2001年1月14日
河口湖報告その後

 さて、前回の釣行記では、今シーズン前半の河口湖についてお伝えしました。で、今回は、今シーズン後半の河口湖についてお伝えすることは・・・何もねぇやいっ!

 ・・・では、釣行記になりませんので、ちょっとだけ。

 前半は、「やっと釣れたぁっ!」「・・・黒鱒だったぁ。」と遊んでいましたが、そろそろ気合いを入れないとあれも、これもの湖装備一式が泣きます。年末に、20世紀最後の魚を釣るべく河口湖へ。もちろん、フロートチューブも用意して、同行した友人もチューブを購入したので、2人して西湖の放水口近くの駐車場へ。

 友人のチューブは私のものと違って専用のチューブです。私がトラックタイヤのチューブに空気入れで15分ぐらい全力で空気を入れるところを、専用の空気入れで「しゃっこん、しゃっこん」とものの5分で楽々準備万端。しかも、U字型なので、直進性も抜群。私が「チューブ先輩」として2,3アドバイスして、湖に出て10分もすると、あら不思議、友人の方がすいすいと湖上を滑って行くではないですか。

 「これでは『アヒルの親分』の異名をとる私の名が廃る!」と必死になって追いかけますが、そんなことをしているといつまで経っても釣りが始まらないので、すぐに諦めて釣りを始めました。

 今、西湖の放水口は閉まっているのため表面上の水の動きはないのですが、ウエーディング・ボートに係わらず、やはりこの辺りは人気ポイントのようで、結構人が居ます。チューブに乗っていますから、どのポイントも狙い放題。水深が結構あるので、タイプ2のシューティングヘッドをセットして探ります。

 ・・・探りますが、何の反応もありません。他の人々にも、特に動きはないようです。先週、ここでウエーディングしているときには、ちょい沖目で魚が跳ねてましたから、全くいないという訳ではないはずなんですが、どうも、やる気が出てくるような状況ではない。

 「そろそろ、何処かに移動しようか」「いや、でも、チューブを持って移動するのは大変だし・・・」などと迷いつつ、いつもの通りキャスティング練習に熱中することで退屈な時間をまぎらわし・・・ていたとき、フォルスキャストからシュートに移る直前のバックキャストで、思いっきりホールした瞬間「ぶちっ!」と言う音がして、ロッドが軽くなりました。

 「えぇっ!?」と思って後ろを見ると、大事なシューティングラインがバッキングラインの束縛を逃れて自由に飛んでいくのが目に入りました。シューティングヘッドはフルラインに比べて少しは安いとは言え、最近車を購入したばかりでお金のない私にはとっても大事なライン。しかも、まだ、全然使っていない新品同様です。

 すかさず冷静に着水点を見極めて「よし、あの距離ならラインが沈んでしまう前にたどり着ける!」と、大急ぎで着水点に向かって・・・行くためには、フロートチューブは後ろ向きにならなきゃいけないんですよね。「あっ、これじゃ見失っちゃうじゃん!」と気付いたときには、既に着水点がどこだったか見当もつかなくなっていました・・・。

 それでも、だいたい見当を付けて探しては見たんですが、さすがにタイプ2、しかもラインの後ろには何の抵抗も無し、あ、そう言えば、フライはビーズヘッドにウエイトたっぷり巻き込んだ重いやつ・・・哀れ、私は大事なアイテムを失ってしまったのでした。

 後で調べてみたら、失われたのはヘッド部分だけでなく、その後ろのレベルライン(もちろん、3Mのやつ)も失われていたのでした・・・。恐ろしいことに、レベルラインとバッキングの結節の辺りでレベルラインが切れていました。バッキングはブレイデッドなのでレベルラインを通して、瞬間接着剤で固定してあったのですが、その部分が固くなってしまって『ぽきっ!』っと折れたようになってしまったようです。皆さんも気を付けましょうね。

 結局その日は魚の顔は見れず。20世紀最後の釣行はボウズで終わってしまったのでした・・・。帰りに、山中湖畔のケンクラフトで新しいシューティングヘッドとアクアシール(水に強く、しかも柔らかく固定する接着剤)を購入していったのは言うまでもありません。


 さて、そう言ったわけでこのHPでは年明けになっても「21世紀はまだ来ていない」と主張しています。で、次の釣行は年明け早々の3日。かなり気合いを入れて、放流情報などもチェックして出かけますが、残念ながら河口湖漁協のHPは最近更新が頻繁でなく(っていうか、実質ないに等しい。このHPといい勝負だ)、色々と当たってみますが、特に何処かで調子のいい釣りをした人が居るわけでもないようです。

 もう、いい加減やばいので、この日はハワイ前に始まって、奥河口湖にも行ったし、今まで行かなかった大池公園付近にも行ってみたし・・・ま、行っただけになってしまいましたが。もう、時間も夕方になって、最後に行ったのが大池公園の辺り。溶岩帯からキャストしていると、待ちに待った「がつん!」と言う感触。「実は、地球を釣ってました」なんて落ちもなく、ちゃんと魚の引き、そして、黒鱒とは違うニジマスの引き!

 「やっときたぁぁ」と友人の注意を引き「目の前で上げてやるべし!」とラインをたぐる。立ち込まずに溶岩帯の上から釣っていたので、取り込みのために1段下に下り・・・たところで、ラインが緩み「あっ、やべっ!」っと思ったときには後の祭りだぴ〜ひゃらら・・・。やっとつかんだチャンスは、手元に寄ってくることもなく湖へ帰っていったのでした。

 結局この日もボウズ。しかも、私がばらした直後に友人が1匹釣り上げ・・・たのは、やっぱり黒鱒だったので、問題なし。


 さてさて、次に行ったのは7日の日曜。年明け1週間で、既に2回目の釣行。今日こそ釣らないと、いつまでも一人で20世紀に生きているわけには行きません。しかも、来週は河口湖の釣り大会の日。Niftyがらみの皆さんと「炉端焼きを食べに河口湖に行こうツアー」を企画してしまっているので、大放流が行われた直後に今年最初の魚じゃなぁ・・・というのがありますから、まじで、最後のチャンス。気合いが入ります。

 当日は「雪」の予報が出ていましたが、日中は穏やかな良い天気。穏やかな気分で釣りをして・・・いても、鬼の形相で釣りをしていても、魚の反応はありません。友人は「初心に戻るのだ!」とかいいつつ、ポイントもロッドもフライも昔使っていたものに戻して、「これでいいのだ」なんて馬鹿なことを・・・言ってる間に、本当に1匹釣ってしまいました。しかも、私が先にビーズヘッドのフライでちょい深めに沈めて・・・なんてやっていたら「あたりがあるもののうまく乗ってくれないぃっ!!」っと叫んでいるのを聞いて、「どれどれ・・・あ、ホントだ」といとも簡単に。その後も、私は数度のあたりが全部乗らず。16時近くなったところで雪が降り始める始末・・・

 毎年のことながら、この辺りの雪はしゃれにならない上に、今回は甲府側からではなく富士山の方面から雪が降り始めています。やばいので、大急ぎで撤収して「山中湖の辺りで様子見て、飯でも食ってくか?」と無線で話してた間は良かった。そこから山中湖に向かうまでの間で、「そっか、今日は正月休みの帰り渋滞なんだ・・・」と把握し、自分の車は大丈夫でも、その辺に沢山動けなくなった車が増えて行き、山中湖畔に着いた頃には飯どころの話ではなくなっていました。

 「やばいから、このまま帰ろう」と山中湖畔で友人と別れ、籠坂峠の登り口で無理矢理登ろうとした愚かなFR車を数台かわし、上り坂の間に次々と脱落していく車を横目に・・・でもやっぱり、大渋滞。私自身ノーマルタイヤだったのですが、腐っても4駆、何とかなります。でも、動けなくなった車が道をふさいでしまってはどうしようもありません。

 この後、「御殿場まで出れば、後は何とか・・・」と言う目論見は「東名高速『閉鎖』」という大技で破れ、ならばR246で・・・は、ノンストップ・食事無し・1人・連続運転9時間という悲劇へと繋がっていくのでした・・・。いやぁ、さすがに死んだです。次の日にはスタッドレスに履き替える算段をしてました。


 さてさてさて、そんなこんなで、とうとう「河口湖釣り大会」(ホントの名前は忘れてしまった)の当日、前回、このメンバーで集まったときには、朝からいきなり雪が降り出して、結構凄いことになりました。今回はどうなったかというと、天気予報は真っ向から「雪!」。「ええぃ、知ったことか!」と前日の夜から所定の集合場所に行くと、既に参加者が1人。んでも、肝心の釣り大会の方の参加者は居ないみたい・・・と、言っている内に、残りの参加者も集合。「なんだ、みんな前日入りだったのね・・・」等と言う間もなく、なぜか「おでんパーティー」に移行。こりゃ、誰も明日の大会参加しようなんて思ってないな・・・

 次の日の朝、起きてすぐに釣り支度を始める。天気は悪くないし、大会の為に大量の放流もしているだろうし、入る場所さえあれば今日はいい思いが・・・と、一昔前の一等地『ハワイ前』に入るも、人影はまばら。確かに、普段の日曜日に比べたら、若干多いかな?と、言った感じ。こりゃ、誰も大会になんて興味示してないな。

 で、その後西川のサンドバーが空いていた(?!)ので、みんなしてそこに陣取る。で、みんなで頑張ってキャスト。・・・釣れない。誰も釣れない。見渡す限り、釣れている人が居ない・・・。なんじゃこりゃ?

 その後すぐに雪が降り始めて、早々にお昼ご飯の炉端焼きに移行。途中、仲間内の車が1台坂を上れないと言うトラブルはあったものの、他に4駆の車が3台も居れば特に問題も無し。但し、その車がチェーンを掃き終わった頃には、雪が止んで晴れているというおまけは付きましたが・・・。

 午後から釣りの続きを始めましたが、風が強く(まぁ、河口湖のことだから・・・)、他のメンツが「温泉が呼んでいるぅ〜」と天水に行く中、私は残って西川のサンドバーを独り占め。風はいつものことなので大丈夫なものの、問題は気温。自分は冬装備をしていますから問題ないのですが、ロッドガイドが氷で詰まるのはどうしようもなく、キャストの度にフォーセップで氷を割らなければいけない始末。しかも、やっぱり魚はかからない・・・。

 移動の時に大池公園(大会の方の本部がある)をのぞいてみましたが・・・まぁ、河口湖がみんなに見捨てられるのは、私にとっては「混雑しなくなる」と言うことで、悪いことではないからいいんですが・・・それにしても、千曲川本流・男橋付近で行われる地元の子供会(?)の釣り大会の方が、よっぽど盛り上がってるぞ。いいのか、そんなんで?>河口湖漁協

 そんなわけで、この日もボウズ。大会の結果が河口湖漁協のHPに載っていますが・・・まぁ、どう評価するかは人それぞれなんで、見てみてくださいな。



 ここまでで、報告はおしまいです。21日は雪も凄かったし、お馬さんに乗りに成田に行ってしまったので、釣行はなし。今度の休みは、そろそろ辛くなってきたので管理釣り場に行こうと思ってます。ちょっと、河口湖はお休みですね。


それにしても、どうなっちゃったのかねぇ、河口湖・・・ だぁいすけ


釣行記メインページに戻る