2000年6月29日
雨の丹沢、声の釣行記

 えーっと、先日から釣行記の執筆のため、現場での記録用にICレコーダーを使ってます。忘れっぽいうえに、釣りしているときには時間の感覚も何もないですから、いろいろとごっちゃになってしまうんですよね。

 で、せっかくなので、ちょっと挑戦的(って、程でもないかもしれませんが・・・)なことをやってみましょう。ICレコーダーに録音したものをそのままPCに取り込んで、下に置いておきました。気が向いたら、DLなり何なりして聴いてみて下さい。だぁいすけの「生声」が聞けます。

 この日は、平日と言うこともあって他の釣り人は1人、しかも沢割をして私がやった区間は誰もやっていなかったと言うことと、雨による増水で渓相が一変して、あっちもこっちもポイントだらけ。しかも、ポイントというポイントに魚が付いていて、正味3,4時間の釣りでたっぷりと楽しめました。但し、ポイントの前後にはどうどうと強い流れがあるために、私の下手な流し方ではなかなかナチュラルに流せずに、あわせ損ないばっかりでした。

 それでも、出てくる魚はいいサイズばかりですし、サイズが小さめの魚は稚魚放流か、へたしたらネイティブなのかもしれないというようなきれいな魚で、言うことなしでした。

 いつもこんなだったら、ずーっと丹沢で釣りをしていてもいいんでしょうけどね。

 それでは、お楽しみ下さい・・・

(ファイルフォーマットはMP3になってます。通常の環境なら、DLしてダブルクリックすれば勝手に開くはずです)
04:10
14:16
16:03
16:33
16:54
18:01


聴く人居るのかなぁ? だぁいすけ


釣行記メインページに戻る