2008年6月7日

で、もちろん、札掛

釣行記もですね、これだけ久しぶりだと、何から書き始めたものやら・・・。自分がどんな文体で書いていたのかも、昔の釣行記を読み返さないと思い出せない始末です。

で、昔のを読み返してみると、『案外、読めなくもないな』と思ってみたり、そうかと思えば、あまりの稚拙さに『何でこんなもの、Webで公開しているんだ』と、恥ずかしさにいたたまれなくなってみたり。そして何より、日付を見て自分が積極的に釣行記を書いていたのが大昔であることに気がついて、愕然。

本当に最近は活性落ちまくり、釣行もかなり久しぶりです。釣行記に至っては丸々1年以上のブランク明けになってしまいました。なんだか歳を食いましたし、車も変わって、もう、峠道はノロノロ登っていくしか出来ません。当然フライも巻いていませんし、キャストすると当たり前のように#16のエルクヘアを見失います。周りの皆さんも似たようなもののようで、最近一緒に行っていないどころか、1年以上お会いしていない方々ばかりになってしまいましたね。。。

でもまぁ、細々とフライはやっています。んで、多分、いつまでたってもやっていると思います。
何だかんだ言っても、フライを結んで川に立ってしまうとやっぱり、私はフライフィッシャーのようです。

さて、もちろん、札掛に行ってきましたので、久しぶりに釣行記をお届けします。

ここしばらくは、週末になると雨。で、たまに晴れれば大雨の直後。春先から色々と忙しく、やっと落ち着いて釣りにいけると思ったらそんな天気ばかりで、すっかり腐っていましたが、なんとか晴れ間を縫って出かけてきました。

久しぶりに、しかも、車を変えてからははじめてのヤビツ峠は「こんなにもきつかったか!」と、途中で休憩を入れようかと思うほど。前の車は古いこともあり、ガソリンをぶちまけて走っているようなものでしたが、ぶちまける代償としてどれだけのパワーを得ていたのかを今更実感。こんなことでは宮ヶ瀬ルートは心許ないですし、いわんや道志道や、どっこい御坂峠や、いよいよ馬越峠なんて考えたら、もう。。。(全部わかる人は私と行動範囲が重なってますw)

まぁ、後でわかったところでは、シフトを”S”の位置にすれば楽に山道を走れるようになってたんですけどね。自分の車なのに・・・よく解りません、CVT

さて例のごとく、お昼過ぎに丹沢ホームへ到着。ホームでご無沙汰のご挨拶、も、そこそこに、我慢しきれなくなって早速釣り支度。本日のお客さんは10人程度らしく、心配していた水量も上から見る限りでは問題なさげ。家を出るときには気持ちよく晴れていた空も、うす曇りになってきていよいよベストコンディション。いまだに毎回、ボウズを恐れながら札掛で釣りをする私ですが、今回ばかりは好条件、ベストタイミングの様子。

ホーム前の駐車場に停めた車の後ろでいつものロッドを準備して、フライは無難にエルクヘア。岩魚ゾーンから始めようかとも思いましたが、「札掛橋の辺りがいいですよ」とアドバイスを受けていたので、様子見がてら下まで歩きました。このところの雨のおかげで瑞々しさを増している木々の隙間からちらちらと見える川は、なにやらとてもいい感じ。すぐにでも川に下りたいのを我慢して、ともかく札掛橋へ。

橋についたところですぐ下流のポイントを見ると、さすがにここには人が張り付いている様子だったので「んじゃ、『下のプール』はどうかな〜」と、上流側を見ると・・・あれ、なんかおかしい。水量が増えているときにありがちなんですが、普段流れのないところに流れが出来ていて、それで・・・「うぁ、プールがないじゃん」。

さすがにびっくりしました。昨年の大雨やら何やらでずいぶん渓相が変わったとは聞いていたんですが、なんと、『下のプール』と呼んでいたところが丸ごとなくなってフラットな流れに。それも、水量が増えてプールが大きくなったというのではなく水深のあった場所が土砂で埋まって、丸ごと瀬に変わっていました。

びっくりしつつも、「これじゃ、この辺から始めるのはボウズ警報の元だ」と思い、さらに下流へ。とりあえず降りられるところから降りて、川辺に立ってまたびっくり。道路から見ているのとは大違いで、少し水量が多いどころではなく、流心は轟々と音を立てて流れていて、対岸まで渡るのは至難の業。無理やり中州まで渡ってはみましたが、私の体重を持ってしても中々に勇気のいる行動でした。

轟々と音を立てるかのような流れではさすがにフライを落とす気になれず、「久しぶりの札掛第一投目は、もう少し期待の持てそうなところにしよう」と、目ぼしいポイントを探しながら下流方面へ。中州が切れて川が合流するところ、すぐ先には深さのあるカーブがあり、反応はともかく常時かなりの数の魚がストックされたポイントまでたどり着きました。

ところが、ポイントは目の前なんですが、激しい流れのため対岸へ渡れません。落ち込みの上から下流に向かってフライを落とすわけにもいかず、渡れる場所を探してうろうろしますがとてもとても・・・。ウエーダーを履いてからずいぶん時間がたったにもかかわらず、まだ、1キャストもしていません。「しょうがないからここから釣り上ってみよう」と上流側を向いてすぐ、落ち込みの脇で岩の陰になっている巻き返しがあり、だぁいすけ基準ではよだれの出そうなポイントだったので、とりあえずキャスト。

久しぶりの割にはうまくフライが落ちて、落ち込みからの波にもまれながらもうまく流れに乗りました。「ゆるゆる〜っと流れて・・・この辺で『ぱしゃっ!』と!」と思った場所で、なんと思った通りに出ました。もうまるで、何かのビデオでも見ているような状況です。・・・で、このHPでパターンとしては、その後あわせ損なったとか、フッキングしたのに落ち込みに巻き込まれたとか、そうなるのが普通なんですが、何とびっくり、そのまま素直にネットに収まっちゃいました。

収まったのはそこそこいいサイズの岩魚。そこそことは言っても、自然渓流で釣り上げたら間違いなく18枚から27枚ぐらいは写真を撮るであろうサイズ。しかも、理想的な釣れ方で、本日の一投目。これでもう、今回の釣行記ネタはOK。そして、大釣りの予感。

・・・まぁ、そんなにうまく行くはずはないわけで。その後しばらくはブランクの長さ&水量の多さのために思うように釣りが出来ませんでした。明らかに自分のいる中洲側からではアプローチが不利で、まともなポイントはことごとく流心を跨がなければならず、当然のようにラインが流れに巻き込まれて1秒も流していられません。かといって、対岸に渡ることの出来そうな場所はなし。何度もトライしようとしては予想以上の流れの強さに引き返すことの繰り返し。仕方がないので、流せるところだけながしつつ、とっとと札掛橋の下まで上がることにしました。

中州が終わり、橋が見えてきた辺りでまた、よさげなポイントが。流れの真ん中に大きな石が頭を出していて、上からの流れが左右に分かれた後、また合流しているような場所。この辺りだと川幅も広くなっているために、その分水流も弱くなっており、教科書に載っているようなポイントになっていました。もちろん、フライを流さなかったはずがありません。

石にラインを引っ掛けるようにしつつ、石ぎりぎりにフライを落とし、すかさずロッドを高く上げて自然に流せる長さを確保。おかしな釣り方ばかりしているので、こんなことばかりうまくなっている私。フライはティペットに引きずられてはいないものの、石裏が軽く巻き返しているので、少しふらふらとしてから、すーっと流れ出して、「この辺で・・・!」「あれ、もう少しか・・・!?」「ぬぅぅぅぅ・・・」と言っている間に流せる限界になったので体を起こしてピックアップ、の、寸前に「ばしゃしゃっ!」

これまたいいサイズの・・・背中が見えました。「ばしゃしゃっ!」で、背中も見えて、ってことはドラグが掛かっていて魚の方でも食べ損ね。私の側から見れば、明らかに流す場所間違い。正確には場所は合っていましたが、慎重に流すべきはもっと下流側でした。

後から見ればよく解るんですが、流れを良く見ると、私が流した場所は左右に分かれた流れが合流する直上から、直下まで。で、魚が出たのはさらにその下、合流した流れが落ち着いて、30cm程真っ直ぐに流れてから、後。魚から見れば、左右の流れに乗ったお食事メニューが一つに集まって、さぁ、食べようかとした所で予想外の方向へ流れていったんですから、そりゃ、慌てるでしょう。

こういう、ポイントを探す「目」と言うか、「勘」というか、ブランクがあると真っ先に駄目になりますよね。これは、ずいぶんとリハビリが必要そうです。。。

さてその後、色々言いつつも、やっぱり札掛。増水等のコンディション中・後にありがちなんですが、釣れる魚がいいサイズに統一されていて、しかも、綺麗。水量が増えても対応出来る魚ってのはやはり、ある程度の期間生き残ってきた連中なのかな、なんてことを勝手に想像していますけどね。

釣れたのはほぼヤマメで、8寸越えばかり。終盤、どうしてもイワナが好きな私としては、イワナが欲しくて欲しくて仕方がなくなったので(と、なぜか言い訳をしつつ)、落ち込みに沈めまくったウルトラヘビーウエイテッドのニンフもどきを食ったイワナは、久々に「イワナ釣ったぁっ!」と思わせてくれる「ご、ご、ごんっ!」と言う引きで楽しませてくれました。

と、言ったところで、釣行記も終わりですが、まぁ、あれです。札掛に行っておけば間違いないですよw


釣行記メインページに戻る

『近所の釣り場』トップへ