2000年4月15日
千曲に行ってきた

 長かった冬(=車故障中)もやっと終わり、金曜日の晩に修理の出来上がった車を取りに行きました。釣り人から、解禁直後に車を奪うのはもうやめてください>神様。

 ともかく家に戻って、普段車に積んでいる釣り道具を詰め込む内に、むらむらとわき上がる感情を抑えきれずに、ノートPCで釣り場までのルート検索など始めてしまいました。最初は丹沢辺りを検索させていたんですが、丹沢だったら別にナビゲーションなしでも十分にいけます。「そーだ、千曲に最短時間で行けるルートなんてのを検索させてみよう・・・」とやっている内に、気が付いたら検索させたルートをひた走っていました。

 最初は「途中で眠くなっちゃうから、丹沢辺りで適当に・・・」等と思っていたんですが、久しぶりのドライブでうきうき気分の私は、ついつい東名に乗って丹沢をすっ飛ばしてしまい、「じゃぁ、忍野辺りで・・・」と考える間もなく御坂峠を越えて甲府入りしてしまいました。

 天気予報は先週に引き続いて雨だったんですが、5時前ぐらいから明るくなってくる空は「今日はいい釣りが出来るかも」と期待させます。結局6時過ぎに川上村について、駅前の花屋さんで日釣り券を購入・・・した頃には、既に雨がぽつぽつと・・・。花屋のおじさんに「雨降っちゃってますねぇ」などと言いつつ、最近の放流状況などを聞き出します。いつも、赤面橋辺りに行ってしまうので、今日はもう少し下流に行ってみようかな・・・。

 ・・・なんて言っている間にも、雨は降り続き「もしかしたら」と言う淡い期待はうち破られました。どっちにしろここまで来て引き返すようなお利口さんではないので、朝ご飯用に買ってきた牛丼を胃に詰め込んでからばたばたと釣りの用意。7時少し前に釣り始めました。

 車を止めた場所は上下に釣り人が居ないことを確認してあったのですが、牛丼を食べている内に餌釣りの人が目の前まで下ってきてしまっていました。「あちゃ〜」と思いつつも、その人を横目でそーっと観察・・・判定、「そんなにうまくない!」。この辺のやり方がどうもせこいね・・・などと思いつつも、フライと餌の釣り方の差もあるので、これなら釣り上がっても何とかなりそうだと、外気温5度の雨の中、#16のドライを付けて釣り上がり始めました。

 釣り初めて30m程のところで、いかにもこの時期魚が付いていそうな場所を発見。2,3回流していると、思ったより下の方でライズらしきもの発見。しばらく観察していると、次のライズ。ライズの対象は不明だったんですが、それでも目の前に魚が居るのがわかれば気合いも入ります。やたらと緊張しながら、ライズめがけて・・・「ばしゃ」「よおっしゃぁぁ!」。見事にフッキング。・・・の、後、2秒でばらし。

 雨のせいで、人が少なかったんで助かりました。雨の中一人で「よおっしゃぁ」とか叫んでるわ、「あぁぁぁっ!なんでだよぉっ!」ってへたり込むわ、釣りを知らない人が見てたら、かなり変ですよね。

その後、ドライでしばらく粘るも反応なし。どうもそのポイントがあきらめきれないので、ニンフを流し込みます。先ほどライズがあった場所の上流辺りから、うまく流れ込むように・・・。あたりは、よくわかりませんでした。何となく、インジケーターの動きがおかしい気がして、ゆっくりロッドを煽ると「くくくくっ!」「あぁっ!」・・・そしてまた2秒後に「ぽよーん」・・・。呪われてる・・・。

昨シーズンの後半ぐらいから、ずっとこうなんですよね。その前までは、やたらと強いあわせで合わせ切れとかさせていたんですが、今度はフッキングが甘くなっちゃって、すぐばらすんですよ。どうしたらいいんでしょう?

すっかり意気消沈して、そのポイントをあきらめて釣り上がりを再開しました。


・・・つづく(なんじゃ、そりゃ)


釣行記メインページに戻る