2000年5月21日
今度は丹沢で歩きました

 前回の丹沢で「魚いるじゃん」となった私は、気が付くとベストの背中に酒匂川漁協の年券をくくりつけていました・・・で、早速行って来ました。今度は、前回の「真ん中の川」ではなく、「西の川」に。

 そういえば、「真ん中の川」とか「西の川」とか訳の分からない表現をしていますが、ものが自然渓流ですんで中途半端な伏せ字みたいな表現になってしまいます。読みにくいでしょうが、ご容赦のほどを。「今度行くから、まともに情報知りたいんだよ!」という方は・・・いないだろうな。このHPでそう言う情報を求める人は。

 さて、前回は真ん中の川であんまり歩かずに釣果を上げられましたが「さすがにいつまでもそううまくはいかないだろう」と言う予想の元、いよいよ本格的な歩きが必要な「西の川」へと向かったのでした。

 歩き始めは、私としては結構早めの9時過ぎ頃。5分ほど歩いたところで、橋の上から下をのぞき込むと、そこそこのサイズのヤマメがうろうろと・・・思わずロッドを出しそうになりましたが「いや、今日は歩くんだ!」との固い決意の元、敢然と歩を進めたのでした。

 歩き始めてから30分ほど。いい加減疲れてきたので、地形図を出して現在位置確認。・・・まだ、全然目的地までたどり着きやしないことが判明、イヤになる。ふと、林道から下の流れを覗くと、かなりいいサイズのヤマメの姿を発見。あまりにいいタイミングだったのでだぁいすけ内部での会議の結果、「ちょっとだけ手を出していこう」と言うことになりました。

 既にロッドはつないでフライも付けてあったので、少し下流側に回り込んでからしゃがみ込んで様子見。ライズする様子はなし。それでも、かなり浅いところに定位しているので、水面に注意が行っているのはほぼ間違いなし。ほぼ「もらった」と言う状況です。

 で、ぴりぴりと緊張しながらキャスト。頭の中では、「偶然見つけた魚を、見事にキャッチ。これがまたいいサイズで・・・」等と言うことを釣行記に書こうと既に文章校正中。1投目・・・出ず。2投目・・・出ず。3投目・・・。気が付くと10回近く投げていましたが、全く反応無し。おかしいと思って、そーっとのぞき込むと、魚はとっくにいなくなっていたのでした。

 「なんでじゃぁ〜」などと気味の悪い独り言を言いながら、すぐ上にあった大きな淵にキャスト。出ない。その上の瀬にキャスト。出ない・・・気が付くと入渓点はどこへやら。左右に切り立った崖がある中を釣り上がってしまっていました。

 一応地図を見てしばらく行った先に堰堤があるようだったので、そこまで行けば巻き道から林道に戻れるだろうとそのまま釣り上がります。たまに、反応があるのですが、ちびすけばかり。水量も大したことがないので、大物がいそうな雰囲気の場所も見つけられないまま、2段になった大堰堤の所まで釣り上がってしまいました。左右を見渡しますが、堰堤脇にありがちな踏み跡もなく、どこから上がっていいものやら。ともかく、林道がある方の崖を見渡して、何とか取り付けそうな場所をよじ登りました。

 よじ登っている途中のテラス状になった場所で一休みしていると、下流の方からいい勢いで飛んでくる鳥がいます。「どこいくのかな?いいなぁ、堰堤上に行くのもらくちんだもんなぁ」などと思って見ていたら、そのまま堰堤に真っ直ぐ突っ込んで・・・どうも「川ガラス」と言う奴のようで、堰堤の流れ出しの口に巣を作っているようです。それにしても、ずいぶんなスピードで突っ込んでいくもんですね。頭ぶつけないのかな?

 さて、堰堤脇を何とか登り切って林道に出たので、今度こそ目的の支流を目指して・・・歩くんですが、ホントに遠い。ダムの上からしばらく歩いたところの橋でいい加減やになって再び入渓しました。ダムの上は水量も川幅も十分にあって、キャストもしやすくフライ向けの渓相です。帰って明るすぎてしまってあまり近くによると魚がどんどん逃げていきます。何気なくキャストした最初の場所から「ぱちゃ!」。が、フッキングせず。

 さすがにこの辺までのぼってくれば、それなりに魚影は濃いようなんですが、サイズ的にはいまいち。小さい魚が後ろに飛んでいったりして、釣れはするもののちょっと寂しい(いつの間にか贅沢になってる)。それでも反応があれば楽しいので、どんどんと釣り上がっていきます。

 自分としてはかなり釣り上がったつもりになった頃、「そろそろイワナが顔を見せたりして・・・」などと思い、少しイワナっぽいポイントも流し始めました。落ち込み脇の巻き返しやら、大石の裏のえぐれとか。しばらくやっていると、巻き返しで下から魚が上がってくるのが見えて、そのままフライを「ぱくっ!」。「これはかなりイワナくさいぞぉっ!」っと引き寄せると、18cm程(後で計った。この時点ではは20cmオーバーだと思ってました)の・・・なぜかヤマメ。まるっきりイワナの出方だったんだけどなぁ・・・。

 それでも、18cmは私が丹沢で釣った最大サイズ!にこにこしながら写真を撮って、「これぐらいあれば、ストマック取れるかな・・・」などと考えましたが、いざポンプを出してみるとかなり無理そうだったので、釈放しました。

この後も、それこそ飽きない程度に反応があって、釣果はそれほどではないものの、楽しい釣りをしました。やっぱり、魚が多いんですね。但し、釣った辺りは入渓点が多いので「あ、ここから入れるんだな」と言うところからいきなり反応が全く無くなってみたり、逆にそのすぐ上から反応が戻ってきたり、やっぱり先行者のある・無しは影響大きいですね。「朝2時頃には歩き始めて、5時過ぎ頃から釣り始める」なんて人がごろごろしているのも良くわかります。

 ちなみに、帰り道は2時間以上かかりました。反省点は「ウエーディングシューズでは足がもたない」。ソールが薄いので(すり減ってるだけか?)、インナーのソールを入れてやらないときついですね。かなり疲れて、帰ってから泥のように眠りました・・・。


釣行記メインページに戻る