2000年7月20日〜23日(第2部)
そして庄内へ

 (前回までのあらすじ)
 寒河江の女神は3度目もだぁいすけには微笑まなかった。逃げるようにして寒河江を後にしただぁいすけは、雨の降らないキャンプ場と増水していない釣り場を求めて、山形県は庄内地方に向かうのであった。果たして、だぁいすけの運命やいかに!お魚1匹のコストはいったいいくらになるのか?!
 ・・・それでは、第2部をお楽しみ下さい。
 なお、第2部は小さな渓流の話になりますので、見苦しいですが川の名前はイニシャルにさせていただきます。


 んなわけで、やんまさんの知り合いに案内されて、まずは庄内のキャンプ場へ。山の上にあり、サイトも綺麗な芝生のキャンプ場。しかも無料?!・・・まぁ、その辺はあまり追求せずに、キャンプ場のある山を下りた所のK川へ。集落の中のなんと言うことのない川で、「上流に行くと、渓相は良くなる」そう。ライズらしきものは見付けられたものの、どうも、怪しげなライズ・・・。

 みんな(4人)も居て、キューちゃんを釣るのが怖かったので、昨年も寒河江から避難して「いい川だぁ」と賞賛したT川へ。上・下・真ん中に沢割をして、私はやんまさんと一緒に真ん中へ。

 堰堤の上からだったのですが、入渓点が見付けられずに鬱蒼と茂った芦原の中を半袖シャツで強行突破。いい加減両腕にみみず腫れができはじめた頃にやっと川にたどり着き「お〜い、こっちから入れるぞぉ〜」と大声で呼ぶのですが返事は無し。「おかしいなぁ」と思ってふと下流側を見ると、堰堤下から楽々入って、堰堤脇を登ってくるやんまさんの姿が見えたのでした。

 時間がないので、最初の大きなトロ場はパス。その上の流れの筋が出ている辺りから始めますが、とりあえずは反応無し。・・・と、思ったら、早速やんまさんがイワナを釣り上げてます。昨年、この辺の区間は全部ヤマメだったので「何ででしょうね?」などと言いつつも、とっとと先行させてもらいます。

 が、すぐにライントラブル。先行を交代して、さらに釣り上がっていくと、すぐに車を止めた橋の下まで来てしまいました。ここで、やんまさんが「やってしまった」らしく、「大きかったぁ、頭がこんなにあったぁ、ドラグかかっているとこに出たぁ」とそう言えば昨年も何処かの堰堤下で同じような情景を見たような・・・諦めきれないやんまさんを後目に、すぐ上の木組みの堰堤を攻めます。

 が、まだ2カ所ほどしか攻めていないところで、すぐにやんまさんが現実世界に戻ってきてしまい「そんな細かいポイントやってると暗くなっちゃうよぉ〜」と脅すので、すぐ上に・・・と思ったのですが「イワナ相手なら、この堰堤の木組みの中を1つ1つ攻めた方が・・・」とスケベ根性を出して、「どうぞ、お先に」などと親切ぶってみたりします。

 魅力的なポイントが多かったのですが、出てくるのはフッキングも難しいようなちびばかり。「しまったぁ、上に行くべきだったかぁ」とやんまさんを追いかけますが、元々釣り上がりのスピードが違うので追いつけるはずがない上に、ちびサイズの魚が私の釣り上がりを阻みます。

 結局フライが見えなくなったところでギブアップ。「やべぇ、今日はボウズだ。今シーズン2回目だ」などと思っていたのですが、考えてみれば朝方に寒河江で釣っているので、問題なし。ほんっとうに、寒河江で釣っておいてよかったぁ。


 で、本日は終了。夜はテントでぐっすり寝ました。明日は、朝一から、この近辺の支流を攻めます。さて、どうなることやら・・・


 第3部「結局は・・・」に続く だぁいすけ
 


釣行記メインページに戻る