2001年4月8日
ピンクの年券

 本来土曜日の天気が悪い予報が出ている(=人出が少ない、はず)内に釣りに出かける予定が、なぜだか日曜日になってしまいました。で、連れもいたので、「あんまり遠くなくて、確実そうで、でも、管理釣り場ではなく・・・D川か?」と今シーズン2回目の自然渓流も前回同様D川のC&R区間になってしまいました。

 道々「う〜ん、桜がすっかり咲きまくっている・・・っていうか、もう、散り始めてる」。「ん!マクドナルドの『何とかリブバーガー』を食べねば!」などと、ちんたらやっているとD川についたのは既に昼少し前、前回も行ったコンビニに行って入漁券と飲み物を購入しましたが、ここで判明した事実が1つ・・・

D川の入漁券は、日釣り券・年券ともにお互いがお互いの区間での釣りはできないんですね。・・・C&R区間の券はC&R区間内でのみ、普通の道志年券はC&R区間以外のみで有効だそうです。てっきり、C&R区間専用券とC&R区間を含む全区間の券があるんだと思ってました。

 んで、そこのコンビニはC&R区間の外にあるので、C&R区間の券は売っていとのことで、「んじゃ、ハイブリッドのとこで買ってこよ」と管理釣り場の受付で年券を購入するというわけのわからない行動に出ました。

 券を買って、まずは釣り人専用駐車場のある場所へ。まぁ、当然のごとく、めいっぱい車が止まっているので車を入れられず。んで、次はもうひとつのちょっと奥まった神社のところにある専用駐車場へ。こっちにはたまたま1台分の空きがあったので、ここでウエーダーをはきます。

 手早く準備をして、目の前の川を見ると・・・こっちは空きがなくめいっぱい。自然渓流としては、ほぼ限界の混雑・・・っていうか、既に限界オーバー。人が移動する隙間を探して、少し釣り下ってみると、何とか人のいない区間が・・・と、思ったら、その部分だけ底にコンクリートが打ってあって、ものすごい勢いで水が流れていました。

 「そりゃ、さすがに、ここで釣りする人もいないわな、魚が定位する場所ないもの」と、思いつつも、ほんの小さなたるみを見つけて『念の為キャスト』。1箇所目は残念賞。2箇所目でフライが流れに巻き込まれたところでなんとなくロッドをあおると、7寸ヤマメがくっついていました。不思議なもので、何か、理由があるわけでもないのに、こういう時ってわかりますよね。

 どうせおかしなところで出た魚なので、同行者に見せて写真を撮ってからストマックは取らずにリリース。次に狙うべきポイントもなくなってしまったので、車に戻って移動することにしました。

 さて、それからが大騒ぎ。今までの場所はC&R区間の一番下のほうだったので、今度は上に・・・と、見せかけて、C&R区間の本当の一番下へ入りました。前回、つ抜けを達成した場所ですね。

 ここはともかく連れに釣らせねばと、一番いい場所を譲りますが、何の反応もない様子。代わって私が(もちろん、しっかりニンフに替えて)やってみますが、それでもだめ。正直言うと、2回ほどの合わせそこないがあって、そんだけ。魚がいなくなっちゃったかな?

 で、今度はC&R区間の最上流へ。もちろん、「ここからC&R区間」の看板下から入ります。いいかげん時間も遅くなってきていたので、これがラストチャンス。川に下りると、なぜか、下流のほうより水が汚れていました。この辺でもろに生活廃水でも入っているんでしょうが、それにしても水の色が濁っている感じで、魚の反応のほうもまったくなし。

 他に移動する場所のあてもなかったので、いったん岸に上がって下流側に陣取っていた人をかわして、さらに下流に入りました。左岸は護岸があってその上が道路、右岸は山。流れは全面的に瀬になっていて、まだ少し早いこの時期にいかにヤマメとはいえ、ちょっと定位していそうな場所ではありません。

 と、思ったら、強い流れ同士がぶつかって出来たちょっとだけ流れの緩いところから、8寸が「ごぱっ!」っと出てきて、流心に入って突っ走った後、無事、ネットに収まりました。このサイズが出てきてくれれば、本日はもう文句なし。・・・が、同行者に釣れてない。

 少しでも水深があって、何とか魚の居そうな場所だけぱたぱたと流していってもらいますが、反応もなく今一つ。そのまま釣り下っていくと、流れがまとまって小さな落ち込みの連続になりましたが、落ち込みの下は流心の流れがきつすぎてフライが流せず。

 仕方がないので、それぞれの落ち込み下にほんのちょっとずつあるような、小さなポイントを順番に攻めていきます。ここに来て晩ご飯の時間になったのか、あちらこちらでライズが・・・ライズが・・・ライズがぁっ!

 いきなりライズの嵐。「いまだ、いま釣るのだぁ!」と同行者を急かしますが、これがなかなか素直な魚じゃない。フライを見に来るのが丸見えのくせに、フライをくわえるまでに一拍おくので、ぎりぎりでドラグが・・・で、食い損なっている。

 ティペットを足そうかと思いましたが、気が付けばもう暗くなりつつあって、そんな余裕もなし。ともかく魚がフライを上手にくわえてくれるまで連続キャスト。そういう釣り方の常として、連続でバラシ・・・

 しまいには、どこからともなくやってきた犬が2匹、我々の周りをぐるぐる走り回り始めて、それを見て笑っていたら、周りが既に真っ暗になっているのに気が付きました。ちょうど、道路の街灯が当たっている場所だったので、視野がものすごく狭くなっていた我々は気が付かなかったんですね。

 しかも、ここまで来る間に2回ほど川を渡った記憶が・・・こんな時に限ってライトのバッテリーも切れていたりして、これは結構「やっちゃった」なかんじ。道路はすぐそこに見えていますが、護岸は足がかりもなくて上れないし、来た道を戻るのはちょっと・・・じゃなく、かなり危険。さて、どうしましょう・・・

 で、走り回っている犬に「困っちゃったよ、君ら、どっから来たのか教えてくれぃ」と冗談で話しかけたら、2匹とも下流に向かって走っていってしまいました。・・・と、思ったら、ぎりぎり見える位置でこっちを見て待っている。「あれ?ほんとに教えてくれるんか?」とそっちへ向かってみると、すぐにまた走り出して・・・また、ぎりぎり見える位置でこっちを見て待っている。

 何回かそれを繰り返した後に、何とか上に上がれるところまで案内してもらっちゃいました。案内してもらっておいてちょっとびっくり。ちょうどそこは犬たちの家だったようで、我々が帰る素振りを見せたので一緒に帰ろうとしたんでしょうが・・・やっぱり、犬は人間の言っていること理解してるよなぁ。

 そんなわけで、さいごにちょっといい話を追加しつつ、本日の釣行はおしまい。


釣行記メインページに戻る