2000年4月30日
丹沢でヤマメ釣ってしまいました

 思い起こせば、もう、2年近く前。Niftyの釣りフォーラムFFHISHの【キャスト】で「丹沢で釣りたいのだけれども、どうしたらいいんでしょう?」と、言うようなことを書き込みして、親切な皆様からいろいろと教えていただいたことがありました。

 丹沢は以前からキャンプやら山登りやらでなじみ深い場所で、かえって「魚いるのかなぁ?」と言う疑問があって、なかなか足が向きませんでした。何回か行ったことはあったんですが、やっとの事で魚が走り去っていくのを見たくらいで、ついつい千曲や忍野や・・・札掛なんかに足が向いていました。

 それでも、家から一番近い渓流と言うこともあってずっと気になっていたので、本日、GWの合間を縫って(縫ってないか・・・)行って来ました。例のごとく前日の夜・・・っていうか、当日の早朝に現地について、あまりに眠かったので「ちょっとだけ眠ろう・・・」と車の中で爆睡。ふと目が覚めると、なんとびっくり、すでにお昼になっていました。

 さすがにGWだけあって、車を止めたあたりは見渡す限り駐車車両の山。ほとんどが山歩きの人なのですが、それでも川の様子を見に行くと、目の前にフライマンが居たりして、「あっちゃー、やっちゃったな」と言う感じでした。

 それでも、ここまで来て引き返すわけにも行かず、林道のゲートまで車を走らせてからそそくさと準備。2.5万分の1の地形図とにらめっこしつつ、「このへんまで林道を歩いてから、適当に入渓しよう」とゲートを越えて林道を歩き始めます。

 本当はもっと上流から入渓するつもりだったのですが、林道から下の流れを見るうちに我慢できなくなって崖をはいずり降りました。降りた場所の渓相は悪くないんですが、この時点では丹沢でそう簡単に魚を見つけられると思っていないので、「まぁ、とりあえずロッド振り回してみようかなぁ」ぐらいでした。

 流れの近くまで降りると、千曲でもよく見かけるカワゲラがぱたぱたと不器用に飛んでいきます。カワゲラっぽいパターンに付け替えようとも思いましたが、昨晩巻いてきた釣り上がり用のスタンダードパターンを結んでしまっていたので、結局そのままで釣り開始。対象魚はヤマメだと思っているので、ヤマメっぽいところを流していきます。

 釣り初めて2つ目の落ち込みで、ドラグがかかり始めたフライにいきなり反応がありました。あまり大きそうではなかったんですが、それでも魚が居るのさえわかれば、やる気が出てきます。いきなりもう一回流したりせずに、たばこを一服。その間、水面を見ていましたが、別にライズがあるわけではないようで、魚はどこにいるのかわかりません。

 たばこを消してから、ともかく先ほど反応があった場所にきちんと流れるように慎重にキャスト。1投目は反応なし。「やっぱだめかなぁ」と思いつつ、もう1投・・・「ばちゃ!」

 もう、うろたえまくって、ロッドを持って踊るようにして合わせます。「あ〜、また、ばれそうな気がする。ここのところ、ずーっと、そういうパターンだもの・・・」と思っていたら、珍しくちゃんとネットに収まってくれました。

 サイズ的にはほとんど「幼児虐待」でしたが、それでも記念すべき丹沢での初ヤマメ・・・というより、丹沢の(札掛以外で)初めての魚。写真を見ていただくとわかるように放流ものでしょうが、私にとってはものすごく貴重な魚です。思わず、ばしばしばしばしとすごい数の写真を撮ってしまいました。


 リリースした後になって、さらに喜びがわいてきて「うひひひ・・・」などと、一人でにやけまくりながら、「さぁて、次の魚だ」などと、さっきまでの「そう簡単には・・・」はどこへやら。すっかりその気になって釣り上がり始めました。

 その後、200mぐらいの間で、何匹かフライに出て、フッキングもしたんですが、こいつらは全くの幼児虐待で、#16のフックがようやく口に入るぐらいのサイズばかり。「あらら・・・稚魚放流がいっぱいだぁ」などと、贅沢なことを言いながら釣り上がっている内に、だんだんと渓相が険しくなってきました。

 小さすぎるポイントや、浅い場所はパスして、落ち込みの後にある程度の深みが続く場所だけを拾っていきます。が、魚の反応はなし。「そうはうまくはいかないかぁ・・」とまた、緊張感がとぎれ始めたところに、ふと後ろを見ると、後続の釣り人が・・・どうやら、私が釣り上がるのを待っていてくれたようです。

 私の釣り上がりペースは異常に遅いので「ちょっとペースをあげてすぐ先に見えている堰堤あたりで先に行ってもらおう。どうせ、この先支流が入って二股に分かれることだし」等と思い、ちょっと焦りつつ流れを挟んだ対岸の石の間にキャスト・・・「ばっしゃ!」

 今回はちょっと大きい。「最初のやつよりは大きいな、後ろで見ているあなた、すごいでしょ、僕って」などと、不遜なことを考えた瞬間・・・ぽよよ〜ん。「あぁっ!ばれたぁ!」・・・がっくりと膝をつき、大きな石にもたれかかりつつ後ろを見ると、しっかり見られていたようで「やっちゃったねぇ」という暖かい笑いをいただきました。

 「もう、とっとと上がっちゃおう」と思って、本当に良さそうなポイントだけ流していきます。堰堤が近くなって、周りが開けてきたところに「これは」と言うポイントがあったので、ちょっと慎重にキャスト。

 「ぺちゃっ」とかいって、どうもまたミニサイズがいるようです。「まぁ、それでも少しは大きいかもしれないし、もう一流ししよう」と、もう1投。「ぴちゃっ!」小さそうな感じでフライに出ました。

 「う、やっぱし」と思いつつ、フッキングしたようなのでラインをたぐると、木の枝か何かを一緒に釣ってしまったようでぐいっと重い。

 「なんだよ〜」と言いつつ、もう一回ラインをたぐると、「ばしゃん!」魚が水面をはねました・・・「うげっ、でっかい!」。いきなりサイズが上がったので、尺あるんじゃないかとか思いましたが、後で冷静に考えてみると25cmUPってところでしょうか、それにしても大きい。この時期、こんなところに、あんなサイズのヤマメがいるもんなんでしょうか?それとも、もしかしたら、念願のイワナだったのか・・・

 まぁ、「だったのか?」でおわかりの通り、あっさりばらしてしまいました。「どうせミニサイズ」などと思っていたのが敗因なんでしょうが・・・釣り上げたかったなぁ・・・。

 その後、二股に分かれてからは、開けた場所が少なく、しかも堰堤が多いために流れがぶつ切りになっており、今一つ気合いが乗らないままに幼児虐待を2,3回して明るい内に納竿としました。それにしても、ちびのくせに食い意地が張っている魚が多く、フッキングするまで10回近くフライに出てきたやつなんかがいて、大きくなるのが楽しみ・・・なんだけど、秋には居なくなっちゃうのかなぁ?


さぁて、今シーズンのターゲットは決まったなっと だぁいすけ


釣行記メインページに戻る