2000年 6月25日
久しぶりに札掛行きました

 本当に久しぶりですね、札掛に行くのは。朝方雨が降っていたんですが、まぁ、そのおかげで少しは空いているだろうと行って来ました。

 が、秦野のあたりまで行くと雨はやみ、ヤビツ峠を越えるとなぜか晴れ間まで見えてきました。「これも私の日頃の行いが・・・うむうむ」等と言いつつ、丹沢ホームへ。既にお昼になっていたので、とりあえずおまかせ定食を食べながら、様子を聞きます。

 下の方ではこの1週間結構雨が降っていたんですが、札掛のあたりでは4月頃から雨らしい雨が降っていないとのこと。道理で、丹沢ホームに入るときにちらっと見た堰堤下の流れなんかも、かなり細くなっているわけです。水量が少ないとポイントも少なくなってしまって辛いのですが、天気のおかげもあってか今日はお客さんも少なくて、久しぶりに静かな丹沢ホームで遠くの山などを見つつゆったりとした食事を・・・していると、見る見るうちに雲が出てきて、今にも降り出しそうな雰囲気になってしまいました。

 「こりゃ、いかん」と慌てて車に戻って準備を始めますが、ウエーダーをはき終わった頃には既にぽつぽつと雨が降り始めてしまいました。最初っから、雨具着用の釣りです。ここ何ヶ月もまともに降っていないものが、何でこのタイミングで降り始めるんでしょうねぇ・・・。

 とりあえずは、吊り橋付近に行きますが、さすがにここには人が2,3人。久しぶりの札掛をこんな場所でやってしまっては面白くないので、少し上まで歩いてから入渓。最近どこに行っても調子がいいソラックスダンの#12で勝負です。

 今回は、2人で行ったんですが、しばらくはどちらにも反応なし。ポイントごとに交代しながら釣り上がったんですが、私の方がちょっと速く釣り上がって少し差が付いてしまい、すぐに堰堤までたどり着いてしまいました。2段になった初心者用プール下の堰堤の流れ出しで、反応があったものの、うまくあわせられずにバラシ。仕方なく、同行者の様子を見に下に戻りました。

 同行者はまだ100m程しか釣り上がっておらず、落ち込みの下の深みにはまっていました。確かに、魚が出そうな場所ではあるのですが、先ほど私がフライを流したばかりですし「ちょっと無理じゃないかなぁ」と声をかけようと後ろから近づいて、とりあえず一回流しきるまで様子を見ていました。

 巻き返しになっているところにフライを流しているらしく、しばらくロッドを持ったまま固まっていたのですが、あきらめたようにロッドをあげたので「ここは・・・」と声をかけようとすると・・・なぜか、落ち込みの中で魚が暴れています。あれ?釣れちゃったの?

 尺までは行かないものの、かなり立派なサイズのイワナ。しかも、さっき私が流したばっかり・・・今日は少し肌寒いような陽気でしかも雨まで入っているので、ドライでは難しいかなぁ、などと考えている目の前で、きっちり釣られてしまうと、こちらも引っ込みが付かなくなってしまいます。慌てて、初心者用プールから上のイワナゾーンに行って、可能性のありそうな場所をバシバシバシバシ叩きまくります。

 水面上30cmぐらいまで木が覆い被さった奥のポイントに奇跡的にフライがうまくはいって、流れに乗って・・・流れきって、反転流に巻き込まれたのでピックアップしようとしたら、その瞬間に「ばしゃ!」。・・・もちろん、気を抜きまくっていたのであわせることも出来ず。

 どんどん釣り上がりますが、魚の反応はなし。1つのプールに魚が何匹もいるのを先に見つけてから、一番ドライに出てきそうな奴を狙ってキャストしても、全く反応がありません。やっぱり、急に寒くなったので、お魚さんもやる気がないようです。そのうちに一番上の堰堤が見えて来てしまい、「まさか、ボウズ食らうのか?」の恐怖でどきどきしてきました。

 こうなると、いっぺんに我慢が効かなくなり、これまた久しぶりの自作インジケータをつけて落ち込みを探ります。2つ目ぐらいの落ち込みで・・・「きたっ!」狭い落ち込みだったので、すぐに石の下に潜られてしまい、「ばれるなよぉ、お願いだからばれるなよぉ」と呪文のように唱えつつ、落ち込みの周りを飛び回って、やっとの事でネットに納めたのは30cm程のニジマス。

 「イワナゾーン」と呼んでいるところでのニジマスだったので、なんだか変な感じでしたが、さすがにここまで登ってくるだけあって元気の良い魚で、ともかくこれでボウズの危険は去りました。時間は既に16時過ぎ、いやぁ、ほんとに焦りましたねぇ。

 この後、同じくイワナゾーンで数匹の魚がライズしているのを見つけ、同行者と2人で攻めたのですが、それぞれが会わせ損ない1回とバラシ1回ずつ。日が落ちて来はじめてから初心者用プールに下って、相変わらずのシビアなライズを相手に悪戦苦闘していました。

 初心者用プールの魚はなんだかわかりませんがミッジサイズの虫にライズしているのは解ったので、私は#32のフライを取りだして見えもしないのに6,7m先にキャスト。水面が「もこっ」となったのを見てあわせると、なかなかいいサイズのイワナ。答え合わせのためにストマックを取りましたが、中身はやっぱりミッジでした。これじゃぁなぁ、#12のフライは食わないなぁ・・・と、言っている横で、同行者が、昼から使い続けている#12のフライで見事に釣り上げていたのは、何かの間違いなので詳しくは報告しないでおきます。


やっぱ、面白いです札掛は だぁいすけ


釣行記メインページに戻る