2001年3月17日
C&Rエリアの怪

 (今回も、一応自然渓流の話題のため、中途半端に伏せ字を使わせていただきます。あんまし意味ないですけどね)

 そんでもって(なにが?)、新設のD川C&Rエリアに行きました。天気は、前日から雨の予報。まぁ、いつものことなので慣れっこです。むしろ、天気予報はいいこと言っていて、現場に着いたら大雨って言うより、いさぎがよくって気持ちいいぐらい。それに、当日もそれほど雨は降らなかった・・・と言うより、雨なんて気にならなかったので、全然OK。

 例のごとく前日の晩に移動して、道の駅で就寝。買い換える前のパジェロと違って、全身を伸ばして眠れるので、睡眠もばっちり。もちろん、約束の時刻にやんまさんとmuroさんが来て起こされるまで、ぐっすりと根こけていました。

 起こされてすぐにコンタクトを入れて、朝ご飯をほおばりながら釣り場へ移動・・・と、思ったら、その前に入漁券を購入するためにコンビニへ。便利ですねぇ、コンビニに入漁券が売っているって。釣りを始める前の気が急いているときに、昼飯の仕入れに苦労して、その後入漁券の仕入れに苦労して、やっと川に下りたら既に先行者が・・・なんてのは避けたいですからね。

 コンビニの中で、昼ご飯のデザートをたらみのゼリーにするか、バナナクリームにするか悩んでいると、既にやんまさん入漁券購入。続いてmuroさんが・・・わっ、今なんか「年券」って言葉が聞こえた気が・・・muroさんいきなしコンビニで腕章(この辺の川は年券が腕章になってます)お買いあげ。気合い入ってるなぁ。わたしは「今日の結果次第で、年券買うかもね〜」などと言いながら、日釣り券を購入。準備万端整って、いざ、C&Rエリアへ出撃!

 とは、言っても、私は右も左も上も下も解っちゃ居ないので、muroさんの車の後をくっついて行っただけなんですが。そんなわけで、最初に入ったポイントはどこいら辺だか良く解らず。とりあえず、コンクリの橋があるところの下。ちょっと車を停めて、様子見をしたんですが、すぐにmuroさんが「あ、今ライズしたぁっ!」っと叫ぶなり、有無を言わせずウエーダーをはき始めました。

 川を見ると、見える範囲に釣り人が1、2、3、・・・結構居ます。ここに後3人入っても、ちょっと辛いかな?と、思いつつ、それでも気がつけば一番にウエーダーを履き終わって、ロッドを継いでいる私が居るのでした。・・・でも、その後にティペットを丸々交換しなおしている間に、やんまさんとmuroさんは川へ下りていってしまいました。んー、出遅れた・・・

 もう急いでも仕方ないので、のんびり構えながら、既に先ほどのライズを狙っているmuroさんを高みの見物。上に木の枝が張り出しているのか、結構狙いにくそうな感じです。いつまで見ていても仕方がないので、私も川へ下ります。

 川に下りると、真正面でやんまさんが本気の顔をしてフライを流しています。「どぉですかぁ?」などと、間の抜けたことを言ったら「んー?一匹釣って、今はここにやる気のある奴が居るから、何とかならんかと思って・・・」えぇ?!まだ、5分ぐらいしか経ってないんじゃないの?さすがやんまさん、仕事がはえぇ・・・

 その、やんまさんに「そこの石裏でもライズしてるよ、魚見えるし」と言われて、対岸際の大石の裏を見てみると・・・「ばちゃ!」あれ?ライズしてんじゃん。あ、しかもよく見ると、魚見えてるし。こりゃ、もろうた。

 ありがたく頂戴して、失敗のないように慎重に、慎重に・・・「ぽとっ」フライを落とすと、「ごぉぉぉ・・・っ」っと音がするように、流心にラインが巻き込まれてドラグかかりまくりになってしまいました。・・・ながせないじゃん、ここ。

 川幅は5mぐらい、流心は真ん中から少し対岸寄りにあって、かなり激しい流れです。なんぼカーブをかけようが、まともに流せるのはせいぜい1秒。しかも、2,3回キャストしたところで、魚が出てしまい、もちろんドラッグがかかっていたので食い損ない。「うなぁぁ・・・」と意味不明の雄叫びを上げていると、横にはにこにこ顔のやんまさんが・・・「難しいでしょ?」うーん、解ってたんかーい!

 しかし、そこはそれ、私には普段役に立つことのない無駄身長(=リーチも長い)プラス、藪沢では下手をすると身動きがとれなくなってみたりする8ft8inのロッドがあります。長いロッドは、ドライを諦めてニンフのちょうちん釣りをするとき以外にも役に立つんだーい、とばかりに、ロッドエンドを握って、腕を一杯に伸ばしてのキャスト。ぎりぎり、流心の一番激しいところにはラインが落ちないので、何とかまともに流れたところで・・・「ふらふら〜・・・ぱちゃ」今シーズン、自然渓流での一匹目をゲットしました。

 横から「ばらすなよぉ〜(ばらせぇ)」「ばらすなよぉ〜(ばらしてしまえぇ)」と声援を受けつつ手にしたのは、7寸に届く(かな?無理か?)と言うぐらいのヤマメ。ヒレの状態などを見ると、まぁ、間違いなく成魚放流でしたが、それでも記念すべき21世紀初シーズンは無事、開幕したのでした。

 「釣れたよ〜」と無線でmuroさんに報告せねばと、上流を見ると、muroさんのロッドもしなっていたのでした。こりゃ、今日は良さそうだ。

 そのポイントには、まだ数匹の魚が泳いでいるのが見えたのですが、一匹釣ってしまえば今日はボウズの危険はないし、下の方の広いところが空いたので、そっちに移動(ほんとは、難しいから)。さすがに、今の今まで人が居たところでは、魚の反応もありません。無理矢理、ちょっと立ち込んで、対岸の護岸際を流し、流しきれなくなったところでズルズルとピックアップしようとすると、その後ろを魚が追ってくる!が、口を使う迄にはいたらず。

 今日のこの甘い状況なら、もう一回同じことが通用するだろうと、今度は意識的にそれっぽいドラグをかけてやって、さっき魚の居たところでナチュラルドリフトにしてやると・・・「んがばっ!」わーい、してやったりぃ。

 さらにすぐ下のポイントでは、水面には出てこないものの、かなりな大物を発見。「これは釣らねば」とフライをニンフに結び変え、最近お気に入りのヤーンインジケータをティペットにセット。「とりあえず、こんなもんだろう」という適当な深さにニンフを沈め、なが・・・したら、流れにもまれておかしな方向へ。「んー、上と下で流れがちがぁう」

 それでも何とか、上流側からうまいところへ流し込み・・・「あ、今、口開いた」。もう、フライを口にするところ丸見え。フッキングと同時に、流れに乗って下流へ走る・・・と思えば、今度は上流へ。やっと浮いてきたと思ったら、激しくジャンプ!・・・ん?ジャンプ・・・?

 上がってきたのは、そこそこサイズ(ニジマス界では、まだまだちびスケ)のニジマス君でした。後で聞いたら、muroさんも同じようなことしていたようなので、ニジマスも放流しているのか、それとも近くの管理釣り場から脱出してきたのか?

 その後は、フライを変えるのが面倒になり、そのままニンフで元の場所まで釣り上がり、ヤマメ君を追加したところで、そろそろお昼にしましょうかとなりました。いやぁ、楽しい時間は早く過ぎますねぇ。

 昼飯を食うのになぜか移動。C&R区間の(多分)一番下の方に行って、それぞれお昼をほおばりながら、ニコニコ顔。大急ぎで空腹を満たした後は、早速その場で釣りの続き。

 こっちのポイントは大きな淵がいくつか続いた後、瀬が続いていました。が、ここも人が多くて、釣りができるポイントが・・・と、思ったら、一番良さそうな淵に居た4人組が居なくなったので「さすがにちょっと無理かなぁ・・・」と、思いつつもそのポイントへ。

 すぐに下から上がってきたやんまさんとmuroさんは、とっとと上流方面へ。私は、その淵に張り付きました。

 んで、前の人も散々叩いていたあとでドライにはでる筈もないので、例のごとくにニンフを流します。でも、しばらくは反応無し。前のグループは4人で、しかも、フライ&ルアーで攻めていたようなので、「んー、さすがに無理なのかぁ・・・」とは思いつつも、「なら、流せていなさそうなとこ!」と、股まで淵に立ちこんで、対岸に切り立っている岸際を攻めたら・・・一発でした。二発目もありました。3発目もありました・・・

 気付いたときには、生まれてこの方1回しか(しかも、千曲で。さらに、手のひらサイズ含めて)やったことのない『つ抜け』まであと1歩。「ここまで来たら、ぜひともつ抜けして帰らねば」とガシガシフライを流していたら、あっさり10匹目が釣れてしまいました。

 丁度そのころ、上流の方まで釣り上がっていた2人が戻って来て、自慢げに「つ抜け、つ抜け」と騒いでいたら、2人は2人でドライで瀬を叩き上がっているだけで結構な数を上げていました。再度、同じ場所を釣り上がっていく2人を後目に、私は「あと、1匹釣れば、ヤマメだけでつ抜けぇ!」とラスト1匹を釣るまで粘り、ヤマメだけで丁度10匹になったところで、フライをドライに戻して2人の後を追いました。

 が、さすがにあの2人が1往復して流していっただけあって、流れはいわゆる「ぺんぺん草も生えてない」状態。かろうじて、まともな人は流さない、っていうか、股まで流心に入らないとまともに流せないので、流していなかろう場所で「もっこん!」といい感じで魚がでたんですが、痛恨の0.1秒リリース。

 少し釣り上がってみましたが、本当にぺんぺん草も生えてない。仕方がないので、いつもの通り虱潰しにポイントを探りながら釣り上がっていくと、しばらくしてやっとぺんぺん草が生え始めました。

 が、これが、取り損ないばっかし。考えてみれば、今シーズン始めての自然渓流なんですよねぇ・・・

 しばらくそんなこんなをやった後、また移動して、最後には3人並んで大きな淵の前でニンフを流してみたり、その辺の瀬を叩いてみたり・・・結局この日の釣果はヤマメ20のニジマス1でした。いやぁ、自然渓流とは思えない釣果でしたねぇ。

   


釣行記メインページに戻る