2002年1月2日

釣り初めは札掛から

2001年12月30日に、やっと、河口湖でニジマスを釣り上げ、「これで、21世紀が迎えられる〜」と2年ごしの願望を果たし(昨シーズンから、釣れていなかった・・・))、12月30日だけの21世紀を過ごした後、明けて、2002年。「釣り初めはどこに行くべきか?」と、迷う間もなく、2日には札掛に行って来ました。

笑ったのは、珍しく早めに家を出ようとして、ちょっと付けたテレビ。正月2日のイベントと言えば・・・そう、箱根駅伝です。一応、母校の選手が頑張っているので「今年は、少しがんばれよぉ〜」などと見ていたのですが、よくよく見ていると、走っているのはもうそろそろ家の近所?!

車を出して、R1に出る道に入ってから気がつきました。「目の前、箱根駅伝走ってて、通行止めじゃん!」。仕方なく必死に駅伝に影響されないルートを考えますが、家から札掛に行くためにはどうしても何処かでR1に近づかなければ・・・。最初にこけたせいで、この後R129等の渋滞にも巻き込まれ、宮ヶ瀬側の峠の入り口についたのは既に11時ちょっと前。

そこから、狭い峠道を自分にとってはぎりぎりのスピードで登っていきましたが、半分ほど来たところでフロントガラスに白いものが・・・。「なぁぜ、雪が降る・・・。さっきまであれだけ晴れ渡っていたのに・・・?」さすがにスピードは出せず、ゆっくり運転で友人の待つ丹沢ホームに到着した頃には丁度お昼ご飯の時間でした。

とりあえずはホームで新年のご挨拶&お任せ定食。外は白いものが降り続いています。なぜか、この友人と初釣りに来ると、必ず雪が降っているような・・・それに、『初釣りin札掛』では、ボウズを食らったことがあるような・・・。

私が到着するまでに、既に今年一匹目を釣ってしまっている友人は「この天気じゃ、もう、釣り出来ないかもねぇ〜。俺は、もう、釣っちゃったからいいけどね〜」などと余裕しゃくしゃく。食後も「寒いからコーヒーでも飲んでからいこうかぁ?」と寝言を言っているのを無視して、とっとと入漁券を購入して初心者用プールへ直行。「ともかく一匹」を目指します。

プールが1つ空いていたので、ともかくそこに陣取り、先ずはライズがないかどうかしばらく観察。この時期の札掛らしく、プールの流れは殆ど止まっているような状態で、そんな中何匹かライズしている魚が居ましたが「水面フラット」「クルージングしながら」「対象は目に見えないミッジ」とはまって死亡する要素がてんこ盛り。「これを相手にしたら、新年早々恐ろしい結果になってしまう・・・」と、フライはニンフを結び、インジケータ無しの『見釣り』で勝負をかけます。

手を換え品を買え、実際にはフライを色々換えて、とりあえず白っぽいフライの方に反応があったので、最近、知人が使っているのを見て「いや、そりゃ、どんなもんなんですかねぇ〜」などと評価しつつ、家に帰ってから速攻で巻いた真っ白のMSCを結びました。が、反応はするものの、なかなかくわえてくれず。この手のフライの宿命として、魚に2,3回見せてしまうと、途端に反応が悪くなります。

仕方なく、今度は色とサイズを変えて真っ黒のミッジニンフ。さすがにこれでは見釣りは出来ないので、粘土マーカーを少し付けます。少しでも流れのある場所に落として、魚の鼻先までフライを持っていくと・・・「ぱく」。

「よし、食ったぁ!」とばかりに、鋭く合わせると、一瞬「こつん!」と引っかかった感触があってから、すっぽ抜けてきました。魚は一目散に下流の方へ・・・。上から流し込むと、こうなるんですよねぇ、とほほほ・・・。

色々試しましたが、今一つ効率が悪いので、もう一回、見釣りに戻しました。フライはロイヤルコーチマンのウエット。下流側からだと光線の具合が良くなかったので、インジケータはつけたまま。やっぱり、少しでも流れのあるところでないと辛いので、対岸よりの僅かに流れている辺りにポトポトフライを落としていきます。2,3投目にフライが落ちた瞬間、ちょっと上流寄りにいたヤマメが反転、水面に頭半分出す勢いでインジケーターをくわえていきました・・・

さすがに、一部始終が見えていましたし、新年1匹目がこれでは寂しいので合わせなかったのですが、こんな時に限って見事にフッキング。プールの中を走り始めてしまいました。一瞬「かかっちゃったんだから、とりあえず釣っておいたほうがいいよ〜」という悪魔のささやきが聞こえた気もしましたが、やはり、1匹目は気持ちよく釣りたいので、ともかくラインを弛めて「たのむ、外れてくれぇ〜」と言っていたら、何とか外れてくれました。危ない、危ない。

気を取り直してもう一度。今度はずっと狙っていた大きなイワナに・・・スレがかり。またも、悪魔のささやきは聞こえていましたが、せめて魚の上半分にかかってくれればいいものを、かかっているのは尾鰭の付け根。これでは、さすがに釣ったとも言えなさそうなので、仕方なくまたラインを弛めて「外れてくれぇ〜」。「これでボウズだったら、えらい後悔なんだろうな〜」などと考えつつ、ともかくお魚さんに気に入って貰えるまでフライ交換。

また、しばらく色々やっている内に、やっとの事で今年の1匹目。但し、流して食わせたのではなくて、フライを落とした音に誘われて反射的に食いついた山女でした。それでも、ちゃんと口にフッキングしていたので、問題なし。これが今年の初釣果でした。さて、いい加減、地獄の初心者プールにはまっているのでは、せっかく札掛に来た意味がないので、友人に声をかけておいて、堰堤の下におります。釣り方はもちろんお得意のヤーンインジケーター&ヘビーウエイト。

この時期の札掛は、水量が少なくなっていることもあって、お得意の仕掛けではなかなか攻める場所が見つかりません。かといって、瀬の中に魚が居るはずもなく、もしいたとしても、フライに出てくるような状態ではないので、ポイントを探してずんずん下っていきました。

しばらく下ったところで、落ち込みの直後が狭い水路のようになっていて、水深のありそうなポイントを発見。無精して、上流側からフライを落としました。実際にフライを流してみると、水路の手前側に当たる岩は下が深くえぐれていて、いかにも魚が付いていそうでした。ちょっと気になったので、3回か4回フライを流していると、いきなりインジケータが吸い込まれて、慌てて合わせるとずっしりとした手応え。

上流側からだったので、ちょっと体制が悪かったのですが、使っているロッドは日本の渓流には不要なバットの太さを持ったすこっつ君なので、半ば強引に広いところに引きずり出そうと・・・「うぁっ!」。

ロッドティップが水面に付きそうなぐらいの反撃を受けて、慌てて岩の上をジャンプしながら下流側へ移動。下流側もたいして広くはなかったんですが、ともかく魚はえぐれの下に潜り込もうとするので、魚と私で綱引き状態。少し引っ張り出せたと思ったら、またすぐに「ぐぃっ!」と、ひと伸しでまた魚はえぐれのしたに戻ってしまうので、仕方なく「切れるなよ、外れるなよぉ〜」と祈りつつ、思い切り手前に引っ張り出しました。

やっとのことでネットに収まったのは、いい型のニジマス。多分、養魚場の親魚。この間河口湖で釣って喜んだサイズと、あんまり変わらない辺りが、嬉しいような悲しいような・・・。でもまぁ、これで今日の目的はだいたい果たしました。後は、岩魚を釣って「3種目制覇」を目指すだけ。

で、結局どうなったかというと、吊り橋からちょっと下った所で「うん?なんか、インジケータの動きおかしいな?」というはっきりしない釣れ方ではありましたが、念願の岩魚を釣り上げました。やっぱり、岩魚を釣らないと寂しいので、これで本日はパーフェクト。初釣り早々、気持ちよく納竿・・・

・・・など、するはずもなく、丹沢ホームで一休みしてから吊り橋の所まで下りてきた友人と一緒に、あっちを叩いたり、こっちを叩いたり・・・。そうこうする内に、あっという間に暗くなってしまい、駐車場下のプールにたどり着いた頃には、もう真っ暗。せっかくプールが空いていましたが、フライもインジケータも全く見えやしないので、渋々納竿。初釣りの釣果は3匹と相成りました。

まぁ、この時期の札掛に昼から行って、それで、ちゃんと3種類釣れたんですから、文句はないです。出来れば、ドライもやってみたかったですが・・・雪が降るぐらい寒かったので、ユスリカのハッチもお休みでしたね。これが、穏やかに晴れ渡っている日なら、イヤと言うほどユスリカに対するライズにはまったりするんでしょうが・・・

釣行記メインページに戻る
『近所の釣り場』トップへ