2000年5月1日
忍野のヤマメは今年も相変わらずです

 GWの第2段として、忍野に行って来ました。同行者はかねやん、しょっちゅう忍野に行っている人間なので、うまいことおこぼれに預かろうという計画です。例によって前日から忍野入り。っていうか、その前日の丹沢から直接忍野に行きました。

 朝一でかねやんにたたき起こされ、眠い目をこすりながらとりあえず準備を済ませて自衛隊橋近辺へ。GW中とはいえ、一応平日なのでそれほど混雑もしておらず、いいポイントを確保します。目の前では、これでもかって言うほど忍野らしい風景、丸見えのヤマメがライズしっぱなし。

 どうも、ライズが水面ではなく水面下のものに対するものであるような雰囲気ではあったのですが、とりあえずCDC系のフライを結んでライズしているヤマメに向かって流し込みます。本当に目の前なので、「あ、魚がフライに気が付いた」から「な〜んで、そこで反転するかぁ」までよく見えます。

 釣りはじめから30分で、既にフライパッチは各種のフライだらけ。CDCのダンパターンから、どうやっても見えないような#32のフローティングニンフまで引っ張り出しましたが、魚の行動は変わらず。どうせなら「全く見向きもしない、ライズもしてない」なら諦めもつくんですが、わざわざフライを見に来るものだから、何処かよそへ移動する気にもならない。相変わらず、忍野のヤマメは意地悪です。

 そうこうする内に、対岸に釣り人出現。我々がキャストしているところに平気でクロスさせてキャストを始めました。早戸川とか大規模な管理釣り場で良くある風景・・・。見た目、そんなに初心者とか、そう言った雰囲気でもないんですが、自分のしていることには全く疑問を持っていない様子。ばしゃばしゃ叩かれて魚が散ってしまったので、「まぁ、いいタイミングだろう」とフライをニンフに付け替えて、そこらをうろうろし始めます。なんか、いつもと同じパターンに陥ってきてるなぁ・・・。

 昨シーズンの忍野の釣りで一番好感触だったウエットをつけて、それなりにティペットも太くして、見えている魚をタイトに狙った釣りを始めます。そう言えば、昨シーズンまであれだけ「主」みたいな大物が居たのに、今は全然姿を見かけません。水面には何か油のようなものが流れてますし、空き缶やらなにやら沈んでますし、年を追う毎に荒れていきますね、忍野は。

 で、魚の方ですが、自衛隊橋直下の流心で茶色っぽいマスをかけたんですが「バシャバシャ!」「ぶっちん!」と、やってしまいました。ブラウンはまだ釣ったことがなかったので(管理釣り場は別として)大ショック。へたり込みました。で、その後しばらくあれこれやったのですが、今一ついい反応を引き出せずじまい。ヤマメのライズは相変わらず続いているのですが、またライズにはまり始めると精神的に消耗しそうだったので昼食にしました。

 場所は、最近富士急ホテルの敷地内にできた「忍野フィッシャーマンズテラス」。「ほんとに入っていいのか?ウエーダーこそはいていないものの、ベストに釣り竿持ってるし・・・」などとおそれつつ、ずかずかと敷地内へ。目の前に予想と違って「お食事どころ」と言った感じの建物がありました。ほうとうとおむすびを食べたのですが、ほうとうは下手にどろどろしていなくて私好み。難を言えば、入り口に申し訳程度に置いてあったロッド立てが不安定で、貧乏人の唯一の財産を置いておくにはちょっと・・・。でも、釣り場のすぐ近くに落ち着いて食事したりコーヒー飲んだり出来る場所があるというのはいいですね。流行りはじめたら、忍野の釣り人の情報交換の場になったりするんでしょうか?

 さて、食事が終わってからホテル前で釣りを再開しますが、ここも今一つ。昨年とかなり地形が変わっているような気がします。初めてここに来た3,4年前には、もっと水草が多くてきれいだったんですけどねぇ。20分ほどうろうろしてからとぼとぼと自衛隊橋に戻ります。

 このぐらいの時間になると、ただでさえ意地悪な魚の活性が下がってどんどん釣りにくくなります。つまらないことこの上ないのですが、本日の目標は夕方遅くのヒゲナガですから、まだ帰るわけにもいきません。だいたい、まだ、1匹も釣り上げてないんですから。自衛隊橋近辺で、ニンフを流しながらあっちへうろうろ、こっちをふらふら・・・。

 15時を過ぎた頃になって、やっと本日の1匹目。自衛隊橋の直下で、大きめのニンフを流し込んで釣りました。のっぺりと流れているような忍野の流れの中で、水深1mほどのところにあった強い流れにニンフを乗せると立て続けに2匹目、3匹目・・・。全部ニジマスでしたが、その代わり引きはそれなり。バットの太いスコット君を使っているというのに、結構引きずり回されました。

 やっとボウズを脱出したので、気楽な気分で再びドライの釣りに挑戦。・・・そして速やかに敗退。ホントに、忍野のヤマメは人をバカにするすべを良く知ってます。

 そんなことをやっている内に薄暗くなってきて、目はヒゲナガの姿を求めてきょろきょろし始めます。まだ、十分にフライが見えるぐらいなので「ちょっと早いかな?」と思いつつもフライを大きめのものに交換。魚はどこに投げてもいる状態なので、行き当たりばったりでキャストしていると・・・「ざばっ!」

 魚体が見えなかったので大きさは解りませんが、水面でフッキングした瞬間ものすごいスピードで下流に走りました。ニジマスのスピードとは思えなかったんでヤマメだったんでしょうが、ともかく早かった。10m程下流に走って、あっさりティペットをちぎっていきました。ちなみにティペットは0.6号の鮎用。管理釣り場なら、50cmのニジマスでも何とかなる強度を持っています。なんだかんだ言っても、こういう魚が居るから忍野は面白いんですよね。

 で、イベントはこれでおしまい。その後、暗くなるに従って少しだけヒゲナガが出てきたんですが、数も少ないし、それに誘発されるライズもちょっとだけ。挙げ句の果てにはやっと自分のフライに出た魚は、ことごとくすっぽ抜ける始末。

 結局1日やって釣果はニジマス3匹だけでした。まぁ、昨年は何回かボウズ食らってますから、良かったと思わなくっちゃいけないのかな?


釣行記メインページに戻る