2002年10月12日

札掛、やはり恐るべし

千曲も道志も忍野も禁漁になっちゃったし、丹沢はまだ行けるけど、でも、この時期のヤマメはフライの相手はしてくれないし・・・。と、言うことで、管理釣り場シーズン到来。もう少し寒くなってくると河口湖が静かになって「河口湖シーズン到来!」になってしまうので、期間は短め。で、当然行くでしょ、札掛。

前日にやんまさんと待ち合わせの約束をして、本当は夜から移動のはずが、夕方歯医者に行ったら夜になって麻酔が切れて大変なことに。ちょっと、我慢が効かなかったのでもらった痛み止めの薬を飲んだら、今度はものすごい眠気が・・・当たり前か。あまりに危険なので、明日の朝行くことにして、ともかく眠る。途中、歯がむずがゆくてほっぺたを枕に押しつけたりしたので、痛くて目を覚ます。

朝になって・・・いや、一応、朝です。9時前だったし(笑)・・・顔も洗わずに車に飛び乗る。時間が惜しいので、新湘南バイパスを1(ピー)0kmですっ飛ばして行く。途中でナビが「この出口で下りろ」と生意気なことを言ったが、ここで下りると宮ヶ瀬側から札掛に入ることになる。それでは、道が悪くて遅くなるので、ナビを無視してもう一つ先の出口を使い、ヤビツ峠側から行くことにする。

ナビの指示した出口を過ぎて100m程で、前方に車が見える。しかも、走行車線と追い越し車線の両方。・・・っていうカ、ブレーキランプツイテル、アブ・アブナイ!ギコギコ・ピー!・・・1(ピー)0kmからフルブレーキ。ABSをゴリゴリ言わせつつ、減速すると同時にハザードランプ。緩いカーブになっているので、後ろの車が突っ込んでこないかとドキドキしながら前の様子を見るが、渋滞の原因は不明。まぁ、今までこの道路で渋滞にはまったことなどないし、先の方で車が事故って居るか、橋が落ちたか、ゴジラがやってきたかなのは間違いなしだが・・・

とりあえず、ナビに謝る。ナビの言うとおりにすれば良かった。渋滞は全く動かず、まさかバックして行くわけにもいかないので、脱出の方法がない。ともかく、追突することもされることもなかったことをカッパくんに感謝し、諦めてテレビなぞを見始める。一応、やんまさんの携帯に電話してみるが、さすがに札掛にいるのに繋がるはずもない。

(『カッパくん』 だぁいすけの車に生息して、センターコンソールでお守りを抱えている。車が事故を起こすのを防いでくれる。前に乗っていたパジェロから唯一移住した。カッパくんが乗るようになってから、事故を起こしていないので、もう、怖くておろせない。)

テレビの番組が1つ終わる頃になって、ようやく車が動き始めた。じわじわと動いて、しばらくしてやっと事故現場に到着。トラックが横転して、荷物が散乱したらしい。スーパーか何かに納品のトラックだったようで、色々と面白そうな段ボール箱を警察と道路公団が一生懸命道路脇に積み上げていた。なかなか笑える光景ではあったが、おかげでずいぶんな時間のロス。一気に前が開けたので、ワープして次の出口に向かう。

R1で平塚を抜けて、東海大前を通り、R246からヤビツ峠への登り口からは、燃費を考えない運転で事故を起こさない程度に頑張って上り詰める。本当は「うごぉ〜!」と言いながら全力で登って行きたいところだが、この時期は紅葉見物で普段この辺りを走らない車も多いので、危ない。ブラインドのカーブで平気で車を停めて車線を塞いだまま紅葉見物してたりとか、すれ違いが出来なくて道路がふさがってたりとか・・・

そんなこんなで、昼前になってやっと札掛に到着。札掛橋を渡って、左折。丹沢ホームに向かって登ろうとすると・・・「ガー、ガガーガー」いきなり、子供の乗ったチャリンコが道路に飛び出してくる。しかも、坂道を下っているので、結構なスピードで。もちろん、子供なので安全確認などなし。「札掛に、ついたぁ」と油断していたところでもあったし、もしも少しタイミングがずれていたら、間違いなくひき殺している。そんなチャリンコがなんと数十台。一番後ろから、テレビ局の車が走っていったので、何かの撮影なんだろうが・・・。また、カッパくんのおかげで難を逃れて、感謝しつつも丹沢ホームへ。ちなみに、下の駐車場は目一杯。道路脇も凄い数の路駐。

「これじゃ、車、上にも停められないなぁ・・・」と思いつつ、ホームに着くと丁度一台空きがある。「ラッキー!」と車を停めると、後ろにはピカピカの新車が止まっている。「この車種で、ピカピカで、しかもこのナンバーってことは・・・やんまさんのだよな、どう考えても」。車は、即発見。後は、本人を捜すだけだが・・・居ない。とりあえずは、ホームに行ってご挨拶。久しぶりなのであれこれ話を・・・するのも良いが、とりあえずやんまさんを捜さないとどうしようもないので探索開始。

・・・しばらくして、見つからないので諦めて車に戻ったところでやんまさん発見。で、そのまま昼飯。もちろん「おまかせ定食」で「カレー」でした(笑)。久しぶりのホームのカレーをモリモリ食べる。食べながら今日の状況を聞くと、やはりお客さんは多めな様子。でも、やんまさんは既に何匹も釣っていた。「相変わらず仕事が速い」と思っていたら、「一番おいしい時間は、もう、終わっちゃったけどね」って・・・。毎回、言われてる気がするなぁ・・・(笑)

食事を終わって、とりあえずは一番下まで行ってみることにする。札掛橋の所から脇道に入り、川の様子を見ながら下っていくが、あっちにもこっちにも人が居る。途中からは、入りようがなかったので一番下の堰堤の所まで行ってみるが、すぐ上に人が居る。「しょうがない、堰堤ぎりぎりから入って・・・」と下流を見ると、そこにも人が。さすがに割り込めないので、また、上に戻る。

橋まで半分ぐらい登ったところで、少し、空きがあったのでそこから入渓。すぐ目の前に流れが岸際の岩盤にブチ当たっているところがあり、流芯の向こう側がいかにもな感じ。やんまさんに勧められて、とりあえずは私が狙う。

上も後ろも嫌な位置にボサがあるので、「えぇい、面倒だ!」と流芯の手前側まで立ち込んで狙う。緩くなっている流れにフライを落とすが、反応無し。どうせ、釣り上がろうにも上は詰まっているので、もう一投。今度は少し長目に流してやると、ちらりと、魚影が確認できた。フライをくわえなかったのは、警戒していたと言うよりも、間に合わなかった感じ。「これなら、何とかなるかな?」と、しばらく粘る。

流芯脇の緩い流れを長目に流してやると、反応はするが、水面に出てくる前にフライが流れきってしまう。かといって、もっと緩い流れにフライを落とすと出てこない。まぁ、今日のこの混雑で、誰でも狙いそうなポイントに残っている魚なので、当然一筋縄ではいかないのだろうが・・・それにしても、ちょっと困る。どうしたものか、しばらく頭をひねって出た結論は「もっと、長く流そう」。

フライをすぐ上の落ち込みに巻き込まれないぎりぎりに落として、何とか魚の出る筋に流し込むことにする。そうすれば、フライの流れている距離が長くなり、魚が水面に出るのも間に合うだろうという単純な考え。が、理屈はそうでも、ただでさえ流しにくい場所なので、そうそう上手くいくはずがない。キャストを繰り返すが、落ち込みに巻き込まれるか、全然違う筋に流れていくかで、なかなか、思ったようには流れてくれない。

休み休み5,6投もしたところで、やっと、思ったところにフライが流れる。「よーし、、よし。そのまま、そのまま・・・」。が、あと20cmも流れれば魚が出るはずと思っていたところで、フライが消える。「あれっ!」とあわせると、しっかりフッキング。まぁまぁのサイズの岩魚とご対面となりました。ちょっと予想外の場所で出たので、びっくり。狙いはどうあれ、釣れてしまえば1匹は1匹。デジカメを持ってきていなかったので、やんまさんに撮影をお願いしてHPのネタを仕入れる。

そのポイントにはまだ魚が居たが、そこばかりやっていても面白くないので上へ。人と人の間を縫うようにして、小さなポイントを攻めていくが、さすがにそれほど反応はない。小さな段差が連続する中の小さなスポットで1匹追加。他にも1,2回出たが、フッキングできず。この時には気にもとめていなかったが、後になってから考えてみるとフッキングしなかったのは、千曲の支流でお目にかかるようなお子様サイズ。やっぱり札掛も何処かで再生産があるんだろうか?

途中、人が多くてどうしようもない駐車帯下をパスして、その上の二股をやんまさんと別れて釣る。この区間は最初しばらく大きな落ち込みが続くので、ここぞとばかりに久しぶりのだぁいすけインジケーター出動。・・・が、不発。魚がいれば何か反応があってしかるべきの所は全部攻めたので、魚が居ないか、沈めものに反応する気がないかのどちらかとは思うが・・・。それにしても、「ともかく、数を稼ごう」と思って沈めたのに何の反応もなく、ちょっと自信喪失。

札掛橋下までたどり着いて、また、上が詰まっているので、煙草を吸ったりして休憩モード。やんまさんは、対岸の石裏に出来た弛みを狙っている。しばらく時間が経ってから、ふと振り向くと、やんまさんが丁度フッキングさせたところ。ずいぶん苦労していたので「してやったり」の表情。「あそこに何匹も居て、ライズしてるんだよぉ。やって良いよ〜」と言われてのぞき込んでみると、確かに何匹か定位して、あろうことかライズしている。もちろん、お言葉に甘える。

で、まぁ、当然ながら難しい。手前の流芯にラインを取られないように、しかも反転流に下流側からフライを乗せてやらないと、反応してくれない。やんまさんと比べてロッドが長いし、リーチもあるので少しは有利なはずだが、それでも、なかなか思うようには流れてくれない。魚の方も気まぐれで、その一帯をうろうろしているので、「よし、これなら反応するはずだ!」と上手くいったときには、下流の方にお散歩に行っていたり、逆に失敗して下流側に落としてしまったフライをピックアップしようとするとフライに出てきたり・・・。

自然渓流なら、最初に失敗した時点で何処かへ居なくなってしまうので諦められるのだが、そこは、人間に慣れた管理釣り場の魚。少し、間をおいてやれば、またフライに反応し出す。でも、釣れない。何度も「う、うぉっ!」「あがっ!」と、小さな叫び声を上げながらキャストを繰り返す。私にも、横で見ているやんまさんにも魚がフライに反応するのが丸見えなので、フライを流して、魚が上がってくるのが見えると緊張で息が止まる。で、魚に「ぷいっ!」とされて、「はぁぁ〜」と息を吐き出す。

しばらく息を止めたり吐いたりした後、このままでは窒息死してしまいそうなので諦める。このまま、ここで一日終わるわけにもいかないし・・・。で、今度は横で見ていたやんまさんが再チャレンジ。・・・この後、やんまさんがその魚を引き出してしまったので、そのことは悔しいから書かないことにする(笑)(ちなみに、予想外のヤマメ君でした)。

そんなこんなで時間をかけている内に、そろそろイブニングの場所を考えながら釣りをした方が良さそうな時間帯になってしまった。「下のプール」は当然人で一杯なので、その上の小さなプールまでワープ。何故か、一級ポイントのここが空いている。やんまさんは早速「今日は、このパターンの所を攻めるのが正解だ!」と本日の攻略法を実践。私も少し上をちょっと叩いた後、すぐ上から吊り橋の下までがフライを沈めるのに良い渓相なので「インジケーターに再挑戦!」と釣り上がる。

すぐに、インジケーターを付けようとしたが、目の前がなかなかいい感じなので、とりあえずドライを落としてみる。1つのポイントをやり終わって目線を上げると、そこにもまた良いポイントがある。ついつい狙いたくなって、何度かフライを落とす。と、あっさり魚が出てきた。場所が場所なので、引っこ抜くようにしてランディング。これも、札掛レベルでなかなかのサイズの岩魚。

こうなるともちろん、味を占めて次のポイントもドライで叩く。次の次のポイントももちろん・・・気が付けば、吊り橋の下までドライで釣り上がってしまっていた。最初の1匹の後にも反応はあったが、フッキングには至らず。やんまさんも、プールでの釣りには満足した様子で後ろから上がって来た。気が付けばもう、かなり暗くなっている。というか、寒い。日が落ちてしまってからは、シャツ一枚ではどうしようもないほど寒い。

吊り橋の下で少し、頑張ってみるが、反応もないまま寒さに負ける。ロッドをしまって、対岸に渡る間にもぐんぐん暗くなり、車に戻る頃にはすっかり暗くなっていた。やっぱり、もう、秋なんですねぇ。


釣行記メインページに戻る

『近所の釣り場』トップへ