2000年12月17日
河口湖報告2回分

 さて、今年も、河口湖のシーズンが始まりました。秋口は、夏の終わりに壊れた車のことやらなんやらで、芦ノ湖には行けず、今になってやっと湖シーズンの開幕です。すでに、今日が2回目なんですが、1回目と併せてご報告をば・・・

 さて、まずは10日の話。昨シーズンが不調であまり行かなかったので、10ヶ月ぶりぐらいの河口湖です。湖用のフライも「あ、今週末河口湖行くんだ」と思い出して、金曜日に巻いた数本と、あとは昨年からの残り。ネオプレーンのウエーダーやラインバスケット、P泊用の厳冬期シュラフ、その他色々が家中のあちらこちらに散乱していて、準備だけでも大騒ぎです。高番手のラインに至っては何番がどのリールに巻かれていて、シンクレートが何なのか全く解らず。「これより、こっちの方が太いから、きっとこれは8番だ」などと、適当に見当を付けて、鞄に放り込みました。

 で、やっと準備を終えて夜中に移動を開始。途中、コンビニに寄って買い出しをしますが、気づいてみると、今シーズン(渓流の方ね)通った丹沢に行くときと同じコンビニで買い物をしている。考えてみれば、ここまでのルートも同じ。習慣とは恐ろしいものです。油断していたら、気が付くと丹沢湖畔を走っていたりしそうな勢いでした。

 なんだかんだで、AM3時頃、いつもの駐車場に到着。先に来ていた友人が起き出してきたので、しばらく話をしましたが、5分も経つと体が固まって動かなくなりました。平地はまだまだ大した寒さではないのでなめきっていましたが、さすがにこっちに来ると寒い。久しぶりに会ってつもる話もそこそこに、シュラフに潜り込みました。

 朝、目を覚ますと(正確には、たたき起こされると)、体が動かない・・・。あまりに寒くて、まるで冬場のトカゲのようになっていました。もそもそと朝ご飯を食べて、震えながら準備をする段階で、忘れ物判明。まず、ダウンの上着を持ってきていない。さらに、手袋も持ってきていない・・・。死んじゃうぞ。

 ともかく、車の中にあった上着を全部着込んで「頼むから今日は晴れててくれぇ〜」と祈りつつ、湖畔に出たのですが、ここでまたびっくり。何がどう影響しているのか知りませんが、河口湖は一杯一杯まで水位が上がっていました。数年前の大渇水の時と比べると、湖岸が10m程も手前に来ています。ともかく入れる場所を探して釣りを始めましたが、必死にキャストしてもブレイクラインまで届いていない様子。キャスティングの腕前のことは忘れて「これじゃ、今年はこの場所、勝負にならん」と、ふてくされていると、ありがたいことに富士山からの吹き下ろしの風が強くなり始めました。

 例年のパターンだと、風が吹いて色々流れ着いてきたり、湖底の土が巻き上げられて濁りが入ったりすると、どこからかわいてきたように魚が釣れ始めたりしがちなのですが・・・釣れない。しかも、風の方はサービス満点で、#8のラインでもキャストは出来ないし、何より、体温がどんどん下がってきて、このままでは死んでしまいそうだったので、風裏になる場所を探して移動。

 「風はあっちから吹いてるから、あっち岸が風裏!」と小学生並の判断で奥河口湖の方まで移動して、よさげなポイントを見つけたので釣り始めます。すぐにライズ・・・ではないですが、目の前で何回か魚がはねました。友人と2人で、「これはいける!」と気合いを入れてキャスト。・・・なぜか、風はほぼ正面から吹いていました。

 風に逆らって一生懸命キャストして、いい加減いやになってきた頃になると目の前で魚が「ばしゃーん」。また気合いを入れてキャストしていても、魚が釣れないどころか、あたりさえなし。で、またいやになった頃に「ぼちゃーん」。また気合いを入れて・・・

 なんてことを繰り返す内に、さすがの猿の脳味噌も「何か、違うらしい」と気が付いて、狙うポイントを変えてみたり、リトリーブに変化を付けてみたり、棚を思いっきり浅く取ったり、深く取ったり・・・。

 棚を深く取れば、当たり前ですが地球が釣れる、藻が釣れる。ずいぶんと湖底の掃除をしたところで、リトリーブする手に「もぞっ」とした感触。ロッドを思いっきり立てて大合わせ。

 ロッドがぐぅーっと重たくなって、何か重いものが寄ってくる・・・。「あぁ、また、藻が釣れたぁ・・・」と唸っていると、手元に「ぴくぴくっ!」と生き物の気配が・・・「あ、魚かもしんない!」と間抜けな報告をしつつ、ラインをたぐると、やっぱり重たいだけ。「あ、やっぱり藻だ・・・」と、訂正したところで、またも「ぴくっ!」っとしたような・・・

 たぐり寄せてみると、寒くてすっかりやる気をなくしている『黒鱒』(日本では芦ノ湖に最初に移入され、ルアーの対象魚として親しまれている魚に、非常〜によく似た鱒。あまりによく似ているので、全く見分けは付かない。でも、鱒族。特にニジマスの釣れていない日は、誰がなんと言っても鱒族。)でした・・・。

 結局この日はあちらこちらと移動したのですが、一番魚っ気のあったのはこの場所。何匹かニジマスも見ました。・・・1匹も釣れませんでしたが・・・。「このような状況であるならば、来週はフロートチューブを持ってこよう」と堅く心に誓って、上着や手袋を忘れてきたことはすっかり忘れて、山中湖畔のケンクラフトを冷やかして帰ったのでした。


 さて、話は12/17に飛びます。今回は同行者が2名。いつもの通り、朝、川口湖畔の駐車場で目を覚まし、先週に引き続き上着も手袋もないことに気づき、何故か、フロートチューブだけは忘れずに、今シーズン2回目の河口湖に挑みました。

 今週は穏やかな天気で、無風・快晴。フロートチューブ日和です。友人2人が立ち込んで釣り始めるのに遅れること15分、すっかり装着の仕方を忘れたフロートチューブに乗り込み、もう、すっかり釣れた気になって『アヒルの親分』出航。しばらくは操縦の仕方も忘れていて、あっちをふらふら・こっちをふらふら。やっと、乗り方を思い出して、釣りを始めました。

 しばらくやっていても反応がないので、もう少し深い棚を攻めるためにラインをタイプUのシューティングヘッドに交換。ブレイクラインの少し沖(で、あろうと思われる場所)に陣取って、あちこちへとキャストを繰り返しますが、反応なし。「どうしたもんかなぁ・・・」と湖面をながめていると、目の前10m程のところで魚がもじっているのが見えました。

 「狙うしかない!」と大急ぎで手元のラインを捌き、キャスト開始。距離はちょうどフロートチューブから思いっきりキャストするぐらいの距離。1回目、2回目のフォルスが珍しくきちんと決まり「後1回後ろに振って・・・シュート!」と、ロッドを前に倒そうとすると、いきなりロッドが軽くなりました。

 「あれ?ミスキャストしちゃった?」と振り向くとそこには・・・ライニングラインの束縛から逃れて、自由に空を飛ぶシューティングヘッドの姿が・・・。

 「だぁ、ラインがとれたぁ!」などと叫びつつ、冷静に着水地点を確認して、全力で回収に向かう・・・ためには、フロートチューブって一回後ろをむかないといけないんですよね。手漕ぎボートと同じで後ろ向きに進むから。「あっ!これじゃ見失っちゃうじゃん!」と慌てて振り向いたときには、既に着水地点は見失っていました。一応、それらしきところまで急いで漕いでいったんですが、さすがタイプUライン、しかも、フライはビーズヘッドの重たいやつ、そして、ライン抵抗なし・・・。

 哀れ、昨シーズンフロートチューブ用のシステムとして用意したシューティングヘッドは、河口湖の湖底深く(って、いっても河口湖ってそんなに深くはないんですが)へと消えていったのでした。

 帰りには、また、山中湖畔のケンクラフトに寄って、シューティングヘッドを買い込んできましたとさ。

 あ、そうそう。友人A(かねやんとも言う)は今日も『黒鱒』を釣っていました。友人B(本人の名誉のため、特に名を秘す。間違っても我来也さんだなんてことはない。かもしれない・・・)は、充実したキャスト練習の出来た1日だったようです。え?私はフロートチューブで遊びに行っただけですから・・・ロッドを持っていたのは、ただ、フロートチューブで浮かんでいたら怪しまれてしまうからです。

 さらに追伸。帰りの片づけが終わって、出発する直前に降り始めた雨は、10分ほどして雪に変わりました。見る見るうちに道路が白くなって、ちょっと怖かったです。「スタッドレス温存のために、つい先日ノーマルに履き替えたのが裏目に出たかぁぁぁっ!」っと、叫びたくなりました。


ちくしょぉ〜、雪辱戦じゃぁ〜 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る