2000年7月20日〜23日(第3部)
結局は・・・

 (前回までのあらすじ)
 寒河江を後にしただぁいすけは、庄内の小渓流でボウズをくらい、意気消沈のままチキンラーメンを腹いっぱい食って眠ったのであった。
 さて、山形での最終日となる22日、本日はどうなるのでしょうか・・・?

 第2部に引き続き、小さな渓流の話になりますので、見苦しいですが川の名前はイニシャルにさせていただきます。


 朝早く目を覚ます。っていうか、目を覚ましたやんまさんに起こされる。とりあえず、みっともなくない程度にテントの回りを片づけて、この辺ではメジャーでポイントガイドなどにも名前の出てくるN川へ。

 堰堤の上辺りから入渓。反応無し。水量は昨日のT川よりもあって、ボサもかぶっていないのでロッドは降りやすく、かなりフライ向きの渓相。・・・でも、魚の反応がない。どうも、ちびヤマメはいるようなのだが、まともなサイズ、せめて、きちんとフッキングするようなサイズの反応は皆無。

 「やっぱり、有名な川だから抜かれちゃっているのかなぁ・・・」などと思いつつ、釣り上がるが、あんまりに反応がないので、次の堰堤を超えたところから入渓するやんまさんの頭を跳ねて、林道を歩いて300mほどの所から入渓。本当に、渓相はいい。大きな淵も所々に点在しているし、その間の瀬も、魚が付きそうな沈み石もあり、ちょっと間違ったら大物が出てきそう・・・。だけど、反応がない。

 時間も7時ぐらいになってくると、既に日差しが強く、かなりだれてくる。・・・が、そこでライズ発見。流れが岸の岩盤にあたって大きくカーブしているところで、深さはどれほどあるか解らないくらい。「ふっふっふ、頭はね成功、大物の予感」などと言いつつ(言いますよね、一人で釣っていても)、慎重を期してライズを観察。

 すぐに次のライズが・・・「ぴしゃ!」。・・・あれ?「ばしゃ!」とか「もこっ!」とかじゃないの?さらに次のライズ・・・「ぴちゃ!」。あらら・・・小指サイズだ。何でまたあんなにいいポイントにあんなサイズが・・・。

 まぁ、なぜかは分かり切ったことで、つまりはその一帯に小指サイズ以外の魚は居ないと言うことなわけで、あっという間に釣り上がって追いついてきたやんまさんとともに、もう少し釣り上がったところでギブアップ。一旦、撤収のためにキャンプ場に戻りました。


 さて、キャンプ場に戻ってテントを片づけて、綺麗になったところで、どうせ日中は釣りにならないので、温泉を目指しました。これが思っていたより遠くて結構時間が掛かりましたが、それでもなかなかに気持ちのいい海沿いの温泉。

 ところが、体を洗っていざ湯船につかろうとすると、両肩に激痛が!・・・昨日は大雨に降られたりしてましたし、今日は暑くなったらすぐに上がってきてしまったので、それほど日焼けに気を遣っていなかったのですが、普段から釣りの時に露出している肘より先の部分は大丈夫なのですが、その上の方までの部分が半袖シャツを通して浴びた紫外線だけで真っ赤っか。とてもじゃないですが、落ち着いて湯船につかるような状態じゃありません。

 昨日から釣りをする前に必ず日焼け止めと虫除けを塗っていたやんまさんは、気持ちよさそうに湯船に使っています・・・。うぅ、後悔先に立たず。皆さんも、日焼けには気を付けましょう。

 さて、風呂から上がって休憩室で高校野球の予選などを見ていると、どうも外の雲行きが怪しい。「まさか、ここでまた雨が降ったら、本当に私が降らせているとしか・・・」「どっざぁ〜」またも、ものすごい降り方の雨。周りに松林があるからか、風はそれほどではありませんが、もし、川でもこれと同じ雨が降っていたら、確実に大増水・・・。運命か?そう言う運命なのか?

 そんな雨の方も気になったのですが、やっぱり2日も3日も釣りをしていると、疲れが来るもので、休憩室でそのまま爆睡。起きたら既に14時を回っていました。心地よい夢の世界から帰ってきてみると、雨は既に止んでおり、曇り空で気温も下がっていて、なんだか、悪くない雰囲気。


 さてとりあえず、昨日見たK川の上流へ。「上に行けばいいよ」と言われたのを信じて上がっていくと、渓相はまあまあ。水量も少なくはないし、行けるかな・・・などと上がっていくのですが、どこまで行ってもうまく車を止められる場所がない。かなり下の方に一カ所あったのですが、入渓するならもっと上から入りたい。

 やんまさんの車は、4駆でもRVでもなく、思いっきりスポーツカーなのですが、躊躇せず「え、確かに轍は残っているけど、ここ車入れるの?」って場所に突っ込んでいきます(運転はやんまさんね)。「さすがに、これ以上は入れない」ってとこまで来て、やっぱり車を止める場所は見つからず。しかも、無理矢理転回していると、ハチの模様をしたアブが「ぶぁ〜ん」と3匹も4匹も5ひきも6匹も・・・いったい何匹来るンだぁ!


 結局、この川はどうも乗り気にならなくて、「やっぱり、T川でしょう」と昨日の川に移動します。ただ、いくらなんでも昨日と全く同じ区間をやったのでは間抜けだし、ちょっと気に掛かってもいたので、少し下流の川幅の広い辺りから始めました。

 私がやんまさんより遅れて川に下りてみると、川は少し濁り気味。日中の雨が、やはりこちらでも降ったのでしょうか?やんまさんが何気なくキャストしながら「この様子だと、ドライはきついかもしれないねぇ」と言った瞬間、「ざばしゃ!」7寸オーバーぐらいのヤマメが「そんなことないですよ〜」とでも言いたげに出てきました。が、やんまさん痛恨のあわせ損ないですぐバラシ。っていうか、私と話していたんですから・・・。

 で、2人とも目の前に魚が見えると俄然やる気が出て、私は大慌てでロッドの準備。やんまさんは次の魚を求めて1つ上のポイントへ。

 すぐに準備が出来た私が、とりあえず先ほど魚が出たところより1mぐらい上にフライをたたき込むと・・・「ざばしゃ!」。見事、7寸オーバーのヤマメを釣り上げました。今回の釣行で、初めてちゃんと釣ったちゃんとした魚なので、デジカメで写真をばしゃばしゃ。やっぱり、ここのヤマメは「この水系の魚です」って感じに特徴があって、しかも、この大きさの魚もこの川で育ってますから、ヒレも綺麗で釣って嬉しいですね。

 そんな感じで釣り上がっていきますが、基本的にこの水系は年に一回しか放流がないのでいい型の魚はなかなか残っていません。それでも、ちびヤマメに遊ばれつつ、20cmヤマメ・・・泣き7寸か?を釣り上げて、さらにその後18cmのちょっと毛色が違うヤマメを釣り上げて・・・堰堤の辺りでやんまさんは橋の上までワープ。私はそのまま釣り上がります。

 これが正解だったのかどうか、その後しばらくは魚の反応が無くなります。昨日は不思議と岩魚が出てきていた区間で、期待していたのですが、あっという間に橋が見えるところまで釣り上がってしまい、もうポイントがないので最後の悪あがきに瀬のど真ん中にフライを打ち込むと、「ざばしゃっ!」「ごん、ごん、ごん・・・ぽよ〜ん・・・」やってしまいました。一瞬見えた魚体は8寸クラス。「あぁぁ・・・最後の最後に来て、これかぁ・・・」と嘆きつつ、すぐ上に同じようなポイントがあったので、「まさか、1mも離れてないしな・・・」と思いつつもキャスト。

 「ざばっしゃ!」「ごん、ごん、ぐいっーっ!」一気に流心を駆け下りられてしまいましたが、今度はちゃんとフッキングしている様子。「おぁ、おぁぁ」などと訳の分からない叫び声を上げつつ、何とか取り込みました。それが、今、このHPのタイトル写真に使っているヤマメ。写真の腕が今一なので、それほどには見えませんが、ヒレも張っていて、綺麗な魚でした。

 そんなわけで、何とか有終の美を飾り、大満足の内に今年の寒河江釣行も幕を閉じ・・・あれ?そう言えば寒河江の話はどこ行った?


 東北まで遠征しても、自然渓流に魚がわさわさ居るわけでもありませんが、川が多い分、あまり知られていないマイナーな川にその川で大きく育った綺麗な魚が居るのは魅力ですね。これで、イワナも釣れたら大満足なんだけどなぁ・・・。


次回は、イワナに挑戦ですね だぁいすけ


釣行記メインページに戻る