2000年8月5日
アメフラシ

 最近、雨にたたられることが多いなとは思ってました。先日の東北でも凄い雨に見舞われましたし、その前も、その前も・・・。それでも、今まで10年近く通っている夏の川上村(千曲川本流)周辺ではほとんど雨など降ったことはなく、降ったとしても1日だけ。まさか、降るとは・・・

 元々今回は毎年恒例のビブリッジキャンプ場(元、BePALのサマーミーティングをやってた場所、『捜し物は何ですか』にリンクがあります)でのキャンプがメインだったので、釣りの方は少しだけのつもりでした。「どこか1日、朝と夕方を本流で・・・」というのが目論見だったのですが、初日に川上村に入ったときには、既に雨がぽつぽつと・・・

 村内の川沿いの道を走っていくと、対岸の道が土砂崩れで埋まっていたり、千曲本流の水は泥濁りだったりで、とても本流で釣りをするような状況ではなし。とりあえず「釣りは明日」と言うことにして、雨も止んだのでテントを張って「鶏肉のトマトソース煮」など作りつつ、キャスティング練習などして過ごしました。

 明けて2日目、天気は曇り、雨は昨日の内にあがっていたのでコンディションとしては悪くなさそう。どっちにしろ朝方は水が引いていないだろうと言うことで、昼前ぐらいにゆっくり釣りに出かけました。キャンプ場から本流まで下りてみると、水量は既に安定していて、気持ち笹濁りぐらい。「これなら十分にドライで勝負になる!」と体育館前辺りに移動しますが、まだ、入漁券を購入していなかったので、昼飯を仕入れがてら一旦村内に戻ります。・・・が、そのころから、雨がぽつぽつと・・・

 大した降雨量ではないのですが、本流はあっという間に釣りどころではないような泥濁り。どうも、畑の土がどんどん流れ込んでいるようです。何年か前までは、これほどひどいことはなかったように思うのですが・・・多分、畑が全部ビニールシートで覆われてしまっているので、雨が染み込むことが出来ずにそのまま全部流れ込んでくるのでしょう。

 そんなわけで本流はどうしようもない状況だったので、心当たりの支流へ。支流沿いの民家で日釣り券を購入すると、「どうせ日中は釣りにならんのだから、お茶でも飲んでいけ」とのお達しだったので、自家栽培の白菜のおつけものなど頂きながら、しばらくお話し。

 山を越えたこちら側では雨は降っていないようで、うずうずしてきたので退出、支流の人が入って居なさそうな場所を探して・・・おなかが減ったので、お昼ご飯。薄曇りで天気も申し分なく、気温が低いので快適で、しばらくぼけーっとしてしまいました。が、このままでは釣りが出来なくなるので、気合いを入れて入渓。あからさまに先行者の後で、反応無し。素早く移動。

 今度は、ちょっと入渓の面倒な所から入って、すぐのプールを同行者に任せます。私は後ろで観戦。大きなプールなので、ちょっとロングキャストで慎重に攻めて・・・私がちょっとよそ見をすると、「ばしゃっ!」見事、同行者がまぁまぁの方のイワナをフッキング「ばらすなよぉ〜」と私が言った瞬間、手前に走られてラインがたるんでしまい、ばらしてしまいました。

 それでも、このプールで魚が出ると言うことは、この区間には先行者がいないと言うことなので、喜んで前進。交互に釣り上がっていくのですが、魚がフライに反応しているのは見えているというのに、今一歩のところでフライに出ません。この時期、パターンがどうこうと言うことでもないでしょうし「流し方悪いかなぁ・・・」と悩んでいると、今度はぽつぽつと・・・ライズじゃなくって雨が・・・。

 で、ここまでで終了。雨はそれほどの降りにはならなそうだったのですが、狭い支流で逃げ場もないし、同行者は釣り上がりに慣れていないので無理をしても仕方がないだろうと言う判断。後ろ髪を引かれまくりつつ、支流を後にしました。

 結局はこれが正解で、その後キャンプ場の方に戻ってみると雨は本降り。途中の峠道は、周りに畑が拡がり始めるに従ってものすごい量の泥水が流れ始め、村内では道路が水浸し。本流は既に濁流・・・。

 本当に(先週の東北に比べたら)大した雨じゃないんですけどね。川上村は水が出やすいんだと言うことを学びました。


 そんなわけで、結局私はボウズ。同行者がバラシ1で、今回の千曲は終わってしまいました。んー、まぁ、こんなこともあるさ。


今シーズンボウズ3回目・・・ だぁいすけ


釣行記メインページに戻る