2000年3月19日
伊豆の川

 昨シーズンに計画して、とうとう行かずじまいに終わってしまった伊豆の某渓流に行って来ました。

 ところが、仕事が忙しかった私は、出発を目前にした土曜日の晩にまだ仕事中・・・深夜0時頃に私の地元を通りかかる知人の車に拾ってもらう予定だったのですが、23時頃に車で仕事先を出ると、第3京浜が事故で渋滞中。渋滞中、大渋滞中。しかも、釣りに行くために真面目に仕事をしてしまった後遺症か、ものすごい寒気。どう考えても「風邪」です。

 待ち合わせの時間にもとても間に合いそうもなく、一時は「今回はパスします」と携帯に連絡を入れたのですが、渋滞が解消すると今までの混雑が嘘のようにがらがらになり、結局コンビニで食料を仕入れているみんなと合流してしまいました。

 かなり高熱が出ているようで、寒いしふらふらするし、まともに立っていられない状態だったんですが、やんまさんの「釣りに行けば治るでしょ」の言葉に何となく納得。行きがけの車の中では眠らせてもらうことにして、釣行強行!馬鹿ですねぇ・・・

 で、行きの車の中ではやっぱり死にそうになってまして、途中で購入したマスクをして死亡。目的の川に着いた頃になって何度か目を覚ましたんですが、全然調子が良くなっておらず、夜が明けて皆が釣り始める時にも「もう少し寝てます」と言ってmuroさんのテントを借りて爆睡。

 昼前になると、皆が一通り釣りをして戻ってきたんですが、いまいち調子が良くないようで小さいのを何匹か釣ったとかばらしたとか・・・移動する事になったんですが、何せ土地勘のない場所なもので、皆であーだ、こーだと言いながら車を走らせること数時間・・・結局めぼしい場所が見つけられずに元の流れに戻ってきました。

 今度はもう1本の支流に入ってみようと言うことになったのですが、死にそうな私はここもパス、車の中で爆睡です。爆睡っていうか、死にそうになって倒れていると言った方がいいのかな?

 15時頃になって、やっぱり調子が良くないようで皆戻ってきました。私が寝ている間にも、ずいぶん車が通っていましたし、かなり小規模な流れの割には釣り人は多かったようです。

 さて、遅い昼食を取ってから「最初にやった流れをもう一度やって終わりにしよう」となったので、さすがにここを逃したら何しに来たのかわからない私も参戦。ふらふらしながらウエーダーを履き、流れに降ります。

 久しぶりの自然渓流は、水量がちょっと少な目。やんまさん、muroさん、我来也さん、私の4人で釣り上がるものだから、ポイントも限られてきますし、初釣行・初ボウズが熱でうなされる私の目にはっきりと見えてきた頃・・・

 やんまさんが、やらかしました。小さいとはいえ貴重なアマゴ。少なくとも、釣れる魚が居ると言うことを証明されてしまっては、言い訳も聞かなくなってしまいます。こりゃ、困った。・・・なんて思っていたら、その直後にmuroさんもアマゴとご対面。これでもう、まるっきり言い訳のきかない状況です。

 すっかり追いつめられた私と我来也さんは先行して釣り上がっていくのですが、全く反応なし。途中で、やんまさんのドライに反応があったらしい場所にニンフを流し込んでみたりしますが、それでもだめ。そんなこんなで、20分もすると体力が続かなくなり、先行の我来也さんを後ろからぼけーっと見てたりして・・・

 しばらくして、夢の世界から帰ってきた私の前には、小さな堰堤がありました。とりあえず、我来也さんは下にいるので手つかず。堰堤下だけに、深みもあって、いかにも魚が出そう・・・。「ここでだめなら終わりだな」等と言うことを何となく考えながら、それっぽいところにフライを落とすと・・・「ぴちゃ」「うりゃ」「すっぽーん」・・・。めでたく、今シーズン自然渓流発のすっぽ抜け。

 それでも、目の前にフライに反応する魚が居るとなると気合いが入ります。ちょっと休んでから、もう少し上の筋にフライをへろへろ〜っと流すと・・・「ぴちゃ」。やっとフッキング。あわてて強く引き寄せると、そのままゴボウ抜きになって魚が宙を舞う・・・。自然渓流1匹目の魚は、宙を舞って私のネットに収まりました。

 自然渓流でボウズじゃないってことで、今シーズン自然渓流初釣行は成功でした。但し、その後1週間風邪で寝たり起きたりの生活になってしまったんですが・・・。釣りができればそれでいいのさ。


釣行記メインページに戻る