2000年7月20日〜23日
東北大遠征の巻

 思い起こせば昨年のGWあたり、初めて寒河江川に行ったとき、まだ雪代が収まっておらず、大増水で青白く濁った寒河江を前に「こりゃ、どうしようもないや」と諦めました。

 その次は昨年の秋、「今度は寒河江で魚を釣ってやる!」と出かけましたが、もろに台風とご対面。ところが幸いにも台風は我々を避けるように進路を取り、「らっきー」等と言って居られたのもつかの間。現地入りしてみると台風とは関係のない大雨で寒河江は大増水。「何とか1匹ぐらい・・・」と頑張るも、そもそも釣りの出来るポイントが少なく、釣果はいつ放流されたのやらちびヤマメのみ。

 そして今回、世に「3度目の正直」とか言うように、雪代の時期は外し、台風が天候に影響を与えないことを確認し、満を持して行ってきました寒河江川。前の週に結構な雨量があったようで多少増水していましたが、今まで「大」の付く増水を経験している私にとってはかわいいものです。朝一にいくつかのポイントに入りましたが、今まさに増水が収まりつつある状況のため魚の反応は無し。それでも吊り橋下のポイントでライズを見つけて、命がけで流心の大岩まではい上がって、何度かキャストしていると沈んだドライにニジマスがヒット。寒河江川で念願のまともなサイズの魚を釣りました。

 魚の活性が上がるのを待つことにして、伝承館前のキャンプ場にテントを張り、お昼寝。13時前ぐらいになると日が陰って来て、そろそろ水量も落ち着いてきたようなので、再び川へ。

 今度は車で対岸のポイントまで移動して、心当たりのポイントまで川通しでたどり着きました。・・・が、まだ水量が多めで、ただでさえでっかい寒河江川なので、どこに的を絞って良いやら解らず。「んー、どうしましょっかねぇ」などと言っていると、ぽつぽつと雨が降り始めました。

 どピーカンのとても釣りにならない状況から、小雨のそぼつくベストな天気に、しかも、目の前でぐんぐん水量も落ち着いていき「これなら今回は本当に『3度目の・・・』だな」などと思っていると・・・。

 最初に、風が強くなりました。「あれれ?」と思っていると、雨足が強くなってきました。その後、10分も経たない内に「どっざぁ〜」っと本降り。よく言う「バケツをひっくり返したような」雨が降ってきてしまいました。

 それでも最初の内は、通り雨ですぐに止むだろうと思っていたので「だぁいすけは確実に寒河江に雨を呼ぶなぁ」などと笑っていたのですが、15分も本降りが続くとさすがにどきどきしてきて「川通しが出来なくなりそうだから、一回戻ろう」となりました。

 ところが、テントを張った場所まで戻ると、雨は小降り。他にテントを張っている人も「あぁ、降ってきたねぇ」ぐらいの余裕の表情です。ところが、やっぱり私が移動したからなんでしょうか、風が強くなり始め・・・「どっざぁ〜」。

 テントの固定をやり直して、とりあえず雨が通り過ぎるのを待ちますが、風も雨も強くなるばかり。雷まで鳴り始めて、どうやっても「寒河江川増水」は避けられない雰囲気です。

 キャンプ場は水浸し、風でペグは飛ばされる、そろそろ今晩の寝床が心配になり始めた頃、同行のやんまさんの知人が寒河江川に到着。まぁ、最悪のタイミング。

 お迎えに外に出てみると、対岸の谷筋で鉄砲水(と、言うより土石流?)が出て、川幅半分ぐらいまでが埋まっており、下流は泥濁りでめちゃくちゃ。しばらくすると、上流でも同じようなことがあったらしく、目の前の流れも泥濁り。少なくとも後3,4日は釣りにならない状況になってしまいました。

 結果・・・「3度目も正直ではなかった」・・・。もしくは「だぁいすけはよっぽど寒河江の神様に嫌われている」。


 と、言うわけで、3度目の寒河江も「理由無き増水」でアウトでした。思うことは「朝一にニジマス釣っておいてよかったぁ・・・・」。

第2部「そして庄内へ」に続く だぁいすけ
 


釣行記メインページに戻る