキングさえさせてしまえば、勝ちなので、問題なし。やはり大きく、引きも今までとは違う。「おぉぉ・・・こりゃ、間違いなく記録サイズだ。しまったぁ、デジカメ持ってこなかったなぁ・・・」などと考えつつ、1段下の流れの際まで降りて、取り込みにかかろうとした瞬間・・・「ぽろ〜ん」。

 「あぁぁっ!!!」周りに人が居るにも関わらず、その場でへたり込む私。なんで、よりにもよって、一番いい魚の時にバラスんじゃぁ・・・デジカメの心配なんて、いりませんでした。

 「釣り逃した魚は・・・」のパターンじゃなく、かなり大きいヤマメでした。9寸はあると思われます。ここまでの記述で、場所が特定できる方も多いでしょうから、今度行ったときに見てみてください。流心手前側のたるみと巻き返しの間で、のんびりとしたライズをしているはずです。

 で、この後も何匹か釣果を追加しますが、どれも似たようなパターン。タバコを吸って浮いてくるのを待って、ライズしたら同じレーンにフライを送り込む。ちゃんと流れれば、大体食ってくる。が、一回失敗すると、同じフライには出てこないので、フライを変えて再挑戦。さすがに、これだけ攻められると、すれてくるんですね。っていっても、私で対応できるぐらいですから、まだまだ、楽しめるでしょう。むしろ、ちょうどいいぐらいの難易度になったのかな?

 で、そんなことをやっていると、先ほどから少し上で「ばしゅっ!」っと言う音を立ててライズしている魚が気になり始めました。捕食までの観察の仕方と言い、捕食の際のスピードと言い、スレまくっていることは間違いないので知らんぷりをしていたんですが、調子よく魚が釣れているときに限って、調子に乗ってそう言う魚にチャレンジしたくなるんですよね・・・

 で、しゃがみ込んで魚から目立たないように「あひるさん、あひるさん・・・」などとバカなことを言いながら、そっと魚をのぞき込んでみると・・・やっぱり、スレまくった魚の特徴を示していて、まぁ、結構いいサイズではありましたが、あれを狙うというのも・・・「あれ?げげ、イワナじゃん!」

 居るとは聞いていましたが、そのライズはイワナのものでした。ヤマメが流心脇でのんびりしたライズをしているというのに、こやつは、岸際のあるかないかの流れで「ばしゅっ!ばしゅっ!」っとライズを繰り返しています。「イワナは放流実績がない」と聞いていますので、多分、大昔の放流魚か、管理釣り場からの脱走組か・・・そりゃ、すれてますね。今まで生き残ってきたんだから。

 さて、しかし、イワナ好きの私としては、この魚を狙わないわけにはいきません。ともかく、よく観察。・・・すればするほど、「こんなの、釣れねぇよ・・・」という気分になってきます。でも、それでも、釣らねばなりません。

 まずは、今まで調子の良かったソラックスダン・・・見に来たけど、流し方が悪くてだめ。当然、2度と見に来ません。次は、「イワナだし」と言うことで、ボディにピーコックを使った半沈みパラシュート・・・直前で「ぷいっ!」。んじゃ次は・・・

 結局、#18までサイズを落としたCDCのパターン(3m以上先では見えなくなるような奴)で、くわえさせました。「ばれるなぁ、ばれるなよぉ〜」と呪文を唱えながら、何とかキャッチ。26,7cmのきれいなイワナでした。サイズも美しさも文句なし。

 ・・・ここで、満足していればいいものを、「他に、イワナはいないかな?」などと、その辺の空いている場所をウロウロ・・・で、サイズは少し落ちるものの、もう一匹、見つけてしまいました。もちろん、狙います。

 が、気が付くと、周りに釣り人が増えています・・・っていうか、私の上下5mぐらいのところに、いつの間にか釣り人が寄ってきていました。まぁ、みんな苦労して居るみたいだから、釣れているのを見れば・・・気持ちは分かるものの、ちょっと、自然渓流での近より方じゃない、どっち買って言うと、RS早戸風。少々「むっ!」っとしながらも、ともかく、意識は目の前のイワナに集中。

 で、「さっきの奴がこれで釣れたんだから・・・」と同じフライをキャスト。が、痛恨のドラグ・・・お約束通り、2度とそのフライを見てくれない。で、ここからまた怒濤のフライローテーション。

 あっという間に、出し尽くしました。いい加減、ストックの少ない私のフライボックスでは、太刀打ちできない。最後に、滅多なことでは使わないCDCソラックスダン・田代さんバージョン。なんで、使わないかって言うと、田代さんのパターンブック通りに巻くと、マテリアル(特にCDC)がお高く付くっていうのと、その上、5本か10本に1本ぐらいしかきれいに巻けない(・・・ま、普通の人はそんなことないと思います)ので、きれいに巻けた数少ないフライは、フライボックスの美しいインテリアとして・・・

 で、「これが最後!」とばかりにキャスト。・・・の前に、ティペットを全とっかえしたので、キャストミスをしたくなくて、どんなキャストでどの辺に落ちるかを、別方向に向かってキャストする事で確認。どうせキャストするなら、さっきから流心でうるさくライズしているヤマメに向かって・・・なんて、バカなことを考えたんでしょう、私は・・・

 「こんなもんかな?」とキャストしたふらいは、こんな時に限ってばっちりレーンに乗って・・・「あ、やば」とフライをピックアップしようとしたときには、既にヤマメがフライをくわえていました。で、きれいにフッキング。

 ヤマメはばれることもなく、ネットの中へ。そして、CDCを多用したフライは、完全に「使用後」の状態に・・・はぁ・・・。

 これで、緊張の糸も切れてしまい、しかも、ヤマメをリリースしている内に、下側では沈めたフライの逆引きが始まって、上側では「どぼん!」と投げ込まれたニンフとおっきなインジケーターがイワナの側まで来て、ライズは止まっている始末・・・。時計を見ると、そろそろ友人の車に「戻る」と書き置きしてきた時間。「まぁ、とりあえずはこんなもんでしょう」と、いったん上がることにしました。

 で、少し上流側の橋のたもとから苦労して道に上がり、道路を少し戻って車を止めた場所へ。友人の車は・・・あれ?ないぞ?

 後で、電話して、当日のお互いの動向を照らし合わせてみると、少なくとも2回ぐらいはすれ違っているはずなのに・・・たった、2.7km区間、しかも、同じような場所で釣りをしていて、どうして出会えないもんなんでしょうね?

 この日は、ここまでで大体満足したのと、あんまりにも人が多いので、次に入るポイントを探すのが億劫になり、昼ご飯を食べて、撤収してしまいました。釣果は、イワナが1匹と、ヤマメは・・・5,6匹ぐらいですね。9時近くなってから12時過ぎまでの釣りとしては、なかなかの釣果でしょう。


次回は、イワナに的を絞って挑戦だ! だぁいすけ


釣行記メインページに戻る