2007年1月4日

今年の釣りを占ってきました

あけおめ とか ことよろ とか。

そんな、すっかり廃れきった挨拶を交わす間もなく、とりあえず年が明けたところで、初釣行に行ってきました。行き先は言わずもがなの、札掛。

家を出てから、何度通ったかわからない道をナビに指示させて、札掛に向かいます。・・・が、気がつくとなぜか、知らないルートを通っている。宮ヶ瀬側から回り込むのがいつものルートになっているのですが、今日は秦野からヤビツ峠を越えて入ろうとしたのが間違いの元。秦野辺りまでまで出たので油断してナビ通りに走っていたら、いつの間にかもう一度、宮ヶ瀬に向かうルートに乗せられていました・・・。

ま、この辺、土地勘がない人とか、私の方向音痴ぶりを知らない人には面白くないので、この辺にして。

札掛に着いたのは11時過ぎでした。まずは、無線で先に来ていた友人と連絡を取ってから、丹沢ホームへいってご挨拶と入漁券の購入。今年も、年賀の手ぬぐいをいただいてしまいました。実はこの手ぬぐいは、うちの子供の食事用前掛けとして、大活躍している・・・なんてのは、また別の話。

この時期、日照時間よりも日差しの角度の問題で、いい時間はせいぜい3時までなので、焦っています。「それなら、もっと早く来ればいいんじゃ?」なんて指摘は結構です、聞こえません。ホームから、下の駐車場まで、わずかな距離を車に乗って行って、下のプールで友人と合流。

新年の挨拶をしつつ、近況報告。って、言っても、報告し合うのは去年の釣りと、今年の釣りの予定です。今日の釣りはといえば、友人はもう今年の1匹目を釣り上げた後だそうなので、とりあえず私が先行。問題はどこに入るかですが、この時期、この時間、その他色々考えても出てくる結論は一つ。「札掛橋下」

待ち合わせは下のプールだったので、いったん道路に上がってから札掛橋下へ。運良く他の人もいなかったので、早速入渓して、橋の直下ポイントに陣取ります。「さぁ、今年の釣りを占う1投目ですよ」とかいいつつキャスト。その途端・・・何も起こらず。いきなり魚が出るとか、都合良くフッキングするとか、ネットにおさめてみたら尺サイズだったとか、『こいつぁ春から縁起が・・・』なんてことは何もなし。せめて、後ろの木でも引っかければ、ネタになるのにねぇ。

ちなみにこの日のシステムは、、、
  ロッド:いつものG882に#3乗せたもの
  リーダー:今日交換したバリバスの5x12ft
  ティペット:使い古しの鮎糸0.5号3ftほど
  フライ:#16半沈みパラシュート黒
何かこう、時期とか状況とか一切無視して、楽しい釣りが出来る時期の幻影に踊らされている感じですね。

ともかくここのポイントは、道路側の浅瀬をまじめに攻められるかどうかで明暗が分かれることはわかっているので、バシバシ叩かないようにして、慎重にキャスト。4回程流したところで、「ばしゃしゃっ!」。明らかに、ドラグがかかりまくったフライを追いかけるライズ。頭の中では「これを合わせちゃダメだぁぁ」と声が聞こえているのですが、右腕は私の意志と無関係にロッドを跳ね上げてしまい、見事にすっぽ抜け・・・というか、魚がフライに追いついたのかどうかも怪しい。驚いた魚は、もう一度出てくるほど心が広くはなかったそうじゃ。

仕方がないので「ポイントを休ませよう」などと戯言を言いながら、対岸の岸際を攻めることにします。時期的に水深があって、流れも緩いところを攻めるのが定石だろうと、岸際の岩ぎりぎりを一生懸命流します。偏光グラスを掛けているので底に魚がいるのは見えているのですが、全く反応なし。ドラグを気にしたり、レーンを気にしたりしながら何投かしましたが、魚はぴくりとも動かず。

大体、1・2投目あたりは集中力全開で、流れるフライを追っています。同じポイントで3投、4投と繰り返し始めると、ちょっと気も緩みますよね。さらに、5回も6回も流した日には、流すレーンもいい加減になり始め、フライを追うのも「あれ、どこいっちゃった?」ってなもんです。

あとから、このHPのポイントガイドを見てみたら、書いてありました。「奥の深みじゃなくて、手前の流心を攻めろ」って。すごいなぁ、このガイドを書いた人(自分ですがw)。その通りでしたよ。中途半端に流し損なったフライが手前を流れたところで「ばしゃっ」っと来て、もちろん合わせ損ない。なんかこう、怖いですよね、ブランクとかそうゆうことで、ダメダメになっているいる自分を認識するのって。。。

道路側で失敗して、対岸で失敗したので、今度は上流側。橋の真下で小さな落ち込みになっている、その流れ出しを狙います。自分の立っている場所からは、流れを一つ、斜めに横切る感じ。いま、自分で書いていても結果が見えますね。当然、どうがんばってもドラグの嵐。それでも魚が出ましたが、フライのスピードに追いつけないで空振り。すごい、私のフライ、この瞬間に札掛最速でした。・・・全く意味はないですが。

そんなこんなで、今年最初の魚が釣れたのは、再び道路側を攻め始めてから。さっきはフライを落とさなかった岸際ぎりぎりに落としたら、結構素直に出てきました。一応、私の手よりは大きなヤマメ。ここでやっと友人から「あけましておめでとう」を言ってもらえました。ホント、良かった。ボウズじゃなくて。

その後、ホームで食事にしてから、午後は初心者プールへ。相変わらず初心者プールは、初心者に限らず来る者全てをどん底に突き落とす地獄のプールでした。と、いいつつ、ニジマス2匹を追加。その後、珍しく初心者用プールの呪縛から逃れて、最後はまた、札掛橋下へ。

さっきと同じ場所に入って、少し攻めますが、すっぽ抜けしただけでギブアップ。「ポイントを譲る」と称して、自分は下流側の良さそうな場所を攻めに行きます。流れの感じも良く、魚がいるのも見えるのですが、、、さすがに日も陰って寒くなっていますし、ドライに出る状況でもなさそうです。「沈めた方がいいかなぁ」と結び換えようとしたところで、友人が無線で「ポイントをサンキュ〜」と、しかも、ドライで。

その後、もちろんドライのまま、橋の下まで釣り上がりましたが、特に何もなし。年末の雨のおかげか、水量がいい感じで、盛期なら最高のポイントがいくつもあるのですが、まぁ、この時期に#16のドライで攻められても、魚も困るんでしょう。

が、ここで1日が終わってしまうのには問題が。最初にヤマメ、プールでニジマスを釣りましたが、(私にとっては)肝心のイワナを釣っていません。で、この辺、今年の釣りを占った結果だと思いたいのですが、最後に橋の下でニンフを流していたら、突然イワナがかかってきました。しかも、いい型。ぎりぎりで3種類制覇を果たして、気持ちよく初釣りを終えることが出来ました。


釣行記メインページに戻る

『近所の釣り場』トップへ