2000年4月15日
千曲に行ってきた(続編)

この前の、続きです。

 最初のポイントで2バラシもしてしまい、目の前が暗くなったので、とっとと釣り上がります。が、どうもその先いいポイントがありません。水量が少し少な目で、浅い瀬ばかりになってしまっていて、瀬の途中のちょっとした深みを攻めたりしますが、全然反応なし。あっという間に500mほど釣り上がってしまい、堰堤下に出ました。

 この堰堤下がまた、少しは深い部分があるものの、流れが半分伏流になってしまっていて、「ここぞ」と言うポイントは1,2カ所。そこを流してしまうと、やることが無くなってしまいました。

 魚の反応がないと、途端にやる気が失せて、しかも、徹夜で運転してきた疲れが出てきて眠くなります。いったん車に戻って作戦を立て直すことにして、河原をぶらぶらと歩いて下りました。

 最初のプールまで戻ってくると、またも目の前でライズ。ライズさえあれば眠気も吹き飛ぶのが正しいフライフィッシャーですから、今度はいきなりキャストしたりせずに、少し観察してみます。

 サイズはそれほどでもなさそうなんですが、ライズフォームはかなり激しいもので「まさか、ヒゲナガでも出てるんじゃないだろうな」と流れの脇でライズの対象を見極めるために座り込んで観察します。うーん、なんてフライフィッシャーっぽいんだ。

 そういえば、先ほどから、このプールにばかりツバメが飛んできて、なにやら一生懸命虫を捕っているようです。でも、私にはその虫が見えません。5分もするとマッチザハッチを好むフライフィッシャーのまねごとにも限界が来て、ライズが起こっているところより下流に立ち込んで、虫を探します。

 流れに立ち込むと目の前の水面を何かがすーっと横切っているのが見えました。慌てて追いかけて捕まえようとしますが、虫の方が一枚上手で、ネットで捕まえようとした瞬間に飛び立ってしまいます。不思議なもので、一回虫を見つけると、周り中で同じ虫が水面を横切っているのが見えてきました。どこからとも無く突然現れて、そのまま上流に向かってしばらく水面を滑っていったかと思うと、かなりな勢いで飛び立って見えなくなってしまいます。

 結局捕まえることはできなかったのですが、どうも相手はガガンボのようです。それが水面をすいすい走り回っているから、あんなに激しいライズが起こっていると言うことがわかればこっちのもの。フライをCDCを使ったガガンボのパターンに取り替えて、ライズのあった場所に放り込みます。

 フライがだいたいうまい場所に落ちて、流れが単純なおかげでうまいこと流れて、でも、ライズのあった場所は何事もなく通り過ぎてしまったので「うーん、そううまくはいかないかぁ」と気を抜いた瞬間、「ばしゃっ!」さっきまでのライズと同じで、かなり激しいフォームで出ました。気を抜いたところだったのが幸いして、いつものような早あわせにもならず、今度こそちゃんとフッキング。

 20cmそこそこのイワナでしたが、昨年の解禁直後からほぼ1年ぶりの千曲本流のイワナ(まともなサイズ)。しかも、ハッチしている虫まで観察して、それに合わせたフライで釣るという・・・まるで、ちゃんとしたフライフィッシャーのようだ。

 同じ場所に何匹か魚が着いているらしく、取り込んで居る最中にも別の場所でライズしてます。すぐに、そっちのライズを狙おうかとも思いましたが、それよりもまずお魚のおなかの中身で答え合わせをしなければなりません。

 写真を撮った後に、「ごめん、もう少し我慢してくれぇ」などと、釣り人特有の不気味な独り言を言いつつ、ストマックポンプを引っ張り出しました。うまく、魚の胃袋にポンプが入ったんですが、なぜか、うまいこと吸い出せません。そのまま、ゆっくりとポンプを引き出してみると・・・「うわぁぁ」

 なにやら大きな芋虫のようなものが入ってました。後で詳しい人に聞いたと頃によると、ハッチしていたのとは別の大型のガガンボのラーバらしいです。

 他には、謎の黄色い卵のようなもの。これも、「餌釣りの餌じゃないか?」と言う話があったのですが、それにしては小さすぎ、何かの卵ではあるんでしょうが、今のところ不明です。他にも、カゲロウのニンフやらなにやら入っていましたが、肝心の「ガガンボ」は1,2匹・・・おっかしいなぁ?完璧なマッチザハッチの予定だったのに・・・。「答え合わせ」は30点ってとこでしょうか?

 これで調子づいて、その場所にあったライズを4つか5つ取りましたが、釣り上げたのは1匹だけ・・・。ことごとく「ぷるぷるっ、ぽよーん」っとばれてしまいました。ほんと、このところ、こればっかりです。

 それでもまぁ、だいたい満足できた頃になって、雨足が強くなってきたので、一回車に戻ります。「さぁて、どうしよっか・・・」等と考えている家に、いつの間にか眠り込んでしまいました。


 気が付くと、時間はすでに午後4時。すでに、イブニングです。先ほどいい思いをした場所は、すでに他の人がやっていました。それじゃぁ、今日はまだ行っていないいつもの場所へ・・・と思って、赤面橋下、体育館前などに行ってみますが、どこも少ないなりに人が居て、いまいちいい場所がありません。仕方なく、居倉の集落まで上がったり、支流を見に行ったりしましたが、結局いい場所が見つからないまま、気が付くと1時間以上経っていました。

 さすがに気が焦ってきて、ともかく赤面橋まで戻ると先ほどまで居た人はどこへやら(雨降ってるから、帰ったんでしょうが)。ありがたく堰堤下までの区間を釣り上がりました。

 すでにドライでは雨にうたれて釣りにならなかったので、お得意のニンフを沈めながら釣り上がろうとした、その最初のポイントでいきなり1匹。これも大きくはありませんが、気持ちよく釣れてくれました。

 今釣れたのと似たような場所だけを攻めていくと、100mほど上の堰堤までで2回ほど反応があり(もちろん、ばらしている)、堰堤にたどり着くと・・・

 昨年もこの場所は秋の大雨の影響で工事が入ったりしていましたが、今年は工事こそ無いものの、堰堤下の流れが1本に集まってしまい、ものすごく深い淵になっていました。あんまり深すぎてどこをせめていいものやらわからず、適当にそれらしいところを攻めていると、2匹ほどすごい勢いでインジケータを引き込んで「来たか!大物が来たのか?!」と思わせて置いて20cmクラスと、なかなかに熱い思いをさせてくれました。

 結局、暗くなってきて、雨も本降りになってしまったので、この2匹でおしまい。本流らしい型は見られませんでしたが、それでも、短い時間でぽこぽこフッキングして(あぁ、「釣り上げて」ってかけないのが悲しい・・・)、1日楽しめました。いつもこうだと、世の中楽しくってしょうが無いんでしょうけどねぇ・・・。


おしまい


釣行記メインページに戻る