2003年8月24日

札掛、チャンスかも

また、札掛に行ってきました。最近めっきり釣行ペースが落ちていて、「これはいかん」と釣りに出かけることにしたんですが、どこに行ったもんやら見当もつかず。家から道志・忍野・千曲等々どこに行くにしても同じようなルートなので、どこにいっても使っているScottの#2ロッドと、念のために#4ロッドも積み込んで、とりあえず車に乗り込みました。

少し渋滞がありましたが、いいペースで厚木あたりまで出て、なんとなく東名の入り口は通過してしまったので千曲と忍野は候補から外れました。と、いうより、ここまでくると後は道志に行くか、管理釣り場で札掛・裏丹・ハイブリッド・・・大穴でリバスポぐらいです。

で、もしかして道志マニアが現地にいるかもしれないと電話してみましたが、「家だよ〜、忙しくてさ・・・」とのお返事。どうも最近、私の周りではみんな釣行ペースが落ちているようです。残念。

宮ヶ瀬湖の辺りまできて、直進なら道志、右折すれば札掛という交差点で「まぁ、時間も遅いし、この時期道志に行っても茹で上がっていて釣りにならないのは目に見えているし・・・。どうせ管理釣り場に行くなら、札掛でしょう」と右折。一気に丹沢ホームを目指しました。

・・・と、目指したまでは良かったんですが、時は観光シーズン真っ盛り。宮ヶ瀬側からの狭い登りに普段こんな峠道を走ったこともないようなドライバーの車がうじゃうじゃと・・・当然のごとく、あっちでもこっちでも車同士のすれ違いができずに車だまりが出来ていました。選択の余地があるのなら、今の時期はヤビツ峠を越えて入ったほうがいいかもしれません。まぁ、あちら側は道が広めな代わりに、観光客と登山客で交通量はもっと多いとは思いますが・・・

そんなこんなで、普段の倍近い時間を掛けてやっと、丹沢ホームに到着。下の駐車場は満車。ホームの前の駐車場はまだ、2,3台の余裕がある。と言うような状態。「しまった、結構混んでるか・・・」と思いつつ、とりあえずは入漁件を購入に行きました。

入漁券を買いながら話を聞いてみると、実は山のように停まっている車はほとんど全部ホームに泊まって遊んでいる(いや、まぁ、釣りも遊びですが・・・)人のもの。釣り客の方はほとんど入っていないようです。実際、この日1日でほかの釣り客の姿は3,4人しか見ませんでした。途中で休憩をしているときにもAさんに話を聞きましたが、どうも、最近は普通にこれぐらいしか釣り客がいないようです。「独占状態で釣りがしたい!」と平日に仕事をサボってまで行った札掛で「みんな、おんなじこと考えてる〜」と泣いていた日々が嘘のよう。札掛ファンの人々は、今が、チャンスみたいですよ。

で、釣りのほうですが。実は、釣りをはじめたのはもう、1時近くなってから。家を出る時間も遅く、さらに宮ヶ瀬から上がってくるルートの渋滞でそんな時間になってしまいました。この間は最下流から上がったので、今回はとりあえず初心者用プールへ。

一番下の段は、例年のごとく子供用プールになっているので、中段から上をチェックしてみますが、さすがに太陽が真上にあるこの時間、魚影は見えているものの、とてもじゃありませんが、フライに反応するとも思えず。唯一、最上段のプールは日陰になっているので、とりあえずはそこにいる(はず)の魚を狙ってみることにしました。

ちなみに、初心者用プールでのライバルは0人。釣りしているのは、私だけ。あせる必要もなく、悠々とフライを結び、ラインを伸ばして少し、離れた場所からキャスト。ラインを右岸の石に乗せ、リーダーから先がうまく流れるように・・・と、いきなり魚がフライを追って、「ぱしゃっ!」

・・・と、魚が水面に出たときには、すでにフライにドラグがかかっていました・・・。当然かすりもせず。んで、せっかく悠々としていたのが、この瞬間に熱くなってしまいました。本当はHPのネタ用にデジカメで写真をたくさん撮っておこうとかいろいろ考えていたんですが、結局暗くなるまでに撮影した写真は数えるほど・・・まぁ、その分釣りを楽しんだとも言えるんでしょうけど。

ここの魚は、それほど辛い思いをすることもなくネットに収まりました。ほとんど流心ど真ん中に定位しているので、そうだろうとは思っていましたが、まぁまぁサイズのヤマメ。もちろん、自然渓流で釣れれば大喜びサイズではありますけどね。

その後は、そのまま岩魚ゾーンへ突入。しばらくは、先行者の跡がまるでなし。途中、栄光学園の山荘辺りから先は先行者のものと思われる足跡がありましたが、柔らかい砂地についているだけで、石に濡れた靴後がついていたりすることもなし。多分、今日この区間を釣るのは私がはじめてか、悪くても半日は時間が経っていそう。久しぶりなので頭上の木の枝に悩まされつつも、水深のあるポイントを叩いて行きました。

が、しばらくは「出るけど乗らない」ばかり。後になって気がついたんですが、このとき使っていたフライは視認性優先で巻いたもので、ハックルも少々厚めに巻いていました。で、その厚めに巻いたハックルをカットするのを忘れていて、どうやら、それがことごとく魚の口をはじいてしまっていたようです・・・。気が付くまでは「どうしたんだ、札掛の魚はいつからこんなに捕食が下手になったんだ!」なんて言っていたんですけどね・・・。

で、クリッパーで下側のハックルを切り取ってチャレンジ。慎重に「あの落ち込みからの流れは、少し奥に向かって流れて、隣の落ち込みからの流れとぶつかって、あそこでちょうどいい流速になってるし、水深もいい具合に深くなっている・・・多分、魚はあそこのいい位置についてるはずだから、その上のあそこにフライを落とせばうまく流れるし、ラインは逆に手前側に落としてあの石に乗せてしまえば・・・・」と一生懸命にない知恵を絞って一人作戦会議終了。実際に、この日のコンディションでは魚は素直に一番いい位置についているようですし、そのポイントは水深といい、流れといい、申し分なしなので、魚がいることはほぼ間違いありません。

満を持して、キャスト。もちろん、前後と頭上の木の枝を確認し、引っ掛けて台無しにしてしまったりしないようにするのも確認済み。この距離なら、集中していれば10cm以内の正確さで狙ったポイントにフライを落とせる自身も、有り。正直、もう、釣れたも同然。

「うりゃ!」・・・フライは、狙ったポイントの4,50cm下流、まさに、魚が定位しているであろう、その頭を叩くように落ちました。ご存知のとおり、岩魚ゾーンの一番上には大堰堤があり、そこで巻き起こった風が上流から下流へ吹き抜けているんですね。その風にあおられたフライは「ふわっ」っと下流側へ流されていきましたとさ。全然、慎重になれてないし・・・

ところが、まぁ、ついていたと言うか、もろに頭を叩いたフライをそこに居たイワナ君が「ごはんだっ!」とフライ着水の0.3秒後にぱっくりくわえて行きました。フライを加工した効果もあってか、しっかりとフッキング。久しぶりに「ごん、ごん、ごん!」と気持ちのいい引きを味わって、まぁまぁサイズのイワナ。流れのゆるい場所に寄せてデジカメで写真を取りまくりました。

その後、すぐに、最上流の堰堤にたどり着いてしまいました。出た数の割に、釣り上げたのは1匹だけ。「魚がいるのはわかっているし、でも、もうドライには出ないだろう・・・と、言うことは」と、ヤーンマーカーを取り出し、フライを最近めっきり聞かなくなったMSCに交換。「このやり方も、久しぶりだなぁ」といいながら、イワナゾーンを釣り下っていきました。

当然、ねらいは落ち込み後の深みで、しかもこの後まだほかの場所もやりたいので、いかにもと言う場所だけを選んでフライを沈めて行くと、やっぱり「いかにも」と言う場所でマーカーに異常な動き。三平くんのように「ほぃっ!」の掛け声であわせて釣り上げたのは、尺は無理でもなかなかのサイズのイワナ。もともと深いところにいたのが、さらに流心の下にもぐりこんでしまったために、2つ下の落ち込みまで行って取り込みました。

休憩をはさんで、第2部。今度は吊り橋のところまで下って、そこから釣りあがります。なぜ、ここかと言うと、休憩の間に「この間の雨で、土砂が流されていいポイントが増えてる」と情報を仕入れていたから。この辺りはある程度広さがあって、流れも落ち込みと落ち込みの距離が比較的広いのでいい場所なんですが、水深がそれほどないために今ひとつ魚のつきが悪かった・・・と、言うよりも、1人釣りあがってしまうと、それでその日は終わりと言うような雰囲気がありました。それが一気に変わったというほどではありませんが、それでも、一部、先行者の足跡が消えずに残っているような状態で、ドライへの反応がありました。

反応はあったんですが、釣果はいまいち。また、すっぽ抜け病が始まりました。今度のフライは半沈型のアントなので、ハックルが弾いてしまうようなこともなさそうですし、原因不明。まぁ、単に最近の釣行回数の少なさで腕が落ちて、流し方がまずいだけという気もしましたが・・・。この区間では、イワナだけ2匹(かな?)。ただし、いいところからいい感じに出てきてくれたので、気分は良かったです。朝一にこの区間をやったら、楽しいことになりそう。

そのまま、ホーム下の堰堤を越えて初心者用プールに出たころには、すっかりイブニング。この時間になっても初心者用プールにはまったく人影もなし。ならば、イブニングはここでやらなくてはもったいなくてばちがあたります。残念ながらライズは確認できませんでしたが、光線の具合が良くて下流側から魚が定位している姿が良く見えました。

フライを少しハックルが薄めのものに交換して、ティペットも6xを延長して、プールでの釣りにふさわしいシステムに変更。中段のプール、流れ出し付近は狙いにくいので、もう少し上の狙いやすく、かつ、やる気のありそうな魚が定位しているのを狙ってキャスト。フライ着水直後に1匹見に来て・・・Uターン。30cmと流れないうちに、次の魚が・・・Uターン。ドラグのかからないぎりぎりまで粘りますが、ことごとくUターン。最後の最後に魚が水面を割りましたが、ドラグかかかっていたためにフッキングせず。「・・・忘れてた。自分で『地獄の初心者用プール』って名づけてたんだよなぁ・・・」

ともかく、少しでもドラグがかかっていれば見破られる様子。ティペットはちゃんと扱える長さぎりぎり近くまで長くしてあるので、とりあえずポジションを変えて、ドラグ回避を狙いました。・・・が、それでも、Uターン。かなり限定されてはいるものの、レーンに乗せることが出来ればフライを見にくるんですが、直前で1秒ほど躊躇した後にことごとくUターンしていきます。ティペットを見ているのか、フライが怪しげなのか・・・

いい具合に熱くなりながら手を変え品を変えキャストを繰り返します。無理やりにフライ先行で流し込んでも、躊躇するのが1秒から2,3秒に増えるだけ。フロータントで浮き方を調整してみたりしますが、その程度で騙されてくれるはずもなし。そうこうする内にすっかり疑われてしまったのか、反応もなくなってしまいました。

悔しいので、フライを高く浮くパターンに交換。水中にフライが入ってしまうと見破られるなら、完全に水面に乗っけてやろうと言う作戦。ドライシェイクをすり込んで、水面を転がっていくぐらいの勢いにして挑戦。

・・・今度は、まるで無反応。ライズがないことから考えても、どうも、基本的に水面に意識が向いていないようです。「気になるけど、わざわざ水面まで出て行くのもなぁ・・・」なんて声が聞こえてきそう。

また、フライ交換。今度は、何の変哲もないソラックスパターン。ただし、今までは濃色系を使っていたので、今度は明るい黄色にしてみました。結果的にはこれが正解・・・だったのかどうか、まったくわかりませんが、何投かする内に「あぁっ、もう、気になるなぁっ!」と言う感じで1匹出てきました。

出てきたのは,ニジマス。20cmちょいのやつでしたが、苦労して釣っただけあって満足。それにしても、ニジマスも鍛え上げられるとここまで渋くなるんですねぇ。すれ切ったヤマメやイワナは手の出しようがなくなることもしばしばですが、ニジマスだって負けていませんね。むしろ、あれだけ好奇心旺盛なくせに、なかなかフライをくわえない分、釣り人を熱くさせるという点では上なのかも。

その後も引き続きあれこれ試して見ますが、同じ幸運は2度は続きませんでした。夢中になっているうちに偏光をかけたままではフライが見えにくいような状態になってしまい、「こうなったら・・・」と今度は目先をがらっと変えて大きめのEHCを引っ張り出しました。

フライを結んで「えいっ!」「ばしゃん!」と、あっさり魚が出てきました。2匹目のニジマス。あんまり簡単に出てきたので「なぁんだ、こういうことだったのか!」と答えが出た気になり、暗くなってしまう前に釣りまくってやろうと、いそいそとリリースして、もう一度「えいっ!」「・・・あれ?」

・・・まったく、見向きもしてくれませんでした。

それからしばらくやっていましたが、思うように反応を引き出せないまま終了。結局、ここで釣れた魚は「してやったり!」と言うような釣れ方はしてくれませんでした。2匹とも、多分、偶然。リアクションバイト。フライの真髄とも言える「騙し切って、釣る」ことは出来ないまま・・・。恐るべし、初心者用プール。

まぁ、なんだかんだで満足できた1日でした。他の釣り人が多くてストレスが溜まるようなことはありませんでしたし、釣れた数は少ないですが、すっぽ抜けたりしたのを含めれば、いわゆる「飽きない程度に」魚の反応がありました。楽には釣れないけど、全然だめでやる気が失せるようなこともなし。これでこそ、札掛。


釣行記メインページに戻る

『近所の釣り場』トップへ