2000年5月27日
自作ロッド入魂

 昨年から作っていた自作ロッドがとうとう完成しました。ブランクは某Tのグラスで、6’6’’#2−3です。ガイドにはちょっと贅沢にクロームライトガイド(だっけ?)を使用し、オレンジのスレッドで巻き上げて仕上げました。まぁ、最近流行のショートロッド、ブッシュマスターもどきと言ったところです。

 で、早速、魂を入れるために丹沢の真ん中の川に行って参りました。今年は調子がいいものですから、入魂に行けばきっちり入魂できると信じ切っての釣行です。本当は知人と待ち合わせて西の川方面に行くはずだったんですが、前日の仕事終わりが遅くて朝一には行けなかった&夕方から別件で予定がある、ということで歩かなくてもすむ真ん中の川にしました(NABEさんごめんなさい)。

 ごそごそと準備をしていると、用木沢から釣り人が下りてきました。ちょっと話をして、心の中では「これで、用木沢は行く価値無いな・・・」などと思いつつ、先日初めての魚を釣った本流方面に入ります。しばらく釣り上がったんですが、さすがに時間が遅いからか反応全然なし。あっという間に支流が二手に分かれるところまで来てしまいました。

 行きつけの釣具屋さんなどで聞く限りでは、右手の沢の方がいいようなんですが、先日一回入っているので「今日は行ったことのない左手の沢にしよう」と支流の入り口から釣り始めると、いきなり反応が(もちろん、油断して合わせ損ない)。次のポイントでは、フライが落ち込みに巻き込まれる直前に20cmクラスのヤマメがふわーっと・・・出てきて、フライをくわえる前にフライが落ち込みに巻き込まれてしまいました。「ここは、タバコ一本分の時間をおいて再挑戦だろう」とタバコを吸いますが、その後は反応無し。それでもとりあえずこちら側の沢は人が入っていないのか、反応があるだけでやる気になってずんずんと釣り上がります。

 しばらくの間反応はあったんですが「ぴちゃ!」ばかりで、魚体は確認できないものの小さそうです。フックに触っていなさそうな魚も、2回目のキャストには出てこないので、私にとっては結構なハイペースで釣り上がります。13時過ぎ頃になって、2つ目か3つ目の堰堤にぶちあたる頃には「さすがに、今回はやばい雰囲気だな・・・まさか、オニューのロッドに『今シーズン初ボウズ』の栄冠が・・・?」と不安になってきます。

 堰堤下10mぐらいの区間はそこそこ水深のある流れが続いていたので、対岸の大石の裏側の茂った木の下やら、ショートロッドの実力発揮の気のトンネルの中まで一生懸命流しました。

 対岸の岸に流れがあたって大きく手前にカーブしている深みがあって「いかにも」な感じだったので、手前の石にラインを乗せるようにしてキャスト。落ち込み直後からのいい位置を流れますが、反応は無し。「だめかぁ〜」等と思いつつ、もう少し下に再度キャスト。「ぴしゃ!」

 気を抜いていてあわせた直後にラインがたるむような状態だったんですが、それでも何とかフッキング。まぁ「ぴしゃ!」ですから、ミニサイズでしょうがそれでも1匹は1匹。オニューのロッドの初釣果と言うことで「ばれるなぁ〜、頼むからばれるなぁ〜」と声に出しながら引き寄せます。引きはそれほどでもないんですが、それでも飛んでこない分10cm以上はありそう。慎重にやりとりしようなどと慣れないことをするもので、石の下に潜られてしまいました。「これでばらしたらしゃれにならん!」と流れの中をザバザバ駆け回って、無理矢理魚を引きずりだしたところで初めて魚体が見えました。「で、でっけぇ」。

 もう、大慌てでラインをたぐって、背中から引きちぎるようにしてネットを構え、バランスを崩して片膝付きながらネットに納めました。丹沢・・・のみならず、自然渓流での最大記録サイズヤマメでした。後で計ったら25cm!8寸ですよ、8寸!オニューロッドの記念すべき1匹目は、こうして記念すべき魚によって達成されたのでありました。入魂完了!

 自慢話はここまでしか続かないので、おしまいにします。が、後になって冷静に考えてみると、もしかして丹沢のヤマメはどう言った理由からかは知りませんが「ぴちゃ!」しか言わないんじゃないでしょうか?もちろん、私の流し方が悪いというのもあるんでしょうが、先日も「ぴちゃ!」「なんだ、小物だよ・・・と、思ったらなんだあの大きさは!」「ぽろーん・・・」ってのがありましたし、考えてみると思い当たる節が色々と・・・ってことは、今まで何匹の8寸クラスを取り逃がしたのか!?

 この辺のことに詳しい方がいらっしゃったら、こっそり教えてくださいね。


釣行記メインページに戻る