1999年6月26日
久々パラダイス

 今回は、友人のM君が車買い換えのため足がなく、「釣り行けない病」で死んでしまいそうだったので、ちょっと「足」になってみました。結局は、いい思いしてきちゃったんですけどね。

 当日相談の結果、「AM3時頃に電話をもらって(って、言うか起こしてもらって)移動開始、朝一から勝負!」となり、AM0時過ぎに仕事から帰った私は「寝るべきか、でも、電話かかってきても起きなかったらまずいしなぁ・・・」等と思いつつ、とりあえず今週巻き貯めたフライをボックスに分類したり、追加で1本巻いてみたりして居ると、気づいたときには既にAM3時。

 ・・・あれ?電話かかってこないなぁ。たしか「起きてる」って言ってたんだけどなぁ。こりゃ、寝てるなぁ。どうしよっかな、ぎりぎりで3:30までは大丈夫だな・・・。3:30になっちゃったなぁ。移動開始するかなぁ。どうせうちから20分ぐらいかかるしなぁ・・・。

 で、電話をかけると、M君が出てきまして、おかしい・・・日本語が今いち通じていない・・・。さては私にも良くある「偽物」だな?

 そんなこんなで、札掛に着いたのは5時過ぎ。既に明るくなってますので、「こりゃ、朝一で釣り上がる作戦は失敗だな、他に人が入っちゃってるだろう」と思ったんですが、さすがにあれだけ雨が降っていただけあって、お客さんが少ない。後ほど確認したところ、土曜日は30人ほどしか入っていなかったようです。Mくんは駐車帯下プールから釣り下り、私は焦りつつ、先に準備を終えて、1級ポイント「札掛橋下」へ。

 下りてすぐの場所、流れの手前の大きめの石の裏。普段だったら、みんながどかどか歩いてしまっているので、魚は付いていない場所。でも「絶対居る!」って確信できるようないいポイント。1投目は岸ぎりぎりに落として・・・ぎりぎりすぎた。2投目はもう少し流心寄り、緩く流れがあるところに下から石を回り込むようにフライを落とす・・・もこっ!

 25cmぐらいの魚が気持ちよく出てきました。釣り始めてからまだ1分ぐらい?さい先がいいってのは、まさにこのこと。しかも、魚はイワナ。無線でMくんに「もう1匹目釣れたよーん」などと自慢げに話し、気分良く次の魚を・・・

 ・・・次が出ない。対岸の、今までの経験では間違いなく魚が居るはずのポイントから、魚が出ない。2カ所ほど同じ様な場所を流してから「このパターンじゃないのかな?」と少し上の流心と、対岸寄りの深みを攻める。相変わらず流れがうっとおしい。ちゃんとドリフトさせられる時間が5秒ぐらいしかない。何回か魚は出たし、フッキングもしたけど5秒ぐらいで「ぽろーん」・・・。おかしい、最初は調子よかったのに。

 しばらくして、Mくんと合流するために下流へと釣り下る。いいポイントは流しながら行くが、なかなか反応がない。何回か出た魚は底の方からフライを見つけて、慌てて上がってきたときにはフライが瀬尻にかかって流れ方が早くなり、さらに慌てて「ばしゃっ!」と出る感じ。ほとんど合わせ損ない、良くてもバラシで、ネットに収まる魚は無し。天気も悪いし、気温も低いみたいだから、まだ水面でご飯を食べる感じじゃないのかな?

 駐車帯下プールまで来てしまったところで、下流側に先行者(って言うのかな?)が居たので、そこでMくんを待つ。ついでに餌釣りしているのが居たので、とても親切にここが管理釣り場のフライエリアであることと、「餌釣りエリア」の場所を教えてさし上げる。

 そんなことやってる内にMくんと合流。状況は同じらしい。既に時間が7時近くなので、「そろそろ、人が多くなるから」と駐車帯下プールにはまりそうになるMくんを急かして、入漁券を購入しに丹沢ホームへ。

 入漁券購入後は、吊り橋まで下りて、私が上、Mくんは下に分かれる。既に私はフライをニンフに替えており、「あわよくばバッチ」を狙ってそれなりのポイントへ・・・が、バッチどころか全然だめ。吊り橋下は全部やってしまったので、Mくんと連絡を取ってから、札掛銀座を釣り上がる。

 先行者をかわしつつ釣り上がるが、反応があっても、何かおかしな場所から。まるで、混雑していてめいっぱい先行者が上がった後のよう・・・。「たしか、丹沢ホームから下りてくるときには1人ぐらいしか先行者居なかったんだけどなぁ・・・」などと考えつつ頑張るが、「これでもか」って程おかしなポイントからやっと引き出したいいサイズのイワナをばらしてしまい、集中力がとぎれる。「こりゃ、だめだ」と一旦川から上がって、上の方を覗いてみると・・・

 初心者用プール下の堰堤から数珠繋ぎになって4人も先行者が居ました。その内1人は、今さっき私の頭を跳ねていった人だけど、その人も入る場所が無くて困っている様子・・・何人かはインジケーター付けてるみたいだし、そりゃ、釣れないわけだわ。

 自分のお間抜けさを反省しつつ、とっとと上に上がって初心者用プール方面へ。まさか、わざわざここでやろうとも思わないので、ちょっと様子を見てからすぐイワナゾーンへ。栄光学園の便所下から入ろうかとも思ったが、どうせ誰かがやった後だろうから、そこから下の初心者用プールとの間を攻めることにする。うまくすれば、お客さんも少ないみたいだし、竿抜けになってるかもしれない。

 ニンフを沈めるのは飽きたので、フライをドライに替える。先日の千曲川で「いいじゃん、いいじゃん」という評価を獲得したイエロービーパラシュートにフロータントをたっぷり付けて、ボサの下にたたき込む。1投目はちょっとミス、ドラグかかかりまくって、波を立てながらフライが流れる。そこでピックアップするとボサにかかってしまうので、そのまま流しきろうとすると・・・「ばしゃ!」横っ飛びに出た。そして、びっくりして合わせるの忘れた。

 どうやら狙い通りに「竿抜け」らしい。「こりゃ気合い入れなければ」と、細かいポイントも1つ1つ丹念に探る。

 探る端から魚が出てくる。「ここには居そうだな」って所にちゃんと魚が居る。ちゃんと流せば、ちゃんと食う。フックだって、きれいに口の中にかかっている。ちょっとあわせが遅かったものは、のどまで飲み込んでいる。魚体もきれい。元の栄光便所下に戻るまでにフライはぼろぼろ。あら、愉快。

 ま、問題は「ちゃんと流せば」ってのがボサのせいで難しく(と、言い訳)、出た魚の半分フッキング、そこから1/3ぐらいはバラシ・・・。それでもネットに収まった魚だけで4匹ほどいました。

 急にエキサイティングになってきたおかげで、寝ぼけていた頭も目を覚ます。栄光便所下で「さてこのあとはどうしようか?」と考えながら上流を見てみると、垂れ下がった木に蜘蛛の巣が張っているのが目に入った。え?なんで・・・?

 「もしかしたら、今日はまだ誰も釣り上がっていないのかもしれない・・・。」そう思い、普段だったら渡河点になっているためフライを落とすこともないポイントから丁寧に攻める。「もこっ!」・・・いるいる。

 10時頃にMくんは初心者用プールまで上がってしまったようで、「休憩にしましょうよぉ〜」と連絡が入るが、「いま、とってもいいところだよ〜、Mくんも来ない〜?」「私は、イワナにゃぁ、興味はないです〜」「んじゃぁ、もう少しやってくから〜」と11時30分までやってくことにする。ちょっと急いで釣り上がろうにも、いい出方をする魚が沢山居て、なかなか上に上がれない。

 結局この先、一番上の堰堤が見えてきたところで、上の道路から下りてきたらしい先行者を見つけて、ちょうどいい時間だったので「昼休みにしよう」となるまでに、10匹ほどもフッキングしてもらったでしょうか。ネットに収まったのは6,7匹かな?「もこっ、すぽっ、あちゃ〜」なんてのを数えたら、いったい何匹になることやら・・・。いいんだろうか、こんなに贅沢な釣りをして。ほぼ2時間弱でこれですから、ほとんど「釣れっぱなし」でした。これだよなぁ、札掛って。

 昼食のお任せ定食は「唐揚げ肉」、カレー率ダウン!食事をしたらすっかり満足してしまって、半分「もう帰ろうかなぁ」でしたが、貧乏性の私にそんなことが出来るはずもなく、しかも今日はまだ沈めもので1匹も釣り上げていないので、再挑戦。先に初心者用プールに下りているMくんの後を追いました。もちろん、下りる前に「今さっき、初心者用プールに放流をした」って聞き込みをしてからね。

 初心者用プールに下りると、ちょうどMくんが魚をかけたところ。おお、やるなぁ。で、私もやろうかとしますが・・・今ひとつ気合いが入らない。あれだけいい思いをした後で、このシビアなプールってのもなぁ・・・。眠くなってしまったので、Mくんが釣っている対岸で座り込んでうとうと・・・。でも、「ばしゃ!」ってライズの音がする度にどうしても目が開いてしまう。根っから貧乏性ですなぁ。

 で、結局初心者用プールで粘っていてもいい思いは出来なさそうなので、再び上流域へ。自分自身の竿抜けを狙いつつ、登って行こう・・・などと思った1投目から、またも見事にイワナが出てくる。やたらとキャストしにくいところ(というか、「キャスト」する事は不可能)だったので、多分長い間竿抜けになっていたんでしょう、札掛レベルを考えてもかなりきれいな魚でした。

 そのままがんがん釣り上がろうとは思うが、ちょっともったいなくなってきたので、無線でMくんを呼ぶ。「上は、たぁのしいよぉ〜」「すぐいきますっ!」と言うわけで、ちょっと休憩。蛭が多いので腰を下ろすわけにも行かず、ぼけーっと立ってタバコなど吸っている・・・来ないな?

 ずいぶん遅いので、「早く来ないと、手つかずの場所やっちゃうよぉ〜」と再び連絡すると、「いや、今ちょっといいライズが。これを取ってから行きます」とのお返事。どうも、初心者用プールの一番上にはまったらしい。あ〜あ、「近所の釣り場」読んでないな?

 それではと、我慢できなくなって残したポイントを攻める。1つ目からは25,6cmのイワナ。多分、ヤマトイワナ系の鰭もきれいなやつ。あまりにきれいなので、カメラを取り出して写真を撮る。下はその写真(って、ほんとに写真が掲載されるかどうか・・・)。

 次のポイントでは、しっかり合わせ損ない。あーあ、だから「もったいない」と思ったのに。そのころやっとM君登場。反対側の流れは手を着けていないので、そちらへ。私は引き続きもう1つ上のポイントへ。1投目、キャストミスで、流したい筋を外してしまう。が、ちらっと魚が動くのが見えた。下まで流しきってから、そっとピックアップ。で、今度はちゃんと魚のいる筋へ・・・「がぽっ!」おいおい、いま、頭が全部見えたぞ?

 しっかりとフッキングした魚は、大暴れして上のポイントをつぶしてから、今度は下流へ。しかもそのときMくんから無線が入る。だぁ、助けてくれい!両手がふさがって無線は使えないので、大声で「ちょっと待ってぇ!」と叫んでから、悪戦苦闘。ボサと倒木が多くて、変な場所に走られたら一巻の終わりになってしまうので、私にしては結構慎重にテンションをかけて取り込む。また、きれいなイワナ。フックがかかっているのは喉、完全に飲まれるぎりぎり。うまく流れて、疑いもなく食った証拠。よしよし。

 反対側の筋は調子が良くないようで、Mくんはだめだったらしい。しかも、この上は先ほど先行者が上がっていくのが見えたので、望み薄。「まぁ、竿抜け狙っていきましょうか?」と上がり始める。とりあえずMくんに先を譲って、それでもしっかり「前の人はこの辺は流してないだろう・・・」と、いいポイントの陰に隠れているような場所を流す・・・「ぱちゃ!」ちょっと慌てた出方で魚が出る。やっぱり、こんな感じだ。どうもここのところツキがあるらしく、こういうときの予想がよく当たる。Mくんに「今出たのがここだから、たぶんそこみたいなXXのOOな場所っぽいよ」と言ってるそばから、まさにその場所で魚を引っぱり出される。あ、畜生、自分がやれば良かった。

 でも、これは期待できそうなので、交代しつつ上に。ただ、その後はそれほどはっきりと「竿抜けでーす」って看板が立っているような場所が無くなり、さすがに2人で上がっていると今一つ。そう言えば今日はまだ沈めもので魚を釣っていないことを思い出し、「このままでは、私のあいでんちちぃが!」と、Mくんに先行してもらっている間に、フライをウエットに付け替える。しばらく間をおいてから、魚が出そうな場所を探って行くが・・・あれ?出ないなぁ。

・・・ここもだめ・・・こっちもだめかぁ・・・あ、また木に引っかかりやがった、こんにゃろう!・・・うひー、ほんとに出ないぃ・・・

 ・・・と言うわけで、あとはMくんが「8時までにかえんなきゃ、5時30分にはここ出なきゃ」と後ろでプレッシャーをかけているので、本気ではまる前に納竿(既にはまってたとの見方もあり)。結局沈めものでの釣果は0でした。まぁ、その分ドライで気持ちよく釣ったから、良しとしなければね。

 イワナゾーンがこんなにも良かったのは、魚の活性が上がる時間まで誰も入らなかったからなんでしょうね。朝一に入ってもこれほど良かったことってないもんな。「9時30分までは上流部禁止!」なんてルール出来ないかなぁ。そしたら、いつもこんな釣りが出来るのに。

 あ、そういえばとうとう出はじめました、「蛭」太郎。上流部に行った私は5匹ほど連れ帰ってきました。何時の間にくっついているやら・・・。丹沢ホーム入り口にお椀に入れた塩がありますから、それで落とすのが一番らくちんですね。下手にはじき飛ばしたりすると、隣の人にくっついたり、自分の顔に飛んできたりで却って怖い思いをしますから。

 片づけの時、Mくんが「私は大丈夫ですよ・・・でもちょっと見てみよう」って言ったそばからグラベルガードの内側にくっついていたのは笑いましたね。「だぁ、勘弁してくれぇ」って感じでグラベルガードをつまんでお椀の所に行ってましたが、私も、今でこそ手にくっついてても「あ、このやろ」で済むようになりましたが、最初は「うっぎゃぁぁぁぁ」だったもんな。「付いているかもしれない」ではなく「絶対付いてる」という視点で探した方がいいです。


今日はひさびさ楽しい釣りが出来ました だぁいすけ


釣行記メインページに戻る