2000年10月14日
今シーズン最後の丹沢

 夏の真っ盛りに、長年乗ってきたパジェロが壊れて、「意地でも修理する」「では、まずエンジン交換をして・・・」などと、やっている内に、いつの間にか渓流は軒並み禁漁になってしまった。もちろん、車がないのだから、どこにも釣りに行けない。自分が普段いかに車に頼っているのかが思い知らされた。まぁ、釣り場への移動も、前夜泊も、食事をとるのも全部車を中心にしているのだから、当たり前なのではあるが・・・。

 さて、今は10月。結局、パジェロは泣く泣く廃車にし、新しい中古車(?)を買い込んだ。納車直後の週末は、車をいじり倒すのと、仲間内で管理釣り場に行くのとで終わってしまった。

 今シーズンは、高熱のためほとんど眠っていた伊豆の渓流に始まって、何故か本流で調子の良かった千曲水系、年々汚れてきて今年はヒゲナガも出なかった忍野、何度行っても大雨で釣りが出来ない寒河江川、仕方なく避難した先でいつも助けられる庄内の川、そして、今シーズン年券を買い入れて、カーティスクリークを見つけだすべく挑戦した丹沢水系。1シーズン、半年以上の間に「結局今年もあそこに行けなかった、あそこにももっと行きたかった」と言う気もすれば、「なんだかんだと、あちこち行っているよなぁ」と言う気もする。

 そして今週、10月14日の土曜日は丹沢水系の禁漁が始まる前日、他に禁漁が遅い場所もないので、泣いても笑っても今シーズン最後の自然渓流である。

 金曜の晩遅くまで仕事をした後に、調子の悪かった車のオーディオを調べる。これが思ったより複雑で、ようやく作業が終わったのは既に朝方。予定では、夜明け頃にはいつもの沢の出会いで釣り支度を始めているはずだったのだが・・・。今回は「次の機会にしよう」というと、来年の話になってしまうので、ともかく丹沢に向かってスタート。カーナビの到着予定時刻は9時過ぎであった。

 途中までは調子よく車を走らせていたのだが、丹沢を目前にした国道沿いのコンビニで食事を買い込んだあたりでダウン。ちょっと一眠りのつもりが、あまりの暑さに目を覚ましたときには既に12時を回っていた。

 結局、到着予定時刻から実に3時間遅れで釣り場に到着。おにぎりを頬張りながら、「この場所でウエーダー履くのも、今年はこれが最後かぁ」などと、既に感慨に浸っていると、時間は既に14時過ぎ。最近は暗くなるのも速くなったので、すっかりイブニングになってしまった。

 さて、シーズン最後を過ごすのは、今シーズン最初、歓迎の挨拶でもあるかのように、あっさりとヤマメが顔を見せた流れ。いつも通りに1つ目の堰堤を越えたところから入渓する。

 最初のプールは魚影なし。次のプールへとつながる小さな落ち込みにキャストすると、フライが岩陰に隠れたところで「ぴしゃっ!」っと・・・いった気がしてロッドをあおると、一瞬手元にブルブルッとした感触があったが、直後にフライが飛んできた。魚だったのか、岩に引っかかっていただけか。

 次のプールで、「あぁ、このポイントで、今シーズン最初のヤマメが釣れたんだよな」「と、言うことは、最後もここだと、話として面白いんだけどなぁ」と、慎重にキャスト。1投目は反応なし、で、諦めきれないので2投目・・・フライが1m程流れ落ち、もう、ドラグがかかり始める頃・・・「あれ?」よく見ると、フライの下でヤマメが悩んでいる。早く食ってくれないと、もうドラグがかかる・・・「食った!」

 しかし、ここで早あわせしてしまっては元も子もない。ヤマメがちゃんとフライをくわえて潜ったのを確認してから・・・「おりゃ!」・・・なぜか、フライは何の抵抗もなく宙に舞い、驚いたヤマメは落ち込みの方に泳いでいってしまった・・・。

 まぁ、これで魚が居ることは確認できたわけで、しかも、悪くない型だったから今日は期待できるだろうと、さらに上流を目指す。

 どのポイントも、今シーズン幾度と無くフライを落とした場所であり、魚がどこについているのかもいい加減解っている。・・・のに、反応がないのは、やはり今日は先行者がかなりいるのか、そういえば今日はあれほど悩まされた蜘蛛の巣もない。・・・それとも、この時期もう蜘蛛は巣を張らないものなのだろうか。

 反応がないと釣り方が雑になり、いざ、魚が出たときに失敗する・・・ということを、今シーズン何度と無く繰り返したポイントにたどり着く。ここを越えると、今シーズン記録の無き尺ヤマメを手にした堰堤である。このポイントには、いつも同じところに魚が居て、毎回フライに反応があって、毎回・・・合わせそこないで敗退している。最後まで同じ事を繰り返すわけには行かないので、意識して慎重に勝負する。ティペットを付けなおして、流す場所も1カ所に絞る。身を低くしてぎりぎりまで近づき、いい加減にならないぎりぎりの距離をキャスト。

 どうして今になって気が変わったのか、ヤマメはいつもとは違う手前のレーンにいた。ラインの影が視界に入ったのであろう、ヤマメは「なんか危なそうだなぁ」という顔をして、事もあろうに私に向かって泳いできた。少しでも動けば、驚いてもっと上の落ち込みに隠れてしまうであろう事が解っているだけに、もう一度キャストし直すことはおろか、フライをピックアップすることも出来ない私の目の前で、ヤマメは悠々と泳いでいる。

 目の前2m程まで近づいてきたので、パーマークまではっきり見えている。少し水深が浅くなっているので、居心地が悪いのであろう。何となくふらふらしながら、少しずつ流れ下ってきて、とうとう本当に私の目の前、1mほどのところに定位してしまった。

 しばらく身動きできずに魚を見ていたが、夏前のような生き生きとした感じはなく、なにやら「お疲れさん」と声をかけたくなるような泳ぎ方である。もしかすると、産卵に参加したか、さもなければ、何回か釣られてリリースされているのだろう。

 結局ヤマメが上流に泳いでいってしまうまで、何も出来ずにいた。上の落ち込みに入ったのを見定めて、未練たらしく2,3回キャストしてみたが、もう、反応はなかった。

 諦めて上の堰堤まで上がると、堰堤の上から餌釣りの人が竿を出していた。邪魔にならないように堰堤を巻いて登ったが、これ以上釣りを続けようと言う気持ちにならず、「シーズン最後にボウズかぁ・・・」などと呟きながら、納竿とした。

 1月以上釣りが出来なかった割には、なにか、あっさりしたものである。秋という季節が、もう渓流で釣りをする気持ちを起こさせないのだろうか・・・

 まぁ、今シーズンは今までになくいい成績を残せたので、これでよしとしよう。どうせ、これからは湖のシーズンが始まる。そっちでまた頑張ればいいや。


釣行記メインページに戻る